顔振峠

2005年2月




東吾野駅  このコースは西武池袋線東吾野駅を振り出しに、山里の静かな集落ユガテや、標高500mの顔振峠(こうぶりとうげ)を経て、黒山三滝までの山道をのんびり歩くハイキングコースです。

 東吾野駅の改札を抜けたら、線路を左手に見ながら進みます。以降ユガテへの指導標を頼りに歩いて行きましょう。
東吾野駅


 150m程歩いて右へ。高麗川に架かる橋を渡ると、正面は国道299号線です。国道を渡り、左方向へ歩いて行きます。 国道を左へ
国道を左へ


酒屋の手前を右へ  100m程国道を進むと酒屋があります。指導標に従い、酒屋の手前を右へ。
酒屋の手前を右へ


 しばらくは川沿いの舗装路を歩きます。この車道を真っ直ぐ歩いていっても、顔振峠に至りますが、今日はユガテ経由の山道歩き。左手にお地蔵さんが見えてきたら、右に分かれる杉林の小径へと入って行きましょう。 目印のお地蔵さん
目印のお地蔵さん


いよいよ山道  5分ほど進んだ先に、ユガテへの指導標があります。これに従い右手、山道の急登へ。
いよいよ山道


 山道を登ること約15分、突然目の前が開けます。柚の実がなる、山に囲まれた静かな集落ユガテです。暫し一休み。 ユガテ
ユガテ


エビガ坂へ  この先、エビガ坂を越えて顔振峠へと向かいます。エビガ坂への指導標を確認して、再び山中へと入って行きましょう。
エビガ坂へ


 車道を突っ切って、再び山中へ。ここから顔振峠までは、度々車道と出会う事になります。 車道を突っ切って進む
車道を突っ切って進む


エビガ坂  やがてエビガ坂。急斜面を登って行きましょう。
エビガ坂


 アップダウンを繰り返しながら歩いて行くと、ユガテを過ぎてから1時間半ほどで、諏訪神社の鳥居が見えて来ます。境内を通り抜け、そのまま進んで行きましょう。 諏訪神社
諏訪神社


顔振峠の茶屋  山道から舗装された車道歩きになり、いよいよ顔振峠到着です。ここまで、東吾野駅をスタートしてからおよそ3時間。峠の茶屋も何軒かあるので、ここで食事休憩が出来ます。
顔振峠の茶屋


 腹ごしらえが終わったら、茶屋の脇道から、峠の見晴台へと向かいましょう。 茶屋の脇道に入る
茶屋の脇道に入る


あとひと登り  茶屋の裏山をひと登りすると見晴台です。奥武蔵の山々を眺めながら一休み。
あとひと登り


 案内板の説明によると、顔振峠のいわれには二つあるそうです。その昔、源義経が奥州へ逃れる時にここを通り、あまりの絶景に顔を振りながら登ったというものと、もう一つは、急な登りのためにお供の弁慶が疲れて、顔を振りながら登ったと言うもの。 見晴台
見晴台からの眺め


渋沢平九朗自決の碑  見晴台を後にして、黒山バス停を目指します。先ほどの茶屋の裏手を通過して、そのまま山道を下って行きましょう。やがて車道になり、途中、戊辰戦争で官軍と戦い自決した、平沢平九朗の碑を左に見ながら進みます。
渋沢平九朗自決の碑


 顔振峠見晴台から下山すること1時間足らずで、黒山三滝への分岐路です。突き当たりを右へまがるとすぐ先がゴールの黒山バス停、左は黒山三滝入り口です。 黒山三滝への分岐
黒山三滝への分岐


黒山三滝入口  黒山バス停へ行く前に左の道へ入り、黒山三滝に寄って行きましょう。
黒山三滝入口


 黒山三滝とはその名の通り、越辺川(おっぺがわ)が流れる渓谷にある、三つの滝のことです。三滝入り口のアーチを抜けて15分、最初に出会うのは天狗滝。落差20mと三滝中最大で、渓谷の岩肌の正面に現れた姿は、とても神秘的です。 天狗滝
天狗滝


男滝 女滝  残る二つの滝は二段から成る、落差10mの男滝と、5mの女滝。その美しい滝の姿は、今日のハイキングの、まさにクライマックスと言えます。
男滝 女滝


 黒山バス停へは、来た道を戻ります。途中にあるのが黒山鉱泉館。時間に余裕があったら、是非ひと風呂浴びて行きましょう。入浴料、1時間1000円。 黒山鉱泉館
黒山鉱泉館


黒山バス停  ゴールの黒山バス停です。ここから川越観光バスに乗り30分で、東武線またはJRの越生(おごせ)駅へ出ます。最後はゆっくり風呂につかって、7時間ほどの行程でした。
黒山バス停








★交通 ・鉄道 西武池袋線東吾野駅下車


周辺地図
周辺地図




インデックス
インデックス
トップ
ホーム