Sexual Sensate Design System  Q&A

 ● 勃起力低下とストレス A SN 


悩みごとは、口に出すだけで、気持ちが軽くなります。
どんなことでも結構ですから、気軽にご相談ください。 

 ▼クリックしてください

 ■悩み相談 
 
どんなことでもお気軽に

★男性編


 
●勃起力低下とストレス @
 
●勃起力低下とストレス A
 
●勃起力低下とストレス B
 
●教えてください!!
 
●かなり悩んでいます

 

 

★女性編

Q&A目次

セックス・トーク

悩み相談・サンプル

るいネット<友好サイト>へ
 頂いた感想文

るいネット<談話室>での
 トーク

オーガズム徹底トーク


>懇切丁寧なお返事ありがとうございました。

>実は昨日部活の飲み会がありました。そこで、はっきりと今の時代の雰囲気を感じ取ることができました。皆、私がこの年まで女性を知らないのは、私が不具者だからだと思っていることを、はっきりと皆の言動から悟ることができました。

理想が高すぎるだけさ、と、うそぶけるようになれればいいですね。是非そうなってください。協力します。

>確かに現在勃起力は落ちています。しかし、先日のことがある以前には、確実に勃起力はありました。またtoi様も、勃起力の低下はマイナスストレスのためであり、一時的なものであるとおっしゃってくださいました。

一時的なものであるとは取らない方がいいかもしれません。限界になっていたものが溢れ出しただけであって、今のままでは、また何かがあると、また同じように溢れ出してしまいます。大切なのは、潜在意識の中のマイナス要因を取り払うための方法を実践することです。

>私がこの年まで女性を知らなかった理由は昨日のメールに書いたとおり、性欲がそんなに強くないこと、風俗店というものに抵抗・行く勇気がないこと、独りが気楽だったため女性に対して恋心をあまり抱かなかったこと。さらに、こんな卑才な私に好意を抱いてくれる女性も確かに居ました。が、私はお付き合いするということは、お互いが相手に好意を持ってするものだという考えから、私にそのような行為が無いのに付き合うのは、相手を傷つけることになる。そのため、好意を持っていない女性にはあくまで一般的な振る舞いをしてきました。

やはり、とことん燃えられる相手と一緒になるのがお互いに幸せだと思います。

>しかし、去年の話なのですが、胸が痛くなるくらいの好きな女性ができました。女性を好きになったのは2年ぶりでした(私の恋心のサイクルは、大体このくらいの循環で今まで起こっています。)。

面白いものですね、自分もこの15年間に7人の女性を好きになりました。その内一人は2度ですが。2年サイクルではありませんでしたが。全てプラトニックです。肉体結合を望まなかったわけではありませんが、とことん気持ちを高めたところで、みなフラれたということですが。

>そして、その人の言動や周囲の状況から確実に付き合うことができるだろうと思って告白まがいのことをしたのですが、結果はアウトでした。私はその時本当にハートブレイクという感情を抱きました。そして、その女性とお付き合いを始めた男性とその女性本人に対して、憎悪・嫉妬の感情が渦巻きました。毎日顔を合わせなくてはならない環境だったため、本当に毎日が地獄でした。

>その後1月した後、今度は女性が私のところにやってきました。どうも私と付き合いたくて寄ってきたのですが、一度ものすごい感情が腹の中を渦巻いた以上、付き合っても同じことになると思い、無視を決め込みました。立ち直るのに半年かかりました。その時のとった行動からも、私が童貞なため男を知ったその女性と付き合いたくないのではないかという考えを周りの人は持ったのではないでしょうか。そんなことではなく、信頼が崩された(もしかしたら思い込みだったのかもしれませんが)ことに対して私は腹が立ち、その女性を受け入れることができなかったのです。

失恋をプラス処理できていなかったということだと思います。それが、今回の事態を引き起こす土壌になっていたということでしょう。失恋のプラス転換は、下記に述べます。失恋した相手に、どうすれば感謝の念を抱くことができるようになるかという方法論の問題です。それができるようになれば、大抵のことは、乗り切ることができるようになります。心的エネルギーの燃焼量の問題です。

>それらの結果が昨日の飲み会の結果です。意見を主張しなかった自分も悪かった。確かにデリケートな部分の問題ではありますが、直接聞かずに憶測で私のことを判断する皆に対して、怒りと、もうこいつらとはどうでもいいやという気持ちが湧きました。女性たちもこの年まで女を知らないとなると、よそよそしくなるということを知りました。

主張すべき理論が少し不足していただけのことでしょう。例えば、彼等に、どうすれば女の子にオーガズムを与えることができるかという質問をして、その答えに全て反論することができるとしたら、どうですか?日本女性の95%はオーガズムを知らないと言われています。ということは、95%の男性も、女性にオーガズムを与えることができていないということでしょう。であれば、彼等の主張は全て間違っていることになるわけですから、論破するのは簡単ということになります。実際の女性は知らなくても、理論武装することは必要なら可能なのです。それを可能にするのがSSD理論の構築のベースになっていますから、テーマがあれば、いつでも協力できます。何かその飲み会で出て来た話題があったら、連絡ください。間違った考え方であれば、一つずつ、反論の仕方をお教えします。

>確かにあまりにも物事を深く考えすぎていたのかもしれません。しかし、最早一度できたイメージは簡単に崩すことはできないでしょう。
>現在、胸が痛くなるような女性はおりません。
>あと、身近な環境での色恋沙汰はもうしたくありません。毎日顔を合わせなければならないというのは、精神的な苦痛以外の何者でもありませんでした。同じ轍は踏みたくありません。

深く考えることが悪いことだとは思いません。ただ、それが、自分を破壊するほど深層心理を支配してしまったのでは、意味がありません。何とか形を変えて、自分を救うためにその能力を使うべきではないかと思います。心的エネルギーの燃焼方法は、HPの<9-3>にありますが、燃焼の仕方によって、確実に自分を救うための燃焼を開始させることができます。研究してみてください。分からないところがあったら、直ぐ連絡してください。

>そこで、風俗店に行ってみようと思います。目的は、女性の裸を知ること、女性の肌の感触と性的快感を知ること、また、その時に私のペニスが反応するかどうかを確かめることです(私の家は性に関しての話題を両親から一度も聞いたことがありませんでした。しかし、父に尋ねてみたところ、父も一度そのようなお店に行ったことがあると聞きました。父も行ったことがあるのですね。)。

>toi様は私のこの考えをどう思われますか?

自分も非常に保守的な人間なので、風俗店というところへ行った経験はありませんし、行きたいと思ったこともありません。従って、自分としては、初体験という貴重な体験をそういところで経験することは、反対できるのであれば絶対反対です。上記の、心的エネルギーの燃焼方法を実践して、自分のものにしてから、もう一度考えて欲しいですね。

 


ご質問、ご相談は E-mail : ssdstoi@opal.plala.or.jp へ

総目次カウンセリングワンポイント・アドバイス悩み相談・サンプルQ&A目次