Sexual Sensate Design System

  正状って何?

相対性理論 2 性機能レベルの組合せ

前ページで、種々な機能レベルの組合せについて考えてみましたが、ここでは、レベル50以上同士の組合せから、何が起こるかを考えてみましょう。
特に、人体への影響、婚姻関係への影響について分析してみます。

復習
SSL 100:各個人が、生物として本来持っている筈の機能
      但し、これは、ゴールではなくスタート点であること
SSL 75:自然治癒限界点 確実なリハビリテーションを行わない限り、機能改善不可能な臨界点
SSL≦50:疾病状態を意味する

●機能低下は何故開始するか
 低機能同士の組合せの場合、オーガズムのない性行為によって、小規模の子宮充血が継続し、
 子宮筋壁細胞の脆弱化が進行する。

●機能破壊は何故発生するか
 男性と女性のレベル差が大きい場合、ハードセックスに陥りやすい。
 その結果、過度の子宮充血・残留鬱血が発生し、一気に子宮筋壁細胞の破壊が開始する。

●男女の持つ意味の差
 男性の場合、機能低下が機能破壊に発展することはない。不満が増大するだけ。
 女性の場合は、機能低下は多くの場合、機能破壊に直結する。

●家庭不和・浮気の発生
 
性機能が低ければ、当然性充足は得られない。男女双方が低下している場合は、性行為から
 遠ざかる傾向が考えられる。機能に高低差がある場合、高い方の側に不満が発生し、そこか
 ら、浮気が発生すると考えられる。

●離婚原因としての性充足欠除
 離婚原因として、色々な理屈が発表される。しかし、性充足欠除が原因だと発表するカップ
 ルはまずいない。分かっていても口に出せないのがこの性充足の問題である。
 しかし、性充足の欠除は、いかなる経済的充足、名誉充足によっても補うことができないと
 いうことは、離婚会見の弁明を見る限り、明らかである。
 性機能低下の現状に目を向け、対策を立てることが、離婚を未然に防ぐ最良の方法である。

 

  性機能レベルの相性 1 性機能低下の進行と機能破壊の発生 

    

女性の性機能レベル モ

ヨ 男性の性機能レベル 

ヨ 自然治癒限界点

モ 疾病

                                  

SSL100  95  90  85  80  75  70  65  60  55

95

90

85

80

75

70

65

60

55

機能改善の可能性のある組合せ

機能維持

機能低下の進行する可能性のある組合せ

機能破壊の発生する可能性のある組合せ


 

  性機能レベルの相性 2 浮気発生の可能性

 

女性の性機能レベル 

ヨ 男性の性機能レベル 

 自然治癒限界点

 男性の浮気

  

SSL100  95  90  85  80  75  70  65  60  55

95

90

85

80

75

70

65

60

55


ユ 女性の浮気                 

男性が浮気する可能性の高い組合せ

女性が浮気する可能性の高い組合せ

浮気する可能性の低い組合せ

機能改善・性充足が得られる可能性の高い組合せ

性行為、浮気の少ない組合せ

性行為のない組合せ



●機能改善のための3ステージ
1. 
SSL=75 を割り込まないための日常的対処 機能破壊を未然に防ぐための対応
2. 
SSL=100 獲得のためのリハビリテーション 人間が本来持っている機能の実感
3. 
SSL≧100 獲得のためのトレーニング 性行為を性充足の手段として確立させる

注)性機能は、筋肉の状態、即ち、その強度がベースとなります。従って、生まれつき、または環境によって、男女共に、SSL=100 を超えている人もいるでしょう。
SSL≧100 の男性と機能低下の大きな女性とが組み合わさった場合、ハードセックスに陥る可能性が高いため、過度の子宮残留充血が発生します。これを排除するためには、マスターベーションが必須となります。子宮残留充血が慢性的鬱血となれば、子宮の機能破壊は避けられません。即ち、男女双方に機能改善の認識がない限り、改善より、機能破壊の危険性が大きくなることに留意しなければなりません。セックスの強い男性は、女性にとっては憧れではあっても、性機能の低い女性にとっては、最も危険な存在であることを認識しなければならないことになるのです。
SSL≧100 の女性と機能低下の大きな男性とが組み合わさった場合、女性側は、常に欲求不満を味わうことになります。また、性行為後には、子宮残留充血を防御するために、マスターベーションを行うことが必要です。
SSL≧100 は、単に性経験の豊富さによって得られるものではありません。良い性体験を重ねることと、性機能に関する認識を持つことが必要です。

性行為は、基本的にはパートナーとの協同作業です。従って、、お互いの状況を知ることが第一歩ということになります。
性行為がうまく噛み合っていないと感じたら、先ず、機能のレベルを合わせることから改善を始めてください。

ご質問、ご相談は E-mail : ssdstoi@opal.plala.or.jp へ

<ワンポイント・アドバイス> <Q&A> もご覧ください

この項のトップページ前ページ     次ページ