保育内容
 子ども達は、毎日多くの時間を園内で過ごします。大きな園舎、広い園庭、バラエティーに富んだ遊具。夏には日差しを遮り、冬には落葉し燦々と日の光が降り注ぐ雑木林。綿密なカリキュラムの合間、9,000u超の広大な敷地の中で、子ども達は、あらゆる隙間の時間であっても、のびのびと自己発揮し、豊かな情緒が育ち、感性が磨かれていきます。


 ゆたかに芽ばえる
子どもは幼稚園が大好きです。むさしの幼稚園で毎日繰り広げられる変化に富んだ生活や遊びの中で、さまざまな可能性の芽が豊かに育まれ、子どもの世界は大きくぐんぐん広がっていきます。
力強くのびる 
むさしの幼稚園の子ども達は、戸外で走る、跳ぶ、昇る、力ある限りの活動。お部屋では目を輝かせ、探求心いっぱいに新しいことに取り組みます。園舎をとりまく緑の木々が子ども達をやさしく包み込み、恵まれた環境の中で毎日楽しい幼稚園生活が繰り広げられます。

 心をこめてはぐくむ
むさしの幼稚園は先生が自慢です。子ども達のすばらしい幼稚園生活は、教師の愛情と責任で支えられているのですから。子どもとの心のきずなとご家庭との信頼のきずなを大切にしながら、教師一人ひとりが努力を積み重ね、心を込めて日々の教育にあたっています。





やってみたい!と、とびつきそうな好奇心を誘う、偏りのない豊富な活動を用意して、楽しく充実した毎日を、と、心がけております。

恵まれた自然環境を利用し、土に触れる機会を多くし、さつまいもの苗植えから収穫、さらに小動物の世話も、子ども達の手で行っております。


成長発達への大きな糧となるリトミック等の音楽活動や体育にも重点をおき、遊んで親しむ英語も取り入れ、専門の講師による指導を行っています。
 → 左から、年少体育風景、年長リトミック風景、年中英語風景。

クラスのワクにとらわれることなく、相手から学び、教え、お友達をいたわる心を養い、また、より自発的、意欲的な活動を促すために、たてわり保育や解体保育も行っております。

関連記事 厳しいこそ最高の運動会

年に数回、徒歩やバスにての園外保育を行うことで、自然の中で足腰を鍛え、併せて交通ルール、公衆道徳等の指導も行っております。


伸び伸びや自由に対する我侭。しつけや愛情に対する過干渉など、現代社会において混同されやすい風潮がある中、教職員一同信念を持って、将来自立した誰にでも愛される信頼される人に成長していくための土台作りを心がけ、ご家族との連絡を密に取り合いながら日々指導をしております。

その他にも、た〜くさん!
関連記事ワンフォアオール




ようちえんでの保育の中身

学年別重点項目
3歳児…集団生活の中で基本的生活習慣を身につけ、友達への関心を持ち、一緒に遊ぶ楽しさを知る。
4歳児…基本的生活習慣を身につけ、様々な体験を積みながら人の心を感じ、集団の中で自己発揮をする。
5歳児…友達と協力し合いながら、個々の力を充分伸ばしていくと共に、考える姿勢や話を聞く態度を身につける。


五領域
 心身の健康に関する領域、「健康」。
 人とのかかわりに関する領域、「人間関係」。
 身近な環境とのかかわりに関する領域、「環境」。
 言葉の獲得に関する領域、「言葉」。
 感性と表現に関する領域、「表現」。


 それら各々の、「発達を捉える視点」は… 

「健康」
 明るく伸び伸びと行動し、充実感を味わう。
 自分の体を十分に動かし、進んで運動しようとする。
 健康、安全な生活に必要な習慣や態度を身に付ける。

「人間関係」
 幼稚園生活を楽しみ自分の力で行動することの充実感を味わう。
 身近な人と親しみ、かかわりを深め、愛情や信頼関係を持つ。
 社会生活における望ましい習慣や態度を身につける。

「環境」
 身近な環境に親しみ自然と触れ合う中で様々な事象に興味や関心を持つ。
 身近な環境に自分からかかわり、発見を楽しんだり考えたりし、それを生活に取り入れようとする。
 身近な事象を見たり考えたり扱ったりする中で物の性質や数量、文字などに対する感覚を豊かにする。

「言葉」
 自分の気持ちを言葉で表現する楽しさを味わう。
 人の言葉や話などをよく聞き自分の経験した事や考えた事を話し伝え合う喜びを味わう。
 日常生活に必要な言葉が分かるようになるとともに、絵本や物語などに親しみ、先生や友達と心を通わせる。

「表現」
 いろいろなものの美しさなどに対する豊かな感性を持つ。
 感じたことや考えた事を自分なりに表現して楽しむ。
 生活の中でイメージを豊かにし、様々な表現を楽しむ。
関連記事幼稚園教育とは?活動は発想の宝人々の関係は交響曲