初心者のためのHTML入門講座

タグの意味に付いて

<HTML>……</ HTML>の意味は、お気づきのとおり「……」部分がHTML文書であることを示しています。構造タグともよばれ、冒頭部分と最終部分にこのタグをいれなければなりません。

次に<HEAD>……</HEAD>」はヘッダとよばれ、「……」部分にはタイトルや文字コードなどページ全体に関する情報を入力します。先ほどのHTML文ではタイトルだけしか入力しませんでしたが、実際はメタタグを使って文字情報のほか様々な情報を入力します。

<BODY>……</BODY>の「……」部分にはブラウザ上の本画面に表示させる内容を入力していきます。このBODY部分こそ表示させたい重要な部分といえます。しかし、タイトルバーのタイトルもおろそかにはできません。この部分が「お気に入り」や「ブックマーク」に登録するときの名前になりますからよく考えてタイトルをつけましょう。

「BODY」部分には「H1」というタグと「P」というタグが使われています。「H1」タグは、見出しの中でももっとも大きな見出しです。見出しには、「H1」に始まり、「H6」まであります。数字が大きくなるほど小さな文字の見出しになります。「H1」は、ヘッダー部分の「TITLE」とは別物で、単に大きな見出しという程度の意味合いがあるだけです。ですから、同じページに「H1」タグをいくつ使おうと構いません。

なお、「H1」タグをはさむ形で「CENTER」というタグが使われていますが、これは「H1」の見出しを画面中央に配置するという指示を意味します。

また、<P>というタグは段落を指定するとき使用するもので、このタグで囲まれた文章の前後に1行の空白ができます。


次の項目→文字コードを指定するタグ