6+ インプロパーク.Web 2011年 ワークショップ報告

2011年報告

        

インプロ in BUNGA 第25回

ワークショップ報告  〜2011年12月27日〜

     インプロ体験ワークショップ「インプロin BUNGA」第25回を、
     東京荻窪のLIVE BAR BUNGAで開催しました。
     年も押し詰まった27日の参加者は、初参加4名を含む16名。
     いろんな繋がりで、ここに集ったメンバーが、
     にぎやかにインプロ納めの夜を楽しみました。
     声を重ねて「言葉のシャワー」
     あってほしい未来や、楽しかった思い出を語り合っての「即興記念写真」
     BUNGAワーク5年目を、皆さんの笑顔で締めくくることができました。
     次回開催日は、2月28日です。

       

インプロ in カフェコモンズ・第65回

ワークショップ報告  〜2011年12月23日〜

     『インプロinカフェコモンズ』第65回を、23日(祝)に開催しました。
     年末恒例の特別企画、2部構成の「インプロパーティー」。
     参加者は、今年も、定員いっぱいの30名でした。
     13:30〜16:00の第一部は「即興パフォーマンス体験ワーク」。
     『取り調べ』『スケッチ〜主役』の2つのゲームを、
     会場いっぱいに広がって、一斉に楽しみました。
     16:30からの第二部は、飲みながら、食べながらの「インプロパーティー」です。
     メンバーのパフォーマンス(インプロや落語)あり、
     自由参加のセッションタイムあり。
     おいしい料理をいただきながら、夜遅くまで語り合いました。
     来年のコモンズは、1月29日(日)スタートです。

   

即興表現研究会☆マグノリア・インプロ体験ワークショップ&即興川柳ゲーム

ワークショップ&パフォーマンス報告  〜2011年12月17日〜

     『即興表現研究会☆マグノリア』年末恒例の、
     「インプロパフォーマンス体験ワークショップ」&「即興川柳ゲーム」に、
     今年も行ってきました。
     ファシリテーションを担当した昼間のワークショップでは、
     参加者の皆さんに、3人チームでの即興パフォーマー体験をしていただきました。
     インプロショーで演じられているフォーマットの中から、
     「ワンワード」「ワンヴォイスレポート」「最初と最後」
     「エモリプ」「取り調べ」にチャレンジ。
     チームで支え合って、パフォーマンスゲームを楽しみました。

     夜は、「即興川柳ゲーム」にアクターとして、3年連続の参加です。
     昨年度に引き続き、
     井川翔さん、住吉美来さんとのトリオ『今人』(いまんど)でのパフォーマンス。
     皆さんが詠んだ川柳をタイトルにして、演じます。
     五・七・五の十七文字にこめられた、ひとりひとりの思いを感じながら、
     その場で演じるフォーマットを選択し、即興のシーンを作っていきました。
     「主役」「マドリガル」「コンビネーションタッグ」
     「ドミノ」「川柳エンダウメント」「主役回し」
     私たち『今人』の3人にとっては、
     今年一年で、インプロヴァイザーとしての引出しがどれだけ増えたのかを
     試される場でもありました。
     ぜひ来年以降も、このチャレンジを続けていきたいと思います。

    

福島県郡山市「SNCぴーなっつ」第4回

ワークショップ報告  〜2011年12月11日〜

     「ぴーなっつ」に集うメンバーとの4回目のワークは、
     様々なタイプのインプロゲームにチャレンジしました。
     ○相手のオファーを全部「イエス」するのではなく、場合によっては「ノー」という。
     ○言葉を「数字だけ」あるいは「アジャジャ・オジャジャだけ」に制限して感情表現する。
     ○即興の「音遊び」(チーチキ)で、声を重ねる。
     ○相手との関係性を知らないまま、シーンに入っていく。
     5月・8月・10月・12月と、継続してきた場、
     今後も遊び方の幅がどんどん広がっていきそうです。

         

福島県郡山市「ビーンズふくしま・うつくしまふくしま子ども未来応援プロジェクト」

ワークショップ報告  〜2011年12月10日〜

     「うつくしまふくしま子ども未来応援プロジェクト」に取り組んでいるスタッフの皆さんとの、
     初めてのインプロワークでした。
     若者自立支援に携わっている「こおりやまサポートステーション」関連の方も一緒です。
     この日、インプロを体験したスタッフたちが、
     今後、どんな展開ができるのか、検討に入ってくれています。
     室内に孤立しがちな、ふくしまの子どもたちの居場所作りのお手伝いとして、
     インプロが役に立てたら、こんなにうれしいことはありません。
     私自身ができること、継続して、やっていきたいと思います。

 

人形劇団「京芸」・第3回

ワークショップ報告  〜2011年12月5日〜

     京都府宇治市の人形劇団「京芸」での一年ぶりインプロワークショップです。
     お正月に新作公演を控えて、てんてこまいの真っ最中とのことですが、
     そんな日々だからこそ、気分転換にインプロしたい!という、
     即興好き劇団員が集まって、3時間たっぷりパフォーマンスに興じました。
     今回は、本格的にロングフォーム『リトルタウン』『ピクチャーズ』にチャレンジ!
     『リトルタウン』では、そのまま舞台で上演したいくらいの名作「ラーメンの街」が
     誕生しました。
     京芸のメンバーとの即興は、進行役ではなく、一緒に演じたくなります。
     宇治の稽古場での再会が、とても楽しみです。

   

インプロBINGO

ワークショップ報告  〜2011年12月4日〜

     インプロで、初めて広島県に行ってきました。
     東京で一緒に活動し、『即響BUNGA』を共に起ち上げたインプロ仲間ナッティが、
     昨年、故郷広島県福山市に活動拠点を移し、
     地元でワークショップを続けています。
     その場にゲストとして呼んでもらったのです。
     福山・広島・倉敷から集まったメンバーと、
     後半にはロングフォームゲームや、即興ソングゲームも交えて、
     たっぷりインプロを楽しんできました。
     こうやって各地に仲間が増えていくのは、本当に幸せです。

         

財団法人PENS・Gリーダー研修 2011年度 第4回

ワークショップ報告  〜2011年12月3日〜

     京都のキャンプリーダーの大学生(Gリーダー)とのインプロ研修の今年度第4回目。
     前回に引き続き「ノンバーバルコミュニケーション」をテーマに実施しました。
     「シークレットパートナー」で、自分の歩き方・動き方の癖を知り、
     「ステイタス1・2・3・4・5」で、
     喋らずにステイタスの違いを表現しながらシーンを作ります。
     言葉に頼らない、頼れないからこそ、気づくことがたくさんある。
     ここ2回のGでのワークで、改めて、その奥深さを感じました。
     次回は今年度ラスト。卒業するリーダーたちを送る「送別インプロ」です。

         

インプロ in カフェコモンズ・第64回

ワークショップ報告  〜2011年11月27日〜

     『インプロinカフェコモンズ』第64回「成り切り遊び」を開催しました。 
     今回の参加者は、初参加3名を含む15名。
     様々なシチュエーションを設定して、
     架空のキャラクターに成り切って遊びました。
     初実施の「成り切りトーク」がとても面白かった!
     「立食パーティーで出会った2人組」という設定で、
     しかも話し相手に「○○な人」だと思ってもらうために会話をします。
     そしてその「○○」は普段自分が日常で、
     周囲に「こう見られたい」と思って演じているキャラクター(例えば「真面目」な人)ではなく、
     普段は「そう見られたい」とは思ってもいない自分(例えば「妖艶な女」)になってみる。
     自分イメージの殻を破ろうと、試してみたのですが、
     コモンズインプロの、何でもOKの雰囲気も手伝って、新鮮な「遊び」が生まれました!!

   

天城こどもネットワーク・第5回

ワークショップ報告  〜2011年11月23日〜

     静岡県伊豆市に行ってきました。
     ここ5年「天城こどもネットワーク」の皆さんに呼んでいただいています。
     天城で子どもたちの遊び場(プレーパーク)を運営している皆さんとのインプロワーク。
     異年齢集団で遊び慣れている子どもたちと、それを支え続けている大人たち。
     今年は過去最多の23人が参加してくれました。
     アイスブレイクは不要。
     年齢差への配慮も不要。
     2時間半、たっぷり即興表現を楽しみました。
     天城での時間は、
     子どもたちが、人と関わり、自然と関わりながら、
     遊ぶことの大切さを毎年教えてくれます。

  

ちょけ・ラテ〜ぽかぽかほっこりインプロワークショップ〜

ワークショップ報告  〜2011年11月20日〜

     3年目を迎えた教育系学生団体『ちょけ・ラテ』の、
     今年度最後のワークショップを、奈良市内の「八百屋カフェ・村のめぐみ」で開催しました。
     ここのカフェを運営している「NPO法人奈良地域の学び推進機構」のスタッフの1人が、
     ちょけラテ3代目代表サラティッシュの古い知り合いで、
     しかも、私とも別のインプロワークショップで出会っていたという、浅からぬご縁があり、
     今回、お店を使わせていただけることになったのです。
     参加者は、総勢30名。
     学生が中心で、社会人が5名。
     半数近くが初インプロでしたが、
     居心地のよいカフェ空間で、インプロに興じていくうちに徐々に緊張もほぐれ、
     とてもあったかい場ができ上がっていきました。
     ここが、新たなインプロ空間として継続できたらいいな。
     そう思えた、素敵な一日でした。

  

千葉県白井市立池の上小学校・総合学習・2011年度第3回

授業報告  〜2011年11月16日〜

     池の上小学校6年生「歴史」グループでの3回目の授業に行ってきました。
     「キャラクターウォーク」「007」「拍手回し」で、心身をほぐした後、
     「関ヶ原の戦い」「龍馬暗殺」「太平洋戦争開戦」3チームでの劇作りの続きです。
     『誰と誰の物語なのか』『どんな劇にしたいのか』を明確にしながら、
     チームごとにストーリーを考え、シーン設定をし、配役まで決めることができました。
     発表会前の授業は、あと2回(計・4時間)。どんな劇ができ上がるか、とても楽しみです。

