1940(昭和15)年1939(昭和14)年




どんな時代?

日 本 で は …

   ★斉藤隆夫が反軍演説を行う

   ★新体制運動が行われる

   ★最後の元老・西園寺公望が死去する


世 界 で は …

   ★汪兆銘が南京政府を樹立する

   ★ナチスドイツがフランスを占領する

   ★日独伊三国軍事同盟締結




京 都 で は …


 1月 2日   陸軍病院岡崎分会の傷病兵が平安神宮を参拝する(平安神宮百年史編纂委員会『平安神宮百年史 年表編』)

 1月14日   皇紀二千六百年市内組合教会新年連合大礼拝が洛陽教会で開催される(日本基督教団洛陽教会一一〇年史出版委員会『洛陽教会一一〇年史』)

 1月16日   醒泉小学校児童が文集を慰問品として学区内将兵へ送る(「京都市公報」 982)

 1月16日   中堅青年養成講習会が山城6郡1市の部落居住者50名を対象として開かれる(宇治市役所 『宇治市史年表』)

 1月26日   槙島村の宇治川製砥工場で産業報国会の結成式が挙行される(宇治市役所 『宇治市史年表』)

 1月31日   伊勢田公会堂で青年団主催による遺家族慰安大会が開催される(京都府久世郡小倉村郷土会「郷土」第152号 1940年2月15日)

 2月 1日   小倉公会堂で青年団主催による遺家族慰安大会が開催される(京都府久世郡小倉村郷土会「郷土」第152号 1940年2月15日)

 2月 5日   醒泉小学校尋常科一年生が絵葉書を作成し学区内出征将兵慰問品として送る(「京都市公報」 982)

 2月 7日   ラジオによる京都市中小商工業者振興講座がはじまる(「京都市公報」 982) 

 2月10日   京都市主催による神社参拝マラソンが開催される(「京都市公報」 982)

 2月11日   建礼門前で紀元2600年紀元節奉祝大会が開催される(「京都市公報」 982) 

 2月11日   紀元2600年につき消息を下す(興正寺年表刊行会『興正寺年表』)

 2月21日   相楽村が紀元2600年記念学校特別基本金蓄積規定を作る(木津町史編さん委員会『木津町史 史料編V』)


 2月24日   平安神宮で京都市会・市理事者主願の京都市隆昌・皇軍武運長久祈願祭が執行される(平安神宮百年史編纂委員会『平安神宮百年史 年表編』)

 2月26日   久津川尋常高等小学校に二宮尊徳像が建立される(城陽市『城陽市史年表』)

 3月 5日   八幡町で警防団が再編される(八幡市誌編纂委員協議会『八幡市誌 第三巻』)

 3月20日   京都市が電気バス採用を決定する(京都商工会議所百年史編集委員会『京都経済の百年 資料編』)

 3月28日   京都府物価統制協力会議が設立される(京都商工会議所百年史編集委員会『京都経済の百年 資料編』)

 4月 3日   銃後国民の意気を鼓舞し体位の向上を図るため宇治町内の神社・仏閣の巡拝早廻り競争が行われる(宇治市役所 『宇治市史年表』)

 4月 8日   平安神宮で京都府産業報国連合会結成祈願式が執行される(平安神宮百年史編纂委員会『平安神宮百年史 年表編』)

 4月18日   寺田村で「聖旨奉体寺田村教化振興会規程」と「昭和15年度教化暦」を印刷配付される(城陽市『城陽市史年表』)

 4月20日   平安神宮で郷土部隊慰問団帰還奉告祭が執行される(平安神宮百年史編纂委員会『平安神宮百年史 年表編』)

 4月 8日   京都産業報国連合会が設立される(京都商工会議所百年史編集委員会『京都経済の百年 資料編』)

 5月 9日   「隣保協同」、「善隣組織」を目的とした京都市厚生委員規程が制定される(「京都市公報」 994) 

 5月13日   上狛尋常小学校で出征兵士遺家族への勤労奉仕が行われる(山城町役場『山城町史 史料編』)

 5月20日   京都霊山護国神社英霊合祀祭が開催される(平安神宮百年史編纂委員会『平安神宮百年史 年表編』)

 6月 1日   京都市で砂糖とマッチの切符制配給が始まる(「京都市公報」 997) 

 6月21日   京都市七条協和会会員が久津川村の応召農家勤労奉仕にくる(城陽市『城陽市史年表』)

 6月24日   商工省、農林省が暴利行為等取締規則改正を公布する(京都商工会議所百年史編集委員会『京都経済の百年 資料編』)

 6月24日   日中戦争勃発3年目につき7月7日に国旗掲揚、報国会実施を通達する(興正寺年表刊行会『興正寺年表』)

 7月 6日   商工省、農林省による奢侈品等製造販売制限規則(いわゆる7・7禁令)が公布される(京都商工会議所百年史編集委員会『京都経済の百年 資料編』)

