掲示板

彩考グループ データベースのFAQ 最新技術の評価、落とし穴 メガネチェーン向けシステムのご案内 イエズスサッカークラブのご案内 Y2KからY3Kへ警告のページ
コンピュータユーザー必須のリンク集 AVISユーザーのページ

SINCE 1985

彩考
電算システム
PCによるシステム作り19年の歴史を持ちます。14年ほど前にオフコンをPC-LANにダウンサイジングする記事をコンピュータ専門紙に発表。業務システムとマーケティングシステムの融合をテーマに中小企業の発展を追求しています。

中本近況

彩考としてシステム開発をスタートさせ、既に19年になろうとしています。始めた頃を昨日の事のようにも思いだしますが、やはり20年の間には様々な事がありました。当初はPCによるシステム開発というよりも、オフコンのサブシステムの開発が多かったのですが、それも5年目にはダウンサイジングに移行し、現在に至っております。

20年の間には私の仕事を理解して頂けない会社との衝突など、経営自体の危機に陥るような事件も数多くありました。でも自分の良心に恥じるような仕事は一つもないと自負しています。多少の貧乏もこの気持ちがあってこそ乗り切って来たと言えます。

この数年は官庁関係との付き合いが多くなり、今までには考えられなかった開発品も手掛ける事が出来たり、独自に開発したソフトウェアも増えてきました。

仲間からこの20年の経験を原稿にまとめて「20年生き残ったフリープログラマ」のようなものを書けないか?と注文されています。個人的には40年生き残ったら本にしたいと考えていますが、確かにある意味貴重な体験かもしれません。

この夏も3本の開発がバッティングしてしまい、どうしたものやら?(平成16年7月)

ビジネスモデル 自分のビジネスモデルについて少し話をしたいと思います。それが企業であっても個人でも、成功した例を結構真似たビジネスモデルを展開しようとしますが、私にはまずそれは当てはまりません。せいぜいオンリーワンで行こうぐらいです。最初の頃は大手から中小、更に個人までソフトウェアの開発を行っている同業他社の研究を徹底的に行いました。大手の大半はお客様の為といって、ビルが建つ程の高い利潤を得ているし、個人は個人でお客様の言いなりです。中小は大手の真似と、下請けの圧迫に明け暮れている。そのどれも自分には出来ないので、出来る事は出来る、出来ない事は出来ないと、個人でも自己主張をはっきりしました。それは結果的に見事に嫌われまして、すぐに切って頂く企業が沢山ありました。でも基本的に去るものは追わずです。正しい事を実現すれば必ず理解されるという信念だけが支えです。
考え方 先入観を持たない、カテゴライズしない、でも裏を取る、信じてもそれに甘んじない、自分の直感だけでは判断しない。全ては自信がないからなのかもしれないのですが、人の意見、インターネットからの情報、出来る限り集めて、メールを交換し、話し合い、判断しつつ100%ではない。基本的には弱くて、悲しいほどの苦労をした人が好きです。業界で第一位等と聞くと益々心配になる。臆病なんですね。成功というよりもやっとここまで来たという会社や人は大きな失敗を必ず持っているはず。それが調べて見えると安心出来るけど、奇麗事だけ並んでいると心配になる。ライバルとどういう関係で今があるか?気になって仕方がない。多くの失敗をして叩かれ、立ち直った会社は凄くなるはず。これは確信が持てそうです。
やさしさ 「やさしさ」という言葉を「優しさ」と書くと「やさしさ」とは違うように感じます。企業レベルでやさしさに取り組んでいる会社は沢山あると思いますが、やさしさというのは心掛けて行う物ではないというのが本当のところでしょう。微妙な表現ですがビジネスモデルで手掛ける「やさしさ」は「優しさ」までで、本質的な「やさしさ」とはちょっと違います。人が人を助けたいと言う本能のような「やさしさ」は古き良きアメリカでも人の基本。勿論日本でも人情という言葉で表現されます。困っても何処からか必ず救われている自分は運が良いとも言えますが、きっと何かお互いに通じる物があるのだろうと思います。これを定量的に分析できたら面白いかもしれませんが、「成功のヒケツ」というよりも「救われる秘密」に近いかもしれません。一体何を言いたいのか分かりますか?
不思議な事 20年もこの世界にいると様々な人と付き合うものです。まあ当たり前ですが、別に私は特別でもなく、それは当然の事なのですが、どうも私のしている事は特別な事に見えるらしく、でも私は普通の人なので、知り合った人は私程度の事は自分にも出来ると思い、会社を辞めてしまう人が何人もいました。確かに会社に決まった時間に出掛ける必要もなく、数年前まではそこそこ広いマンションを一人で使って仕事をしていましたので、それを良い事に思う人も少なからずいたようです。別にスポンサーがいるのだろうと勘繰られたりもしましたが、何とか借りて維持していただけで、特別な事ではないと思っていたのですが、私と同じようにしようと思って結局ダメだったという話を随分聞かされました。何でお前は出来るのか?自分でも良く分からないのですが、我慢強いんですね!きっと。口座がマイナスでも仕事を断ってしまった事もあります。でもそれは確信があっての事。でもそれぐらいの覚悟がないと続きません。絶対に流されず、耐える事が出来るぐらいしか、私には思い当たる事がありません。(書きたくなったらまたと言う事で)

(C)1999-2004 H.Nakamoto. All Right reserved.