創作活動で収入を得るのが、
最近、簡単になってきました。


  //

 どういうことかと言いますと、



1. WEBで自分のサイトにお客様を集める。
          ↓
2. 来て頂いたお客様と信頼関係を築く。
          ↓
3. 信頼関係が築けたお客様に、あなたの有料のコンテンツを購入して頂く。




 この非常にシンプルな3ステップをしっかりと実践すれば、意外とあなたがやりたい創作活動をやりながら、収入も得ることができる時代になったのです。

 創作活動で収入もと言った場合、新人賞を受賞してとか、出版社に持ち込みをとか、ゲーム会社に就職をとか、そういうことをイメージしていたかもしれません。

 しかし、最近では、有名な出版社から本を出して有名になりたいとか、あるいはTVで大きく放映されるようなアニメが創りたいとか、そういうすごい「大きい」ことを特別にしたい訳でないのならば、個人がWEBを使ってやる創作活動で、かなりの程度の収入、頑張り次第ではあなたが生活していくのに十分なくらいの収入が得られる時代になったのです。

・小説を書くのが趣味だったんだけど、就職してから書いてないなぁ

    とか、

・漫画を描いていたのだけど結婚してからはご無沙汰だったなぁ

    とか、

・イラストにはかなり自信があるんだけど、お金になるほどではないのかなぁ

    とか、

・学生でクリエイターに興味あるけど、商業のプロというのも何か違うなぁ

    とか、

・すごい面白いゲームのアイデアがあるんだけど、ゲーム会社に就職したいって訳ではないよなぁ

    とか、

・実は作曲ができるんですが、これCDにして売れたりしないかなぁ

    とか、

    あと、最近では動画ですか。

・動画作るのが楽しい。これで収入にもならないかなぁ

    とか、

 あなたがこういうモノを内に秘めていた場合、非常にチャンスです。

 どういうことか?



 つまりは「同人」でやろうってことですか?



 あなたが「同人」という言葉を知っていたなら、こう思うかもしれません。

 でも、稼げるほど売れるのって一部の大手サークルってヤツだけなんでしょう?

 とか。

 それは、半分正解で、半分不正解といった所でしょうか。

 今、このページでお勧めしているのは、確かに広い意味で同人活動に入るものなので、同人「的」活動をやってみようとお勧めしているという点では正解です。

 しかし、特に提案しているのは、あなたのオリジナル作品を活動の中心にそえて、もうちょっとオリジナルでユニークに収入を獲得していくというライフスタイルなので、大手じゃなきゃ的に、「大きく」活動しないと稼げないというのは不正解です。

 「小さく」、フットワークが軽い創作活動をして、収入も得ていくというスタイルをお勧めしています。

 もちろん、そういうことが「できそうだ」というだけで絵空事のお話をしている訳ではなく、他ならない僕自身が実際に実践して、結果として沢山の読者の方から感想メールやファンメールを頂き、また収入的にもある程度稼いでいる実績を元にしてお話しています。

 僕の場合はやっている創作活動は個人で小説を書いているという活動なのですが、一般的に漫画やイラスト、ゲーム、音楽、動画よりも訴求力が弱いと言われるこの分野でさえ、作品を公開すると100通を超えるメールを読者様から頂き、収入の面でも(形態は後でお話しますが)コンスタントに月5万〜10万、大きい時は月に20万円程度、稼いでいます。

 申し遅れましたが、僕の名前は相羽裕司といいまして(ペンネームで失礼します)、お仕事は個人のマーケッター、と言うと大げさですが、ようは、WEBを使って色々なモノを個人で販売して生活しています。

 販売している商品は多岐に渡るので、本業の方は直接創作活動とは関係の無いものも扱っているのですが、大事なのは、僕は専門がら、WEBを使ってモノを販売するための戦略や技術、様々な方法論を身につけている人であるという点です。

 専門的には「マーケティング」ができる人ということになると思うのですが、僕はある日、この「マーケティング」を趣味でやっていた小説創作の活動にも取り入れてみることにしたんですね。

 そうしたら、自分でも驚くほど読者様から反応が頂けるようになり、また創作活動を基盤に収入も得られるようになったのです。

 で、一人でこの方法を独占しているのももったいない。また、なかなか安定収入というものが難しくなって、個人で色々と努力することを要求される昨今ですので、個人で小さく創作活動をしながら収入も得てみたいと思っている人は結構いるかなと思いまして、今回その方法を公開させて頂くことにしました。

 ここから、具体的にお伝えさせて頂きますね。

 基本的には、既にお伝えした、





1. WEBで自分のサイトにお客様を集める。
          ↓
2. 来て頂いたお客様と信頼関係を築く。
          ↓
3. 信頼関係が築けたお客様に、あなたの有料のコンテンツを購入して頂く。




 という、「マーケティング」の世界で個人のマーケッターが実践するには現代でもっとも有効だと言われているダイレクト・レスポンス・マーケティングという手法を創作活動に応用しただけなのですが、それだけではなんだか分からないと思うので一つ一つ説明させて頂きます。



1. WEBで自分のサイトにお客様を集める。



 これはいわゆるアクセス集めの部分ですね。

 まずは、見込みのお客様にあなたのサイトに来て頂かないことには何も始まりませんので。

 もしあなたが多少なりとも自分で創作活動をやっていて、WEBで小説とか漫画とかを公開していたこともあるという場合は、まずこの時点でつまずいていた記憶があるのではないでしょうか。

 アクセスが全然無いなーという(笑)。

 そして、感想のメールもこないし、もちろん収入になんかならない。私、何やってるんだろう。私の作る作品なんて所詮そんなものなんだ的に自信を無くしてしまって、そのままフェードアウトしてしまった、とか。

