森の幼稚園的教育論
森のもたらす大きな力
 「小学校一年の時点で、やる気、忍耐力、集中力、社交性、協調性、芸術性、体力を評価したところ、いずれも、森で子供を育てる「森の幼稚園」に通っていた子供たちのほうが、一般の幼稚園を出た子よりすぐれていた。風邪をひいても長引きせず、管理もでき、語句が発達し、友達づくりがうまく、学習面も良好」…との報告があります。実際に、森のもたらす大きな要素に着目し、世界各国では自然そのものの森が幼稚園としての生活の場として取り入れられ始めています。


能力を伸ばしてくれる森
 「森はたとえて言うなら、同じ色のブロックが存在しない世界。他の子が見つけた枝の杖が欲しいのだが、まったく同じものはない。だから我慢も必要になる。自分の気持ちに折り合いをつけねばならず、情緒の発達につながる。さらに、使い方が決められた遊具も存在しない。何かに見立てることで創造性も養われる。互いに助け合う中で、差し伸べられた手を、今度は自分が差し伸べる側に自然になれる。」「自然はいいことばかりではない。雨や雪の日もあり、ヘビなどもいて怖い目にもあう。森林や自然には、子供同士で力を合わせないと立ち向かえない。自分や仲間を守るため、コミュニケーションを自然にとる。言葉の発達が通常の園児より早く、情緒面でも安定した子供が育まれる。」…のだそうです。

森のある幼稚園
 では、「学力」。毎日机に向かい、日々勉強に取り組んできた子供と学力テストの比較をしたら、どちらが優れているのでしょうか?ほぼ間違いなく、後者であろう事は想像がつきます。現実には社会という大きな舞台に向けて様々な知識が必要な事は避けられない事実。そして、その社会の変化が学校に変化をもたらし、そして子どもや家庭の環境をも変えてきました。
 ただ、何かが減り、何かが変わり、何かが犠牲になってはいないだろうか?そう感じざるを得ない方も多々いらっしゃると思います。豊かな情緒面の発達。その土台があり、さらに様々な知識が積み重ねられていくことが健全な発達ではないかと思います。
 準備されているほど思想と工夫の枠は閉ざされ、無作為であるほど可能性の枠は広がり、真白であるほど、幼ければ幼いほど、限りなくクリエイティブな能力を持ち得ている子ども達は、その能力を発揮していく可能性を秘めています。規格化された教育にはない、子供たちの秘めた能力を伸ばしてくれる要素、無作為の良さ、そういった自然の中に隠されている素晴らしさに少しでも触れさせたいとの思いで、むさしの幼稚園は開園当初から、自然と共に成長できる環境を守っています。


森のようちえん全国ネットワーク