  

しなやかリレーションシップ・第25回

ワークショップ報告  〜2011年11月6日〜

     「しなやかリレーションシップ」第25回を、
     大阪市南森町のArt of life研究所で開催しました。
     今回のテーマは『インプロを活かしたドラマワーク』。
     第一部(アイスブレイク)と、第二部の前半がインプロ。
     第二部後半と第三部は、インプロマインドで作った場を活かしてのドラマワークです。
     参加者は、10代3名(12歳・19歳・19歳)から50代まで、様々な縁で集った20名。
     第二部では、4人組に分かれ、
     身体を使って、様々なものを表現したり、シーンを創ったりする「フィジカルシアター」
     という手法で、家の「扉」「照明」「水回り」「家電製品」をつくり、
     その4つを組み合わせて、しなリレ主宰のキューピーが演じる「家探しをしている人」に、
     家のプレゼンをしていきました。

     第三部は、本日のメインプログラムのドラマワーク。
     小学校4年生の教科書(東京書籍)に載っている
     『世界一美しいぼくの村』(小林豊)という物語を、
     様々なドラマの手法を用いて、読みとっていく模擬授業を展開しました。
     アフガニスタンの美しい村に生きる少年ヤモの物語。
     しかし、村は戦争で破壊され、今はもうない、という結末。
     お話を、場面ごとに少しずつ読み進めながら、
     「フィジカルシアター」「タブロゥ(静止画)」「キャラクターウォーク」
     「コーラルスピーチ」「ソートトラッキング(思考の軌跡)」などのドラマの手法で、
     登場人物になったり、風景になったりしながら、
     物語を体感していきました。
     従来の一斉授業とは全く違うアプローチでの国語授業、
     ぜひ現場での実践に繋げていきたいです。

  

京都市立養正小学校

第3回授業報告  〜2011年11月4日〜

     京都市立養正小学校での、インプロの授業も3回目となりました。
     今回は、3年生と、5年生。
     それぞれ90分のインプロ初体験でした。
     どちらの学年も(各学年1クラス)、すんなりとは授業の中に入ってこられない子がいて、
     先生方は日頃さぞ大変であろうと思われましたが、
     クラス全体としては、とても明るく、人懐っこく、
     のびのびと即興表現を、楽しんでいました。

     放課後は、校内研究会で、インプロ研修を実施。
     まずは頭ではなく体で感じてほしかったので、
     皆さんに「呼ばれたい名前」での名札をつけていただいて、
     〇〇先生ではなく、ひとりの自分として、60分、インプロに興じていただきました。
     当初硬い表情だった方も、時間が経つにつれて、笑顔がこぼれ、
     いい雰囲気になっていったのですが、その後の討議は盛り上がらず残念でした。
     いきなり全体討議にせず、
     インプロ体験直後に、先生方に各自、感想や、疑問等を書いてもらってから、
     話し合えばよかったかもしれません。
     今の段階では、養正小学校でのインプロは、まだ「非日常」。
     日頃から、気軽に実践していける方策を、考えていきたいと思います。

   

インプロ in カフェコモンズ・第63回

ワークショップ報告  〜2011年10月30日〜

     『インプロinカフェコモンズ』第63回「感情表現ゲーム」を開催しました。 
     今回の参加者は、初参加1名を含む14名。
     「エモーショナルウォーク」「イエスアンドサークル感情編」「何やってるの感情編」
     「数字deドラマ」「感情当て」「感情マシーン」「伝言マイム感情追加ヴァージョン」
     架空の感情に成り切って遊ぶ、様々なゲームで、半日遊びまくりました。
     来月のワークのテーマは「成り切り遊び」。
     架空のキャラクターを創り出し、その登場人物を活躍させて遊びます!

  

即興表現研究会☆マグノリア・即響ソングインプロ体験ワークショップ・4

ワークショップ報告  〜2011年10月29日〜

     『即興表現研究会☆マグノリア』主催の即興ソングインプロ第4回を、
     調布市市民プラザあくろすで開催しました。
     この日の参加者は14名。
     心理劇の方と、インプロ関係者が、ちょうど半々でした。
     昨年、京都で出会って、その後神奈川に就職した方がインプロ初体験に来てくれたり、
     他のインプロ団体のレッスンに通っている方が「歌いたい」と来てくれたりと、
     今回も多彩なメンバーでした。
     前半は、「しりとり歌」「メロディ連想」「スリーA」「言葉のシャワー」で声を重ね、
     後半は、「チーチキ」「3人チーチキ」でリズム遊びをした後、
     まずは14人全員で「ワンワードソング」「しりとり川柳ソング」で即興のウタを作り、
     さらに、3チームに分かれて「シェアードソング」に取り組みました。
     各グループの「ウタ」のタイトルは、
     『さわやかなサンマ』『金をやる』『血まみれのマドンナ』
     自由闊達で、おバカで、素敵な「ウタ」が生まれました。
     次回は来春開催予定です。

   

川崎市役所・食育講習会

ワークショップ報告  〜2011年10月28日〜

     川崎市役所の栄養士さんから「食育リーダーの方々にインプロワークを」
     という依頼をいただいて、平日の午前中に、市役所の会議室へ出かけました。
     参加者は18名。もちろん皆さん、インプロ初体験です。
     市が食育計画の一環として育成した「食育リーダー」の今後の活動に、
     演劇的な手法を取り入れようという趣旨なのですが、
     依頼してくださったご本人が「無謀な企画」と笑いながらおっしゃるように、
     集まった30歳〜71歳の食育リーダーの皆さんは、
     朝の集合時は、半信半疑で緊張した面持ち。
     でも、インプロに興じているうちに、笑顔が次第に増えていき、
     最後には、観光協会の人に成り切ってのドラマワークまで実施することができました。
     今後の食育イベントに、インプロやドラマが生きることを、願っています。

   

インプロ in BUNGA 第24回

ワークショップ報告  〜2011年10月25日〜

     インプロ体験ワークショップ「インプロin BUNGA」第24回を、
     東京荻窪のLIVE BAR BUNGAで開催しました。
     今回の参加者は10名。
     インプロ初体験で、誰とも顔見知りではない方が来てくださって、
     その方に、BUNGAメンバーみんなで、インプロの楽しさを伝えることができた夜でした。
     次回開催日は、年も押し詰まった、12月27日です。

   

インプロ in すだち 第8回 @大阪・寝屋川市

ワークショップ報告  〜2011年10月23日〜

     NPO法人「寝屋川市民たすけあいの会」主催のインプロワークショップ
     『インプロ in すだち』第8回目を開催しました。
     今回は、運営スタッフと事前に「インプロの良さって何だろう?」と、
     初心に戻って、考え直す時間をもち、
     そのうえで、ワークプログラムを作成していきました。
     実施する内容が、とてもシンプルになったことで、
     私を含めたスタッフ側が、ぶれずに自信をもって場作りができたように思います。
     1回1回丁寧に場作りする大切さを、改めてかみしめています。

    

鹿児島県志布志市立有明小学校

第5回授業報告  〜2011年10月21日〜

     5月から通い続けた志布志の子どもたちとの時間も、昨日がラスト。
     最終回は、授業3コマの拡大バージョンでした。
     全校児童106名を5つの縦割りグループに分けてのインプロ&劇作り、
     私の担当した21人は、7人ずつの3チームに分かれて、
     『3びきのかわいいオオカミ』という絵本のサイドストーリー作りを、進めてきました。
     3チームとも、しっかりした心優しいリーダー(6年生)がいたので、
     彼らを中心に、和気あいあいと劇作りに取り組むことができました。

     昨日は午前中に3チームが互いに作った劇を見合ったあと、
     午後は体育館に集まって、
     全校みんなでにぎやかにインプロに興じてこの活動を締めくくりました。
     ひとりひとりが、その人らしく表現できる楽しさ、子どもたちには伝わったと思います。
     先生方全員に伝わったかどうかが、ちょっぴり心配!
     また来年度、有明小学校の子どもたちと一緒に
     インプロ&ドラマワークができますように!

    

千葉県白井市立池の上小学校・総合学習・2011年度第2回

授業報告  〜2011年10月19日〜

     千葉県白井市立池の上小学校6年生での演劇活動。
     「歴史ドラマ」グループでの2回目の授業に行ってきました。
     「関ヶ原の戦い」「龍馬暗殺」「昭和の戦争開戦」3チームに分かれての劇作りです。
     各チームが、調べ学習の結果を整理しながら、ストーリー作りに取りかかりました。
     2月の発表に向けて、子どもたちの発想、思いを最大限に活かせるよう、
     余裕のある時間配分を心がけていきたいです。

    

福島県郡山市「SNCぴーなっつ」第3回

ワークショップ報告  〜2011年10月16日〜

     「ぴーなっつ」に集うメンバーとの3回目のワーク。
     初参加2名を含む12名で、3時間たっぷり遊びました。
     これまでで一番、柔らかくて自由な空間になりました。
     これも、回を重ねたおかげだと思います。
     「今日が一番楽しかった」「今までで一番楽にやれた」等の感想が寄せられました。
     次回は、どんな時間になるのか、楽しみでたまりません。

福島県郡山市「こおりやまサポートステーション」第2回

ワークショップ報告  〜2011年10月15日〜

     8月に引き続き、若者の自立支援をしている「サポートステーション」主催の
     インプロワークショップを開催しました。
     「サポステ」に通う利用者さんが、自立支援に関わっているスタッフの勧めで、
     緊張気味に会場にやってきます。
     2時間、心と体を丁寧にほぐしながらのインプロワーク。
     徐々に笑顔になっていく利用者さんたち。
     ふり返りアンケートに「久しぶりに人前で笑った!」と書いてくださった方がいました。
     このひと言だけで、企画した甲斐があったと感じています。
     今後、この「サポステ」×「インプロ」をどのような形で継続していくのがよいか、
     スタッフと連携を取りながら、じっくり検討していきたいと思います。

