学園の概要
武蔵野の雑木林
 むさしの幼稚園のあるこの地は、かつて武蔵野の雑木林と言い、限りなく緑の林と農地が広がる田園情緒豊かな地域でした。

 やがて、人口急増期の到来とともに都市化への流れを必要とされた各市は、この緑豊かな林を次々に住宅地化し、特にこの東村山市は交通の利便性も良いことから東京のベッドタウンとして発展して来ました。

緑の学び舎
 創設者、故野澤眞一(現園長の祖父)は、「この素晴らしい自然環境、武蔵野の面影を後世に残そう。未来に向かって育ち行く子ども達へ緑の聖域を作ろう。」それを胸に開園しました。これが、むさしの幼稚園創設の精神であり、名前の由来でもあるのです。

 この崇高な創設の精神を引き継いだ前園長は、本来の幼児のための教育環境はいかにあるべきかを模索し続け、むさしのの森を完成させました。

 社会風潮の変化により教育も様々に変化し続けています。子どもにとって本当に何が必要であるか何が欠かせないのか見つめなおされている時代でもありますが、この開園当初からの精神は何一つ揺らいだ事はありません。

 子どもの心の豊かさを芽生えさせてくれる環境、近代設備と自然環境の調和をコンセプトとし、教育環境の整備拡充に邁進しています。

自由でのびのびと
 「人も動物も植物も与えられた環境により、それなりに育つ」と言われます。恵まれた環境で優しくたくましく育った子ども達、それは何千となくむさしのの森から大きな社会へと羽ばたいていきました。

 幼児期は人間形成の基礎作りの時期でもあります。「今」ももちろん大切です。しかし、それらはずべて、子どもたちにとっての、「将来の為」でなければなりません。

 情操教育を重点とし、恵まれた自然環境の中で毎日その計り知れない効果に包まれながら、心と体の調和と豊かな感性を養い、たくさんの経験を積み重ねつつ、これから生きていくための土台をつくり、終局的には日本の次代を担う子どもの育成を目指します。






法 人    学校法人野澤学園
住 所 東京都東村山市廻田町2−14−1
東村山むさしの認定こども園内
設 立 平成9年4月
総面積 9,297u

幼稚園 東村山むさしの幼稚園
設 立 昭和49年4月
電 話 042-394-4536(代)

保育園 東村山むさしの保育園
設 立 平成25年4月
電 話 042-306-3487



 歴史 

昭和49年 4月 東村山むさしの幼稚園創立開園
設置者野澤眞一
初代園長野口好古就任
年中3クラス(105名)教職員6名にてスタート
7月 プール建築(5×10循環装置付き)

昭和51年 7月 体育館建築
昭和52年 4月 保育室1クラス増築
昭和53年 8月 雑木林及びアスレチック場建設
昭和54年 8月 バス車庫及び会議室建築
10月 フジテレビより感謝状授与
昭和55年 4月 16ミリ映写設備完備
昭和56年 1月 婦人軽体操連盟創立10周年記念式典にて感謝状授与
昭和56年 8月 体育館に暖房設備完備
昭和57年 6月 ボーイスカウト東村山第5団創立5周年記念式典にて
感謝状授与
昭和58年 4月 園歌制定(野澤礼子作詞、小宮傑作曲)
10月 創立10周年記念運動会実施




昭和59年 4月 3年保育開始
11月 東村山市体育協会創立20周年記念式典にて感謝状授与
昭和61年 4月 第2代園長野澤秀夫就任
昭和62年 5月 ニコニコハウス増築(保育室2室)
11月 バスに無線装置設置
昭和63年 4月 郵便ポスト設置(一号丸型を東村山郵便局より譲り受ける)
平成元年 9月 小鳥小屋建築(現理事長独創設計)
平成2年 11月 婦人軽体操連盟創立20周年記念式典にて感謝状授与
12月 東村山警察署長及び防犯協会会長より感謝状授与
平成3年 6月 21日設置者野澤眞一永眠
10月 東村山防火管理研究会創立20周年記念にて感謝状授与
平成5年 4月 20周年を契機に新制服、カバンを採用する
6月 園舎改装工事及びコンビネーション遊具設置
7月 キャッチコピー及びシンボルマーク作成
11月 創立20周年記念式典実施





平成6年 5月 東村山消防署開署30周年記念式典にて感謝状授与
6月 むさしのっこ音頭制作(6年度教職員作詞、内堀勝作曲)
幼児用の机とイスを木製に変更
平成7年 5月 防災備蓄倉庫設置
(この年1月17日午前5時46分、阪神大震災発生、
死者7,000人を超す)
7月 正門を電動フェンス建設
12月 東村山警察署創立30周年記念式典にて感謝状授与
平成8年 11月 消防署長より防火管理功労により表彰
平成9年 1月 東村山市第8回駅伝大会一般女子の部で優勝
平成9年 4月 学校法人野澤学園設立。理事長・園長野澤秀夫就任
4月 学校法人設立記念に北村西望作母子像を設置
7月 飲み水専用滅菌装置付き浄水器エバーピュアを2機設置
平成10年 3月 東京消防庁開庁50周年記念により感謝状授与
平成10年 4月 バス添乗員制導入
預かり保育開始子育て相談ルーム開設
8月 バス待合所としてログハウス建築
平成11年 6月 東村山警察署長より交通安全協力の感謝状を授与
平成12年 4月 全土曜日を休みとし、週休2日制を実施
平成13年 6月 プール全面改修
8月 スプリンクラー設置(園庭2ケ所、アスレチック2ケ所)
11月 緑あふれる駐車場、移転整備
平成14年 12月 おひさまハウス建築(保育室、多目的プレイルーム)
平成15年 5月 東村山市陸上競技協会40周年記念にて感謝状授与
7月 東村山警察署長より警察業務協力による感謝状授与
11月 創立30周年記念式典・祝賀会開催




平成16年 8月 水道配管全面改修
9月 冷水器設置
11月 東村山市体育協会40周年記念にて感謝状授与
平成18年 8月 管理室回り改修工事
10月 体育館壁面に園歌ボード設置(現理事長製作)
平成19年 8月 バス3台入替
11月 東村山消防署より防火管理業務協力功労の感謝状授与
平成20年 4月 第3代園長野澤貴春就任
平成21年 11月 東村山警察署長より感謝状授与
平成22年 2月 「認定こども園」認定取得(市内第1号)
4月 東村山むさしの認定こども園開園(幼稚園単独型)
初代学園長・野澤貴春就任
平成25年 3月 学園正門完成、幼稚園正門移動
4月 東村山むさしの保育園開園。幼稚園40周年。
学園厨房新設、第2駐車場新設
幼稚園単独型認定こども園→幼保連携並列型へ型式変更。
9月 幼稚園も自園調理・配膳給食化実現




平成26年 8月 バス2台入替
平成27年 4月 子ども子育て支援法施行
東村山むさしの幼稚園(幼稚園型・第一認定こども園)
東村山むさしの第二認定こども園(保育所型・第二認定こども園)
上記2園認可へ型式変更
平成28年 8月 東側駐輪場整備、雑木林「築山」新設
12月 巨大丸太2号新設
2月 無藤隆先生監修「チームむさしの」発足
教育要領・保育指針研究チーム





平成29年3月、通算卒園児5,509名。
東村山むさしの幼稚園(第1認定こども園) 5,455名
東村山むさしの保育園(第2認定こども園) 54名