Sexual Sensate Design System  Q&A

 ● 膣内射精ができるのか不安 KY


悩みごとは、口に出すだけで、気持ちが軽くなります。
どんなことでも結構ですから、気軽にご相談ください。 

 ▼クリックしてください

 ■悩み相談 
 
どんなことでもお気軽に

★男性編

 ●早漏の悩み
 
●膣内で射精できない
 
●射精抑止筋群の強化方法
 
●バランスが大切
 
●快感が得られない
 
●早漏の対処法
 
●快感の改善
 
●快感の改善2
 
●射精抑止筋群は……
 
●膣内射精ができるのか不安
 
●射精抑止筋のありかは
 ●射精抑止筋群の発見方法
 ●はじめてのオナニー
 
●膣ではいけない
 ●訓練中です:射精抑止
 ●挿入できません
 ●彎曲修正
 ●オーガズムがない
 
●ザーメンが出ない
 ●指も入らない

 ▲次の項目へ

★女性編

Q&A目次

セックス・トーク

悩み相談・サンプル

るいネット<友好サイト>へ
 頂いた感想文

るいネット<談話室>での
 トーク

オーガズム徹底トーク


> 膣内射精ができるのか不安です
> こんにちは。
> 僕は、19歳の大学生です。
> 僕は仮性包茎で、包茎について調べようとネットで検索していると、ある掲示板に辿り着きました。
> そこは包茎のことだけでなく、泌尿器科全般の相談に乗ってくれる掲示板でした。
> なにげなく見ていた書きこみの一つが、僕を不安にさせています。
> それは、SSDのホームページでも項目のひとつとして、取り上げられていますが、膣内射精困難という症状についてです。

膣内射精困難、膣内で射精できなければ、こんなに便利なことはないと、逆転発想してみるのもいいかも知れません。妊娠の心配をする必要はないし、STDの危険に遭遇することもないわけですから。しかし、現実問題としては、不安は不安でしょう。不安を少しでも解消できるようにする意味で、ラッキーと思うことで、前へ進むようにしたらと思います。

> 僕は小学校高学年ぐらいから、自然にペニスを擦りつけるという方法で、マスターベーションをやっていました。
> 手でやってみたこともありますが、射精するには至りません。
> 実際にセックスをしたときに射精を得られるのだろうかと、不安になっています。

人間は、手を使う動物ですから、本当は、手が一番いい道具の筈なんですが。射精できない理由がちょっと見当付きません。色々な方法をトライしてみてください。包皮がかぶったままとか、包皮を後退させてとか、潤滑オイル(ベビーオイル等)を使ったりとか。

> 僕の見た掲示板では、泌尿器科の医者が相談に乗っていました。

> そこでは、心因性の問題でなければ、セックスに慣れれば大丈夫、手でのマスターベーションを試みる、といったことが書かれていました。それを参考にして、マスターベーションを止めて、手で射精できるように、トレーニングし始めたとこですが(今日現在で5日目)、闇の中をさまようようで、なんともいえない不安が大きくなっています。

きちっと勃起しているなら、問題ないように思うのですが。実際に女性に接触したとき、何もしない内に射精してしまうより、遥かに気は楽という感じがします。その意味でも、ラッキーと思うようにしましょう。

> SSDのホームページでは、性器の問題は微々たるもので、オーガズムを得ることが重要というようなことが書かれていますが(まだ、ちゃんと読めていません)、それは少し、分かるような気がします(理解が違うかもしれませんが)。
> それは、彼女の声がエッチになったとき、僕の感度が上がることが実感できるからです。

昔から、女性のオーガズムは男性の9倍と言われています。従って、性行為の喜びの中で、その大部分は、女性のオーガズムを堪能するということでしかないのです。男性とは、そういう哀しい存在なのです。
女性に十分なオーガズムを与えることができれば、勃起障害でも治癒する場合があるのです。従って、男性器に関する問題は、それほど気にしない方がいい、女性が悦ぶことを自分の悦びとできることが、より大切なことなのです。

> 今、チャットで知り合った女性と遠距離恋愛をしているのですが(まだ、セックスはしていない)、電話やチャットで会話をしていて、エッチな気分になったとき、電話でお互いの声を聞きながら、マスターベーションをすることがあるのですが、そのとき、やはり言い知れぬ快感を感じます。

