“渋谷”から「使える就業規則」の作成をサポート >トップページ
▼就業規則対応
就業規則に困ったら・・・
>事務所紹介
>就業規則/作成・料金表
>就業規則/診断
>就業規則/残業対策

>就業規則/社員トラブル対策
>是正勧告対応
>就業規則/病院・医院
▼就業規則の活用法
就業規則で「残業」を削減
>定額残業制を導入する
>交替制(シフト制)を導入する
>残業単価を減らす
>残業を申告制にする

>タイムカード規定を設ける
>残業時間内に休憩を設ける
>ノー残業デーを設ける
>休日の振替えを導入する

就業規則で労働時間活用1
>1カ月単位の変形労働時間制
>1年単位の変形労働時間制
就業規則で労働時間活用2

>事業場外みなし労働時間制
>専門業務型裁量労働制
>企画業務型裁量労働制
>フレックスタイム制

就業規則で人事トラブル対策
>試用期間中に長期休まれた
>試用期間なのに解雇できない
>休職を何度も繰り返す
>社員が会社に出てこない
就業規則で勤務トラブル対策
>時間外労働を拒否された
>遅刻を繰り返す
>人事異動を拒否された
就業規則で規律トラブル対策
>茶髪・ひげを改めない
>インターネットの私的利用
>欠勤後に有給休暇を要求
就業規則で退職トラブル対策

>退職後に懲戒事由が発覚した
>退職者が賞与の支払いを要求
>退職後の守秘義務違反
▼その他
>「労働保険・社会保険」手続
>サイトマップ
●就業規則と労働基準法
みなし労働時間制とは?







みなし労働時間制とは、営業マンや新聞記者など、社外で働く者の労働時間を所定労働時間労働したものとみなすことをいいます。会社の外で働く営業社員のようなケースでは、実際、外で何時間仕事をしているかを正確に把握することができません。人によっては食事時間や公園で休んでいる時間が多い人もいるでしょう。しかし、会社はそれを知ることはできません。そこで、このような労働時間を正確に把握するのが難しい事業場外の仕事につく社員については、実際の労働時間にかかわらず、決めた時間を労働時間とみなすことを認めているのです。


●みなし労働時間制に関する条文


(労働基準法38条の2、1項)


「労働者が労働時間の全部又は一部について事業場外で業務に従事した場合において、労働時間を算定し難いときは、所定労働時間労働したものとみなす。」


みなし労働時間制は、なにかと誤解の多い制度です。そこで、このページではQ&Aの方法で、みなし労働時間制について解説したいと思います。


●みなし労働時間制に関するQ&A


Q.午前は会社、午後は営業という働き方をする場合は、何時間働いたとみなせばよいのでしょうか?


営業社員だからといって、会社にまったく顔を出さずに朝から晩まで働いているわけではありません。ほとんどの場合は、一部は会社で過ごし、一部は営業に出るという働き方をしていると思います。こういう場合は、社内で働いた時間と外で働いた時間をあわせて所定労働時間労働したものとみなします。ですから、上のようなケースでも、その営業マンは所定労働時間(たとえば8時間)働いたとみなします。


Q.わが社は午後6時が終業時間です。営業マンが6時すぎに帰ってきて報告書を書いた後7時に帰ったとしたら、何時間労働したとみなしますか?


みなし労働時間制では、一度帰ってきた営業マンについては次のようにみなすものと解釈されています。


・営業マンが6時前に帰ってきた場合
通常の社員と同じように6時に退社するようでしたら、所定労働時間労働したものとみなし、6時以降に残業をした場合は所定労働時間+残業時間、労働したものとします。


・営業マンが6時以降に帰ってきたとき
帰ってきた時間までは所定労働時間労働したものとみなし、帰ってきた時間以降会社にいた時間は残業時間として扱わなければなりません。たとえば営業マンが7時に帰ってきて報告書を書いて7時30分に帰ったときは、会社にいた30分については残業時間として扱わなければなりません。


Q.営業マンが直帰したときはどうしますか?


所定労働時間労働したものとみなします。一度、会社に戻ると、戻った時間以降は残業時間となりますが、会社に戻らずに直帰した場合は所定労働時間労働したものとみなします。


Q.社員全員にみなし労働時間を導入できますか?


みなし労働時間制は、営業や取材など外での業務につく社員を対象につくられた制度です。社内で働くこを中心とした社員(工場の職員や事務職員)まで、みなし労働時間制を導入するのは法律の趣旨から外れます。ただし、社内中心の業務につく事務職員などでも、1日中出張に出たときなどは、その労働時間を会社は把握できないので、所定労働時間労働したものとみなしてもかまいません。


○私たちからのコメント
みなし労働時間制を導入すれば「残業代を出さなくていいのですか」という質問をよくされます。しかし、それは営業マンが直帰したときであって、一度、会社に戻ってきてしまえば、それ以降は残業時間として扱わなければなりません。とはいえ残業対策にはいくらかなるとは思われます。たとえば、みなし労働時間制を採用していれば営業マンが夜8時に会社に戻ってきて、9時に退社したときは1時間の残業となりますが、採用していなければ終業時間(たとえば6時)から9時までの3時間が残業時間となります。
この場合、営業マンが帰ってきた時間を記録しなければならないなど、事務作業は面倒になりますが、以上のようなケースだと2時間も残業時間をカットすることができるわけです。


●就業規則はどう書くか?


みなし労働時間制は就業規則に定めれば、とくに労使協定などを締結しなくてもよいとされています。(ただし、会社がみなす時間が所定労働時間を超える場合は、労使協定を締結しなければなりません)。就業規則の書き方は以下を参考にしてください。


●就業規則の規定例


第○条(事業場外の労働)
主として事業場外において業務に従事するため、就業時間を算定しがたい者は、所定労働時間労働したものとみなす。ただし、所定労働時間を超えて労働することが必要な業務については、労使協定で定めた時間労働したものとみなす。



結論 みなし労働時間は社外での労働時間をみなす制度。
就業規則に定めれば即導入できます。







東京・神奈川・千葉・埼玉の就業規則の作成・変更を応援。

情報提供:就業規則作成・変更室、社会保険労務士むさしの事務所
(全国社会保険労務士会連合会、東京都社会保険労務士会会員)
東京都渋谷区渋谷3-6-2エクラート渋谷ビル8階 TEL03-5766-4064

●渋谷 新宿 池袋 品川 千代田区 中央区 川崎 横浜 調布 府中 八王子 町田 立川 三鷹 武蔵野などの就業規則はこちらへ。