きみの生活のイロハ きみの生活のイロハ

濃い人間関係を築き、
隣近所との付き合いを大切にするのが
田舎のライフスタイル。
日常生活、農作業などにおいて、
相互扶助の生活を営んできた「和」の慣習に従い、
何事も、持ちつ持たれつの心を大切にしましょう。
きみの定住を支援する会では、
ご近所の方に相談役をお願いしています。
困ったこと、わからないことは、積極的に聞きましょう。

あいさつ〜ご近所まわり
  • あいさつ回り
  • 住む地区の区長や地区役員
  • 隣近所
  • 上記の方々にあいさつ回りを行います。
    地域の方は、「地域に馴染み、きちんと付き合いをしてくれるひとだったらいいなぁ…」
    と思っています。
    不安なのはどちらも同じ。
    あいさつ回りで、仲良くなるきっかけを作りましょう
  • 一にあいさつ、二にあいさつ
  • すれ違うひとにあいさつをしていますか?
    都会ではすれ違うだけで済みますが、田舎では近所で出会った方には必ずあいさつをしましょう。
    まわりの方を知らないのはあなただけ!
    とりあえず、初めはみんなに「おはようございます」「こんにちは」と声をかけましょう。
    もちろん、笑顔も忘れずに。
  • ひっそり暮らしたい…は田舎に不向きです!
  • 田舎でひっそりと、ひと付き合いなく暮らしたい…という方は田舎暮らしに向きません。
    そういう方は別荘地か、都市に住む方が気楽に過ごせます。
    みんなで助け合って地域を維持していくのが田舎なのです。
  • あなたは有名人!
  • 最初のうちは、あなたが話したことも見たこともない方でも、あなたのことを知っています。
    それほどの注目を浴びているのですから、うわさ話が流れてもおかしくありません。
    うわさ話は、真実がどうあれ一瞬で広まりますが、あなたがどんなひとかわかってくれば自然となくなります。
ページメニューに戻る
地区の行事役職

地区には自治組織のさまざまな役職があります。
任期は地区によって異なりますが、地区代表職の区長・班長はどこの地区にも存在します。
いきなり役職が回ってくることはないでしょうが、基本的に持ち回りです。
役職が回ってくるころには、すっかり地区の一員になっているでしょう。

  • 区長
  • 地区行事全般の取りまとめをおこなう
  • 班長
  • 地区の班長会議に出席
    班員に回覧板等を配布
  • 地区所有施設管理
    寺・神社の担当
  • 区長から、班長・役へ、地区や町に関する伝達がされます。
  • 地区費、寄付金について
  • 地区費は組織の運営費として使われます。
  • 概ね3,000円〜10,000円/年程度。
  • 行事などのために、寄付の受付が回ってくることもあります。
ページメニューに戻る
地区の行事

地区にはさまざまな年間行事があります。
都合がつかない場合を除き、積極的に参加してください。

  • 冠婚葬祭について
  • 葬儀は専門業者に依頼して、町内にある五色台聖苑で行われることが多くなりました。
    ご近所の方が亡くなった場合、通夜や葬儀の手伝いをお願いされることがあります。
    今まで付き合いがなくても、なるべくお手伝いや参列をしましょう。
    病気、事故などのお見舞いや、結婚、出産などのお祝いも大切です。
  • 神社、寺の行事について
  • 大体の地区に神社や寺があり、墓地の清掃や祭事などがあります。
    集会を始める前に読経をする地区もあります。
    各人信仰の違いがありますので、疑問に感じる場合は、定住を支援する会、または相談役の方に話してみましょう。
ページメニューに戻る