top

機関紙
 島のひろば
 議員紹介
   
   橋本 博之
   小池 渉
 山田 ただたか
 −・−・−・−・−
勇退議員
   時得 孝良
 ご意見・要望を
   メール
minpou
2019年 1月 12日更新 
 
あけまして おめでとうございます


島のひろばNo606(2019年 1月 13日)  NEW
 主な内容 : 町議選候補者発表・町政に臨む基本姿勢
                   
12月議会一般質問 橋本議員


12月定例町議会  

◎一般質問   
山田忠敬議員 質問原稿 
1、障害を抱えた子ども達の放課後、および長期休業中の生活ケアと発達保障のために
@ 発達障害児も含めた発達保障ということで、放課後等ディサービスの検討を始め、これまでどう取り組まれてきたか。
A学童保育に放課後等ディサービス的な機能を持ってもらうということについてどう考えるか。
B障害児を見るということて゜、学校と学童保育との連携、教育と福祉との連携になるが、これを進めること、さしあたり、学校と学童との情報交換会、合同研修会などを公的に設けることはできないか。
C障害を持つ中・高生の放課後、長期休業中の生活ケア、発達保障についてどう考えるか。
2、安全、安心な大島を目指して
@避難所の改善について
A住民の防災意識の向上、維持について

橋本博之議員 質問原稿
待ったなしの町民参加のまちづくり――地方自治の原点から町長の見解を問います。
・大島町が希望の持てる暮らし良い町にするためには、地方自治の根本である「住民自治=住民の意思と責任」にもとづいた行政を進めるため、町の主な施策は企画段階から情報を公開し住民と共有しながら町政をすすめていくことが求められているのではないでしょうか。


小池 渉議員質問原稿
1、裏砂漠の観光資源としての活用について
・裏砂漠の観光資源としての有効活用については、保全という観点からも「月の砂漠ライン」の整備が最良と考える。第6次大島基本構想・前期基本計画でも「月と砂漠ライン」の整備が明記されているが、その後の進展は?
2、島外医療機関通院等支援事業について
・高齢者の生活が年々厳しさを増す中、島外医療機関への通院は大きな負担となっている。支援事業の拡充・改善を求める。


リ ン ク
 jcp     akahata

新聞 赤旗
tokoton 
とことん共産党
 jcp1
movie
動画サイト
中央委員会  東京都委員会 




tamura





kira 






    山添 拓
 kakusan  kakusan1  

back

ページの先頭に戻る