         

東京都府中市立小中学校教育研究会児童文化研究部・第4回

ワークショップ報告  〜2011年10月12日〜

     9月に引き続き、2か月連続での、府中市の児童文化研究部の研修会です。
     この日は、前回の参加者の皆さんからいただいたリクエストをもとに、
     プログラムを組み立てました。
     「机・椅子のある教室でも実施できるもの」
     「6年生でもノリノリで参加できるもの」
     「教科学習に活用できるもの」
     「キビキビと実施できるもの」(失敗を恐れないで)
     「即興のソングワーク」
     という観点から選び出したメニューを、
     皆さん、笑顔で思いっきり楽しんでいました。
     教室でインプロを実践している方からの、真剣な質問も出てきて、
     「継続」して関わらせていただく「良さ」を改めて感じました。

         

国際医学生連盟(イフムサ) 日本総会

ワークショップ報告  〜2011年10月9日〜

     今年も、「国際医学生連盟」(イフムサ)日本総会に呼んでいただきました。
     2日目午後のトレーニングセッションのひとつとして、
     インプロを実施するようになって、今年でもう5年目です。
     全国から集まった、医師、看護師などを目指す40名の学生たちに、
     2時間たっぷり、インプロを体験してもらうことができました。
     医学生とのインプロ、今後も大切に、続けていきたいです。

          

財団法人PENS・Gリーダー研修 2011年度 第3回

ワークショップ報告  〜2011年10月1日〜

     京都のキャンプリーダーの大学生(Gリーダー)とのインプロ研修の3回目。
     最近、受講する学生たちのエネルギーが下がっている感が否めないG研修。
     今回は、キャンプ組織を束ねるスタッフと、ワーク5日前にミーティングの時間をもち、
     現在の(最新の)リーダーたちの状況をしっかり把握したうえで、、
     研修のメニューを決めていきました。

     テーマを「ノンバーバルコミュニケーション」に絞り込み、
     「喋らない」インプロワークばかりを2時間実施して、
     「伝えようとする」「伝わる」「伝わらない」
     「受け取ろうとする」「受け取れる」「受け取れない」
     そんな経験を大学生たちにしてもらいました。
     こちらのエネルギーは、リーダーたちにも伝わっていたように思います。
     毎回、毎回のワークを、丁寧に準備する大切さを、改めて痛感した一日でした。

    

京都市立養正小学校

第2回授業報告  〜2011年9月30日〜

     京都市立養正小学校での、第2回目のインプロ授業は、
     前回出会った2年生と、今回初めての1年生、2学年合同での、
     90分のインプロ授業でした。
     元気印がいっぱいの43人。
     声やポーズでの感情表現も、
     「桃太郎」の登場人物に成り切ってのキャラクターウォークも、
     瞬時に、そこに飛び込んで表現してくれます。
     自由な表現力に感心すると同時に、普段、日本じゅうの小学生の学校生活の中に、
     こんなふうに、結果を問われず、楽しく表現できる時間は、
     いったいどのくらいあるのだろうと考えてしまいました。
     学年が上がるにつれ、表現をためらう子が増えてしまうのは、
     単純に、表現する機会に恵まれないからではないのでしょうか。
     養正小、次回訪問では、先生方にもインプロ研修を受けていただけることになりました。
     インプロ授業の可能性を、先生たちと一緒に考えていきたいです。

         

千葉県白井市立池の上小学校・総合学習

授業報告  〜2011年9月28日〜

     今年で10年目を迎えた、千葉県白井市立池の上小学校の即興・演劇授業。
     ここ3年間、9月〜2月に6年生の演劇グループのひとつを担当しています。
     6年生2クラスが、3つのグループに分かれるのですが、
     私の担当は、池の上小学校でも初の試みとなる「歴史ドラマ」グループ。
     初回のこの日は、名前を覚えながらの即興ゲーム実施の後、
     日本の歴史の、どの「瞬間」をドラマにするのかについて、6年生17人と、検討しました。
     その結果、子どもたちがチョイスしたのが「関ヶ原の戦い」「龍馬暗殺」「昭和の戦争開戦」
     どんな展開になるのか、次回以降がとても楽しみです。

         

インプロ in カフェコモンズ・第62回

ワークショップ報告  〜2011年9月25日〜

     『インプロinカフェコモンズ』第62回のテーマは「即興のシーン作り」
     前半は「Who game」(即興)、後半には「専門家のマント」(ドラマワーク)という、
     コモンズ初チャレンジのプログラムを中心に、じっくりたっぷり遊びました。
     今回の参加者は、初参加2名を含む17名。
     コモンズメンバーは、本当に皆さん自由で、ルールにとらわれず、正解を求めず、
     新しいプログラムも、遊び尽くします。
     ただ、夢中で遊ぶ場、来月は「感情表現ゲーム」です。

    

医療×インプロ スマイルコミュニケーション・第14回

ワークショップ報告  〜2011年9月24日〜

     『医療×インプロ〜スマイルコミュニケーション』第14回を、
     大阪・西九条のクレオ大阪西で開催しました。
     今回のテーマは「題名のないおしゃべり広場〜ねぇ、ちょっと聞いてやぁ〜」
     インプロを活かした「語り場」です。
     参加者は8名。
     少人数でしたが、医学生4名、社会人4名(医療現場・小学校・日本語教育関係)で、
     じっくり語り合うことができました。
     次回は、年明け、2月18日(土)の予定です。

    

インプロがおりんず発表会2011〜迷ったら楽しいほうを選べ!〜

イベント報告  〜2011年9月18日〜

     5年目を迎えたがおりんずインプロ発表会に、
     今年も、ディレクター兼プレイヤーとして参加してきました。
     第1部は、2チーム対抗のショートフォーム4ラウンド。
     第2部は、東西のゲストプレイヤーが加わって、総勢15名でのロングフォームです。
     会場はいつもの「シアタームーン」
     スタッフも、5回目という人が何人もいてくれて、
     劇場の扉を開けたら「ただいま!」って言いたくなりました。

     第1部はディレクター(タイムキーパー)として、舞台下からサポートし、
     第2部は司会を務めながら、ロングフォームに出演。
     楽しみ尽くした1日でした。

     

鹿児島県志布志市立有明小学校

第4回授業報告  〜2011年9月9日〜

     鹿児島県志布志市立有明小学校でのインプロ&劇作り授業、
     5回シリーズの4回目に行ってきました。
     昨日、2か月ぶりに有明小学校に行ってきました。
     今回からいよいよ、オリジナルの劇作り。
     前回劇遊びをした物語の中から、ひとつを選んで、
     そのお話のサイドストーリー(スピンオフ)をつくっていくことにしました。

     「すぅさんグループ」の子どもたちが選んだのは、
     『3びきのかわいいオオカミ』(ユージーン・トリビザス作)
     豚と狼のキャラクターが入れ替わっていて、
     凶悪なわるブタと、かわいいオオカミが登場するのですが、
     絵がとても綺麗で、素敵な絵本です。
     この日はまずこの絵本を読んで、
     登場するキャラクターやストーリーを確認してから、劇作りを開始しました。

     「7人ずつの3つのチームに分かれる」
     「それぞれのチームでどの時期の誰を主役にするか決める」
     「ストーリーを考える」
     「7人全員が登場できるように配役を考える」
     「場面ごとのプランを立てる」
     3チームとも、6年生が中心となり、4・5年生も活発に意見を出し、
     劇作りがどんどん進んでいきました。
     1年生は、今回話し合い中心なので、さすがに飽きてくる子もいました。
     次回(最終回)は、思いっきりいろんな動物に成り切って遊ぼうね!

        

東京都府中市立小中学校教育研究会児童文化研究部・第3回

ワークショップ報告  〜2011年9月7日〜

     昨年に引き続き、今年度も府中市の児童文化研究部の研修に、
     2回シリーズで呼んでいただけることになりました。
     今回は、その第1回目。府中市立若松小学校に集まった先生たちと、
     「インプロ」や「ドラマワーク」を楽しみました。
     今年初めて出会う方も多かったのですが、皆さんすぐに馴染むことができて、
     2時間、笑顔いっぱいの研修になりました。

           

島根県隠岐郡海士中学校・演劇ワークショップ

ワークショップ報告  〜2011年9月1・2日〜

     日本海に浮かぶ島根県隠岐郡海士(あま)町の中学校へ、今年も行ってきました。
     全校を挙げて演劇に取り組んでいる、島でひとつの中学校に、
     縁あって2006年夏に出会い、翌年から、演劇ワークショップを提供し続けています。
     全校生徒52人。17〜18人の縦割りグループ3つが、
     3年生のリーダーシップのもと、生徒会活動の一環として、
     演劇作りに取り組んでいます。
     1日・2日と、各グループ70分×2回ずつのワークショップの予定でしたが、
     台風が接近したため、2日目は早めに下校することになり、45分に短縮。
     それでも、計115分間、充実したワークショップを展開することができました。
     9月11日の本番が楽しみです!!

    

財団法人PENS・Gリーダー研修 2011年度 番外編

野外インプロ報告  〜2011年8月30日〜

     京都のキャンプリーダー(Gリーダー)たちの「撤収キャンプ」に参加してきました。
     夏のキャンプが無事終わり、キャンプ場の片づけをしながら、
     キャンプファイヤーや、火を囲んでの語らいを楽しむ2日間です。
     テントやシュラフを干して、ロッジや管理棟を大掃除して…
     みんなで(私も学生たちに交じって)働いた甲斐があり、
     2日目、時間の余裕ができたので、
     キャンプサイトで1時間弱、野外インプロを提供してきました。
     「尻たたき鬼」「トリプルじゃんけん」「トラストフォール」「UFO着陸」
     夏を乗り越えて逞しさを増したリーダーたちの笑顔が、青空に弾けました!