 それ、違います。

 あなたが作る作品のクオリティーがどうこう以前に、あなたが作品を公開しているWEBサイトにアクセスがほとんど無いという点が、まず前提として全然ダメなのです。

 よくビジネスの世界では言われていることですが、どんなに立派な町を作っても、そこに至る道もしっかりと整備しなければ、誰もやってこないし、町も栄えないということです。

 まずは道を作って、しっかりと町にやってきて貰わないとダメです。

 この町へ道を作るという作業が、創作活動の場合、自分のWEBサイトへのアクセス集めになります。

 あなたが自分の創作作品が全然読まれないなぁと嘆いているのなら、まずはしっかりと自分のサイトへの道を作って下さい。

 その道を辿って、お客様がやってきます。全ては、それからです。

 僕はもちろん、沢山の道を作っています。

 中でも、僕が実際に実践していて、あなたにもお勧めするのは、SEO(検索エンジン最適化)という技術を使って、ヤフーやグーグルといった検索エンジンからアクセスを集めてくるという道の作り方です。

 検索エンジンで色々なキーワードで検索してお客様があなたのサイトにやってきてくれるようになると、グっとあなたの創作活動は彩りを持ち始めます。

 何故検索エンジンか?

 創作関連のサイトというと、もしかしたらあなたは、サーチサイトやランキングサイトに登録してそこからお客様に来て頂くという方法を思い浮かべるかもしれません。

 けれど、その方法で一日100人以上の新規のアクセスが来たことがあるでしょうか?

 そういったサーチサイトやランキングサイト経由で、毎日100人以上の新規のお客様が来てくれている。私は大丈夫だというのなら、もうこのページを閉じて貰っても大丈夫です。その方法でも、そこそこいけると思います。

 ただ、もしそう上手くいっていないのならば、インターネットのアクセスの6割ほどは検索エンジン経由だという、ちょっとビジネス関係の知識がある人には常識である事実をまずは知って下さい。

 圧倒的にヤフーやグーグルといった検索エンジンで検索して、サイトにたどり着く人が多い。

 だとしたならば、あなたのサイトを、よく検索されるキーワードで上位に表示させていたら?

 当然、上位にあるサイトをお客様はクリックして訪れますので、あなたのサイトには沢山の新規のお客様がやってきます。

 具体的には、こんな感じです。



 一日だけだと偶然とも思われるかもしれないので、1年後のヤツをもう一つ掲載しておきます(1年後はアクセス数が少々落ちていますがそれでも高い水準を保っています)。



 他には、こんな感じです。



 これらは僕のブログのアクセス解析の画面ですが、一番上の図は一つのブログで、一日に「コードギアス 感想」というキーワードで、検索エンジン経由でお客様が841人+387人訪れて下さっていることを表しています。

 そして三番目は、これは一番目(と二番目)とは違うブログですが、「リトルバスターズ」関係のキーワードで、一日に検索エンジン経由で108人+26人+24人+13人訪れて下さっていることを表しています(実際にはさらに下に画面が続くのでもっと沢山ですが)。

 これが、SEO、つまりは検索エンジン最適化という技術を身につけて、検索エンジンからアクセスを集めてくる強みです。もう、一日100人の新しいお客様とか、そういうレベルではないのですね。

 しかも上の解析結果の該当ブログと、下の解析結果の該当ブログが違うブログであるように、こういったブログを僕はたくさん持っています。そして、あなたにも沢山持って頂こうと思って今、このアクセスアップの方法をお伝えしています。

 あなたも知っているかもしれませんが、「コードギアス」は人気のアニメで、「リトルバスターズ!」は人気のPCゲームですね。

 で、こういったキーワードでやってきてくれたお客様に、あなたが作ったコードギアス的な小説とか、リトルバスターズ的な自作ゲームとかを販売したら?という訳ですね。

 ここから、次の2番目のステップのお話に入りますね。



2. 来て頂いたお客様と信頼関係を築く。



 です。

 1番目のステップを通してアクセスが集まってきたら、次に来て頂いたお客様と、あなた自身が信頼関係を築いて下さい。



 いきなり商品を販売しようとしてもダメです。



 極端に悪い例をあげてみると、上のような方法を使ってアクセスを集めたページのど真ん中に、いきなり「一生懸命作りました。買って下さい」みたいな文面であなたの作った個人誌やゲームの販売ページを置いてしまうとか。

 少し想像してみると分かると思いますが、訪れてきてくれたお客様はあなたが何者かまったく知らない訳なので、そんな信頼関係が無い人から、いきなり物は買いません

 あなたも、初対面の人からいきなり物を買ったりっていうのはめったに無いですよね?

 なので、まずは訪れてくれたお客様と、信頼関係を築いて下さい。人は、売り手の方に信頼を感じているからこそ、大切なお金を払って、その商品やサービスを購入するものなのです。

 ●●さんなら、支払った対価に応じた楽しさや満足をきっと届けてくれるだろう。

 そう思って頂かないことには、中々コンテンツを購入して頂けませんし、逆にそういった信頼関係が無いのに煽って物を売りつけてしまっては、詐欺とまでは言いませんが、ちょっと誠実なビジネス的活動とは言えないでしょう。

 では、どうやってそのような信頼関係を築くのか?

