松濤から代々木公園へ

2004年11月




渋谷駅前  渋谷駅の忠犬ハチが居る、道玄坂方向の出口へ出て、目の前の大きなスクランブル交差点を渡りましょう。
渋谷駅前


 若い女性をターゲットに、トレンド性の高いアパレルショップが集まったファッションビル、SHIBUYA 109を目指して歩きます。109を真ん中にしたY字路を左へ進むと、道玄坂へと続きますが、今日は右の通りへと入って行きます。 109
SHIBUYA 109


文化村通り  文化村通りと呼ばれるこの通りの正面にあるのは、東急百貨店本店。この角を左へ折れましょう。
文化村通り


 東急本店の隣はBunkamura。劇場や、映画館、美術館などが入った、平成元年オープンの複合文化施設です。Bunkamuraを右に見て、松濤郵便局前の小さな交差点を渡り、更に先へと進みます。 Bunkamura
Bunkamura


円山町  この辺りの左側一帯は円山町と言って、その昔三業地と呼ばれた、料理屋、芸者置屋、待合が集まる、当時のいわゆる花街でした。ちなみにあの阿部定事件のふたり、定と吉蔵は、ここ円山町の待合に宿泊したのを振り出しに、待合を転々とした後、事件に至ります。

 途中、ご覧の様なY字路になりますが、指導標に従い、左の松濤美術館方向に進みましょう。
丸山町付近


  指導標は至る所に設置されているので、コースを迷わずに歩いて行けます。 指導標
指導標


山手通り前を右へ  正面に山手通り(環状6号線)の高架橋が見えたら、その手前のマンションの角を右へ。
山手通り前を右へ


 そしてすぐ右側にあるのは、渋谷区立松濤美術館。閑静な住宅街の一角にある、落ち着いた雰囲気の美術館です。 松濤美術館
松濤美術館


松濤  この辺り一帯が松濤。各界の著名人が多く住む、日本のビバリーヒルズ? です。美術館前の緩やかな坂道を下り、鍋島松濤公園への指導標に従い、最初の角を右へ。少し歩くと、渋谷区立鍋島松濤公園の前に出てきます。
松濤


 公園に入って、水車小屋の見える池の畔でひと休み。ここは元々御三家のひとつ紀州徳川家のお屋敷があった場所で、明治に入り、旧佐賀藩主鍋島家の所有になったものです。 鍋島松濤公園
鍋島松濤公園


鍋島松濤公園正門  公園の正門前のY字路を、右に入って行きましょう。
鍋島松濤公園正門


 なだらかな坂を上りきった、公園角の十字路を右へ。 公園の角を右へ
公園の角を右へ


戸栗美術館  松濤中学校前を通り過ぎ、少し歩いた先左側にあるのが、陶磁器専門の美術館、戸栗美術館。佐賀藩鍋島家の武家屋敷跡に建てられています。
戸栗美術館


 その先、左に観世能楽堂を見て、道なりに歩いて行きましょう。 観世能楽堂
観世能楽堂


NHK放送センター  しばらく進むと、井の頭通りとの交差点越しに、NHK放送センターが見えてきます。
NHK放送センター


 交差点をぬけた先の右側にある渋谷税務署の手前には、観音像が建っています。これは2.26事件の慰霊碑として、事件の30年目にあたる昭和40年2月26日に建てられたものです。元々ここは旧陸軍刑務所があった場所で、叛乱を起こした一部民間人を含む将校達が処刑された場所でもあります。 2.26事件慰霊像
2.26事件慰霊像


NHK正面玄関へ  2.26事件の慰霊碑を後にして更に進み、NHK放送センターの正面玄関へ。
NHK正面玄関へ


 NHK放送センター内にあるのがNHKスタジオパーク。テレビ番組づくりを実際に見学出来たり、スタジオ体験やテレビ放送の歩みを知る事が出来きたりと、子供も大人も楽しめる施設です。入館料、大人200円。 NHKスタジオパーク内
NHKスタジオパーク内


代々木公園へ  NHK放送センターを出たら、すぐ隣にある代々木公園へと向かいましょう。
代々木公園へ


 公園のイベント広場では、フリーマーケットをやっていました。 代々木公園イベント広場
代々木公園イベント広場


代々木公園  東京のど真ん中にある広大なこの森林公園は、東京オリンピックの選手村跡地につくられたものです。時間があれば、隣接する明治神宮に立ち寄ってみるのも良いです。

 帰りはJR山手線原宿駅か、東京メトロ千代田線の代々木公園駅、または明治神宮前駅を利用するのが便利。
代々木公園








★交通 JR山手線その他、渋谷駅下車。
★歩行距離 約 4.0 km


周辺地図
周辺地図




インデックス
インデックス
qp
ホーム