数ある山岳会の中から『日本登高研究会ホームページ』を選んでいただきありがとうございます。
日本登高研究会は1973年4月に創立され、同年東京都山岳連盟に加盟いたしました。

現在総勢14名(男:9名/女5名)の小さな会です。年齢は30歳代〜60歳代です。
冬は美しい雪稜へ、夏は気持ちのよい沢登や岩登りや縦走、おいしい山菜を求めて山奥へ・・・
私たちと一緒に山の思い出を作りませんか?
≪当会では随時会員を募集しています≫お問合せなどは『ご案内』のページからメールでどうぞ!

まずは、どんな会なのか、、、集会に遊びにいらしてください。




秋の八ヶ岳天狗尾根に行って来ました・・・紅葉がとてもキレイでした・・・記録をUPしました

冬期は人気の天狗尾根。無積雪期はどうかな?
アプローチは想像通りヤブに覆われ赤テープを追い、徒渉を数回で避難小屋へ。基部から稜線へは赤テープに導かれ後は尾根伝い〜樹林帯を経てカニのハサミ。
核心部も直登するもよし、巻いてもよし。小天狗を左から巻いて縦走路へ。赤岳手前の分岐から真教寺尾根下降。

久しぶりの会山行、連休は東北の沢へ!と、楽しみにしていたのに雨、雨・・・結局西丹沢マスキ嵐沢へ行ってきました。

気温35度の炎天下。アプローチの東海自然歩道では汗だくになり、早く沢へ飛び込みたい!!
滝は全て直登でき、水量も丁度良い加減で、思い切りシャワークライミングを楽しめました。
今日の天気では、もっともっとシャワークライミングを楽しみたい!と、ちょっと物足りませんでしたが、気持ちの良い沢登でした。



思い出のphoto

ルート名  photo1  photo2  
八ヶ岳・天狗尾根 2006年10月
天気は穏やかで
紅葉がキレイだった
西丹沢・マスキ嵐沢 2006年7月
水の中で戯れて
本当に気持ちの良い
沢登でした
双子尾根 2006年5月
左は小日向のコル
右は双子尾根
東黒沢とナルミズ沢 2005年9月
ナルミズに入った途端
大雨のビバーグ
滝谷 2005年8月
雨の滝谷第四尾根カンテの登り 
 


 日本登高研究会  Copyright 1999-2006 sawanosuke. All rights reserved.