 これは、無料のコンテンツをお客様に提供して築きます

 具体的には、ブログの文章と、あなたがフリーで公開している作品、この二つをしっかりとお客様に届ける。それが、信頼関係を築くために必要なツートップですね。

 まずは「ブログの文章」ですが、これは、お客様は何らかのニーズを持って検索エンジン経由であなたのブログに訪れてくれた訳ですので、当然、そのブログであなたはお客様のニーズを満たしてあげなくてはなりません。

 上の例で言うなら、「コードギアス 感想」のキーワードで訪れてくれたお客様は、文字通り『コードギアス』の感想を読みたいなというニーズを持って検索している訳ですので、あなたはちゃんと『コードギアス』という作品の感想が書いてあるコンテンツを提供しなくてはならない。

 で、さらにそのコンテンツで、お客様に満足を感じて頂かなくてはならない。これが、まず最初のキーポイントです。

 あなたも、検索エンジンで検索して上位に表示されたブログをクリックしてみたんだけど、内容が薄くてがっかり、という経験をされたことがあるかもしれません。

 そういう感じで、お客様にがっかりされては、全然ダメな訳ですね。お客様は×ボタンを押してそのページを閉じて、もう二度と戻ってきてくれません。もう、有料のコンテンツを購入して頂くとか、そういう以前の問題です。

 なので、

 ブログの記事をしっかりと書いて下さい

 ここで絶対に手を抜いてはダメですね。あなたが作る有料のコンテンツに関して手を抜かないのは当たり前なんですが、多くの人がここで手を抜いてしまって、せっかくアクセスを集めても、いきなりページを閉じられておしまいという悲惨な結果に陥っています。

 そんなもの凄い記事を毎回書く必要は無いので、少なくとも、訪れてくれたお客様が、「お、ちょっとイイな」と思えるような記事を心を込めて書いて下さい。

 で、そうやって「ちょっとイイな」と思ってくれたお客様は、あなたのブログに繰り返し訪れてくれるようになりますので、時間と共にそのお客様と信頼関係が築けはじめます。

 あなたにも、あなたなりに贔屓にしている、「ちょっとイイな」と思う文章を書くブログ様をいくつかお気に入りに入れていることと思います。まずは、あなた自身が、あなたがお気に入りに入れているような、あなたが信頼を抱いているようなブログを目指して、しっかりと作って下さい。

 これが、まずはお客様と信頼関係を築くための、一つ目の方法です。

 そして次に、もう一つの信頼関係を築く方法が、「フリーで公開している作品」で信頼関係を築くという方法です

 ブログでの交流を通して、お客様との間に信頼関係が出来上がってきた。いよいよ次はあなたの創作作品を見てもらう段階な訳ですが、ここでも、いきなり有料では売らないで下さい

 段階として、まずは作品をフリーで公開して、お客様のジャッジを仰いで下さい。

 これも少し自分のケースに当てはめてみると想像できると思うんですが、僕たちが創作関係の商品を買う時って、大抵何らかの形で無料の情報を仕入れた上で購入していますよね?

 まあ、いわゆるジャケ買い(笑)とか衝動買いもありますけど、例えば漫画だったら雑誌を立ち読みするなり購読するなりである程度その作品が好きだと思ってから、コミックスを購入するパターンが多いと思います。

 音楽なんかでも、実際に試聴してみたり、TVや町中で少し聴いたフレーズが「なんかイイな」と思ってから、実際にCD屋さんに行ったり、Amazonに注文したりといったケースが多いと思います。

 これは、言い換えれば、フとしたきっかけであなたが無料の作品(の一部)に触れた時に、これは本体を購入してもきっと私は楽しめるな、満足できるなと、その作品に信頼を感じているのです。

 これも、人は信頼を感じてからモノを買うという一例です。

 さらに特にインターネット上では、お客様は基本的に何でも無料で手に入れることに慣れてしまっているので、ますますその傾向は強くなります。

 ゲームなら体験版が良かったから、本体も買ってみよう。

 漫画なら、フリーのWEB漫画が面白かったので、この人が描いてる個人誌なら買ってみてもいいな。

 このように、まずは何らかの形でフリーのコンテンツに触れてから、実際に有料のモノを購入するというお客様が多いのです。

 よって、これもブログの記事の時と同じですが、フリーで公開する作品で手は抜かないで下さい

 当然のことながら、フリーの部分がイマイチだと、お客様は有料の方まで購入しようとは思わないので。

 ただ、ここで紹介しているのは創作活動といっても小さく活動してかつ収入も得るというスタイルなので、何も何万部も売れてる商業作品のようなもの凄い作品をフリー用にあなたが作る必要はありません。

 ブログの時と同じく、「お、ちょっとイイな」と思って頂ける作品を公開しておけば十分です。

 僕は自分がやっている創作活動は小説だけですのでその例しか今は出せなくて恐縮なんですが、一般的な新人賞レベルで、一次選考、二次選考レベルに残るくらいの小説をフリーコンテンツとして用意しておけば、これまでの僕の実感としては、収入を得る有料コンテンツに繋げるには十分といった印象です。他のジャンルでも、それくらいのレベルが目安になると思います。

 ここまで読んで頂けたあなたはもうお気づきだと思いますが、このページは小説の書き方とか、ゲームの作り方とか、創作物そのもののクオリティーをアップさせるための方法をお伝えしているページではありません。広報の仕方とか、先ほど使った言葉で言えば「マーケティング」の部分をお伝えしているページです。

 なので、あなたの創作コンテンツのクオリティーアップ自体はあなたに頑張って貰うしか無い訳ですが、まあ、せっかく趣味というか、ライフワークというか、自分が楽しんで打ち込めるものとして創作活動を持っているあなたですので、是非是非レベル的にも一次選考、二次選考突破くらいの「標準」レベルは目指してみて下さい。

 個人的な経験からしても、そのくらいのレベルから先は、編集さんの好みに合うかとか、何か分からないけどタイミングが合ったとか、「運」のレベルが大きく関わってくる場合も多いので、標準をクリアしているものが創れるなら、あとは特に商業にこだわらずにまったり自分でマーケティングして収入も得ていけばいいじゃないか?というのがこのページの基本的なスタンスです。

