教育目標
教育基本法に基づき、あくまでも人間形成、豊かな心を持つ【日本の次代を担う子どもたちの育成】が本旨であります。このような考えをもとに、健康な体づくりを中心に、心身の健全育成に主眼をおき、のびのびとした遊びの中から社会的ルールや忍耐力、協調性を育て、これから生きていくための土台を築きます。この信念のもとに次のように教育目標を定めました。


        
                 
                          




教育基本法

第一章 教育の目的及び理念

(教育の目的)
第一条
教育は、人格の完成を目指し、平和で民主的な国家及び社会の形成者として
必要な資質を備えた心身ともに健康な国民の育成を期して行われなければならない。

(教育の目標)
第二条
 教育は、その目的を実現するため、学問の自由を尊重しつつ、
次に掲げる目標を達成するよう行われるものとする。

 幅広い知識と教養を身に付け、真理を求める態度を養い、豊かな情操と道徳心を培うとともに、健やかな身体を養うこと。
 個人の価値を尊重して、その能力を伸ばし、創造性を培い、自主及び自律の精神を養うとともに、職業及び生活との関連を重視し、勤労を重んずる態度を養うこと。
 正義と責任、男女の平等、自他の敬愛と協力を重んずるとともに、公共の精神に基づき、主体的に社会の形成に参画し、その発展に寄与する態度を養うこと。
 生命を尊び、自然を大切にし、環境の保全に寄与する態度を養うこと。
 伝統と文化を尊重し、それらをはぐくんできた我が国と郷土を愛するとともに、他国を尊重し、国際社会の平和と発展に寄与する態度を養うこと。