    

インプロ in カフェコモンズ・第61回

ワークショップ報告  〜2011年8月28日〜

     『インプロinカフェコモンズ』第61回
     半年ぶりの「音遊び」を、8月28日に開催しました。
     今回の参加者は15名(+懇親会から1名)。
     初参加の方、4名。(新たな出会いが嬉しいです!)
     とっても久しぶりに来てくれた方が、2名。(嬉しい!お帰りなさい!)
     4時間半の即興ソングワークです。

     「名前歌」「ネームカルテット」「一文字ソング」「3人チーチキ」
     「言葉のシャワー」「五七五しりとり」「ワンワードソング」「シェアードソング」
     音遊びに夢中になって、半日思いっきり遊びました!!
     来月は、『即興のシーン作り』
     短い即興劇で遊びます!

    

大阪府高槻市立南大冠小学校・校内研修会

ワークショップ報告  〜2011年8月26日〜

     5年間通い続けている街「高槻」市内の小学校の研修に呼んでいただきました。
     この学校の先生が、高槻カフェコモンズのワークショップに来てくださったご縁で、
     夏休み終盤の、校内研修のメニューに加えてくださったのです。
     小学校でのワークとしては、長めの3時間の枠をいただき、
     校長先生を始めとする全職員の方々に、
     たっぷりとインプロを体験してもらうことができました。
     「やわらかな繋がりを目指す」という先生方、
     新学期の、教室での実践報告が楽しみです!!

         

インプロ in BUNGA 第23回

ワークショップ報告  〜2011年8月23日〜

     インプロ体験ワークショップ「インプロin BUNGA」第23回を、
     東京荻窪のLIVE BAR BUNGAで開催しました。
     今回の参加者は15名。うち、8名の方がインプロ in BUNGA初参加でした。
     前回の即響BUNGAに来てくださった方、
     カフェコモンズ(高槻)や、カンカモ公演(大阪)や
     しなやかリレーションシップ(京都or大阪)など、関西で出会った方、
     松江(島根)のワークで一緒だった方、
     今人ライブ(千葉)を観に来てくださった方、
     K・テイラー氏のドラマワーク(先週・東京)を共にした方、など、
     各地での出会いから、
     この夜に荻窪に集ったメンバー(だから皆さん同士は初対面だらけでした)で、
     2時間15分、大いに遊びました。
     次回開催日は、10月25日です。

インプロがおりんず パフォーマンスクラス@名古屋

ワークショップ&プチ発表会報告  〜2011年8月20・21日〜

     名古屋インプロがおりんず「パフォーマンスクラス」今年度の第5回目は、
     お寺合宿でした。
     土曜の午後4時間、日曜の午前2時間半、たっぷりパフォーマンスワークショップを楽しみ
     夜は、飲んで語って、銭湯行って、宿泊。日曜の午後、お寺の本堂で発表会!
     という、盛り沢山、大贅沢、幸せな2日間。
     会場を提供してくださった、長善寺(副住職さんがインプロ仲間です)の皆さんに、
     心から感謝です。ありがとうございました!
     参加メンバーは、土曜日ワーク15名、日曜日ワーク&発表12名+スタッフ+お客様
     発表会では、各チーム(3人×4チーム)それぞれ、1分ゲーム、2分ゲーム、3分ゲームと、
     3つのフォーマットにチャレンジ!
     来てくださったお客様からいただいたタイトルをもとに、即興のシーンを展開していきました。
     私の役目は、ワークショップではファシリテーター、発表会ではディレクター兼タイムキーパー
     夜は、ひたすら飲む人。皆さんのポジティブなエネルギーが集まって、
     充実した、2日間でした。
     インプロがおりんず、来月は、劇場でのパフォーマンスです。

福島県郡山市「SNCぴーなっつ」

ワークショップ報告  〜2011年8月7日〜

     今年の5月に出会った、福島県郡山市の「SNCぴーなっつ」での、
     第2回目のワークショップを、8月7日に実施しました。
     前回参加者の多くが、また顔を見せてくれて、
     そこに初参加のメンバーも加わって、にぎやかな時間になりました。
     この日は「スケッチ」〜「部屋当て」や、「しりとり歌」〜「言葉のシャワー」を初実施。
     初回、慎重にプログラムを作った時と比べると、どんどんいろんなメニューを展開したのですが、
     表現することに、ためらいや戸惑いのあるメンバーもいて、
     メニュー選択に課題が残るワークとなりました。
     助成金もとっていただき、本格的に継続実施が決まりました。また秋に伺います。

福島県郡山市「こおりやまサポートステーション」

ワークショップ報告  〜2011年8月6日〜

     2度目の訪問となった福島県郡山市、今回は土、日、2か所でのワーク開催でした。
     一日目は、若者の自立支援をしている「サポートステーション」主催のワークショップ。
     「サポステ」に通う利用者さん(3名)と、自立支援に関わっているスタッフ(6名)、
     「コミュニティBOXぴーなっつ」のメンバー(2名)、
     さらに福島入りしていた名古屋のインプロ仲間(1名)が加わってのワークでした。
     この日は、ノンバーバル(非言語)なメニューを中心に、
     2時間、ゆっくりワークを進めていきました。
     利用者さん3名も、徐々に緊張がほぐれて、笑顔で楽しんでいました。
     「サポステ」主催のワークも、継続が決定。
     どんな空間を提供していけるのか、じっくり検討していきたいと思います。

インプロ in カフェコモンズ・第60回

ワークショップ報告  〜2011年7月31日〜

     2006年夏にスタートした『インプロinカフェコモンズ』
     皆さんのおかげで、今月で丸5年が経過、
     60か月連続60回目のワークを、7月31日に実施しました。
     今回の参加者は、初来場3名の方を含む15名でした。
     ワークのテーマは、ここのところ半年に一度実施している『察する・委ねる』
     言葉を使わないプログラムで、たっぷり遊びました。
     来月は、こちらも恒例の『音遊び』です。

インプロがおりんず パフォーマンスクラス@名古屋

ワークショップ報告  〜2011年7月23日〜

     名古屋インプロがおりんず「パフォーマンスクラス」今年度の第4回目を、
     「中生涯学習センター」美術室で開催しました。
     今回の参加者は9名。
     初インプロの方、パフォーマンスクラス2度目の方、
     これまで一緒にパフォーマンスの舞台に立ったことがある仲間たち、
     そして「インプロに疑問をもってしまって、しばらく離れていたんだけれど、
     すぅさんのワークを奨められたので、久々にやってみようと思った」方と、
     バラエティに富んだメンバーでした。
     前半は全員で「スリーライン」「主役」というフォーマットで、
     丁寧に即興パフォーマンス体験をしていき、
     後半は、チームを組んで「ワンワード」「ペーパーズ」「ソング」にチャレンジしました。
     初めての方も、久々の方も、楽しんでもらえたようで、よかったです。
     次回はいよいよ、合宿&プチ発表会です。

鹿児島県志布志市立有明小学校

第3回授業報告  〜2011年7月15日〜

     鹿児島県志布志市立有明小学校でのインプロ&劇作り授業、
     5回シリーズの3回目に行ってきました。
     今日は、いろいろな物語での劇遊び。
     2時間たっぷり物語の世界で遊びました。

     桃太郎
     金太郎
     うさぎとかめ
     白雪姫
     3匹のこぶた
     3匹のかわいいオオカミ

     5年生の女の子が給食の時間に
     「今日の授業は疲れたよ、すぅさん」と笑いながら言うくらい、
     たっぷり頭も体も動かすことができたけれど、
     また今日も私が、みんなをリードし過ぎてしまったかもしれません。
     (途中で声が枯れました)
     次回からはいよいよ劇つくり。
     リードし過ぎず、サポートし過ぎず、
     委ねて、待って、生み出す時間になるように、心がけます。

ドラマセラピーフェスティバル

ワークショップ報告  〜2011年7月10日〜

     日本ドラマセラピー研究所主催の「ドラマセラピ−フェスティバル2011」の、
     ワークショップ提供者募集に応募し、ワークを実施してきました。
     今年のフェスティバルのテーマは『ドラマを仕事にする』
     全国から集まった、ドラマに関わる30名の参加者が、
     丸一日、様々な角度からドラマの可能性を提案し合いました。
     私は、午後の分科会の一つを担当、
     小学校でのドラマワークの実際を、皆さんと一緒に体験しました。
     シェアードストーリーで生み出された、
     この日限りのユニークな「かぐや姫」の物語をもとにした、ドラマワーク。
     参加してくださった方々の、それぞれの現場で役立つことを願っています。

しなやかリレーションシップ・第24回

ワークショップ報告  〜2011年7月9日〜

     「しなやかリレーションシップ」第24回目は、ここ数年7月恒例の
     『英語・日本語ちゃんぽんインプロ』でした。
     アイスブレイクと、前半のワーク(ノンバーバル・ジブリッシュ)を私が担当。
     後半のちゃんぽんインプロは、主宰のキューピーと、ゲストファシリテーターのおーしまんが、
     場を作っていきました。
     英語に抵抗感のあるメンバーも、英語が達者なメンバーも、
     共に楽しめるワークになったように思います。
     「インプロ」を活かして「言葉を身につける」ためのプログラムを、
     これからもしなリレメンバーと一緒に探っていきたいです。
     次回しなリレは11月6日(日)、「インプロを活かしたドラマワーク」開催決定しました。

インプロパーク即興パフォーマンスワークショップ第22回

ワークショップ報告  〜2011年7月4日〜

     即興パフォーマーたちのためのワークを、今月も中野区沼袋地域センターで開催しました。
     前半は、即興ソング。フォーマットをいろいろ試しながら歌いまくりました。
     メンバーのそろった後半は、じっくりとロングフォーム。
     「主役」「ドミノ」を、一回一回丁寧にふり返り、意見交換しながら、
     繰り返し演じていきました。
     大切な仲間との、真剣な、幸せな時間でした。