 7月 7日   平安神宮で支那事変3周年奉告祭・国威宣揚祈願祭が執行され戦没英霊・武運長久・戦傷病兵平癒のため宮司以下が黙祷をする(平安神宮百年史編纂委員会『平安神宮百年史 年表編』)

 7月10日   宇治町が皇紀2600年記念事業委員会を開く(宇治市役所 『宇治市史年表』)

 7月19日   7・7禁令対策委員会設置が決定される(京都商工会議所百年史編集委員会『京都経済の百年 資料編』)

 7月30日   京都府、京都市、京都商工会議所、京都輸出入協会、貿易中央会京都支部共同主催による最新海外市場蒐集見本展示会が京都市商品陳列館で開催される(京都商工会議所百年史編集委員会『京都経済の百年 資料編』)

 8月 1日   上狛小学校の高等科2年生女子有志12名が鐘紡京都工場、鐘紡山科工場、日本レイヨン(現ユニチカ)で1週間職業実習を受ける(山城町役場『山城町史 史料編』)

 8月22日   富野荘村で戦時生活刷新、自粛節約協定を決定する(城陽市『城陽市史年表』)

 8月30日   ヱランヴィタール小劇場が解散する(内務省警保局『社会運動の状況 昭和十五年』) 

 9月 1日   京都市での砂糖・マッチの切符制改正される(「京都市公報」 1010) 

 9月18日   国内新体制への一層の協力を組長に通達する(興正寺年表刊行会『興正寺年表』)

 9月27日   日独伊三国同盟調印

10月 1日   京都教会が防空訓練期間のため夜間の集会を禁止する(5日まで)(日本基督教団京都教会百年史編纂委員会『京都教会百年史』)

10月 6日   京都教会が「銃後奉公強化朝礼拝」として勅語奉読を行う(日本基督教団京都教会百年史編纂委員会『京都教会百年史』)

10月 8日   代用品協会京都支部主催による代用品展覧会が大丸で開催される(京都商工会議所百年史編集委員会『京都経済の百年 資料編』)

10月 8日   八幡町で紀元2600年記念の「天業恢弘八紘一宇記念塔」の除幕式が開催される(八幡市誌編纂委員協議会『八幡市誌 第三巻』)

10月10日   戦時物資活用翼賛運動の実施方法を組長に通達する(興正寺年表刊行会『興正寺年表』)

10月12日   大政翼賛会が発足する

10月23日   「紀元二六〇〇年奉祝式実施要綱」を組長に通達する(興正寺年表刊行会『興正寺年表』)

10月27日   久津川村で忠魂碑除幕式が挙行される(城陽市『城陽市史年表』)

10月29日   富野荘村で新体制問題懇談会が開催される(城陽市『城陽市史年表』)

11月10日   平安神宮で紀元2600年奉祝祭が執行される(平安神宮百年史編纂委員会『平安神宮百年史 年表編』)

11月10日   八幡町で紀元2600年奉祝行列が実施される(八幡市誌編纂委員協議会『八幡市誌 第三巻』)

11月10日   京都基督教連盟主催の「皇紀二六〇〇年奉祝連合礼拝」が同志社栄光館で行われる(日本基督教団洛陽教会一一〇年史出版委員会『洛陽教会一一〇年史』)

11月10日   久津川村で紀元2600年記念式典が開催される(城陽市『城陽市史年表』)

11月17日   平安神宮で京都青年団主願の国威宣揚祈願祭・紀元2600年奉祝祭・令旨奉戴20周年奉祝祭が執行される(平安神宮百年史編纂委員会『平安神宮百年史 年表編』)

11月18日   平安神宮勧農祭が執行され、献進物が陸軍各病院へ贈呈される(平安神宮百年史編纂委員会『平安神宮百年史 年表編』)

11月24日   平安神宮で京都金物卸商業組合商業報国会結成奉告祭が執行される(平安神宮百年史編纂委員会『平安神宮百年史 年表編』)

11月26日   三高報国団結成式が開催され宣言が出される(神陵文庫別冊『戦中・戦後三高小史』) 

12月 6日   八幡町長が国債、債券の割り当て消化を各区長に通達する(八幡市誌編纂委員協議会『八幡市誌 第三
巻』)

12月11日   平安神宮で京都府主願の大政翼賛会京都府支部結成奉告祭が執行される(平安神宮百年史編纂委員会『平安神宮百年史 年表編』)

12月11日   京都書肆組合が皇紀2600年奉祝記念事業として岡崎公園京都府立図書館前に二宮尊徳像を建立、その除幕式が行われる(京都書肆変遷史編纂委員会『出版文化の源流 京都書肆変遷史 江戸時代(1600年)〜昭和20(1945年))

12月23日   富野荘村部落会設置規程が決定される(城陽市『城陽市史年表』)