imagea.jpg

2月5日〜8日 二口渓谷アイスクライミング!

DSCN5823.JPG写真のコメント

DSCN5824.JPG


二口渓谷にアイスに。初めてなので偵察に入りました。

DSCN5825.JPG写真のコメント

DSCN5827.JPG


林道もこんな感じでトレースなどは全くありません。最初に日陰磐司に左ルート、右ルートともなんとか登れそうです。

DSCN5829.JPG写真のコメント

DSCN5833.JPG


次に奥陰に行ったのですが大和撫子もジェットストリームアタックも北斗星もすべて発達不足で全滅です。今回一番期待したエリアだったのでがっかり!この時点で転進も考えました。

DSCN5839.JPG写真のコメント

DSCN5838.JPG


風の同エリアの萩の月、独眼竜は登そうなのでこれでなんとか仕事にはなるかな?と。

DSCN5854.JPG写真のコメント

DSCN5875.JPG


次の日はお客さんを迎え昨日とは打って変わっていい天気。アプローチも楽です。そして何と言っても気分いですよね。

DSCN5891.JPG写真のコメント

DSCN5915.JPG


一番奥のキムチちゃんに。なかなか良い氷でした。見た目よりも大きく50m目いっぱいでした。

DSCN5922.JPG写真のコメント

DSCN5924.JPG


氷が終わってからの急な雪壁が怖かった!谷川を思わず思い出してしまいました。

DSCN5929.JPG写真のコメント

DSCN5936.JPG


下降は細いブッシュを頼りに懸垂で。

DSCN5940.JPG写真のコメント

DSCN5947.JPG


また雪深い道を帰ります。

DSCN5955.JPG写真のコメント

DSCN5956.JPG


テントに戻ってささやかな夕食を楽しみます。

DSCN5959.JPG写真のコメント

DSCN5972.JPG


次の日は風の同エリアに。まず萩の月でアップして独眼竜を登りました。

DSCN5973.JPG写真のコメント

DSCN6068.JPG


いい感じに凍っていて快適でした。

DSCN6079.JPG写真のコメント

DSCN6083.JPG


テント場から駐車場まで一時間くらいなので今宵は秋保温泉に。このエリアは標高が引くこともあり湿雪なのでよく濡れてくれます。それに山形との県境なので1日晴れるということはなく必ず重い雪が降ってきます。なのでやはり日帰りがベストかな。グランドホテルに泊まり温泉で温まり天ぷら、蟹、牛タンなど食べ放題に舌鼓を打ちます。欲が張っているので食べ過ぎに注意しながら。今日は最終日なので暗いうちから出発です。

DSCN6099.JPG写真のコメント

DSCN6117.JPG


日陰磐司まではラッセルに苦労しました。もちろん前につけたトレースは跡形もないです。

DSCN6130.JPG写真のコメント

DSCN6141.JPG


右ルートがよく凍っていたのでそちらに。気持ちのいい氷でした。でも吹雪模様で寒かった。ここでもちょっと谷川を思い出してしまいました。緊張感などは全然違いますけどね。

DSCN6149.JPG写真のコメント

DSCN6154.JPG


同ルートを三回の懸垂で取り付きに戻ります。周りにブッシュはあまりなくあっても頼りなさげだったので全部Vスレッドでした。

DSCN6160.JPG写真のコメント

DSCN6164.JPG


ガイドブックにあるように風が吹き抜けるところなんですね。

DSCN6168.JPG写真のコメント

DSCN6171.JPG
DSCN6177.JPG


二口渓谷での雪深い山の中での誰もいない静かなアイスクライミングを三日間楽しみました。裏磐司も魅力的な氷がありそうなので今度行ってみたいですね。新幹線ならば東京から一時間半松本よりも近いんですね。もう少しアプローチが近ければ言うことないのですが。でも今年は工事の関係で林道除雪されていたのでいつもよりぐっと楽だったのでしょうね。