財団法人PENS・Gリーダー研修 2011年度 第2回

ワークショップ報告  〜2011年7月2日〜

     京都のキャンプリーダーの大学生(Gリーダー)とのインプロ研修の2回目。
     この日も、私にとって、とても難しいワークでした。
     初めて体験する1回生もいれば、もう3年目、4年目になるメンバーもいる。
     そして、その経験者たちの、インプロへのモチベーションには、
     上下大きな開きがある状況なのです。
     次回以降に向けて、打開策は?
     学生たちひとりひとりが、思わず夢中になりながらも、
     普段の自分をふり返り、見つめていくことのできる状態を、
     どうにかして作っていきたいと思案しています。

インプロ in BUNGA 第22回

ワークショップ報告  〜2011年6月28日〜

     インプロ体験ワークショップ「インプロin BUNGA」第22回を、
     6月28日(火)夜に東京荻窪のLIVE BAR BUNGAで開催しました。
     参加者は、インプロ初体験の方1名を含む10名。
     2回、3回と回を重ねて来てくださっている方が、
     以前よりのびのびと、即興を楽しんでくださっている姿が、
     とても素敵で、とても嬉しく感じました。
     もっといろんな方に、気楽にインプロ体験してほしい!
     次回は、8月23日に開催します。

インプロ in カフェコモンズ・第59回

ワークショップ報告  〜2011年6月26日〜

     6月のインプロinカフェコモンズ「雨の季節にコトバアソビ」を26日に実施しました。
     参加者は、いつもよりちょっと少なめの12名。
     「言葉回し」「フォーメーションしりとり」「アジャジャオジャジャ」「感情ジブリッシュ」
     「わたしの一文字」「ワンワードセンテンス」「NGワード」「しりとり川柳」
     即興のコトバアソビで、たっぷり遊びました。
     来月は、コモンズインプロ第60回目を迎えます。
     皆さん、ぜひ足をお運びください。

インプロがおりんず パフォーマンスクラス@名古屋

ワークショップ報告  〜2011年6月25日〜

     名古屋インプロがおりんず「パフォーマンスクラス」今年度の第3回目を、
     「中生涯学習センター」美術室で開催しました。
     今回の参加者は6名。
     「フリーズタッグ」「最初と最後」「CM」
     「スペースジャンプ」「エモーショナルリプレイ」「あいうえお」
     3〜4人組でのパフォーマンスゲームを、メンバーを入れ替えながら、たっぷり実施しました。
     次回は7月23日(土)です。

     

医療×インプロ スマイルコミュニケーション・第13回

ワークショップ報告  〜2011年6月19日〜

     『医療×インプロ〜スマイルコミュニケーション』第13回を6月19日に開催しました。
     今回のテーマは「思いっきりインプロ〜梅雨を吹き飛ばせ!」
     いつもより広い会場(大阪・加島の「市民交流センターよどがわ」)を借りて、
     ダイナミックに動けるプログラムを取り入れてみました。
     また、この日は、参加者がスタッフを含めて7名と、少人数だったので、
     途中からは、参加者ひとりひとりに、やってみたいワークを訊き、
     そこからワークを組み立て直していきました。

     皆さんのリクエストは「非言語コミュニケーション」「キャラクターde劇遊び」「ダンス遊び」
     7人で、梅雨を忘れて遊ぶことができました!!

財団法人PENS・Gリーダー研修 2011年度 第1回

ワークショップ報告  〜2011年6月18日〜

     京都のキャンプリーダーの大学生(Gリーダー)とのインプロ研修が、
     今年度もスタートしました。
     年5〜6回、インプロワークを提供し続けて、今年で4年目。
     初めて研修に行った時に、フレッシュな新入生だったメンバーが、もう最上級生になりました。
     この日は、新規加入のリーダーを歓迎するプログラム。
     前半たっぷり、ココロとカラダをほぐした後、
     新メンバーを主役にした「サポート彫刻」「プレゼントゲーム」を実施しました。

     この場は、インプロをやりたくて集まってくるワークショップとは違うので、
     キャンプリーダーの中には、インプロが苦手、嫌いというメンバーも結構います。
     でも、必修の研修だから、インプロし続けることになる。
     そこから生まれる戸惑いや、疑問にも応えながら、進めていくワークは、
     私にとっても、深い学びの場です。

     

京都市立養正小学校

第1回授業報告  〜2011年6月17日〜

    17日(金)、京都市内の小学校で、インプロワークを2時間、実施させていただきました。
    以前、ワークショップでご一緒した先生(2年生担任)が、
    「ぜひ、インプロの授業を!」と、呼んでくださったのです。
    5校時、2年生
    6校時、6年生
    学級活動の時間にインプロワークを45分ずつ提供してきました。
    落ち着かない、手のかかる子が多く、大変な毎日なんだと伺っていたのですが、
    人懐っこく、元気な子どもたちで、とても積極的にいきいきと即興表現を楽しんでいました。
    インプロ仲間2人が同行し、授業をサポートしてくれたので、
     安心してプログラムを進められました。

     また9月に伺うことになったのですが、
    もっと日常的に、気軽に、私たちが訪ねて行かなくても、
     担任の先生1人でインプロやドラマワークを展開する道すじを作らないと、
    この授業は継続せず、一過性のものに終わってしまう。
    そんな当たり前のことが、今回は心にずんと響いています。
    私にできることは、何だろう?
    次回の授業の準備と共に、じっくり考えていきたいと思います。

鹿児島県志布志市立有明小学校

第2回授業報告  〜2011年6月10日〜

     鹿児島県志布志市立有明小学校での
     『児童生徒のコミュニケーション能力の育成に資する芸術表現体験事業』
     第2回目の授業に行ってきました。全10コマの授業の、3・4時間目です。
     今回は、最初から5つの縦割り班(1〜6年生21人)に分かれて、
     各グループで、インプロ&ドラマワークを展開しました。
     インプロを思い切り楽しみながら、縦割りグループ21人をひとつのチームにしたい。
     今日は、そんな狙いの100分間でした。
     「ネームトス」「バニバニ」「ナイフとフォーク」「写真」「彫刻」「人文字」(ここで休憩)
     「何やってるの?」「マネダンス」「ズレダンス」
     「まねしてみよう」「キャラターウォーク&トーク」
     なかなかいいチームになってきました。
     さぁ、来月からは、ドラマ作り。
     私が、リードし過ぎないように!
     子どもたちが本当に作りたいものを、丁寧に作っていきたいと思います。

インプロパーク即興パフォーマンスワークショップ第21回

ワークショップ報告  〜2011年6月6日〜

     即興パフォーマンスを楽しむワークを、今月も中野区沼袋地域センターで開催しました。
     今回は、他のイベントや稽古と重なっていて来られないメンバーが多く、参加者は3名。
     「ウタ」好きな顔ぶれだったので、3時間以上、心ゆくまで歌いまくりました。
     即興ソングの新たなフォーマットも、いくつか見つかったので、
     即響BUNGA等で、早速試してみたいと思います。

インプロ in カフェコモンズ・第58回

ワークショップ報告  〜2011年5月29日〜

     5月のインプロinカフェコモンズのテーマは「成り切り遊び」。
     架空のキャラクターに成り切って遊ぶワークです。
     参加者は17名。この日は台風が接近中でしたが、外の悪天候を忘れて、
     その場限りのキャラクターに扮して思いっきり遊びました。
     「成り切り遊び」は、皆さんに提案したいことがまだいろいろあります。
     11月にも実施することにしましたので、ぜひ足をお運びください。

インプロがおりんず パフォーマンスクラス@名古屋

ワークショップ報告  〜2011年5月28日〜

     名古屋インプロがおりんず「パフォーマンスクラス」今年度の第2回目を、
     雨の降りしきる名古屋・上前津で開催しました。
     参加者は9名。初インプロの方もいらっしゃいましたが、
     「架空のキャラクター作り」から「チームパフォーマンス体験」まで、
     あっという間の3時間をみんなで楽しむことができました。
     来月以降も、毎月開催していきます。
     8月には合宿、9月には発表会があります。ぜひご参加ください。

鹿児島県志布志市立有明小学校

授業報告  〜2011年5月27日〜

     鹿児島でのインプロ&演劇授業が始まりました。
     志布志市立有明小学校での
     『児童生徒のコミュニケーション能力の育成に資する芸術表現体験事業』
     全5回(授業10コマ)です。
     まずは体育館で105人の全校児童と出会いました。
     キラキラした瞳の子が多く、ひと安心。
     初めてやってきた大人たちに、みんな興味津々で、次々に話しかけてきてくれます。
     1時間、全員で遊んだ後、
     5つの縦割り班(1〜6年生21人)に分かれて、それぞれのグループ活動がスタートしました。
     印象的だったのは、みんなちゃんと相手の目を見て表現できること。
     学校(友達や先生)に対する信頼感をしっかり持っている集団なので、
     楽しくインプロや劇作りができそうです。

インプロ in すだち 第7回 @大阪・寝屋川市

ワークショップ報告  〜2011年5月22日〜

     NPO法人「寝屋川市民たすけあいの会」主催のインプロワークショップ
     『インプロ in すだち』第7回目を開催しました。
     参加者は、全部で9名。リピーターの方が多いのが、嬉しかったです!
     畳の部屋と、フローリングのリビングで、
     ゆったり、のんびり、インプロを楽しみました。
     前半は、言葉中心、後半は、身体表現中心。
     ラストは、参加者のリアルな感情を、「動く彫刻」で表現し合う
     プレイバックシアターのプログラムにチャレンジしてみました。
     次回は10月23日(日)に開催します。

しなやかリレーションシップ・第23回

ワークショップ報告  〜2011年5月21日〜

     「しなやかリレーションシップ」第23回目を、
     大阪・南森町「Art of Life研究所」で開催しました。
     前回に続いて『チームビルディングに活かすインプロワーク』をテーマに、
     子どもたちとの現場でのインプロの活用法を、探っていきました。
     主宰のキューピー(小学校を休職し、この春から大学院で学んでいます)と私が、
     それぞれの経験を活かして「インプロ年間計画」を提案し、
     そこに紹介したプログラムを体験してもらいながら、ワークを進めます。
     参加してくださったのは、教員を中心に、多士済々の26名。
     活発な交流の輪が広がっていきました。
     今後、皆さんがそれぞれの現場に活かしていってくださることでしょう。
     その実践を持ち寄って、再び集う日が楽しみです。

