昭和43年製 スズライト DXバンです。

空冷 360cc 2スト。
完全に時代錯誤。こんな時代に乗ろうと思うなんて、自分の事ながらちょっと変。

正面から見るとかわいいですね。色的にも「ラパンだよ」と言えば信じる人いるかもしれません。

エンジンはもちろん、ガソリンタンク、バッテリー、そしてなんと、マフラーにオイルタンクまで全てボンネット内にあります。
空冷なのでラジエターはありませんが、マフラーとガソリンタンクが一緒にあるのは、アリなのでしょうか?

この個体ですが、正確にはFE-3になります。
FE型は、1963年から発売、前期型は3モデルあったようです。
  セダンは スズライト フロンテ FEA
  バンは スズライト バン FE
  バンの2ストオイル混合型は  スズライト バン FEB
FE後期型は、多分1965年から。分離型のみ2モデル。
  セダンは スズライト フロンテ FEA2
  バンは スズライト バン FE2
そしてFE最終型、スズライトの名前が付くのも最後。
多分1968年のみで、バンだけだと思われます。
  バンは スズライト バン FE3

前期型と後期型はフロントマスクで簡単に見分けられます。
前期型は、フロントグリルが短くカマボコ型、ヘッドライトがグリルの斜め上。
ザックリ言うとミニに似ています。
後期型は、フロントグリ横長、ヘッドライトがの横になります。
FE2とFE3はシートの色とエンジン細部の違いはありますが
パッと見分からないと思われます。
実際に見比べたこと無いので分かりませんが。

FE   :バン、車台番号 FE-*****
FEB  :バン、オイル混合型、車台番号はFEと連番
FE-2 :バン、車台番号 FE-43180 (54001※) 以降
FE-3 :バン、車台番号 FE-69001 以降
FEA  :セダン、車台番号 FEA-******
FEA-2:セダン、車台番号 FEA-104670 (107001※) 以降
  ※()内は、資料によって番号が違うため

色々やってみよう。

基本中の基本
未項
未項

購入   2011.12.10 89万(乗り出し100万)(マイカーバンク岡崎 委託車両)  走行距離  21000km

 元々左ハンドルが嫌いだったのに買ってしまったワーゲントラック。
何かある度に買い替えを考えながら、次に乗りたいのも無かったので乗り続けていた。
以前STEP VANを買おうとした時に目を奪われたスズライト。
いつも頭のどこかに引っかかっていたが、その時のスズライトも、その後に見かけたスズライトも、状態と値段が釣り合わない気がしていた。
そんな中、安いとは言わないが許容範囲の車が見つかった。

作業の覚書
車の遍歴 車の遍歴2
ホーム