 そういう訳で、あなたなりの自信のフリー作品で、まずは、お客様と信頼関係を築いてみて下さい。



3. 信頼関係が築けたお客様に、あなたの有料のコンテンツを購入して頂く。



 いよいよ収入を得る段階です。

 信頼関係が築けたお客様に有料のコンテンツを購入して頂く訳ですが、ここで、僕は二つのやり方で実際に収入に結びつけています。

 一つ目は、単純に自分が作った有料の創作コンテンツをどうですか?と信頼関係が築けているお客様にオファーして、購入して頂いて、直接収入を得るやり方。

 そして二つ目は、アフィリエイトを使って、広告収入で間接的に収入を得るやり方です。

 一つ目の方法は単純で、迷うのはせいぜいどういう形で決済を行おうかという部分くらいですが、最近では個人で利用できる決済サービスが充実してきたので、その部分は今ではそんなにハードルが高くありません。後述するイーブックにはお勧めの決済サービスも紹介してますし、そういうのがめんどうでしたら、直接購入する意志があるお客様にメールであなたの口座をお知らせして、振り込んで貰う方法もあります(ヤフーオークションなんかでまだまだ主流のやり方ですね)。

 なので、今回は2のアフィリエイトを使った収入の獲得方法の方に焦点をあてて説明させて頂きます。

 アフィリエイトという言葉自体を知らない方はそこから調べて頂いてまたこのページに戻ってきて頂きたいのですが、代表的なのだと、Amazonアソシエイトなんかですね。ブログのお客様があなたのブログ経由でAmazonでお買い物をすると、何%かが紹介手数料としてあなたの収入になるというアレです。

 で、個人での創作活動で収入も得ていく場合は、直接の個人作品の販売以外に、アフィリエイトも組み合わせて収入を得ていくのをお勧めします

 と言いますか、今、この仕組みを使わないで月5万円以上というレベルの収入を創作活動関係で得るのはキツイと思います。当然ながら個人であなたが作る創作作品は、作るのに時間がかかる(しっかりと作りたいでしょうし)ので、そう毎月毎月リリースできるものではないからです。

 その間の収入を、サイトやブログに掲載するアフィリエイト広告の収入でまかなうのです。

 ところがこのアフィリエイトも浸透している割には実際に稼いでいる人はごく少数という世界なのですが、それは単純に行動力が足りない人が多いとか、そういう理由も勿論なんですが、今回このページを読んで頂いたあなたに朗報なのは、ほとんどの人が、2番目のステップをないがしろにしている、読者と信頼関係を築く前にアフィリエイトで買って頂こうとするから失敗しているというのが、実はかなりの程度の事実です。

 あなたもブログをやったことがあるなら、いわゆるスパムコメントやスパムトラックバックがきて、飛んでみたらアフィリエイトリンクがどっさり、みたいなげんなりする経験をしたことがあるかもしれませんが、ああいうのはちょっと買う気になりませんよね。

 どうして買う気にならないかというと、既に述べている通り、そのブログのオーナーさんとの信頼関係が無いからです。

 ところが、あなたの場合はこのページを読んで既に2番目のステップとしてお客様と信頼関係を築くことの重要さを知っている訳ですから、その辺りは違います。

 しかも、あなたが作ったオリジナルの作品を購入してもいいかな?くらいに思っている非常に信頼関係が厚いお客様と交流している訳ですから、例えば既存の作品(商品)をアフィリエイトで販売しても、お客様の購入率はかなり良いものになるでしょう。実際には、経験上、単純にAmazonアソシエイトのサーチボックスをブログのサイドバーに設置しておくだけでも、贔屓にして頂いているお客様が結構買っていってくれて、紹介料が入ったりします。

 もっと戦略的にやるなら、先ほどの僕の例で言うなら、「リトルバスターズ!」というキーワードでアクセスを集めたブログで、まずは信頼関係をお客様と築く。

 そして次に「リトルバスターズ!」関連のグッズを、アフィリエイトを使って紹介する(当然ある程度売れます)。そして、最後には「リトルバスターズ!」的な(まあこのケースはギャルゲーになるでしょうか)あなたのオリジナルゲームを購入して頂いて、またそれも収入になると。そういう感じで創作活動と収入が結びつくスパイラルを作り上げるんですね。

 で、実際に、僕は一つのブログのAmazonアソシエイトだけでも、月2万円程度とかの収入があります。そして、さきほども言ったとおり複数のブログを同時に運営していますので、合計すると相応の収入になっていますし、アフィリエイトもAmazonアソシエイトだけじゃないので、まあまあ、創作活動だけじゃなく、収入的活動もなかなか充実した状況に今はなっています。

 さらにそこからオリジナルの個人誌も販売して収入を得つつ、感想のメールを貰ったりたまには直接読者様と会って色々趣味の話をしたりして時間を過ごしていますので、かなりの程度、今回お伝えした、創作活動と収入活動を結びつけて個人で気楽に楽しく活動するというライフスタイルはお勧めです。



1. WEBで自分のサイトにお客様を集める。
          ↓
2. 来て頂いたお客様と信頼関係を築く。
          ↓
3. 信頼関係が築けたお客様に、あなたの有料のコンテンツを購入して頂く。




 という黄金の三ステップ。

 このページを読んでみて、個人で楽しく創作活動をしながら、収入も得てみるというライフスタイルを、「なんかいいな」ともしあなたが思ったなら、是非是非忘れずに、シンプルに実践してみて下さい。一番重要な部分をダイレクトにお伝えしましたので。

 ◇◇◇

 で、実は僕はこういった個人で創作活動をしながら収入も得ていくための方法を、かなり詳しく煮詰めて1年ほどメールマガジンで限定して配信しておりました。

 読者は200名ほどのメールマガジンだったんですが、今回このページでお話した部分を核としながらも、それ以上に濃く、僕なりに洗練させたノウハウをじっくりと配信していましたので中々好評でして、密かに役に立った!と言われていました(笑)。

