犬、柴犬、座敷犬タケシを、私はいかなる瞬間に家族の一員であると実感したか。
お散歩はなぜボディーガード派(非統制派)なのか。
タケシが重病の会陰ヘルニアを患ったとき、安楽死か手術か、考えたこととは。
犬が可愛いのはもちろんです。しかし、ペットロボットやヴァーチャルペットとは違います。時には悪いこともしたり、病気にもかかります。
犬と共に生活する人間は、折に触れ、何を感じ、何を考えるのか。
他のエピソードも交え、座敷犬タケシのこと、そして共に生活する私riharaが感じたこと、考えたことを記したプライベートなホームページです。

犬、柴犬、座敷犬タケシのHP

 

 

初版    99/08/12
前回更新 07/02/27
最終更新 08/03/09
Linkのみ

このホームページが維持管理されていることを示すために、
少なくとも2009/02/28までに、何らかのアナウンスをします。

 

1987/03/30 - 1999/12/24

タケシですが、1999年12月24日20時21分、永久の眠りにつきました。

12歳8ヶ月でした。

半月程いびきのような呼吸をし、居間の畳の上で、もどすように奇声を発し、座布団を枕にするように倒れ込み、これが最期でした。
座敷犬らしい一生を全うしたと思います。

このホームページは、まだ続けます。
まだ記したいこと、お見せしたい写真などがあるからです。
12年8ヶ月の日々は、もちろん今まで記したことのみにつきるものではないからです。

当サイトは、決して、『客観的に正しい、優れた』柴犬とその家族を目指したものではありません。
ある柴犬とその家族の『個性と物語』が記されているのだ........
ということで、リラックスしてご覧いただければと思います。

 

 

『お墓参り』 2007/03/31

2006年10月、タケシがどこかに逃げていってしまう夢を、2回見ました。
1回目は無事に帰ってきました。
しかし、2回目は帰ってきません。
この夢が気になったこと、散骨場所へは4年ほども行ってなかったこと等から、
10月中旬に、散骨場所(例の「カメカメコイコイカモカモのお墓」)へ、
お墓参りに行きました。

東急田園都市線南町田駅で降り、駅前で花を買い、
鶴間公園の広場の芝生を踏みしめて、
    よくこの場所も散歩したよなぁー
などと思いつつ、境川へ抜ける。
    タケシ! 来たよ!
午後2時前の陽射し。
上流に歩いていくと、赤トンボが、
川の柵に停まるか、停まらないか、みたいな状態で、
私の横を4mくらい、並んで飛んでいる。
川をのぞくと、昔よりは流量が多く、かつ水も澄んでいる。
所によっては、10cm位の小さな魚が2百匹位群れ泳いでいる。
また、赤トンボが並んで飛んでいる。
また、小さな魚が群れいている。

そうこうするうちに、「カメカメコイコイカモカモのお墓」に着いた。
昔より、断然水が澄んでいる。
川底までよく見える。
季節の影響もあるのだろうか?
亀がもぐっていく様子もよく見える。
今日も亀は甲羅を干す。
コイがたくさん、泳いでいる。
川を覗き込む私を見て、エサをくれる人と思っているのだろう、
口をパクパクさせている。
流れてきた落ち葉の破片を飲み込んだ。
    ほら、やっぱり、吐いた。
カモは2羽位しかいないけど、草陰で陽を避けているよう。

    いまボクのお墓はこんな感じサ!

温かい日。
花束を川へ流し、愛する柴犬タケシの冥福を祈りました。

( 2007/03/31記 )

 

『戌年の賞品』 2006/04/08

2006年(平成18年)は戌(いぬ)年。
riharaは年賀ハガキお年玉賞品3等「地域の特産品小包1個」(1万本に2本)を当てました。
「09 オードブルセット」を選んだ理由は、肉類で、数日に渡り適量ずつ食べられるからでした。
炙(あぶ)りビーフ、焼豚、ベーコンスライス、骨付ソーセージ、ピルカウィンナーの詰め合わせ。
1月16日に郵便窓口で申し込み,21日に宅配されました。

晩にその炙りビーフをつまみながら思う......
(犬用ビーフジャーキーの人間版!?)
(牛肉に醤油・砂糖・みりんのタレをつけ炭火でじっくり炙ったもの)
「これをタケシが食べたら喜ぶだろうなぁ…。タケシに食べさせたかったなぁ…。」
(モグモグ…)
「タケシが生きているうちに(お年玉賞品)当たって欲しかったよなぁ…。」
(モグモグ…)
視線の先には、台所のタケシの写真…
(モグモグモグ…)
「待てよ! これ食べてってタケシが当ててくれたのかなぁ…」
(モグモグ…)
「戌年だし、僕のこと想い出しながら食べてって…。僕の好きなものだから食べてって…」
(モグモグモグ…)
「そうかなぁ…、そんなはずないよなぁ…」
(モグモグモグ…)
「いや,きっとそうだよ! 今まで切手シートしか当たったことなかったしッ!」
(モグ…)
「タケシが当ててくれたんだよ!」
(モグモグ…)
「なんて思いやりのある子なんでしょう…。タケシは年を経てもなお僕のことを......」
(モグモグモグ…)

歳月を経ても、互いを思い合う(!?)タケシとriharaでした......

( 2006/04/08記 )

 

文章を読む
縦に長ーいページです。
06/02/28 更新

"座敷犬高イビキ系"『ピアノの勧め』(takeshi.piano.htm)(別文書)

写真を見る

『おさんぽのうた』

Link

e-mail

メール・アドレスは、
@」を「rihara」と「blue.plala.or.jp」ではさんだものです。
例:「@」を「plala_t」と「xxx.plala.or.jp」ではさむと「plala_t@xxx.plala.or.jp」になります。
*メール・アドレスをそのまま示さないのは、メール・アドレスが自動収集され
迷惑メールに悪用されるのを防ぐためです(笑)。ご寛容下さいませ。

 

 

LINK FREE
犬、柴犬、座敷犬タケシのHP
http://www3.plala.or.jp/rihara/
since 99/08/12