五臓
五臓はお互いに関連している。
五臓はお互いに支配したり支配されたりしているので、単独で1つの内臓だけが
異常になることは少ない。
東洋医学では
、内臓を単に解剖学的な内臓としてで
はなく、さまざまな物質代謝や精神活動と関連した機能単位として、とらえてい
る。各内臓が病むと特徴のあるサインが現れるので、それを見逃さないようにす
ることが重要です。五臓相互の関連をしっかり把握したうえで、各臓の盛衰をバ
ランスよく調節することが大切です。

五臓の東洋医学な特徴
五臓 機能と支配部位 異常時のサイン
●作戦司令本部であり青葉を茂らせ
 る木のような勢いのある内臓
●筋肉や目を支配し、血をプールし
 ている所
●怒りっぽくなる●目の異常
●筋が痙攣しやすい●精神の不 安定
●身体の中の君主である
●血を循環させる
●舌を支配しており、意識を保ち、
 精神を安定させる
●汗をよくかく●舌の先端が赤い
●過剰に喜ぶ●不眠
●養分吸収と運搬を担う台所系
●肉づき状態や口を支配し、考える
 力を発揮するところ
●手足が黄色くなる●出血しやすい
●食欲異常●涎をよくたらす
●天空の気を取り入れる
●気と血を生成する
●皮膚、呼吸の機能を維持する
●鼻と通じている
●世の中を憂い、悲しみに打ち
 しがれやすい
●色白になり皮膚病になりやすい
●涙や咳がでる
●水分代謝を行う
●成長と生殖を担当する
●耳・骨・歯の機能を維持する
●驚きの感情をコントロールする
●老化現象全般●頻尿
●集中力の低下
●驚いたり恐れたりしやすい

        参考図書 絵でみる和漢診療学 寺澤
捷年 医学書院