 そのメールマガジンなんですが、最近読み始めた方達から、バックナンバーも是非読みたいという声が多くなってきたのと、僕自身も、結構ニーズがあるみたいだからもう少し広く公開してもいいかなと思うようになりましたので、今回PDF形式のイーブックという形でまとめさせて頂きました。

 25号分あります。

 1号1号がかなり長くて内容が濃いので、それだけで262ページ分となります。

 が、ただし、今回は有料で販売させて頂きます

 一つは単純に限定で配信していた内容を公開する訳ですから、まったくフリーで公開してしまってはそれまで限定だと思って購読してくれていた読者の方達に悪いという点があります。

 また、創作活動のみならず、「収入」にも焦点をあてていると明言しているメールマガジンのバックナンバーですので、それ自体から収入を生み出す形でなければ、何か違うなという話になってしまうという点もあります。メールマガジンのバックナンバー内でも、個人で作ったイーブックの販売活動を通して収入を得ることを推奨しておりますので、今回もそれにのっとった形で、僕自身がこのバックナンバーを有料で販売して収入にも結びつけるという形を取らせて頂きます。

 なので、今回は有料でのご提供となる点はご理解下さい。

 それでは、肝心の内容ですが、バックナンバー部分を読んで頂くと、このページ内では書ききれなかった以下のような情報を得ることができます。

あなたの小説を読みたい読者をあなたのサイトに集めてくる方法
 →専門的にはターゲティングと言います。アクセス数が多いだけのサイトは沢山ありますが、そうではなくて、あなたのサイトに合った、濃く付き合っていける読者さんを集客していく方法をお伝えします。
一日1000人の読者を検索エンジンから引っ張ってくる、SEOの基礎
 →検索エンジンのアルゴリズムは常に変動しますが、それでもそう簡単に変わらない基本中の基本の部分を解説します。僕はこの基本を忠実にこなすことで一日1000人の新規の見込み客を呼び込んでいます。
人気ゲームのプレイ日記で一日300アクセス集客した方法
 →キーワードの選び方にポイントがあります。実際に獲得したブログを公開しながら具体的に解説させて頂きます。
一日一ページの努力が数年後に花ひらく、「積み重なる」WEBサイト作りとは
 →時給での労働で失った時間は取り戻せませんが、収入に繋がるブログやサイトを作った時間は積み重なります。3年前に作った一ページが急に活性化して収入になったりします。絶対に無駄にならない資産になるブログの作り方をお伝えします。
創作サイトにおけるレバレッジのかけ方とは
 →足し算の創作サイト運営から、かけ算の創作サイト運営に。ブログ、アフィリエイト、自作創作コンテンツ販売、全てが連動して、価値を倍増させていきます。これを知っているかどうかが、野球でいえば草野球かプロ野球かくらいのレベルの違いを生みます。

 他にもまだまだ、こんなことも丁寧にバックナンバーイーブックには記されています。

ファンの方から静かな信頼を獲得するブランディングの方法とは
 →ちょっとしたコツがあります。大企業のブランディングじゃないのですから、個人には個人のやり方があります。
沢山のWEB活動家が、ブログを作る時より冷蔵庫を買う時の方に時間をかけている
 →そんないい加減に作り始めたブログが資産になるはずがありません。最低限押さえておかなくてはならない、ブログを作る前のリサーチの方法をお教えします。
検索エンジンにあなたのブログを上位表示させるための基礎、外部リンクとは
 →あなたがまだブログを一つしか持っていないとしたら、まだまだWEB時代のクリエイターとしては初級です。何故ブログは複数あった方がいいのか?そこから生まれるかけ算的アクセスの流動とは?解説しています。
素晴らしい査読者の見つけ方
 →出版社に持ち込んで忙しいプロ編集者に見てもらうだけが方法ではありません。WEB創作家ならではの査読者と組んであなたの作品をもう1レベルアップさせましょう。
ランキングサイトに登録するだけがアクセス対策ではありません
 →SEOは勿論として、他にもまだまだあまり知られていない良質なアクセス対策が存在します。検証済みで結果が出ているものだけを、厳選してお教えします。

 このページで書いてある基本を繰り返し読んでよく理解し、そしてプラスアルファとしてイーブックの内容をじっくり反芻して頭に落とし込んで、しっかりと実践してみて下さい。両方を読み込むことで、ほぼ、僕レベルで創作活動をしながら収入も得ていく方法は達成することができますので。

 その他にも沢山このイーブックには盛り込んでおりますが、とりあえずここまでを読んで是非知りたい、と思った頂けたならば、是非是非こちらをクリックしてご注文下さい。

 ◇◇◇

 さて、イーブックが限定で配信したメールマガジン25号分、262ページからなることは既にお伝えしましたが、今回はさらに特典をつけさせて頂きました。

 25号分、262ページにプラスして、書き下ろしのスペシャル号3号分、60ページを特典として今回このイーブックをご購入頂いた場合、限定で付けさせて頂きます。

 もともとの25号分だけでかなり“濃い”というか高度なお話も満載なのですが、今回はさらにそこから一レベル上を目指せる内容のものを特典として書かせて頂きました。

 こちらの特典60ページの部分は、創作活動よりも、収入を得る部分に焦点をあてた内容になっています

 創作活動も大事ですが、まずは基盤となるある程度の収入が無いことにはそういった活動もできませんので、少しくどいくらいお金を手に入れるための方法論を語らせて頂いています。