福島県郡山市「SNCぴーなっつ」

ワークショップ報告  〜2011年5月14日〜

     2008年11月に、福島県郡山市に誕生した「ソーシャルネットワーキングカフェ・ぴーなっつ」
     若者の夢の実現や主体性を育むことを支援することを目的で、活動を続け、
     多くのイベントやワークショップを開催してきているグループの一人から、
     インプロワークの依頼を受け、郡山へ行ってきました。
     この日参加してくれたのは、日頃このコミュニティで活動しているメンバー10人。
     一人(依頼者)を除いては初めてのインプロだったのですが、
     それぞれのキャラクターが、存分に発揮されて、笑いの絶えない楽しいワークができました。
     「また来て!」という何よりも嬉しい声を、何人もの方から、かけていただきました。
     長いお付き合いになりそうで、とても楽しみです。

「笑って、はしゃいで、学べちゃう♪」 ☆ちょけ・ラテ vol.6☆

ワークショップ報告  〜2011年5月8日〜

     3年目を迎えた教育系の学生団体『ちょけ・ラテ』恒例の5月ワーク。
     今年も、大阪・杉本町(市民交流センター・すみよし南)に大勢の参加者が集いました。
     総勢49名。22校もの学校から集まった学生たちに、
     小学校教員、保育士、理学療法士、会社員などの社会人が加わり、
     3時間余り、にぎやかにインプロに興じました。
     ワーク終了後は、そのまま会場での交流タイム。夜遅くまで、語らいが続きました。
     この日の出会いが、また様々な活動へと繋がっていくことでしょう。
     今年の「ちょけラテ」は、まだまだ進化していきます!

自分と繋がる癒し系インプロ

ワークショップ報告  〜2011年5月5日〜

     昨夏の2daysワーク@大阪で出会ったreikoさんが、
     新たな場でのインプロワークショップを企画してくださって、
     大阪・南森町にあるセミナールーム「セルフプロデューストレジャー」での
     一日ワークが実現しました。
     ゴールデンウィークの一日、朝10時から、昼食休憩をはさんで、夕方5時まで、
     12名の皆さん(初インプロの方が8名!)と、ゆったり、たっぷり、インプロを楽しみました。
     「童心に返って」という言葉がありますが、
     それよりも「大人が大人のままで夢中で遊ぶ」ことができた実感があります。
     豊かな時間。最高の一日でした。
     次回開催も決定!10月2日(日)、同時刻、同会場での実施です。

インプロパーク即興パフォーマンスワークショップ第20回

ワークショップ報告  〜2011年5月2日〜

     節電で会場の夜間使用ができなかった為、4月はやむなく休止したワークショップを、
     5月2日(月)に、再開しました。
     参加者は5名。今回は、即興ライブ経験者揃いだったので、
     即興ソングや、新しいフォーマットなどを、
     実際の舞台をイメージしながら、あれこれ試してみました。
     次回は6月6日(月)開催。舞台未経験者も大歓迎です。

インプロ in BUNGA 第21回

ワークショップ報告  〜2011年4月26日〜

     インプロ体験ワークショップ「インプロin BUNGA」第21回を、
     4月26日(火)夜に東京荻窪のLIVE BAR BUNGAで開催しました。
     この日は、私の数十年来の古い友人がインプロ初体験に来てくれて、参加者は全部で11名。
     「イエスレッツ」「プレゼントゲーム」「ワンワード」などのシンプルなゲームで、
     ゆったり即興を楽しみました。
     ラスト、全員で作った「ワンワードソング」が素敵でした。
     次回は、6月28日に開催します。

インプロ in カフェコモンズ・第57回

ワークショップ報告  〜2011年4月24日〜

     4月のインプロinカフェコモンズは「感情を共有しよう」。
     架空の感情に成り切って遊ぶワークを実施しました。
     参加者は13名(初参加2名)。
     少人数ならではのゆったりした雰囲気の中で、思いっきり感情を表現し、
     互いの感情を察し合い、共有しあっていきました。
     今回からキッチンスタッフが交代して、ケーキも、食事も、新たな味わいになりました。
     新しいシェフのますださんのお料理は、
     丁寧な作りで、盛り付けもとても美しく、美味しいものばかり。
     一同、大満足でした。
     次回は、「成り切り遊び」。
     架空のキャラクターに成り切って、また、思いっきり遊びましょう!!

インプロがおりんず パフォーマンスクラス@名古屋

ワークショップ報告  〜2011年4月23日〜

     名古屋インプロがおりんずの皆さんとのワークショップも5年目に入りました。
     今年のパフォーマンスクラスは、昨年よりひと月早い4月からのスタートです。

     初回に集まったメンバーは、初参加の方2名を含む6名でした。
     この日は、ひょんなことから、
     全員いつもの呼び名とは違う「カタカナ」名前で呼び合うことになりました。
     『オスカル』『ユーチョビッチ』『サンチョパンナ』『ドンガバチョ』『カトーラム』…(笑)
     ワークが進むと、その名前にもすっかり慣れて、
     架空の世界で、思う存分遊ぶことができました。
     9月18日(日)の発表会に向けて、
     「上手く演じよう」としないで、「今、ここで起きたことを大切にする」
     そんなパフォーマンスを積み重ねていきたいと思います。

即興表現研究会☆マグノリア・即響ソングインプロ体験ワークショップ・3

ワークショップ報告  〜2011年4月16日〜

     『即興表現研究会☆マグノリア』主催の即興ソングインプロ第3回を、
     4月16日に国領(調布市)で開催しました。
     この日も、プレイバックシアター、サイコドラマ、インプロと、
     様々な「即興」で活動しているメンバー10人が、調布市市民プラザあくろすに集いました。
     まず、参加者のおひとりのリードで「和みのヨーガ」を体験。
     そのおかげで、からだも、心も、リラックスして、ワークに入っていくことができました。
     前半は「拍手回し」「サウンドボール」「マレーシアのリズム遊び」などで音を重ね、
     「しりとり歌」「言葉のシャワー」で声を重ね、
     後半は、心を重ねて、即興の「ウタ」作りです。
     2チームに分かれての「シェアードソング」
     タイトルは『春、あなたのために』『ヒロイン40%』
     タイトル決め→作詞タイム→コーラス練習→
     各自の「ウタ」は練習せず、歌う順番を決めて即興で発表しました。
     ラストは全員での「ワンワードソング」
     『手づくり』『整形外科』の2曲。10人の言葉が重なって、
     「今」限定の「ウタ」が紡がれました。
     次回は、今秋(9月または10月)に開催します。

     

医療×インプロ スマイルコミュニケーション・第12回

ワークショップ報告  〜2011年4月3日〜

     『医療×インプロ〜スマイルコミュニケーション』第12回を4月3日に開催しました。
     2010年4月4日、満開の桜の下でスタートした「スマコミ」が、
     今回でちょど1周年を迎えました。
     今年の京都府立医科大学の桜は、まだ開花したばかりでしたが、
     一年間続けてきた中で様々な形で知り合った、
     いろいろな背景をもつ、幅広い年齢の方々が集まってくれました。
     テーマは、「そのまま、ありのまま」
     人は誰も「そのまま、ありのまま」が素敵!そんな思いをこめてのプログラムでした。
     「ひとり一文字しかしゃべれない」「ジブリッシュ(めちゃくちゃ言葉)で伝える」
     「ワンヴォイス(ふたりが同時に同じことをしゃべる)」
     どんなアイデアでもOK!アイデアがズレたら、ズレたことを楽しもう!!
     11名の参加者の笑顔が弾ける5時間ワークでした。

ちょけラテ・お花見インプロ

ワークショップ報告  〜2011年3月30日〜

     3年目を迎えた教育系の学生団体『ちょけ・ラテ』
     新スタッフが企画する初めてのイベント「お花見インプロ」を
     奈良・五位堂の「高塚中央公園」で実施しました。
     残念ながら蕾はまだ硬く、お花見とはいきませんでしたが、
     春めいた陽射しに恵まれ、6時間の野外インプロを満喫することができました。
     この日初めてインプロを体験する若い大学生たち中心の30名でのワークで、
     午前11時に集まったときには、緊張した表情が多かったのですが、
     即興表現を重ねていく中で、お互いの距離がほど良く縮まり、昼食休憩・おやつタイムの時には、
     誰が初対面なのか判別つかないくらい、和気藹々とした空間が出来上がりました。
     様々な大学から集まったエネルギーが出会いました。
     ここから始まる物語、インプロワークを提供しながら、サポートしていきたいと思います。
     「ちょけラテ」次回は、5月8日(日)大阪・杉本町での開催です。

インプロ in カフェコモンズ・第56回

ワークショップ報告  〜2011年3月27日〜

     3月のインプロinカフェコモンズは、これまで4年半の間、大変お世話になってきた、
     キッチンスタッフの宮地さん、清水さんご夫妻と一緒に作る最後の場でした。
     ワークのテーマは「アイスブレイク&チームビルディング」
     出会いと別れの春に、こんなゲームは如何ですか?と参加者の皆さんに提案しながら、
     インプロゲームを楽しんでいきました。
     後半は、4人チームで、それぞれが「今年こんな瞬間があったらいいな」と思う場面を語り、
     そのシーンを4人で静止画(未来写真)に表すワークを展開。
     どの4人も「想い」を共有し、形に表していく中で、素敵なチームになっていきました。
     次回からは、新しいキッチンスタッフと一緒に、新たなスタートです!

