vol.2
腕時計型日時計
ど〜だ!ど〜だ!ど〜だ!
前回、最初って事で気合い入れたのは良いけど、あの調子じゃはっきり言ってオイラの熱い思いが伝わらねえ。
もっと気軽にいろいろ紹介していくぜっ!

今回紹介するのは、「腕時計型日時計」
オイラも今までたくさんの腕時計を買ったが、コイツはイイ感じだ。
まず、なんと言っても日が差してないと使えないってことだ。
少し曇っていて影ができなかったらアウトってやつだ。
梅雨時なんかも結構キビシイかもしれない。
それに室内もダメだ。いくら明るくても太陽の光以外は日時計としての役にたたない。
って事はもちろん夜も使えない。街灯じゃもちろんダメだ。
それともう一つ重要なのは方角が分かってないと意味ないって事だ。自分が向いてる方向が北とはかぎらないからだ。
「俺はどんな時でも北向き野郎だぜ。」ってヒトにはむいてるかもしれないが。
注意点としては自分の体の影に時計を入れると意味ないってこと。

外見は普通の腕時計ぽいが、時間を表す為に付いてるデッパリが結構邪魔だし危ない。※(写真1)
汗をヌグッたらデッパリにやられたってヒトもいるかもしれない。
このデッパリが折れるんじゃないかと思ったヒトは正解。
もちろん折れた。※(写真2)

問題点もいろいろあるがコイツの良い点は・・・電池がいらない事だ。
そしてなにより時間をあわせなくてイイのだ。
今、唐突に思いついた「日時計と太陽電池を使った時計って似てるか?」については別の機会にもはなさない。

ここで一句
「意味のある でっぱりつけて けがしちゃう。」

写真1
写真2