Sexual Sensate Design System  Q&A

 ●快感を得られない KK 


悩みごとは、口に出すだけで、気持ちが軽くなります。
どんなことでも結構ですから、気軽にご相談ください。 

 ▼クリックしてください

 ■悩み相談 
 
どんなことでもお気軽に

★男性編

 ●早漏の悩み
 
●膣内で射精できない
 
●射精抑止筋群の強化方法
 
●バランスが大切
 
●快感が得られない
 
●早漏の対処法
 
●快感の改善
 
●快感の改善2
 
●射精抑止筋群は……
 
●膣内射精ができるのか不安
 
●射精抑止筋のありかは
 ●射精抑止筋群の発見方法
 ●はじめてのオナニー
 
●膣ではいけない
 ●訓練中です:射精抑止
 ●挿入できません
 ●彎曲修正
 ●オーガズムがない
 
●ザーメンが出ない
 ●指も入らない

 ▲次の項目へ

★女性編

Q&A目次

セックス・トーク

悩み相談・サンプル

るいネット<友好サイト>へ
 頂いた感想文

るいネット<談話室>での
 トーク

オーガズム徹底トーク

 

> ホームページを拝見し、普段切実に悩んでいることを相談させていただきたくメイルさせていただきました。
> 25年以上も患っている症状ですが、性的な快感がほとんど得られなくなってしまいました。
> 小学校高学年の時にふとしたことからマスターベーションを覚えました。方法は船のプラモデルで使用するモータの軸にゴム管をつけた状態で振動回転させ、それをペニスにあてがうというもので、当時は強烈な快感に何がなんだかわからず、刺激も強かったせいかすぐにオルガズムに達していたように思います。(子供ながらに強い恍惚感を感じていたのを今でも覚えています)
> 当時性的な知識も全く無い状況ですのでただ単に快感に溺れて毎日のように自慰行為をしていましたが、その内刺激にもなれてしまい、次第にモータの回転を強くするようになりました。
> そのような状態を続けているうちに刺激を加えても快感を感じなくなり相当強い刺激を加えてほんのちょっと快感を感じた時点で射精してしまうようになりました。
> 中学性位になると手で行うマスターベーションも覚えましたが、もはや快感など感じず、一応射精は可能ですがオーガズムなど程遠く、射精後の虚脱感なども全くありません。

ご相談、拝見しました。
生殖器の成長が完成する前に、過度な刺激を与えたことによる神経系統の破壊が原因であるとすると、根治可能なものかどうかを判断するのは非常に難しい問題です。
女性においても、バイブレーターの普及による、則ち、過度の物理的な刺激による毛細血管と末梢神経の破壊とみられる不感症の発生は、何年も前から問題となっていました。そのような状況に医学界の対応が現在どのようなものであるかは、把握しておりません。
神経の再生に関しては、一度破壊されたものが再生する可能性はないというのが現在の解釈ですが、神経線維が成長する可能性は実証されている筈ですから、決して希望は捨てないようにしてください。
また、SSD は、ご相談のような、器質障害には対応していませんので、納得の行く回答となるかは分かりませんが、少しでも可能性のあることは実施してみるようにしましょう。

現状を、もう少し詳しく教えてください。
 女性に対しての興味は?
 何に最も興奮するか
 刺激開始から射精までの時間
 快感は全くないのか
 マスターベーションの頻度
 勃起の状況 等

もし、射精までの間に、少しでも快感が残っていたら、その快感時間を延長する方法を考えてみましょう。
射精の前駆現象が起きたら、射精抑止筋群を作動させて(
Q&A の<射精抑止筋群の強化方法>をご覧ください)、射精を遅らせる、則ち、その間に僅かでも快感があるなら、それを延長させる、反復させるという訓練は、してみる価値があると考えます。
マスターベーションの頻度は、生殖器に休養を与えるため、やや控えめにしてください。その間には、自分がどういうシチュエーションで最も興奮できるかの研究をしてみてください。快感を得られないという焦りから、今度こそはという強迫観念の元でマスターベーションを行うのは、あまりいいこととは思えません。十分な興奮を得られる素材(視覚的素材:AV ビデオ、ポルノ写真等)を研究してみてください。
快感部位の発見。快感を発生させる神経は特別なものではなく、触覚神経と同一のものです。従って、ペニス全体が全く麻痺している状態、則ち、全く触覚も感じない状態でない限り、快感を発生させる可能性はあると考えています。亀頭部分だけでなく、シャフト部分、包皮部分等も含めて、触覚のあるなしを探ってみてください。

> このような状態ですので性的な自信をすっかり無くしてしまい、高校以後性的な話題には触れないような生活をするようになってしまいました。
> 当然のことながら女性との性交渉は経験がありません。
> 現在は就職して仕事一筋でがんばっていますが、性的な自信がないことが人間的劣等感となり生活の幅を狭めていることは否めません。
> これからでも本当の性の喜びを取り戻すことが出来たらどんなに良いだろうと思いますが、既に『自分はもうだめだ』と言い聞かせているような状況です。
> 何か良い治療方があればなんでも試してみたいと思っていますのでアドバイスのほどよろしくお願い致します。

自分が快感を得られないというのは、自分の問題ですから、コンプレックスにしないことが重要です。もちろん、快感を得られないということは、非常に残念なことですが、それによって、女性に対する自信まで失ってしまってはもったいないことだと思います。また、コンプレックスを持っていたということは、それを乗り超える方法を見つける場合、非常に大きな原動力となるはずです。自分自身の精神力を高めることの重要性を考え、コンプレックスを活用するようにしてください。
ホームページの中でも何度か述べていますが、性行為においてペニスの果たす役割は、機能低下が進行している状況に於いては、1/10にしか過ぎないのだと気楽に考え、女性にオーガズムを発生させる方法の研究を十分行ってください。それによって、生身の女性に対する恐怖心があるとしたら、乗り超えることが出来るようになるはずです。
抽象的なことばかりで不満足かもしれませんが、とりあえずの回答とさせていただきます。また、何か思い付きましたら、ご連絡します。


ご質問、ご相談は E-mail : ssdstoi@opal.plala.or.jp へ

総目次カウンセリングワンポイント・アドバイス悩み相談・サンプルQ&A目次