 具体的には以下のような感じです。

スペシャル第1号:相羽裕司のメールマガジン戦略解説

 このメールマガジンを発行しながら、僕は大きく三つのコンテンツを販売してきました。

●有料の教材をアフィリエイトで販売する
●自作のオリジナル小説を直接販売する
●自作のイーブックを直接販売する

 の三つです。

 それぞれ初動だけで、20万、5万程度の収入になっており、不労所得として売れ続けるように仕組みを構築してしまっているので、今でも売れ続けています。また、三つめのイーブック販売は他ならぬこのイーブックの販売ですが、これもまあ初動で20万くらいはいくと見ていますし、その後も安定収入になると確信しています。

 これくらい収入が入り続ける仕組みを作ってしまうと、時間を自分のやりたいことに自由に使えます。

 まあ、せっかくですのでそういった時間は創作活動に使ってみてはどうかと思うのですが、その辺りはあなたの自由です。とにかく、まずはこのくらいのレベルでの自動収入基盤を構築してみましょう。

 なぜ、200人程度の読者しかいない(このくらいの数の読者は、このイーブックに書いてある内容を堅実に実践すればあなたも集められるようになります)メールマガジンで、このように収入を得ることができたのか?

 その裏側にあった戦略を、スペシャル第1号では徹底解説させて頂きます。

 びっくりの裏技!などではなく、マーケティングの世界では当たり前の地道な戦略を応用しているだけです。その中でもある程度高度な部類に入る戦略ですので、それを既に既存の25号分はマスターした。だけどもっと勉強したい!というあなたのために書き下ろしております。

スペシャル第2号:創作で生活できるレベルの収入を可能にするバックエンド 戦略

 そして、スペシャル第2号は、さらに稼ぐための戦略です。

 バックエンド戦略に関してはイーブック内でかなり尺をとって説明していますが、簡単に言うと、最初のコンテンツを買って頂いたお客様に、次も別なコンテンツをもう一度買って頂くための戦略ということになります。

 で、ここを徹底的に極めているかどうかで、こと「収入」に関しては、「お小遣い稼ぎ」程度で終わるか、「生活していける」レベルまで達するかに別れると個人的には思っています。

 なので、「稼ぐ」ことに罪悪感がある場合は、この号が自動的にイーブックには含まれてしまいますので絶対に購入しないで下さい。ある意味、鬼か!というほど「稼ぐ」ために徹底した戦略ですので。まあ、とは言ってももちろん違法だったりスパム的な手法では一切ありません。これも、ちょっと原理的に掘り下げているビジネス書にならさわりは書いてある王道の戦略です。そして、何故、バックエンド戦略を取ることが、悪いこと所か、人を幸せにするビジネスに繋がるのかについても、具体例をあげながら解説しています。

 このイーブックを購入する以上、バックエンドを作ってお客様により満足して頂いて、かつあなたも「稼ぐ」というのは、むしろ義務に近くなります。稼ぎたくない、お客様にも満足して欲しくないという場合は、絶対に購入しないで下さい。

 ◇◇◇

 さて、そろそろ肝心のお値段が気になって来る頃だと思いますのでお伝えします。

 創作活動に敏感にアンテナを張っているくらいのあなたなので、やはり今の時代映像の力は大きいということで、DVDを購入して映画を見たりアニメを見たりという経験が必ずおありになると思います。

 なので、だいたいDVD1枚分くらいの値段が妥当かなと思いましたので、今回は5250円で提供させて頂こうと思います。

 初回限定版とかそういうのに比べたら、これは通常版程度の値段だと思いますので、そんなに割高ではないと思います。

 もともと、娯楽コンテンツではなく、学ぶためのコンテンツなので、本来はもっと高額でしかるべきだと思ってますんで(家庭教師を数回頼んだ時の金額や、何らかのセミナーに参加する費用を想像して頂けたらと思います)。

 ただ

 そうは言っても、ある程度個人差に考慮しなくてはならないという点は重要だと考えます。

 これからは全体としての「大きい物語」ではなくて、個人個人によって価値が異なる「小さい物語」の時代であるという点はイーブック内でも僕が主張している所ですので、その主張自体を僕が曲げることはおかしなことです(ちょっと難しいことを言っているかもしれませんが、イーブック内の該当箇所を読めば分かると思います)。

 要するに、このイーブックは僕や、僕のこれまでのお客様にとっては大変有益なもので、明らかに5250円でも満足して頂けるものですが、他ならぬあなたにとってはそうでもないかもしれないということです。

 なので、もう少し、あなたにとってはイマイチだったな、という場合にも考慮して、もう少し買って失敗しても諦められるくらいの金額にした方が良いだろうということです。要するに、もう少し安く提供した方がお互いのためだなということです。

 なので、DVD1枚分からもう少し値下げして、CDアルバム1枚分程度ということで、3150円(税込)で提供させて頂きます。

 ここも個人差はあるでしょうが、僕の感覚からすると、CDアルバム1枚なら、ちょっとイイなと思って買ってみたものの、実際にはちょっとハズレだった、なんてことがあっても、まあこういうこともあるかと諦められる範囲かなと思います。

 なので、ここまでこのページを読んでCDアルバム1枚に魅力を感じる程度に興味を持って頂けた場合は、同じく購入する場合はCDアルバム1枚を購入するくらいの気構えでご購入下さい。ここまで読んで頂けたほど高い興味があるあなたにならば、必ずやこのイーブックは有益なものになるとは思っていますが、それでもダメな時はやはりありますので、その時は、買ったはいいもののあまり聴かなくなったアルバムの如く、封印して下さい。

 という訳で、3150円(税込)に決定させて頂きます

 それでは、3150円で購入して頂ける場合は、こちらをクリックしてご注文下さい。

 ◇◇◇

 さて、書き下ろしのスペシャル号の、最後の3号目のお話をまだしていませんでした。

 何故していなかったかといいますと、このスペシャル号3号目は、今までのお話とはちょっと毛色が違う、番外編的な性格だからです。

 スペシャル号3号目は、ヤフーオークションに関する実践的なノウハウです

 25号分の中に1号分、ヤフーオークションで稼ぐ方法について語っている号があるのですが、基本をお伝えしただけで、まだ実践的に稼ぐレベルまではお伝えしていなかったという部分がありました。