相手の悦びを自分の悦びとできるのですから、完全に及第ですね。

> とは言いましても、布団に擦り付けてるわけですが・・・。

興奮が大きいときに、手を使うようにしてみてください。

> 彼女も同様に感じてるようです。
> 僕と知り合う前は、マスターベーションをしたことがなかったのだそうです。
> そして、僕の声を聞きながらでないと、いくことはできないようです。

とてもいい関係だと思います。いきなりインサートセックスをするより、インサートにこだわらないセックスを楽しめる関係をすでに築いているということは、女性が完全なオーガズムを獲得するための早道なのです。その意味では、膣内射精困難という問題は、無視してもいい位の些細な問題だと考えるようにしたらと思います。

> 僕は決して、自分だけが満足すればいいという考えはありません。
> ただ、僕がいけなければ、彼女も本当の意味で満足できないでしょうし(彼女には僕のことを全て話しています)、いきたい気持ちも当然あります。

確かに、彼女にとっても、貴方がよくなることを大切にしてくれるでしょうし、貴方がイカなければ、本当の意味の満足を感じないかもしれません。しかし、女性が、物理的に確実なオーガズムを獲得できるようになるためには、それだけの時間と方法論の実施が必要です。その間に、きっと貴方も手によるマスターベーションをマスターできるようになるのではと思います。インサートセックスでは、またマスターベーションとは違った問題にぶつかるかも知れません。そんな時、このように十分な事前の交流ができていれば、慌てることなく、それにも対処できるのではないかと期待できます。

> 前書きが長くなりましたが、僕は日常、自分をどのようにすればいいんでしょうか?

前述の通り、手によるマスターベーションを、いろいろ試す必要はあると思います。但し、十分に興奮を高めた上でやるべきでしょう。
マスターベーションの強迫的なトレーニングはよくないみたいなんでやめようと思います。

> あ、マスターベーションをしなくても、身体的には大丈夫なんですか?
> ある程度は、射精をしておいた方がいいとか、あるんでしょうか??

無理にする必要はないと思います。十分に欲求が高まった時に、実施すればいいと思います。自然体が大切でしょう。身体が必要とすれば、ちゃんと夢精で排出してくれますから。

> それにしても、僕は改善されるんでしょうか・・・。

どう改善したいかですね。彼女と十分なセックストークができるってことは、すごく大切なことです。それが、自然にできているのですから、凄くいい状況だと思いますよ。実際に、セックスできる状態になった時、ゆっくり彼女のマスターベーションを観察することから始めて、それを手伝ってあげて、彼女を完全にイカせる、そこからスタートすることができるのです。普通と順序が違ってもいいのではないでしょうか。普通は、オーガズムとは何だか分からない内にインサートセックスを始めてしまい、さっさとイッてしまって、オーガズムとは程遠いセックスを重ねて、ますますオーガズムから遠ざかっていく、そんなセックスをしているんですよ。それに比べれば、これ以上、何を望むのかって感じ。インサートは、その先でいいのです。

> 実際にセックスしていないのに、悩んでしまってるんですけどね(笑)

イメージを湧かせるのは大切なことです。彼女がマスターベーションを重ねることによって、子宮筋力がだんだん強化される、その過程を貴方は今、楽しむことができるのです。ただし、彼女がイケるのは、自分の限界まで。その先は貴方の仕事です。今のセックストークの中に、彼女がイキそうになったとき、貴方の手を添えるというトークをプラスしてみてください。どう添えたらいいか聞きながら。会った時は、それを実行してください。会う時を楽しみにしましょう。いきなりインサートセックスは必要ないのです。

PS

仮性包茎の方は、どうしますか?まさか、手術なんかしないですよね。
シャフトと亀頭は、包皮の長さを上回るまで拡大することは十分可能な筈です。マスターベーションの時間を活用して、シャフト・グリップによるペニスの拡大を実行してみてください。


> toiさんに相談して、少しホッとできました。
> 今、僕がやっている恋愛はプラトニックそのものだと思いますが、事前の準備段階としてそれがよかったということに安心しました。

セックス・トークがきちんとできるカップルは、きっとうまくいくと信じています。セックス・トークをベースにして、さらに色々な話題が大きく広がっていくことを期待しています。プラトニックの期間を、充実したものにしてください。また、その時間の中で、女性に完全なオーガズムを与えるということの意味と方法論をしっかり学習するようにしてください。