医療×インプロ スマイルコミュニケーション・第11回

ワークショップ報告  〜2011年3月12日〜

     『医療×インプロ〜スマイルコミュニケーション』第11回を3月12日に開催しました。
     会場は、大阪・崇禅寺の「南方人権文化センター」でした。
     今回のテーマは、ワークショップスタッフまいまいの提案で『春を感じて』でした。
     出会いと別れの春、
     この一年、自分を支えてくれた「人」、大切にしてきた「場所」、愛用してきた「もの」・・・
     それらに思いを馳せながら、新たな年度に向かって歩みだしていこう。
     そんな願いをこめての即興プログラムを繋いで、ワークショップを作っていきました。
     参加者14名それぞれの愛用品が語りだす『宝物』
     各自にとって大切な人との思い出のシーンを静止画で表す『カメラマン』
     中央に坐った方の「リクエストワード」を、
     みんなで声を合わせてプレゼントする『言葉のシャワー』
     「新年度はこんな自分でありたい」という願いを、即興で歌う『ワンワードソング』など。
     ひとりひとりの「想い」を受けとめながらの即興表現。
     心に沁みる時間でした。

インプロパーク即興パフォーマンスワークショップ第19回

ワークショップ報告  〜2011年3月7日〜

     沼袋での月例のインプロパーク即興パフォーマンスワークショップ。
     今月は、「手紙」「即興ソング・ひとり語りVer」
     「ピクチャーズ・プリズナー編」にチャレンジしました。
     参加者は7名。
     即興ソングは、昨年末のライブでの経験が、メンバーの中に共有・蓄積できていることを実感!
     自由自在に「ウタ」遊びができて、とっても楽しいです。
     「手紙」(即興往復書簡)、「プリズナー」(登場人物が全員受刑者)は、とても奥深く、
     来月も続けてみたいフォーマットでした。
     次回は4月4日(月)開催です。

わんぱくドルフィン探検隊@東京立川・昭和記念公園

イベント報告  〜2011年3月6日〜

     2008年にスタートした「ドルフィンスポーツアカデミー」企画・運営の
     『子どもゆめ基金助成事業・わんぱくドルフィン探検隊』も今回で6回目を迎えました。
     毎回、特別講師(プログラムディレクター)として参加させていただいています。
     20人のスタッフも、皆、このプログラムの経験者。
     インプロゲームの進行もとてもスムーズです。

     昨年の3月は、気温5度で、冷たい雨の中での実施だったのですが、
     今年はぽかぽか春の陽気の中、
     幼稚園年少から小学校3年生までの60人の子どもたちと、
     立川市・国営昭和記念公園で、思う存分身体を動かして遊んできました。
     集団で、広〜いところで、遊び好きのおかしな大人たちが一緒で、
     この日のイベントに参加できる子どもたちは、幸せだな!

    

聖母女学院短期大学・FD研修会

ワークショップ報告  〜2011年3月3日〜

     京都伏見の聖母女学院短期大学のFD研修会
     (職員の資質向上のための研修)に呼んでいただきました。
     研修を担当している先生と、昨年、演劇教育のワークショップでご一緒したのがご縁で、
     これまでは講演会形式のものしか実施していなかったところに、
     インプロワークショップを企画してくださったのです。
     参加メンバーは、教職員・事務職員合わせて40名。時間は90分。
     初の試みということで、担当の先生方は、
     職員の皆さんがインプロワークを受け入れて動いてくれるか、
     相当ドキドキしていたようなのですが、
     聖母の皆さんは、とてもしなやかに受け入れ、笑顔で楽しんでくださいました。
     職場の一体感を増したいという研修担当の先生方の切なる思い、
     多くの先生方に伝わったのではないかと思います。

インプロ in カフェコモンズ・第55回

ワークショップ報告  〜2011年2月27日〜

     2月のインプロinカフェコモンズは、半年に一度の『音遊び』
     19名の皆さんと、声を重ね、音を重ね、即興の「ウタ」作りに興じました。
     4チームに分かれての『シェアードソング』のタイトルは、
     「♪チョコレートケーキの女」「♪引っ越しが片付かない」「♪下弦の月」「♪戻れブーメラン」
     休憩時間に参加者の皆さんに考えてもらった架空の曲名からのチョイスです。
     どのチームも、曲名から浮かぶインスピレーションを互いに伝え合いながら、
     リズムを決め、コーラスを作り、詞を書き、即興の「ウタ」を作り上げていきました。
     この日のコモンズの空間で出来上がり、その場であっという間に消えていく
     「ウタカタ」のウタ作りの醍醐味、
     ぜひ皆さんも体感しにいらしてください。
     次回は、半年後の8月28日(日)開催です。

財団法人PENS・Gリーダー研修2010年度 第5回(最終回)

ワークショップ報告  〜2011年2月26日〜

     5回にわたって実施してきた、
     Gリーダー(京都のキャンプリーダーの大学生たち)とのインプロ研修。
     今年度の最終回を、26日に行ないました。
     間もなく卒業していくリーダーたちとの「送別インプロ」です。
     「掌探し」「拍手回し」「何やってるの?」「同・ものVer」と、インプロを楽しんだ後、
     卒業生の人数に合わせて7グループに分かれ、
     「カメラマン」というプログラムで、卒業リーダーの未来像を静止画に表していきました。
     ラストは、全員で声を合わせて「言葉のシャワー」のプレゼントで、
     3年目のG研修を締めくくりました。
     2011年度も継続が決定。次回は6月、新入生を迎えての再スタートです。

インプロ in BUNGA 第20回

ワークショップ報告  〜2011年2月22日〜

     荻窪のLIVE BAR BUNGAで続けてきた、
     演劇的でないインプロ体験ワークショップ「インプロin BUNGA」
     記念すべき第20回目を、2月22日(火)夜に開催しました。
     この夜、集まったのは、BUNGA初来店の方5名を含む13名。
     今回は、上京中の鹿児島「七味唐辛子」のメンバー2名が初めて参加してくれました。
     その他の初参加の方も、静岡、千葉、栃木と、皆さん遠方から足を運んでくださって、
     BUNGAに集ういつもの顔ぶれと一緒にインプロを楽しみました。
     この日は、言葉を使わないプログラムを中心に実施。
     「ノンバーバル仲間探し」「共通点探しマイム」「これなあに?」「遊び当て」等で、
     お互いのアイデアを察し、
     「わりばしウォーク」「倒れま〜す(トラストフォール)」「トラストサークル」で、
     お互いのカラダを相手に委ね、
     最後はチームごとに「それなあに?」(何を渡しているのか?)
     「客席作り」(何を見ているのか?)で
     相手のチームが極秘に相談したアイデアを当て合いました。

     この日は、BUNGAのスタッフで、インプロの常連でもあるマキさんのお誕生日。
     日頃の感謝をこめて、即興バースディソングでのフィナーレでした。
     次回は、4月26日に開催します。

しなやかリレーションシップ・第22回

ワークショップ報告  〜2011年2月19日〜

     「しなやかリレーションシップ」第22回目を、
     大阪・南森町「Art of Life研究所」で開催しました。
     今回のテーマは『チームビルディングに活かすインプロワーク』
     しなリレに集うメンバーが、
     これまでに子どもたちとの現場で実践してきたメニューを紹介し合いながら、
     インプロの活用法を、探っていきました。
     参加者は、様々な繋がりから、この日足を運んでくださった23名の皆さん。
     「みんなが安心してそこに居ることができる集団を作る」
     「『空気を読む』のではなく、互いがサポートし合い、
      想いを届け合うコミュニケーションを形成する」
     「チームで作り上げる」の3部構成で、
     紹介したメニュー、体験したプログラムのひとつひとつを丁寧にふり返りながら、
     ワークを進めていきました。
     「こんなに説明するすぅさんは初めて!(笑)」というコメントを戴くくらい、
     いつものワークとは違う、ゆったりとしながらも深い「学び」の場を創ることができました。
     素敵な参加者の皆さんのおかげです。ありがとうございました。
     次回は5月21日(土)の開催を予定しています。

インプロin畿央大学〜ちょけラテ・プレワーク〜

ワークショップ報告  〜2011年2月18日〜

     3年目を迎えた教育系の学生団体『ちょけ・ラテ』の新スタッフのメンバーと、
     一日たっぷりインプロしてきました。
     今年のイベントを運営する現2回生2人と、新加入の1回生たちに、
     スタッフとして動く前に、まずはじっくりインプロを楽しんでほしかったのです。
     この春から教育現場に出る先輩(ちょけ・ラテ1期生)も2人駆けつけてくれ、
     さらには、この日の会場の畿央大学の先生方も2名、ワークに参加してくださって、
     午前・午後合わせて5時間半、即興表現ゲームを遊びつくしました。
     インプロの良さを感じ、楽しさを知ったスタッフが運営する、今年の「ちょけ・ラテ」のイベント
     今から、とても楽しみです!

