一人で出来る守備練習

 守備の練習と言うと多くの選手はノックをして貰いたがる。それも
自分に沢山飛んでくる縦ノック。これは正面から来た打球を取って、
正面に投げ返す。肘を痛める原因つくりの最もいけない練習。
 だって、打球方向に投げ返す場面を試合で想定すれば、バックホー
ムでしょう。そんなに沢山バックホームしなければならない試合なん
て、とっくに負けているだろう。
 試合中、外野を除けば最も多い送球はバックファーストだよね。多
くの場合カバーが間に合わず、暴投してはいけない送球だよね。
 であれば、守備練習の多くは打球に対して直角に左方向に投げる姿
勢を取らせる事だ。実際に投げなくても送球姿勢を取るだけでいいの
だ。
 もちろん沢山の選手がいれば、走者を付けてバックファーストさせ
るのが一番良いのだが、そうはいかないチームが多いでしょう。
 また、場所が狭くて縦ノックの余地しかなくても捕球者の左側に、
キャッチャーを置いて、キャッチャーにトス、キャッチャーからバッ
クホームすれば、打球に直角送球の癖が付く。バックホームするとき
に、まず体を向ける癖が付き、暴投がなくなる。
 このため、休み中に一人で出来る練習に「ピックアップ」がある。
 保育園や公園などにある小山などがあれば理想的だが、団地の階段
でも十分できる。
 肩幅の1.5倍に足を開き、かかとを外に押し出し、少し内股に構え
る。そのままグラブを下げて地面をこすれば正解だ。やっと触れる程
度では、移動したら腰が高くなり、トンネルする。外股にすると、左
右に動く時、100分の2秒遅れることと、送球時踏ん張れないか
ら、欠点になる。内股の習慣をつけよう。
 さて、ボールを投げて転がってきたら、左右に移動し、中心で捕球
する。キャッチするポイントは地面に弾む位置で泥ごと取ることだ。
右手をかぶせ、ボールが出ないようにする。
 これは軟球でも同じだが、打球は投手が回転を付けて投げるので、
その反動で強い回転を持って飛んで来る。多くの場合奇数バウンド目
は高く跳ね上がり、偶数バンド目は低く加速して弾む。
 人間はどうしてもその前の弾み方で体が予測して反応してしまうの
で、上がってきた上で取るのが楽そうに勘違いするが、これはダメ。
ノックのボールは最初の回転が無いので、実際の打球と弾み方の順序
が逆になるのだ。そこまで考えてボールの下を叩きわざと回転を与え
た打球をノックするように星野高校では習った。多くの先生はそうし
ていないだろう。
 だから、どちらで弾んでも関係ない球の落ち際をすくう習慣を付け
るのだ。これは腰を低くすることにも繋がる。エラーが減少する。
 さて、捕球の動作を@としたら、
Aの動作でグラブを右肩に引き付け右ひじを肩の高さに引き上げる。
Bの動作は、まず右ひざを腰の下に入れ込むこと。自然に体が、直角
に左向きになるから、この間に左手のグラブを下にねじり、左方向に
真っ直ぐに伸ばし、グラブの甲で目標を捕らえる。右手は上げた肘を
中心に、真上にボールを持ち上げ、送球に備える。
練習はこれでおしまい。再び正対し、ボールを転がす。
実際の場面では、Cも姿勢で、右足を跳ね上げ、背骨を地面に平行に
なるように倒し、右手のボールをBで左手の甲が有った位置にもって
行き、それに勢いを付ける為に、左のグローブを胸に引き付ける。
 そうなのだ。送球編の足をクロスする瞬間が無いだけで、同じ動作
なのだ。基本が変わる訳も無い。
 一人で秘密練習をして、本当のノックを受けてごらん。びっくりす
るほど素早く強い送球が出来るよ。大事なのはAとBの動作なのだ。

トップへ
トップへ
return
return