成績を上げることは簡単なことではありませんが、そのためにすべきことは単純です。
勉強時間を増やすことです。
学習の効率とか合理的学習法とか、それはそれで大切なことですが、一番大切なこ
とではありません。勉強に近道はありません。よく「勉強のやり方が良くないから成績
が上がらないのではないか」と質問されることがありますが、よく点検してみると、ほと
んどが「勉強の量が足りない」「机に向かっていても集中してやっていない」ことが多い
のです。「勉強のやり方がわからない」は言い訳に過ぎません。
ただし、勉強のやり方に重要な点が欠けていて、成績が上がらない場合があります。
それは、学習点検が十分できていない場合です。自分ではそれなりに時間をかけて
勉強しているつもりでも
、勉強したことがしっかりと身についていない場合があります。
「本当にわかったのか」「本当に出来るのか」それが確かめられて、はじめて勉強した
ことが
形になり成果となるのです。

啓佑では「本当にわかったのか」「本当に出来るのか」を常に確かめる学習方法を
心がけています。
一方的な説明で終わらせず、生徒に必ず解かせて理解させる。宿
題という形で必ず自宅で反復させる。さまざまなテストで理解度をチェックする。基準を
クリアーしていなければ、再学習を強制する。こうした勉強の流れが学習の集中力と、
学習内容の確実な定着を生み出していきます。テストも基本的な確認をチェックするだ
けのテストでは意味がありません。公式や基礎的事項が使えないと、すなわち問題を
解くことにつながっていなければ、意味を成しません。ですから、テストはある程度のレ
ベルを持った内容で、実施されてはじめて学力向上に結びつきます。
たとえば、啓佑
の英語の授業では、教科書本文暗記テスト、単語テスト、単元テストなどを実施してい
ます。テストを行うことは、生徒の学習状態をチェックするだけでなく、テストをクリアー
することで生徒の達成感勉強したことへの確信をもたらすことが出来ます。そのこと
が生徒の学習意欲につながっていきます。

啓佑進学ゼミは、成績を上げる近道を教えるところではありません。むしろ勉強量が
増えハードルが高くなっていく場です。でも、むしろ勉強のやりがいや意欲が生まれ、
今まで手の届かないと思っていた目標にさえ向かっていける場です。

無料体験学習受付中

トップページ
戻る