“渋谷”から「使える就業規則」の作成をサポート >トップページ
▼就業規則対応
就業規則に困ったら・・・
>事務所紹介
>就業規則/作成・料金表
>就業規則/診断
>就業規則/残業対策

>就業規則/社員トラブル対策
>是正勧告対応
>就業規則/病院・医院
▼就業規則の活用法
就業規則で「残業」を削減
>定額残業制を導入する
>交替制(シフト制)を導入する
>残業単価を減らす
>残業を申告制にする

>タイムカード規定を設ける
>残業時間内に休憩を設ける
>ノー残業デーを設ける
>休日の振替えを導入する

就業規則で労働時間活用1
>1カ月単位の変形労働時間制
>1年単位の変形労働時間制
就業規則で労働時間活用2

>事業場外みなし労働時間制
>専門業務型裁量労働制
>企画業務型裁量労働制
>フレックスタイム制

就業規則で人事トラブル対策
>試用期間中に長期休まれた
>試用期間なのに解雇できない
>休職を何度も繰り返す
>社員が会社に出てこない
就業規則で勤務トラブル対策
>時間外労働を拒否された
>遅刻を繰り返す
>人事異動を拒否された
就業規則で規律トラブル対策
>茶髪・ひげを改めない
>インターネットの私的利用
>欠勤後に有給休暇を要求
就業規則で退職トラブル対策

>退職後に懲戒事由が発覚した
>退職者が賞与の支払いを要求
>退職後の守秘義務違反
▼その他
>「労働保険・社会保険」手続
>サイトマップ
●是正勧告の対処法
Q就業規則と社則の違いはどこ?







A.就業規則は法律に基づいてつくられる規則。
  経営者が自由に作った社則とはこの点が違います。






就業規則とは、職場のルールを定めたものです。
会社がつくったルールを社員に守らせるという意味では「社則」と変わらない部分もありますが、一つ大きく違うのは就業規則は法律にもとづいて作られる「法的根拠を持った規則」であるということです。


労働者を働かせるためには、労働時間、休日、定年、解雇、賃金といった労働条件を決める必要がありますが、これら一つ一つには法律上の制限があります。その法律の制限の枠内で、従業員にどのように働いてもらうか、あるいはどのようにして会社秩序を保っていくかを決め、ルールとして記したのが就業規則です。


法律というと少し堅苦しい感じがしますが、これは重要なことで、法律を遵守して作成されているからこそ従業員からクレームがあっても会社が正しいことを証明できるし、労働基準監督署の調査や裁判でも重要な証拠となって会社を守ってくれるわけです。
「就業規則なんて・・・」と思って作成を拒否している会社も多くありますが、就業規則の記載内容は、一般に認知されているよりもはるかに強い効力がありますから、会社をリスクから守るという意味でも作成しておいたほうが得策といえます。







就業規則を作る権利は、会社に与えられていることを知っていましたか?少し極端な言い方になりますが、「会社は就業規則の内容を自由に決め、従業員に従わせる」ことができるのです(もちろん適法であることが前提ですが・・・)。仮に従業員が就業規則の内容に全面反対だったとしても、会社は内容を修正する必要はありません。その就業規則を労働基準監督署に届出るさいも、なんら問題なく受理してもらえます。
社員が全面反対するような就業規則が会社にとって良いものかどうかは別にして、それだけ会社には就業規則を作成する強い権利が与えられているということです。就業規則の作成義務違反は30万円以下の罰金に処せられますし、就業規則がないことでトラブルが多発しているケースも多いので、この機会に、きちんと就業規則を整備しておくことをおすすめします。











東京・神奈川・千葉・埼玉の就業規則の作成・変更を応援。

情報提供:就業規則作成・変更室、社会保険労務士むさしの事務所
(全国社会保険労務士会連合会、東京都社会保険労務士会会員)
東京都渋谷区渋谷3-6-2エクラート渋谷ビル8階 TEL03-5766-4064

●渋谷 新宿 池袋 品川 千代田区 中央区 川崎 横浜 調布 府中 八王子 町田 立川 三鷹 武蔵野などの就業規則はこちらへ。