昇仙峡

(1)

2007年8月




甲府駅前バスターミナル  JR中央本線甲府駅の南口には大きなバスターミナルがあります。先ずはここから昇仙峡行きの山梨交通バスに乗り込みましょう。
甲府駅前バスターミナル


 乗車約1時間。美術館の駐車場内にある、終点の昇仙峡滝上停留所に到着です。昇仙峡へのアクセスにはこの他グリーンライン昇仙峡、天神森、昇仙峡口などの各停留所がありますが、今は真夏。連日うだる様な猛暑のため、ここ昇仙峡滝上バス停からスタートしましょう。何故って?・・・ 滝上バス停
滝上バス停


静観橋  全長約5kmある渓谷の散策路を川上から川下へ歩く。つまりここからのコースは、全行程が下り道のためラクラクなんです!
静観橋


 滝上バス停をあとにしたら、川を右手に見て車道の脇を歩いて行きましょう。そして間もなく見えてくる橋、静観橋を渡ります。 静観橋
静観橋


仙娥滝入口  橋を渡るとすぐ左側には、仙娥滝入口の看板が。

 看板に従い左へ入りましょう。
仙娥滝入口


 みやげ物店が並ぶ路地を進んで行くと、前方に鳥居が見えて来ました。ここから昇仙峡の遊歩道へと入って行きます。 遊歩道へ
遊歩道へ


遊歩道  鳥居を潜ると、仙娥滝へと続く下りの石段になります。
昇仙峡遊歩道


 やがて左手に仙娥滝が現れました。落差は約30m、旧環境庁などの後援による滝選考会で、日本の滝100選に選ばれた日本の名瀑です。 仙娥滝
仙娥滝


遊歩道を進む  昇仙峡には奇岩・奇石がいっぱい。オーバーハングした岸壁の下を進みます。
遊歩道を進む


 このオーバーハングの裂け目にはコインがいっぱい埋められていました。何のまじないでしょうか?

 それにしても1円玉しかない!
コインがいっぱい
コインがいっぱい


荒川  昇仙峡の渓谷を刻む川は荒川です。この川はやがて笛吹川に合流し、富士川となって、駿河湾へと注いで行きます。
荒川


 目前に現れた昇仙橋で、左手に流れる荒川の対岸へ渡ります。これ以降は、常に荒川と渓谷を右手に見ながら進むことになります。 昇仙橋
昇仙橋


遊歩道と覚円峰  右手前方に見える壁面は覚円峰。昇仙峡のシンボルとも言える巨岩です。もう少し先のビューポイントで、ゆっくりと眺める事にしましょう。
遊歩道と覚円峰


 巨岩のトンネル、石門をくぐり抜けます。

 ご覧のように昇仙峡の遊歩道は舗装された歩きやすい道ですが、この少し先辺りからは自動車も通行可能の散策路になるので、歩行には充分注意を。
石門
石門


浮石  この岩は浮石と呼ばれています。岩が川面に浮かんでいる様に見えるからでしょうか。
浮石


 渓谷沿いの奇岩・奇石には名前が付いていて、それを示す写真の様な案内板もたくさん設置されていますが、目標物との距離がかなり離れていたり、詳しい説明書きは何も無かったりで、なかなか上手く見つける事が出来ません。でも、あれこれ探してみるのも楽しみのひとつかも。 案内板
案内板


長田円衛門の碑  遊歩道の傍らにあったこの石碑の肖像は、長田円衛門。碑に刻まれた説明に依ると、人々の生活のため1832年にこの地の開削を計画し、自ら多額の私財を投じた難関な工事の末、1843年ついに整備を完成させた昇仙峡の功労者です。
長田円衛門の碑


 見上げると、昇仙峡のシンボル覚円峰の悠然とした姿がありました。高さ約180mあるこの巨岩の頂で、覚円と呼ばれる僧が座禅を組んだという言い伝えからこの名が付きました。神秘的でさえあるこの容姿は、花崗岩が風化水食をうけた末に出来上がったものだとか。 覚円峰
覚円峰


覚円峰と天狗岩  天狗岩を示す案内板の先にあったのが、覚円峰に向かい合った右側のこの岩壁でした。天狗の横顔に見立てたんでしょうか? 既述の様に、説明書きが無いので不明です。
覚円峰と天狗岩


 散策路から右へ分かれる石段があって、昇仙峡園地と記された案内板が立っています。ちょっと寄ってみましょう。 昇仙峡園地へ
昇仙峡園地へ


昇仙峡園地へ  石段を下りるとちょっとした休憩スペースがあります。そしてここから更に下って、川原の方へ下りてゆくと・・・・・
昇仙峡園地へ


 マイナスイオンと言われるものが本当にあるなら、恐らくこの場所は日本一マイナスイオンの発生している場所です!  それくらい癒される場所発見!!  しかも周囲は絶景。 昇仙峡園地にて
昇仙峡園地にて


夢の松島  傍らの切り立った岸壁の上方には松の木が。この場所は、その名も夢の松島です。
夢の松島


 真夏の日差しを避けて、岩陰でひと休み。時間を忘れてしまいます。

 ところで妙なことに気付きました。日差しを遮ってくれている頭上のこの巨岩、なんと半分以上が宙に浮いている・・・ 俄かに恐怖が!
日陰でひと休み
日陰でひと休み


宙に浮く巨岩!
宙に浮く巨岩!


 空間に挟まっている石や木片は誰かがジョークで挟んだのでしょうが、それにしても不思議です。考え出したら眠れなくなりそうなので、この辺りで散策路へ戻りましょう。





次へつづく

次へつづく

インデックス
インデックス
トップ
ホーム