金時山

2003年4月






 
金時山
 金時山

 箱根の中心とも言うべき芦ノ湖や駒ヶ岳、神山をぐるりと取り巻いて連なった山々が箱根外輪山で、その最高峰が標高1213mの金時山。今日はこの山に登ろうと思います。





仙石バス停
 仙石バス停 バスを左手に見送って・・・

 朝9時半、小田原の駅前から箱根登山バスの桃源台行きに乗り込み約45分、仙石原にある仙石バス停で下車。そして、左の道へ走り去って行くバスを見送って、そのまま真っ直ぐ国道138号線を乙女峠の方向に歩いて行きましょう。





道祖神
 道祖神

 右に道祖神を見ながら5分程歩いて行くと、箱根登山バスの金時登山口バス停があって、そのすぐ先右側が登山口。ハイキングコースの全行程が記された案内板が立っています。





山頂を目指してスタート
 山頂を目指してスタート

 因みに金時登山口バス停に停車するバス便は本数が少ないので、手前の仙石バス停で下車してこの様に登山口まで歩くのが現実的です。


 国道から外れて登山口に入り、いよいよ金時山ハイクのスタート。暫くは別荘地の舗装された坂道を上って行きましょう。





ハイキングコース入り口
 ハイキングコース入り口

 10分程で右側にハイキングコースの入り口が。コース図を確認し、指導標に従って山道へ入って行きます。





ハコネダケ
 ハコネダケの山道を進む

 通常の竹より細めでここ箱根周辺に多く自生する、ハコネダケが生い茂る山道を暫く歩いて行きましょう。





矢倉沢峠
 矢倉沢峠

 樹林帯の斜面を登りつめると矢倉沢峠。突然背の高い樹木はなくなり、辺りは広々と明るくなります。





明神ヶ岳への尾根道
 明神ヶ岳への尾根道

 ここから先は尾根歩き。更に高度を上げて行くと、東側には同じ箱根外輪山の明神ヶ岳へと続く尾根道の展望が開けます。





金時神社からの合流点
 金時神社登山口からの合流点

 金時山への登山道は複数ありますが、金時神社からの登路もポピュラーなコースで、ここはその合流点。山頂まであと一息です。





ガレ場
 ガレ場

 ちょっとしたガレ場に出くわしました。ここは鎖を伝って慎重に進んで行きましょう。





看板
 注意!

 金時山はとても親しみ易い山で、老若男女、ファミリーと、誰でもが気張らずに山登りを楽しめる山。しかし大自然を侮ってはいけません。どんな山を歩く時でも常識やマナーを守らないと、大変な事になりかねません。





山頂直前の急登
 山頂直前の急登

 山頂を目前にしての急登です。木の根や幹をしっかり掴んでいれば、案外楽に登ってゆけます。





山頂
 金時山山頂

 富士が美しく映える山頂に到着。金時山は、童謡でお馴染みの金太郎が子分の動物たちを従えてホームグラウンドにしていた山、としても有名です。





山頂からの風景
 山頂より芦ノ湖方面を望む

 金時山山頂からの景色はまさに絶景。しかし景色の素晴らしい南側斜面は、全て断崖になっていて柵やガードもありません。くれぐれも足下に気を付けて。





金時茶屋
 山頂の茶屋

 山頂には、金時娘として昔から親しまれている女主人が切り盛りする金時茶屋など2軒の茶屋があって、ラーメン、うどん、おしるこ等々軽食も食べられるので、食料持参でなくても大丈夫。





乙女峠
 乙女峠

 山頂を後にして金時山を下ります。下山ルートは、登ってきたルートとは反対側の乙女峠へと、神奈川・静岡県境の尾根伝いに下ります。2度のアップダウンと共に長尾山山頂(1144m)を経由し、約40分で乙女峠へ。この峠は「父親の病気を治そうと峠を越えた少女が、雪に埋もれて死んでしまった」という伝説から付いた名前だとか。





国道138号線
 植林地を抜けて国道へ

 乙女峠からは、一気に山道を下って行きます。やがて植林地が終わる頃には、目の前に国道138号線が現れます。ここは金時山の乙女口登山道入り口にもなっています。ハイキングコースを抜けて国道を左に折れ、スタート地点の仙石バス停へと戻りましょう。





乙女口バス停
 乙女口バス停と国道138号線

 乙女口バス停を過ぎ国道沿いに暫く歩いて行くと、左手に金時神社が見えて来るので立ち寄ってみましょう。ここも、金時山への登山ルートのひとつ(金時神社登山口)になっています。





金時神社と金時山
 金時神社と金時山

 金太郎伝説の「金太郎」は、坂田公時(金時)の幼名。都へ行き平安時代中期の武将源頼光に仕え、頼光の四天皇として活躍したと言われますが、実在の人物だったかどうかは不明。金時神社にはその坂田公時が祭られています。バックの金時山が美しい。





仙石バス停
 仙石バス停

 金時神社を後にして更に国道を15分程歩き、今朝の仙石バス停に到着。ここで箱根登山バスに乗車して一路小田原駅へ。途中休憩や山頂での食事、金時神社立ち寄りなどにたっぷり2時間程かけて、全行程計5時間半のハイキングでした。









★交通  ・鉄道 JRまたは小田急線小田原駅下車
 ・バス 小田原駅または箱根湯本駅前より
箱根登山バス乗車、仙石バス停で下車。
   



周辺地図
Google マップ







 インデックス
インデックス
 ホーム
ホーム