薬学部受験生・薬学部学生・薬剤師を目指す薬学ポータルサイト!!

研究室について(主要)

私が思う星薬科大学薬学部の研究室のイメージです。

少しでも卒論教室の参考になればっと思います。

詳しくはページ下をご覧ください。

まだまだ内容が不足していると感じています。

追加や訂正があればメールにお寄せ下さい。

よろしくお願いお願いします。

薬理学教室

研究内容は鼻水や気管支ぜんそくなどです。

ちょっと変わったところで星一先生の薬学歴史も研究しているみたいです。

イベントがかなりあるみたい、餅つきとか星一の墓参りとか旅行だっだりとか…

結構忙しそうです。つく院生によっても違うのだろうけど…

医療薬剤学教室

マッチーもそろそろ定年ですね。後釜は誰になるやら…

研究内容はDDSとかです。まったりとしたイメージがあります。

若干病院関係に強いのかなのかな?外部から人が来てるみたいだし。

薬品製造化学教室

研究内容はよくわかりません。いわずと知れたセブンイレブンらしい。

今は若干ゆるくはなったみたいです。本多先生はかなり凄い人らしい。

薬剤学教室

研究内容はDDS関係。卒論生はゆるく、大学院に入ると忙しくなるみたい。

高山先生の論文ってかなり有名らしい(誰か忘れたけど先生が言っていた)。

薬物治療学教室

研究内容はオピオイド系みたい?そんなに活発に活動しているとかは聞きません。

ほどほどなのかな?あまりよくわかりません。

院生が少ないみたいで人手不足だと聞いたことがあります。

薬品分析化学教室

研究内容は環境ホルモンとか暴露系。

先生は厚労省とつながりがあるのかないのか知らないが、結構研究費もらってきています。

それだけ凄い人なんでしょう。結構忙しいみたいです。

病態生理学教室

研究内容はバセドウとか骨とか。

他にも…慶応の先生だから多分慶応とはつながりがあるだろう。(共立が慶応と合併したからどうなんでしょうか?)

共同研究は東海大医と慶応医とやってるらしいし…それなりに忙しいみたい。

薬品毒性学教室

研究内容は痛みに関してなど。ここの研究室は最強でしょう。WHOの先生だしね。

あまり顔を見たことがない。その反面かなり忙しいみたい。かなり病院関係とかつながり太いみたい。

ってか痛み関連の研究で第一線で活躍している研究室ですので、麻酔科の先生たちで知らない人はいないみたいよ。

HPも他と比べると頻繁に更新されているのでチェックです。

それに今年は日本緩和医療薬学会を立ち上げていますのですごいことになりそうです。

創剤構築教室

研究内容は抗がん剤のターゲティングとか。

抗がん剤は今はやりというか、注目を浴びている分野なので面白そうですね。

先生は結構ほんのり先生です。授業でもわかると思うけど…

意外と(失礼だが)結構学報でのっている研究費はもらっていますね。

研究室選びについて思うこと

殺到する研究室は毎年大体同じ教室である。狙うポイントは研究費とコネがあるかどうかだと思う。

それと暇かどうか。後者は女の子や就職希望の人に多いと思われる。前者は大学院希望者や向上心のある人たちに多いかな?

詳しくは3年後期から教室見に行ったり先輩の話を聞いたほうがいいです。教室の雰囲気も大切な要素だと思う。

院生とかの仲の良さとか…選ぶ直前まである事ないこと噂が飛び交いますので決して流されないように。

噂どうりだったことはありません。実際に研究室選びで落選してしまう人は少数です。皆なにかしらバランスをとってくれます。

テストや顔を覚えてもらうことが研究室の条件ならば早めに対策をしておくといいでしょう。

テストは取り返しがつかないこともあるけどね…研究室見学はおおよそ早くて夏ぐらいからはじめる人もいるようです。

研究費(学報)

*注意*

学報に載っている研究費(文部科学省科学研究費補助金など)をただ単純に足しただけです。

このほかにもどこからか研究費は出ているはずです。

のでこれは完全ではなく一定の目安として考えればいいのではないでしょうか?

ただ研究費は研究の重要なファクターであることには間違いありません。


教室名 (万円)
薬剤学 4342
薬品分析化学 3072
薬品毒性 2439
創剤構築 2314
生薬学 868
機能形態学 642
薬品製造化学 439
薬理学 299
薬動学 299
病態機能制御 260
微生物 234
生化学 214
衛生化学 169
薬物治療 160
病態生理 100
有機合成化学 91
臨床化学 -
生物資源 -
心理 -
薬化学 -
薬品物理化学 -
薬用植物 -
医療薬剤 -
応用微生 -

コネ

  • 毒性(企業、病院?)
  • 薬剤(企業?)
  • 製造(企業?)
  • 薬動(病院?)

他にもあると思います。これは入ってみて先輩と仲良くなって聞くのがいいのではないでしょうか?

いきなりコネありますか?とは聞けないもんね。部活の先輩とかいれば気軽に聞けるかもしれないけど…

でも基本的にコネは学部生のうちではあまりないのではないかと考えます。

学部生の就職先は大体、調剤、ドラッグ、MRやCROとかなんで自力でなんとかなるでしょう。

たいていはドクターやマスターコースの権益ではないでしょうか?

大体、学報のP43-44のスクランブルというところに教授の活動内容というかそういうものがあるのでそこも参考にするといいのではないでしょうか?

理事とか他の大学の講師、委員とかやっている教授はコネもそれなりにあるのではないでしょうか?

あくまで予想ですが…ここに載っていない教授でもあるところにはあるようです。

上に載ってない研究室とか?

でも入ってみなければわからないことや方針が変わったりするので一概にはどことはいえないです。

付く院生によっても忙しさが違うだろうし…研究室が同じでも忙しさは違います。

忙しい

  • 毒性
  • 製造
  • 臨床免疫
  • 薬動
  • 微生物
  • 分析

上にあげたのは一例です。大抵の研究室は忙しいのではないでしょうか?

忙しくないところが少ないのでは?まぁ本当に暇な研究室は書けません。