詩と童話etc.・賢治先生がやってきた
−鎮魂歌と特別支援学校を舞台にした童話、小説−

ここには 《詩と童話、小説》 を集めてあります
詩は、ひとりの家族を悼む一連の哀歌。
童話、小説は、特別支援学校(養護学校)を舞台にした短編。 短いものばかりなので、読みやすいはずです。
とにかく一度ページを開いてみてください。
《詩》
「長男に捧げるレクイエム」  (pdf形式)  28歳で逝ってしまった長男に捧げる鎮魂歌
「レクイエム」拾遺  (pdf形式) 上記「レクイエム」の拾遺です
「哀歌」  (pdf形式) 「『レクイエム』拾遺」以後の詩
「哀歌」拾遺  「哀歌」以後の詩
私俳句「ブラジルの月」  (pdf形式) 俳句によるレクイエム
私家版句集「風の蝶」  (pdf形式) 私家版の句集です


《短編童話、小説》
「百年」  (pdf形式) 生徒たちが醸し出すふしぎな時間感覚を描いています
「部活・元気印」  (pdf形式) 養護学校の変な部活物語
「腹話術」 new  私の危機を救ってくれた卒業生との再会
童話「おじいちゃんのなぞなぞ」  おじんちゃんのなぞなぞはどんなのかな
ショートSF「救世主」  未来の地球の危機、彼の任務は?
ショートSF「伝言」  タイムマシンで過去に、私の伝言を伝えて
「緘黙」  (pdf形式) 緘黙の生徒が卒業するまでを回想する
「再放送」  テレビに教え子のおもいがけない姿が
「受容」  (pdf形式) 養護学校を舞台に、障害の受容をテーマにした小説
「綾の鼓」  (pdf形式) ダウン症生徒にとって恋は不可能なのかを問いかける
「哀しみの火矢」  (pdf形式) 市民劇団で賢治劇を
「せんとくん」  毎日の散歩で君と知り合ったのです
「夢の入口」  夢の入口が見つかったって?
「ショートショート」  「うずのしゅげ通信」に載せた掌編



トップに戻る。