御岳山ロックガーデン

2006年11月




JR御嶽駅  JRを中央線、青梅線と乗り継いで、東京の都心から1時間半余り。ここ御嶽(みたけ)駅が、標高929mの御岳山(みたけさん)へのアクセスポイントとなります。朝10時、駅前をスタート。
JR御嶽駅


 改札を出て駅前の通りを左へ。すぐに多摩バスの御岳駅停留所があります。ここから、終点のケーブル下停留所までバス乗車。終点と言っても所要時間約8分ほどです。 御岳駅バス停
御岳駅バス停


ケーブル下バス停  ケーブル下停留所まえの坂道を、上り方向に約200m程歩き御岳山ケーブルカーの瀧本駅へ。ここでケーブルカーに乗車します。
ケーブル下バス停


 ケーブルカーは標高831mの終点御岳山駅まで、高低差423mを約6分で運行しています。御岳山駅には御岳山の周辺絵地図が置いてあるので、もらっておくと便利。 御岳山ケーブルカー
御岳山ケーブルカー


リフトで展望台へ  御岳山駅でリフトに乗り換え、展望台へと向かいましょう。ケーブルカー瀧本駅から御岳山駅を経て、展望台まで乗車料金片道690円。
リフトで展望台へ


 毎年元日の明け方には、ご来光を拝みにたくさんの人たちがやって来るというこの展望台。見晴らしの良い日は、新宿の超高層ビル郡まで見渡せます。 展望台より
展望台より


御嶽神社へ  ここから山頂まではおよそ30分。展望台を後にして指導標に従い、武蔵御嶽神社のある御岳山山頂を目指し、先へと進んで行きましょう。
御嶽神社へ


 途中には御岳ビジターセンターがあります。御岳山の自然の解説や、昭和初期に撮影された周辺の古い写真などが展示されています。入館無料。 ビジターセンター
ビジターセンター


所どころに売店が  山と名の付く御岳山ですが、山頂までは舗装された坂道の上りです。所どころで売店も営業しているので、疲れたら一休み。
所どころに売店が


 正面に大鳥居が現れました。鳥居の向こうにあるのは随神門、ここが武蔵御嶽神社の入り口です。 随神門
随神門


きつい石段の上り  しかしここからが頑張りどころ。250段もの急できつい石段が待っています。
きつい石段の上り


 石段を登り切った正面に拝殿が見えました。御岳山山頂に到着です。 拝殿
拝殿


長尾平へ  山頂で小休止したら、御嶽神社を後にしましょう。登ってきた石段を少し下りたところで右手に入って行く分かれ道があるので、長尾平への指道標に従って右方向へ下ります。
長尾平へ


 5分ほど下ってきたところで、広場が見えてきました。ここは長尾平園地、展望台もあります。 長尾平
長尾平園地


ランチタイム!  長尾平には売店があるのでちょっとした食べ物も調達出来ますが、今日は持参したストーブで湯を沸かし、カップラーメンとおにぎりでランチタイム。
ランチタイム!


 腹ごしらえも済んでいよいよ今日の目的地、ロックガーデン(岩石園)へ向けて出発です。

 岩石園への指道標に従ってしばらく山道を進んで行くと、突然前方に天狗岩と呼ばれる巨大な岩が出現。
天狗岩
天狗岩


梯子段を下る  時間はたっぷりあるので今日はここでちょっと寄り道、七代の滝(ななよのたき)を見て行くことに。指道標に従い天狗岩の脇道を下りて行きます。やがて急な鉄のはしご段になるので、足を滑らせないように注意。
はしご段を下る


 はしご段を下りきったところで、七代の滝が現れました。あたりの静寂と相まって、まるで秘境にやって来た様です。 七代の滝
七代の滝


一旦逆戻り  下りて来た鉄ばしごを再び登り、天狗岩へと戻ります。このあとは岩石園、ないしはロックガーデンへの指導標に従って進んで行きます。
一旦逆戻り


 七代の滝を後にしておよそ30分、沢に渡された木橋がありました。この辺りからがロックガーデンとなります。澄みきった渓流を横目で眺めながら、沢沿いを上流へと歩いて行きましょう。 ロックガーデン
木橋を渡ると沢歩き


ロックガーデン  案内板によるとこのロックガーデンは、昭和10年に当時の東京府が沢沿いの約1kmを遊歩道として整備したものなのだとか。
ロックガーデン


 現在この周辺一帯は、秩父多摩甲斐国立公園の一部に指定されています。 ロックガーデン 休憩所
ロックガーデン 休憩所


ロックガーデン  むき出しになった巨岩・奇岩を眺めながら、遊歩道をゆっくり進んで行きます。
ロックガーデン


 沢沿いを歩き始めて30分余り、正面に10m程の滝が現れて行き止まりとなります。この滝は綾広の滝、ロックガーデンの終点です。 綾広の滝
綾広の滝


お浜の桂  綾広の滝の傍らにあるのはお浜の桂。樹齢約300年、高さ38mの巨木です。
お浜の桂


 綾広の滝を後にして山道を歩くこと約30分、昼休憩をした長尾平へ再び戻ってきました。午後3時、売店ももうクローズ。ここからは、朝歩いてきた道をリフト駅、若しくはケーブルカー駅目指して戻るのみです。 再び長尾平
再び長尾平


神代ケヤキ  少し下って集落に出ると、どっしり構えた天然記念物の神代ケヤキが見えて来ました。樹齢は約1,000年。
神代ケヤキ


 傍らに藁葺き屋根の見える石段を下って行きます。ロックガーデンを歩いている時も感じますが、ここが東京都内でしかも都心から1時間半程の場所であることが、とても信じられません。 藁葺き屋根の道を下る
藁葺き屋根の道を下る


馬場家住宅  そんな藁葺き屋根の家のひとつに、馬場家の住宅があります。案内板によると、馬場家は代々御嶽神社の神職を世襲する家系で、この家屋は1866年に建てられたものだとか。
馬場家住宅


 朝歩いた道をそのまま戻るとリフト駅となりますが、途中上り坂があるので今日は敬遠して、ケーブルカーの御岳山駅まで指導標に従って下って行く事にしました。その後ケーブルカー、路線バスと乗り継ぎ、午後4時半にJR御嶽駅到着。 ケーブルカー御岳山駅
ケーブルカー御岳山駅到着





★交通 ・鉄道 JR青梅線御嶽駅下車


周辺地図
周辺地図




インデックス
インデックス
トップ
ホーム