金丸卓球クラブ    ■多球練習法について | ■指導者のあり方 | ■コラム | ■大会予定・結果 | ■オリジナル品 | ■マップ |
 

目次 - 「指導者のあり方」

INDEX

 T 達成感を持たせる指導
       1.練習内容と練習方法の明示
       2.「目安」を持った練習
              a) 1:1, 6:(1,6)2の法則
              b) 目安の持たせ方

       3.結果をメモする習慣
       4.しっかりした評価と次の目安
              a) 絶対評価と相対評価


 
U 指導者の姿勢
       1.「画一」か「個性伸張」か
              ・卒啄同機
              ・指導と評価は表裏一体

      
2.TeachingからCoachingへ
       3.卓球は目的か、方法か
              ・バァーンアウト症候群
       4.卓球の付加価値
              ・笑顔は人生のパスポート
              ・ハングリー精神は教えられるか
              ・早寝早起き朝ご飯

       5.主役は誰?主役意識を持たせよう
              ・学問に王道なし
              ・笑門来福
              ・何故、声を出すの?
              ・いつ、上手になるの?
              ・頑張るとは?

       6.自分の指導は上手?下手?
              ・死と再生
       7.専門性か、人間性か
              ・共感的関係
              ・目は口ほどにものを言う

       8. リーダーは育つか?
       9.子どもの意識を変える
              ・大事な三構え
      10.指導者の常識
      11.「叱る」ことと「怒る」こと
              ・3つのストローク
              ・ピュグマリオン効果

      12.減点法と加点法  
      13.「めだかの学校」と「雀の学校」
     
14.指導者の資質
              ・「明るく、元気に」
     15.
「教育は人なり」
     16.指導の効果は信頼関係に正比例
     17.敵は己の中に


 V 1分間で勝負 −ベンチコーチの役目−
       1.展開の「網の目」
              ・「網の目」の図の例
       2.その子どものレベルの把握
       3.すべての点数のチェック
              ・「チェック表 」
       4.1つに絞って、簡潔に
       5.「激励のストローク」
       6.子どもの性格とアドバイスの仕方


 W.子どもを伸ばす環境作り

        1.スポーツ少年団の活動(小学校)
        2.中学校の部活動
              (1)部活動について、ここ10年の考え方
              (2)部活動の現状
              (3)総合型地域スポーツクラブと部活動
              (4)社会体育に向けた取り組み
 

| 次へ進む 


  トップページに戻る
  概 要
  スタッフ紹介
  練習予定

  会員募集
  リンク集
  問い合わせ


 
金丸卓球クラブ
〒997-0361
鶴岡市民田字十二前45
(民田保育園の裏約50m駐車可)

TEL/FAX 0235(24)8456
責任者:金丸俊明
コーチ:金丸武夫 

 














 ©2007-2010 金丸卓球クラブ All rights reserved.