 なので、その点をフォローした、「ヤフーオークション実践編」と題したスペシャル号を1号分つけることにいたしました。

 このスペシャル号は、今回のイーブックの保証のようなものです。

 これまでお伝えしてきた内容は、実践すれば確かに収入に結びつきますが、実際に収入を得るまでにはある程度の時間がかかります。

 もちろん、その時間をかける、つまりはお客様と信頼関係を築く部分にしっかりと時間を割くからこそ健全な収入に結びつく訳ですが、人間の心理として、3150円を今回のイーブックに投資したのならば、すぐにそれくらいの利益は回収したいというのもまた僕は理解できます。

 なので、今回はヤフーオークションの実践の情報という形で、即金収入のノウハウをプラスさせて頂きました。

 ヤフオクは即金収入です。例えば家にあるもう見ないDVDを出品して、落札されればその時点で直接あなたの銀行口座にお金が振り込まれます。ある程度世間的に人気な作品のDVDでしたら、もうそれだけで3150円の元では取れてしまうでしょう。

 また、これはイーブック内で解説していますが、意外と創作活動と相性がいいのがヤフオクビジネスです。

 創作活動の過程で、本、漫画、CD、DVDなどを購入することが必ずあると思いますが、ヤフオクを効果的に利用すれば、いらなくなった漫画やDVDを売って、その資金で今まさに必要な本を購入したりといった活動が可能になります。

 しかもオークションですので、知る人ぞ知っている稀覯本やレア商品なんかも手に入ります(相応に高いことがほとんどですが)。おまけに、オークションを利用しなければゴミ箱行きだった商品を流通させて再利用している訳ですから、エコです

 さて、実際の内容ですが、前半と後半に別れていまして、前半では、僕が瑞希さんという浪人生の女の子に送った、ヤフオクで稼ぐための方法を記したメールを、そのまま掲載したものをこのスペシャル号内に収録しました(勿論本人の許可は取っています)。

 出品ページのテンプレートについてや、梱包方法、落札率をあげるコツなどについてお教えしたこのメールですが、この一通のメールを受けとった後の瑞希さんの変遷は以下のようになっています(このメールを受けとる時点で、瑞希さんはヤフオク初心者でした)。

僕からの最初のメール(イーバンクを開設すると便利ですよ)を受けとった後の瑞希さんからのメール↓
---------------------------------

こんにちはー瑞希です。

やっと!イーバンクの口座開設が出来ましたー。
ためしにお安いものをヤフオクで落として振込みに使ってみたんですが、すっごく便利ですねこれ。もっと早くに開設しておけば良かったです。
プレミアム会員にも登録したし、今週末あたりにはようやく出品も始められそうな感じです。

というわけでお手数おかけしますが、前おっしゃってた出品テンプレートをお願いしますm(__)m

ガシガシ稼ぎますよ!ガシガシ!

それではっ。

------------------------

再びの僕からのメール(イーブックに掲載するもの)を受けとった後の瑞希さんからのメール↓
------------------------

再び瑞希です。こんにちはー。

わざわざあんなに詳しいメールくださって本当にありがとうございました!

まだ住所登録うんぬんの関係で出品は出来ないんで、今のうちに準備だけはしておこうと思って頂いたメールをお手本にしながら出品説明とかをぽちぽち書いてメモに保存しているところです。出品が楽しみです。えへ。

---------------------------

僕からのメールを受けとった後数週間後の瑞希さんのブログ↓
---------------------------

ヤフオク、そのままだったら捨てるしかなかった雑誌の付録が2000円以上で売れてウッハウハです。「いつか使えるかもしれない」と何でも取っておく性分が初めて役に立ちましたよ。あと今日初めて発送もしました。ちゃんと届くといいなー。

---------------------------

そして一ヶ月後の瑞希さんのブログ↓
---------------------------

そしてついにグレンラガンの原画集があああああ!!!でも8話まで収録で3000円とか高い\(^o^)/買っちゃうけどね。

全話分で3000円×4冊かー。DVDもあるのにどこまでガイナックスに貢げば。
でも好きなものはしょうがない。やっぱりオタクってお金かかるな。稼がな。
今月に入ってからヤフオクで3まんえん稼ぎましたよ。イエッフー!

---------------------------

 という感じです。

 瑞希さんは浪人生といってもかなり賢い娘だと個人的には思っていますが、それにしても僕からのメールを受けとってから、一ヶ月で月3万円とか稼いでいる訳です。

 自分で言うのもなんですが、これは僕のアドバイスメールがかなりいいメールだったのです(笑)。

 そんな瑞希さんに送ったメールを、個人情報などの部分を伏せて、あとはそのまま掲載させて頂きます。

 あとは、あなたに19歳の浪人生の女の子と同じ能力があれば、ちゃんと3万円稼げるはずです。是非是非トライして見て下さい。

 で、これでまだ前半です。

 後半には、より実践的な、ヤフーオークションで稼ぐための、「目」の持ち方を理論と実践の両方から記述したテキスト(書き下ろし)を付けさせて頂きます。

 僕自身、母親がくも膜下出血で倒れて半失語、半身不随になり、24時間介護しながら生計も立てて行かなくてはならないという状況に陥った3年ほど前、ヤフーオークションを使ってうまく稼いで生計を立てていた時期があったのですが(今はもうちょっと多様なことをやりながら介護と仕事を両立しています)、その頃に培った実際の技術を、ボカシ無しでお伝えします。