> 実際、彼女とのエッチトークの中で、俺の手をどうしてほしい?というようなことは話しています(笑)そういうのって、やっぱり、興奮しますから。

実際の場に至った時、じっくり時間をかけて、電話でトークしたことを繰り返してみるのがいいと思います。余計な心配ごとはおいといて、電話でイメージしたことを話しながら、いい時間を過ごすことが大切です。

> ただ、やはり、手によるトレーニングも必要ということで、射精できるようになるのだろうかという不安はつきまといます。
> しかし、俺はトレーニングによって改善するんだ、とよりポジティブになれました。

他の方法で射精できるのなら、きっと手でもできるだろうと思います。
時々射精することの必要性は、射出力を衰退させないという意味があります。

> toiさんの、勃起してるなら大丈夫という言葉に励まされたところは大きいです。

膣内射精ができないケースでは、勃起力が足りない場合が多いと思います。また、実際のインサート・セックスでは、必要な部分の刺激が、手で行うより更に不確実な場合が多くなる筈です。そんなとき、無理にインサート・セックスをせずに、自分がいつもやっていることを彼女に見てもらうことで、彼女も満足するという状況を作っていくことが必要だと思うのです。そういう意味で、十分なセックス・トークの意味が出てくるのだと思います。

> いずれ、射精できるだろうと気楽に、気長にやっていこうと思います(亀頭部分が乾いた感じになって、痛かったので、ベビーオイルをつけてやってみます)。

色々なことを実験してみてください。従来の方法も、その中の一つとしておいておけばいいのではないでしょうか。排除する必要は決してないと思います。

> 包茎についてですが、手術しようという気はなくなりました。
> それは、SSDのホームページに来る前に見た掲示板で、いろいろな障害が生じる可能性があるということが分かったからです。
> 皮膚組織を切除することで、それまでの感覚がなくなったという悩みをもつ人が多くいるということを知りました。
> そのようなリスクを採ってまでするような手術ではないと、そのとき思いました。
> SSDのページを参考に、包茎も改善していこうと思います。

安心しました。命に関わることならともかく、余分な外科手術は人体にとって、無害であるはずはありません。是非、包皮の長さを越えるサイズを目標にグリップを実施してみてください。ただ、19歳という年令を考えると、まだ、多少の成長はあり得るので、過度の充血ばかりを強制するのではなく、多少の休養を与えて、自然成長に任せる部分もあってもいいかもしれません。

> toiさんは、性関係の資料をたくさんお持ちになっていると思うんですが、もし、よろしければ、マスターベーションの仕方で分けた人数を百分率で表してるような資料があれば、教えてもらえないでしょうか?
> 僕のように、布団などに擦り付けている人がどれくらいいてるのか知りたいと思ったもので。

残念ですが、そのような資料は、手許にはありません。性関係の資料は<cacco 研究室>に豊富にあります。確か、ホームページにリストがあったと思いますので、確認してみるといいと思います。
ただ、恐らく、ご希望のようなデータはないのではと思いますが。マスターベーションの方法は、人それぞれだと思います。自分の方法に誇りを持って、更に色々な方法を開発していったらいいと思います。

> それにしても、SSDの中にもありましたが、性教育というのを充実させて欲しいと思います。
> 間違ったマスターベーションで、将来、問題が生じる人もいてるのですから。
> 正しいマスターベーションも教育する必要があるのではないでしょうか。

性交教育、マスターベーション教育のない性教育なんて、あってはいけないと思いますが、学校教育の中で、それを教えるのは難しいことです。
それと、問題は、性教育をできるだけの、人材がいないということでしょう。現在の、性に関する概念、観念では、教えることは不可能なのです。教育という以前の問題を、解決しなければならないのです。
貴方の場合、悩んだことで、学習する機会を得、一歩、性環境に関する問題点に接することができたのですから、良かったと思ってください。これからも、真剣に、人間関係の中における性問題の重要性を、意識しながら、機会あるごとに、学習を続けて欲しいと願っています。

> 最後になりましたが、メールありがとうございました。
> それでは、さようなら

今後とも、問題にぶつかった時は、ご遠慮なく声をかけてください。


ご質問、ご相談は E-mail : ssdstoi@opal.plala.or.jp へ

総目次カウンセリングワンポイント・アドバイス悩み相談・サンプルQ&A目次