2月1日〜4日 鬼怒沼、アイスそして温泉

DSCN5319.JPG写真のコメント

DSCN5331.JPG


かにゆに止まって鬼怒沼までスノーシュートレッキングと洒落込みました。

DSCN5345.JPG写真のコメント

DSCN5358.JPG


誰も歩いてない雪に覆われた森の中を歩くのはなかなか爽快です。

DSCN5359.JPG写真のコメント

DSCN5383.JPG


今回は夏道を度外視してまっすぐ鬼怒沼に向かいました。かろうじて燧ヶ岳がその姿を見せてくれました。

DSCN5385.JPG写真のコメント

DSCN5390.JPG


風もなく比較的穏やかな鬼怒沼の真ん中あたりでのんびりと休憩。

DSCN5410.JPG写真のコメント

DSCN5413.JPG


帰りは思い思い親切の浮遊感覚を楽しみながら下ります。雪道の下りはあっという間です。

DSCN5424.JPG写真のコメント

DSCN5429.JPG


かにゆに無事に帰り着いて温泉ゆっくり楽しみ、酒池肉林へと突入です。

DSCN5467.JPG写真のコメント

DSCN5485.JPG


次の日は温泉からすぐのアイスエリアで氷を楽しみました。氷柱系も多く楽しめます。

DSCN5505.JPG写真のコメント

DSCN5531.JPG

DSCN5522.JPG写真のコメント

DSCN5545.JPG

DSCN5556.JPG写真のコメント

DSCN5559.JPG


今度は別のゲストの方達と八丁の湯に泊まってアイスを楽しみました。雪道歩行にはスノーシューが最適です。

DSCN5584.JPG写真のコメント

DSCN5600.JPG


今回もバーチアイスをいろいろ楽しみました。

DSCN5592.JPG写真のコメント

DSCN5632.JPG


休憩も楽しいです。手頃な氷柱なので練習にいいです。

DSCN5646.JPG写真のコメント

DSCN5657.JPG


アイスで適度に体を動かし温泉で疲れをとって夜の宴へと。

DSCN5664.JPG写真のコメント

DSCN5670.JPG


温泉で温まった体にビールが染み込みます。その後結局焼酎もボトル一本軽く空けてしまいました。あっという間に時が過ぎて行きます。

DSCN5676.JPG写真のコメント

DSCN5692.JPG


その後部屋に戻ってもワインを楽しみます。話も尽きないですね。その後みんなで露天風呂に。滝の横にある露天風呂最高でした。淡雪がふわふわ止まっていておぼろげに月まで出てそれはそれは幻想的な風景でした。気持ちのいい湯加減のお湯に浸ってのんびりとそんな風景を見るのって幸せを感じますね。

DSCN5697.JPG写真のコメント

DSCN5705.JPG


淡雪が待っていてもっといい景色なんだけど僕の写真の腕前ではうまく撮れませんね。

DSCN5730.JPG写真のコメント

DSCN5733.JPG


次の日は軽いマルチに。

DSCN5750.JPG写真のコメント

DSCN5776.JPG


1ピッチ昇と太陽が眩しいです。

DSCN5770.JPG写真のコメント

DSCN5780.JPG


2ピッチ登って下降します。

DSCN5785.JPG写真のコメント

DSCN5790.JPG


もう一本横の氷柱登ろうかともしたのですがゆっくりとまたあの温泉に浸かりたいということで降りました。

DSCN5799.JPG写真のコメント

DSCN5804.JPG


手軽に氷柱もマルチもそいて何と言っても温泉も楽しめるまさにエンジョイアイスクライミングエリアです。そしてまだまだ人が少ないのがいいですね。

1月30日〜31日 東京展示会

DSCN5308.JPG写真のコメント

DSCN5309.JPG


来冬の用品の展示会に行くため東京に行って著ました。いつもお世話になったいるデナリの平野さんこの時期はアックス、アイゼンのメンテナンスで大わらわです。彼の仕事は真似できませんね。出来栄えは一味もふた味も違います。まさに職人芸です。

DSCN5310.JPG写真のコメント

DSCN5313.JPG


夜は懇意にさせてもらっているお客さんも交え近くのステーキ屋さんで食事とおしゃべりを楽しみました。コスパの高いお店でした。
次の日は1日展示会周りとても疲れました。写真撮影は控えてくれということなので写真はないです。でもまた魅力的な商品がたくさんありました。