 これは、不要品をオークションで処理するといったレベルではなく、安い所で仕入れて、高くオークションで売って差額で稼ぐという完全にビジネスとしてのヤフオクの方法です。

 そこまで本格的なものはいらないと思うかもしれませんが、このテキストの中、特に理論の部分に、あなたが創作活動を行うにあたって有効になると思われる様々な気づきが入っていると思うので、是非是非、バカにしないで読んでみて下さい。

 具体的にはこんな感じです。

●シルクロードの時代から変わらない、商売の原理原則とは
 →ちょっとビジネス経験がある人には当たり前の話なのですが、実際に個人で自分のコンテンツを販売する際に意識している人があまりに少ないのでしっかり解説させて頂きます。
●言語学修士号を持つ相羽裕司が生み出した、言語学的概念から発想を得た、ある「二つの市場」に関する概念とは
 →本邦初公開。●●的市場と、●●的市場。このオリジナルな二つの市場の概念を分けて使っているからこそ、僕は稼げているのです。この概念を知ることが、まさに稼ぐための「目」を持つことに繋がります。
●古本屋さんである時期に仕入れた小説のセットが、数ヶ月後には倍の値段で落札されます。僕は何を見ていたのか
 →上述した市場の概念の一つ目を使います。これができるようになると、古本屋さんが宝の山に変貌します。
●あらかじめ高く売れる商品が分かっていれば、あとはそれを安く買えるところから仕入れてくるだけ
 →これはいわゆる「リサーチ」の方法です。どういうサイトを使って、どういう所に目をつけているのか解説します。
●そしてついにヤフオクビジネスが創作活動をも巻き込んで収入のスパイラルを形成する
 →このイーブックのまとめのようなテキストです。このスパイラルをあなたのまわりに構築した時、あなたはあなたの好きなことをやり続けるだけで収入も手にし続ける状態になります。

 以上が、スペシャル号の最後の3号目の、「ヤフーオークション実践編」の内容となります。

 かなり盛りだくさんなイーブックになってしまいましたが、是非とも購入しようと決断して頂けた場合は、こちらをクリックしてご注文下さい。

 ◇◇◇

 最後におまけのスペシャルオファーですが、このイーブック内ではアフィリエイトを使った収入の獲得方法を一つのメインにお伝えしていますが、実は、このイーブック自体を、インフォトップ様というASP(アフィリエイトをするために登録するサービス会社様とここではお考え下さい)にて、アフィリエイト商品としてあなたのブログやホームページでアフィリエイトして頂けます。

 実際に読んでみて気に入って頂けたら、是非是非、あなたのブログやホームページにこのイーブックの紹介広告を張ってみて下さい。一件成約するだけで1000円以上の報酬が貰えるアフィリエイトというのをまだ経験したことがないかもしれませんので、是非、これを機会に経験してみてください。あなたのメイン収入源に新しい1ページを加えることも可能となりますので。

 アフィリエイト報酬は、1件あなたのブログやホームページ経由で売れるたびに、1500円となります。

 ちなみに先行販売の時点では、8.8%という成約率が結果として出ています。だいたいあなたのブログやホームページから11人このページに読者様を送って頂ければ、一本は売れる。1500円の収入を手にして頂けるという計算です。成約率は上で説明した所の、あなたと、あなたのブログやサイトの読者様との信頼関係の度合いによって変動しますので(信頼関係が厚ければ当然よく売れます)、いちがいにこの数字はあなたのケースに当てはまらないかもしれませんが、このイーブックがかなり高めの成約率を誇っているのは事実です。是非是非、一定の人数の読者様をあなたのブログやサイトからこのページに送るだけでちょくちょく1500円の収入が入ってくるという、WEBを使っての収入活動の第一歩をこのイーブックのアフィリエイト販売で踏み出してみて下さい。

 ◇◇◇

▼おわりに▼

 ここまで長々とこのページを読んで頂いてありがとうございます。

 最後にお伝えしたいのは、極めてシンプルに、あなたの特技(創作関係)を生かして収入を得る方法を知っておくのはあなたにとって有益だということです。

 単純に、選択肢の幅が広がりますから。

 僕個人の経験では、母親が24時間介護が必要な状況になってしまったというのが一番おおきなきかっけだったのですが、そのような状況になると、やはり普通に日中会社務めをするということはできなくなります。

 もちろん、施設に預けてしまうという選択もある訳ですが、いざ、その選択を迫られたときに、必死で家族と一緒にいたいと訴える自分の大事な人を割り切って預けられるかというと、僕はなかなか難しかったです。

 そういった所からはじまって僕が構築したのが、今回PDF形式のイーブックにまとめてある、在宅で活動しながら収入も得られる方法、しかも活動は基本的に自分の好きなこと(創作活動)をしながらできる方法……というモノな訳ですが、どうでしょう?この方法論はあなたの可能性を一つ広げるお役には立てないでしょうか?

 あなたの大事な人が病気や事故で明日24時間介護が必要になっても、あなたは今の生活を問題なくやり通せる。

 そういう場合はここまで読んで頂いてなんですが、さしせまってこのイーブックはあなたの糧にはならないかもしれません。

 それでも、自らの経験から、自宅でできる活動で収入も得られるという方法を知ることで、あなたの可能性が広がることがあるかもしれないと思いまして、ここまで長い文章を書かせて頂きました。

 とりあえず、今回は前述したようなお得な値段で、331ページのこってりとした内容をあなたは手にすることができます。

 少しでも何かを感じる部分があった場合は、是非、こちらをクリックしてご注文下さい。

 それでは、長い文章に付き合って頂いて本当にありがとうございました。また、縁がありましたらイーブック内やブログ、メールマガジンなどでお会いしましょう。

 ではでは。




<特定商取引法に関する記述>/Copyright c 2008 相羽裕司 All right reserved.