準備

   

今年、2006年のハワイ計画は、早くから考えはじめた。

その理由は、JALのキャンペーンである。

JALのキャンペーンがなんで影響するのかと疑問に感じるかもしれない。

実は・・・。

ついに念願のホノルル往復の特典航空券がゲットできるまでマイルが貯まったのである。

ちょっとした支払いもJALカードで支払いっていた。
小さいことからコツコツと・・・。

ホノルル往復の必要マイル数は40,000マイル。
それがキャンペーンで2割引になる。

32.000マイルになるのだ。

キャンペーン期間中に手続きをしておきたい。その期限は2005年の11月末だ。

特典航空券の場合は予約の変更は手数料なしで可能なので、仮の出発日を入れておく。
予約の変更が負担なしでできるということである。


出発日を9月上旬で予約を入れる。

この期間は航空券の値段が、例年では高いからである。特典航空券は航空券の値段は関係無いので、値段の高い時期なら得な感じがする。

それと、娘の誕生日が9月なので、2歳になる前ギリギリの時に行くのが娘の体力的に強くなるし、成長することで僕と妻の負担も軽くなるだろうとおもっている。

まとめると・・・ハワイまでの特典航空券を手に入れるには通常の時期なら40,000マイルが必要だが、キャンペーン期間は2割引の32,000マイルで予約ができた。後ほど発表されたJAL悟空35の値段が95,000円だったので、10,000マイルあたり約30,000円の価値になった。マイルをクーポン券に変換すると10,000マイルが15,000円分の金券となる。スイカにチャージすると10,000円。

今回の変更は、かなりおトク感があった。

そして娘の代金はJAL悟空35の値段95,000円の1割だ。

今回、もうひとつラッキーな事があった。サーチャージの値上げ前に手続き(発券)が完了したことだ。値上額が往復で6,000円、3人で18,000円の増加が回避できた。

11月に僕らの航空券、そして娘が2月に航空券の予約が完了してしまった。

あまりにも旅行の日から離れいると実感がわかない。

そのうちクレジットカードから代金の請求があり、支払いが完了した。


実感がわかないといいつつも、ホテルなどの宿泊施設が気になってくる。


いままでに泊まったところをチェックするが、お徳なプランが見つからない。

ハワイは全体的に値上がり傾向にある。

長期(と言っても2週間)の休みがとれるのでできるだけ長くハワイに滞在したい。


税込み円換算で20,000円以下で、費用対効果の高い予約をしたい。



グーグルでいろいろな言葉を入れて検索をした。
なかなか良いものがない。


ホテルは3つの値段に、大きく分けられる。100ドル前後、200ドル前後、300ドル以上だ。

昨年、500ドルくらいのコンドミニアムに滞在した。
部屋が二つでバスも二つ、6人が泊まれるサイズ。

ひとりあたりの値段を考えれば100ドル以下になる、安い。

キッチンも大型冷蔵庫もありとても便利だった。


しかし清掃に関しては、ホテルの方が行き届いていると思う。
絨毯が薄汚れていた。

アメリカ人はクツで部屋に入る。
それを考えれば汚いのがあたりまえだが、もう少しキレイでもいいだろう。


オーナーのメンテナンスに関しての考えが反映するのか。(このくらいの清掃でいいよ、とか)
管理会社は大手だ。

汚れに関してはクレームをつけるほどではないけど。

コンドミニアムのフロントはホテルほどきっちりしていないので、住んでいる気分になるが、リゾート気分からは離れる感じだ。
僕らのお客様気分(リゾートに来たという気分)を演出して欲しい。(笑)



今回の滞在期間は2週間。


部屋でのんびりと朝からビールを飲んで過ごすこともある。

その時にもっとも重要なのが部屋からの景色だ。
そしてハワイの景色といえば海である。


そうであれば、オーシャンビューの部屋が必須だ。

コンドミニアムのオーシャンビューのほとんどがパーシャルと言われる一部に海が見える部屋。
できれば海と部屋の間に建物がない方がいい。

そのようなコンドミニアムは限られている。
また、ホテルでも値段が張る。

どうしようか。