Sexual Sensate Design System  Q&A

 ● 膣の圧力では無理 TY 


悩みごとは、口に出すだけで、気持ちが軽くなります。
どんなことでも結構ですから、気軽にご相談ください。 

 ▼クリックしてください

 ■悩み相談 
 
どんなことでもお気軽に

★男性編

 ●インポについて
 
●マスターベーションについて
 
●射精抑止筋群
 
●挙肛筋と射精抑止筋群
 
●事故と機能障害
 
●深刻な悩みです
 
●射精抑止筋群を鍛える年齢について
 
●PC筋と射精抑止筋群
 
●運動とオナニー
 
●すごい早漏です 
 
●射精を伴わないオーガズム
 
●射精を伴わないオーガズム 続き
 
●射精抑止群の強化についての質問
 
●性交痛について
 
●射精時の頭痛
 
●彼女の膣口が非常に狭い
 
●勃起力が弱い
 
●膣の圧力では無理
 
●足を閉じないと射精できない
 
●通常と勃起時の差

 ▲次の項目

★女性編

Q&A目次

セックス・トーク

悩み相談・サンプル

るいネット<友好サイト>へ
 頂いた感想文

るいネット<談話室>での
 トーク

オーガズム徹底トーク


> 少しED気味(バイアグラを使用)な上、女性の膣内で射精ができません。
> 37歳まで独身でSEX経験もほとんどなく一日2度以上オナニーしていましたが手の強い刺激になれてしまって膣の圧力では無理なようです。治療方法はあるのでしょうか?

まず、最も効果的な体位を選定する必要があると思います。男性上位だけでは、体力的にも限界がありますから、女性上位(騎上位)などで、女性側の動きによってどういう反応が起きるかを試してみる必要があるでしょう。

膣圧力は当然手で行うより不確実で弱いものですから、あまり当てにせず、相互マスターベーションなども取り入れて、お互いに快感を得る状況を造っていくことが大切です。

 

> また夏に今年春に軽い鬱病になりその後、手でもなかなか射精できなくなりました、鬱病は現在は回復し薬なしで生活しているのですが、もうすぐ結婚もします。子供もほしいですが、射精できない体では・・・・泌尿器科では相手にしてもらえずバイアグラの処方(ED用に)だけでしたアドバイスよろしくお願いします。

> 現在37歳です。一生まともなSEXができずに終ることになるのでしょうか?

EDにしても、鬱にしても、自律神経の作用が変調を来したときに起きるものだと思いますので、心の動きが身体に影響しないような精神状態を、薬に頼らずに造ることがまず大切です。そのような精神状態を確立するには、心的エネルギーの燃焼方法の改善を実行する必要があります。他の方の質問にも同様のものがありましたが、次のようにお答えしておきました。

潰瘍や十二指腸潰瘍のための薬は、多くが自律神経の調整、特に、交感神経の過剰興奮を抑えるためのものです。従って、勃起に対しては、少なからぬ影響があるものと考えられます。ですから、薬品に頼らずに自律神経をコントロールできるようになることが大切だと思います。自律神経コントロールの方法は、色々研究されているはずですので、是非、ネットサーフして、ノウハウを探してみてください.。SSDでは、マイナスフェーズで燃焼している心的エネルギーをプラスフェーズで燃焼させるための方法を提示しています。今回のお話とは直接関係はありませんが、HPの<9-3>に「失恋からの脱出作戦」というのがあります。自分の心との闘争は、心的エネルギーの燃焼量によって解決できるはずですので、その考え方を把握してみてください。

子供のことは、マスターベーションで射精できるなら、精液を採取して子宮内に注入する方法を採れば、妊娠は不可能ではないと思います。

まともなセックスとは何かも考えてみる必要があるでしょう。インサートだけがセックスではないと思います。大切なのは、性行為において、双方が十分な性充足を味わえるようになることです。その意味で、現在足りないのは、女性側のオーガズム獲得と、確実なオーガズム終了という部分です。それが確立できれば、男性側の問題は、それほど深刻に考える必要がないことが分かってくると思います。ただ、それには相当な時間がかかります。まず、女性側の改善を実施してみてください(HPの<10-3><10-4>参照)。その改善行程の中で、男性側の問題も、自然に改善される部分があるように思います。


> 正常位で正常に射精できないとそれがコンプレックスでまた鬱病になりそうで心配です。相互マスターベーションとは具体的にはどのようなことでしょうか?

> また正常なこういなのでしょうか?

正常位(正上位)は、欧米では、神父の体位として軽蔑されている、一番能のない体位だということになっています。そんな体位ができないからと言ってコンプレックスを持つ必要は全くないのではないかと思います。

コンプレックスを持つということが精神状態を不安定にし、それが身体に影響を及ぼすようになります。先ずは、精神状態の改善が必要なのではないかと思います。前回申し上げた通り、心的エネルギーの燃焼方法の改善を実行する必要があると思います。

相互マスターベーションは、お互いのマスターベーションを見せ合うことで興奮を高め、自分が、どういう状況で最も快感を高めることができるかをパートナーに理解してもらう方法として、最も基本的な行為だと思います。

性行為において、正常な行為とは何かということは、時代により色々と変わってきていると思います。その判断は、その行為がパートナーとの間で違和感があるかどうかという解釈をすることで選択していけばいいのではないかと思います。ただ、大切なことは、その行為が、二人の間での、性充足を増大するものか、阻害するものかという判断です。

繰り返しますが、性行為において最も大切なことは、お互いの性充足環境を確立していくことだと思います。


ご質問、ご相談は E-mail : ssdstoi@opal.plala.or.jp へ

総目次カウンセリングワンポイント・アドバイス悩み相談・サンプルQ&A目次