医療×インプロ スマイルコミュニケーション・第10回

ワークショップ報告  〜2011年2月13日〜

     『医療×インプロ〜スマイルコミュニケーション』10th.Anniversary!
     今回は、ワークショップスタッフじゅんじゅんから、
     「わいわい楽しむというよりも、しっとりと、互いの想いを伝え合うインプロがしたい」
     というリクエストがあり、『想いよ届け!』と題して、斬新なメニューで実施しました。
     会場は、大阪「南方人権文化センター」。参加者は19名でした。
     「伝言マイム」「告白ゲーム」「ワンワードでの会話」と、
     フィクションの世界の中で『想い』『感情』を伝えるワークを積み重ねていき、
     「シェアードストーリー&静止画」で、3グループにわかれて3つの恋物語を紡ぎ、
     ラストは「即興往復書簡」。9組の人間模様(関係性)を設定して、手紙のやりとりをしました。
     例えば「父→勘当した息子(数十年ぶりの手紙)」「しんどい時に支えてくれた親友へ」など。
     参加者の皆さんが、架空のキャラクターになりきって、
     静かに、真剣に、便箋にペンを走らせました。
     手紙というもどかしい伝達手段の良さを、しみじみ感じたフィナーレでした。

インプロパーク即興パフォーマンスワークショップ第18回

ワークショップ報告  〜2011年2月7日〜

     インプロパーク即興パフォーマンスワークショップを再開しました。
     11月・12月は、BUNGAでのライブの稽古期間だったので、
     オープンワークとしては4か月ぶりでした。
     今月の参加者は8名。
     最近、各地の舞台やワークショップで経験したフォーマットを、
     沼袋に集うメンバーに提案してみました。
     「モノローグ」「エモーショナルピクチャー」
     「ピクチャーズ・ファミリー編」「スケッチ&ドミノ」
     みんな新しいフォーマットを楽しみながら、でもフォーマットのルールに縛られることなく、
     のびのびと即興を楽しんでいて、
     実は一番「不自由」だったのは私自身ではないかと思うくらい、
     自由なロングフォームが展開されました。
     素敵なメンバーに恵まれ、来月が、とても楽しみです。

千葉県白井市立池の上小学校・総合学習

授業報告  〜2011年1月26日&2月4日〜

     千葉県白井市立池の上小学校6年生とのドラマワークは、1月26日の直前練習を経て、
     2月4日(金)に発表会を迎えました。演劇発表に取り組む6年生も、もう8代目になります。
     6年生2クラスが、「あらしのよるに」「浦島太郎」「ともだちや」の3グループに分かれて、
     それぞれのサイドストーリーの発表です。
     私とえびちゃんが担当してきた「あらしのよるに」チームは、当日残念ながら3人欠席。
     でも、そこは、即興劇の経験をもとに、自分たちで作った劇の強み!
     チームメイトが1人2役をこなし、
     休みなんかいなかったかのように、劇は上演することができました。
     半年前、遊んでばかり、勝手な行動ばかりで、リーダー格の女子を怒らせてばかりいた男の子が、
     堂々と、そして楽しそうに、劇の見せ場の演技に取り組んでいます。
     クラスも違う、普段仲良しでもないメンバーが「劇作り」という目的に向かって、
     素敵な「チーム」になっていきました。
     子どもたちひとりひとりが、自分たちの成長を実感し、達成感をもって終わることができました。
     チームはこれで解散。一番淋しいのは、私かもしれません。
     池の上小学校の即興・演劇活動は、来年度で10年目。
     どうやら今後も継続できそうで、とても嬉しいです。

インプロ in カフェコモンズ・第54回

ワークショップ報告  〜2011年1月30日〜

     今年最初のインプロinカフェコモンズを、1月30日に開催しました。
     ワークのテーマは、年2回実施してきている恒例の『察する・委ねる』
     言葉を使わないメニューを多めに取り入れ、お互いのアイデアを察し合いながら遊ぶワークです。
     初参加の方が6名、その他に今回は、1年ぶり、2年ぶりの懐かしい顔が何人も来てくれて、
     再会を喜び合いました。

     コモンズインプロ初実施の「ピクチャーアイスブレイク」からスタートし、
     いつもとは違うメニューで、丁寧に「互いの存在を認め」合ったあとは、
     ノンバーバル(非言語)タイムです。
     「ノンバーバル仲間探し」「共通点探し・マイムVer」「ひとりにならないで・ポーズVer」
     表情で、姿勢で、動きで、お互いを伝え合っていきました。
     後半のメニューは「これなあに?」「職業当て」「歴史人物当て」
     「客席作り」「ナンバーズ」「エスチャー」「21」
     「エスチャー」は、喋らずに「絵」だけで「人物」を伝えていく
     チーム対抗『お絵描きリレー』です。
     『菅直人』を伝えるのに苦労したチーム、
     人の顔とマイクを描いた瞬間に『氷川きよし』が当たったすごいチーム・・・
     新春即興ゲーム大会は、大いに盛り上がりました。
     次回は、2月27日(日)、これまた恒例となった『音遊び』です。

インプロ in すだち 第6回 @大阪・寝屋川市

ワークショップ報告  〜2011年1月23日〜

     NPO法人「寝屋川市民たすけあいの会」主催のインプロワークショップ
     『インプロ in すだち』を、1月23日に開催しました。
     「すだち」のインプロ空間は、普通のおうちの畳の部屋とフローリングの部屋です。
     ホームパーティーのような気楽さと、あたたかさの中での、ゆったりとしたインプロワーク、
     終わったら、そのままその部屋(キッチン併設)で懇親会。
     のんびり語らいながら、夜がふけていきます。
     今回の参加者は12名。
     初インプロの方たちの緊張感も、何でもOKの雰囲気に、どんどんほぐれていきます。
     インプロをしなければ、出会えなかった者同士の笑顔が弾けます。

     来年度も、年3回くらいのペースで、実施していくことになりました。
     次回は、2011年5月または6月に開催予定です。

名古屋ぬいぐるみ病院(IFMSA) 勉強会

ワークショップ報告  〜2011年1月22日〜

     イフムサ(国際医学生連盟)全国総会の
     トレーニングセッションでインプロに出会った名古屋大学の医学生が
     名古屋で活動する「ぬいぐるみ病院」の仲間たちに声をかけて、
     ワークショップを企画してくれました。
     スタッフとして運営してくれた学生たちは、
     この日までに、京都や大阪での私のインプロワークに参加してくれたり
     12月に名古屋で開かれた医学生の勉強会で、インプロのセッションを実施したりと、
     積極的に活動しながら、準備を進めてくれました。
     しかも、ワークショップを学生だけでなく、誰が来てもOKの形に開放してくれたので、
     名古屋近辺の私のインプロ仲間や、その友人たち、
     あるいは、最近知り合った名古屋在住の方など、
     いろんな仕事をしている人たちを誘うことができ、
     当日は大学1年生から、年齢差30歳以上の人生の先輩方まで、
     幅広い層が集まってインプロを楽しむことができました。

     スタッフが集計してくれた参加者のアンケートによる好評だったメニューBest3は、
     「限定ワードシーン」「ワンヴォイスしりとり」「名前手裏剣」
     遊び心に年齢差なし。垣根を払うインプロの良さを、改めて感じた一日でした。

医療×インプロ スマイルコミュニケーション・第9回

ワークショップ報告  〜2011年1月16日〜

     『医療×インプロ〜スマイルコミュニケーション』を、
     大阪・杉本町の「市民交流センターすみよし南」で開催しました。参加者は15名。
     今月はお正月らしく賑やかに『スマコミ即興新年会』を実施しました。

     「ピクチャーアイスブレイク」ならぬ「書初めアイスブレイク」からスタートし、
     「何やってるの?」シリーズで、たっぷりインプロワールドに浸ってもらってから、
     クジ引きで3つの5人組に分かれて、チーム対抗インプロ大会を実施しました。
     「ワッショイワッショイ」「バ〜ン!」「リレーピクチャー」
     「インタビューゲーム」「伝言マイム」
     得点もつけて、優勝も決めましたが、勝っても負けても、みんなで大いに笑って、たっぷり遊んだ
     幸せな即興新年会でした!

財団法人PENS・Gリーダー研修2010年度 第4回

ワークショップ報告  〜2011年1月15日〜

     3か月ぶりのGリーダー(京都のキャンプリーダーの大学生たち)とのインプロワークです。
     秋・冬のキャンプやイベントを経験して、リーダーたちは、さらに活気づいていました。
     今回のメニューは、まず「Good&New」からスタート。
     3人組で各自の「最近あったちょっといい話」を伝え合います。
     続いては、今年度まだ一度も実施していなかった定番ゲームを、
     今年加入した13期生に体験してもらおうと、
     「ゾンビゲーム」「ランバージャック」で賑やかに遊びました。

     後半は、言葉を使わない即興表現のシリーズです。
     「ナイフとフォーク」「シャンプーとリンス」「写真の人」
     「名作写真」「エモーショナルピクチャー」
     初体験の「エモーショナルピクチャー」は、
     感情をポーズ(ストップモーション)で表現している「主役」を、
     「脇役」として、ストップモーションでサポートするというプログラムです。
     それぞれ苦労し、悩みながらも、
     「お互いがお互いを輝かせる」インプロマインドを実践していってくれました。
     来月が今年度の最終回。卒業リーダーを、心をこめて送り出したいと思っています。

千葉県八街市立川上小学校・校内研修会

ワークショップ報告  〜2011年1月14日〜

     昨年に引き続いて、
     千葉県八街(やちまた)市立川上小学校の校内研修会に呼んでいただきました。
     今年度の研修プランを作る際に「今年もインプロをやろう!」と組み込んでくださったのです。
     職員の顔ぶれは、結構入れ替わっていましたが、
     明るく和気藹々の雰囲気は変わっていません。
     子どもたちとの現場ですぐに役立てていただけるようなプログラムを選んで、
     90分、インプロゲームに興じました。
     先生方の笑顔の向こうに、子どもたちの笑顔が重なって見えました!!

アイセック一橋大学委員会 Preparation Camp「森合宿」

ワークショップ報告  〜2011年1月8日〜

     新年のインプロ初めは、
     今年で3年連続の参加となるアイセック『森合宿』でのワークショップでした。
     アイセック(AIESEC)は世界107の国・地域にネットワークを持ち、
     海外インターンシップ事業を通して、次世代の国際社会を担う学生が、
     自己の可能性を探求し発展させる場で、
     世界最大規模の、学生が運営する非営利組織です。
     その中のアイセック一橋大学委員会が運営している森合宿は、
     インターンシップを控えた学生が集まるPreparation Campの中でも、
     評価の高いイベントで、今年も全国から60人近い学生たちが参加していました。
     合宿初日の夕食後の、1時間のインプロセッション。
     参加者同士の交流を深めることが目的ですが、
     この日の昼に初めて会った者同士が多いとは思えない、なごやかで、積極的な雰囲気の中、
     世界に出て行く多くの学生たちに、インプロ体験をしてもらうことができました。
     過去2年間、森合宿のワークをサポートしてくれたインプロ仲間や、
     合宿の企画をしたアイセッカーの先輩たちも駆けつけてくれて、
     継続することの楽しさ、素晴らしさを、改めて実感した夜でした。

  
一番上へ戻る
このサイト上のイラスト・写真・テキストの無断転載を禁じます。
 Copyright (C) 2010 Impro Park All Rights Reserved.