伊豆ヶ岳

1999年7月



 奥武蔵でハイキングをするには、人気ナンバーワンの山と言われています。西武秩父線正丸駅前(池袋から約1時間半)が、今回のハイキングの起点です。車で来ても正丸駅前に駐車場が有りますので、ここに車を置いてハイキングを楽しむことが出来ます。


 さて今回のコースは、正丸駅前から伊豆ヶ岳山頂へ、そして子の権現(ねのごんげん)を経由して、ゴールの吾野駅を目指すハイキングコースです。朝8時30分に出発し、駅前のガードをくぐり駅改札口の反対側に出ると、緩やかな登りの舗装路が続きます。約20分程登って行くとそこは大蔵平の集落で、馬頭尊と、左に分かれる山道が現れます。山道にはいると伊豆ヶ岳山頂に直接出られる近道の登山道、まっすぐだと正丸峠経由で伊豆ヶ岳へ続く道ですが、今回は近道を通ることにし、「伊豆ヶ岳へ」の指導標に従い、左に折れます。沢沿いの山道をしばらく登って行くと「名栗少年自然の家」への分岐点になりますが、伊豆ヶ岳山頂を目指し左に入ります。更に登って行くと、やがて目の前に急斜面が現れます。ここがハイキング全行程の中で最大の難所でして、地面は赤土で滑りやすく、そのため所々にロープが張ってあり、それを伝って登って行きます。この場所を避けるために、前述の正丸峠経由の、比較的フラットなコースを選ぶ人もいる様ですが、慎重に登ってさえ行けば、問題なくクリアできます。




鎖場  この難所を越えると尾根道に入り、しばらくして鎖場の男坂コースと、巻道の女坂コースに分かれ、一気に頂上です。男坂は50メートル程の岩場になっていて、鎖を伝って登って行く、ちょっとしたスリルの味わえるコースで、以前ここに来た時はこのコースを選んだのですが、今回は、落石の危険が有るとの事で進入禁止になっていました。なので女坂コースにはいり、10時に標高851メートルの山頂着。この山の山頂は360度視界が開けて絶景なのですが、この日はガスが出ていて、あまり見晴らしは良くありませんでした。
進入禁止の看板が立つ男坂



 持ってきたおにぎりを食べ小休止した後、10時30分に山頂出発。子供連れファミリーハイキング等ですと、山頂でゆっくりした後、そのまま来たコースを戻って下山しても良いのですが、今回はそうでは無いので、ちょっとハードな、子の権現経由吾野駅までのハイキングコースを歩くことにしました。 伊豆ヶ岳山頂
伊豆ヶ岳山頂



天目指峠  山頂を後にし、古御岳高畑山と、アップダウンを繰り返しながら二つのピークを越え、尾根道を行くこと1時間30分で天目指峠(あまめざすとうげ)に到着。更に1時間足らずで、足腰の健康に御利益が有るという、一千年以上の歴史を誇る子の権現子の権現の仁王像を後にすると、ゴールまではおおむね下りが続き、2キロほど先に有る、手打ちうどんが名物とガイドブックに紹介されていた浅見茶屋の手前あたりで、山道から舗装路に変わります。そして2時過ぎ、ゴールの吾野駅着。途中、休憩を計40分程入れ、全行程約13キロ、5時間30分のハイキングでした。
天目指峠近くの山道



 全体のイメージとしては、正丸駅を発ち、コース中最高所の伊豆ヶ岳山頂まではひたすら登りが続き、その後は、ゴールまでおおむね尾根道が続き、多少のアップダウンを繰り返し、いくつかのピークを越えながら標高を下げてきますので、初めの内は結構ハードでも、中盤以降は比較的楽になるといった感じでしょうか。尚、正丸駅前にはハイキングコースの案内板が立っていて参考になりますし、全コースを通じて所々に指導標が立っているので、迷うことなくゴールまで歩けます。 子の権現
子の権現



 そう言えば、正丸駅前だったか、吾野駅前だったかの案内板に、このコースは健脚向きと書かれてありましたが、途中、60歳代中頃と見られるご夫婦2組や、同じ様な年代の単独ハイカー2〜3人とすれ違ったり、70代と自称される男性と小休止中一緒になるなど(かなり山道に慣れている方達だと思いますが)、結構年輩の方達も挑戦されている様です。ただ、小学生以下の子連れファミリーハイカーには、かなりきついと思いますので、その場合は、正丸駅から伊豆ヶ岳山頂までの往復をお薦めしますし、このコースであれば、大人も子供も十分楽しめると思います。











★交通 ・鉄道 西武秩父線正丸駅
・車 国道299号線沿い、正丸駅前駐車場に駐車。


周辺地図

                         

インデックス
インデックス
qp
ホーム