荒崎海岸シーサイドハイク

2001年11月






 三浦半島の南西に位置し、相模湾を望む荒崎海岸には、海水の浸食で入り組んだ海岸線に沿って歩いて行く、全長およそ4kmの、変化に富んだハイキングコースがあります。 





 
 荒崎公園駐車場
 荒崎公園駐車場

 京浜急行三崎口駅から、荒崎行きの京急バスに約25分乗り、終点の荒崎バス停で降ります。バス停前の海沿いの道を歩いて行くと、間もなく左に荒崎公園駐車場、右に水産研究所が見えて来ます。そして、正面車止めの先が荒崎公園です。





荒崎公園 
 荒崎公園

 荒崎公園には、草木の生い茂った中を通る小径や芝生の広場、ベンチやテーブル、見晴らし台などが所々にあり、
公園内を散策するだけでも、十分自然を満喫できます。





荒崎公園 
 海岸を見渡せる見晴らし台

 海岸を見渡すことが出来る、眺めのいい場所を、公園内に見つけました。この先、ハイキングコース中に売店などは無いので、ここで小休止。持って来た弁当を広げて、早速、腹ごしらえです。





 海岸の岩
 白黒の層を成す荒崎海岸の岩石

 ところで荒崎海岸周辺の岩石は、どれも白と黒の層が積み重なって出来ています。説明板によると、これは黒くて固い凝灰岩(ぎょうかいがん)と、白くて柔らかい頁岩(けつがん)から出来ていて、数千万年もの長い年月をかけて、大自然の力によって変化して来たものだそうです。それではいよいよシーサイドハイクに出発しましょう。





 どんどんびき
 どんどんびき

 歩き出すとすぐに、狭い入り江が見えて来ました。波がこの入り江に打ち寄せてきた後、どんどんと引いて行く様子から、どんどんびきと呼ばれています。





 磯への道
 磯へと下る道

 荒崎公園がある台地から、磯の方へ下って行きます。入り組んだ海岸が、間近に迫ってきます。





 磯
 絶景!

 磯に降りるとすぐに、素晴らしい景色が広がります。この絶景を逃さず捕らえようと、キャンバスに向かう人達がいます。





十文字洞 
 十文字洞

 波の浸食作用によって作られた洞窟、十文字洞です。その名の通り、内部でふたつの洞窟が交差しています。





 ハイキングコース
 磯のハイキングコース

 ハイキングの初めのうちは、コンクリートで整備されたコースに助けられながら、複雑に入り組んだ海岸を巡ります。





 弁天島
 弁天島

 美しい、絵の様な小島が目の前に迫ってきました。弁天島と言います。





 磯のハイキングコース
 足下に気をつけて

 ハイキングコースは弁天島を過ぎた辺りから、足場がだんだん悪くなって行きます。





 磯のハイキングコース
 変化に富んだ磯を歩く

 やがてハイキングコース上には、初めのうちにあったコンクリートの橋などの様な、人の手が加えられたものは、何一つ無くなります。





 磯のハイキングコース
 頭をぶつけない様に

 大きな岩のトンネルです。ケガをしないよう慎重にくぐり抜けて行きます。





 小さな浜
 浜辺

 小さな浜がありましまた。今日は波静かで、水も澄んでいます。





 小栗湾
 小栗湾

 のどかな風景の小栗湾です。船だまりには、漁船が静かに停泊しています。





和田長浜海岸 
 和田長浜海岸

 広い海岸に出てきました。和田長浜(なはま)海岸です。夏のシーズン中は海水浴場となり賑わいますが、秋も深まった今は、人ひとり無くひっそりとしています。





 円徳寺
 円徳寺 御経窟

 ハイキングコースが海岸線から外れると間もなく、左手に円徳寺が見えて来ます。鳥居の奥の小さな洞窟には墓が幾つか建っていて、御経窟と呼ばれています。

 円徳寺を過ぎると、今日のゴールの矢作入り口バス停迄は歩いて20分程です。そして帰りはここから京急バスに乗り、およそ10分で来た時と同じ三崎口駅へ戻ります。





 今日のコースタイムは、スタートの荒崎バス停からゴールの矢作バス停まで、途中食事をしたり、余裕を持ってゆっくり歩いても約3時間くらい。足場が悪いので、履物はトレッキングシューズや、履き慣れたスニーカーなどがオススメです。









★交通 京浜急行三崎口駅乗り換え
京浜急行バス荒崎行き 荒崎バス停下車



周辺地図
Google マップ







 インデックス
インデックス
 ホーム
ホーム