Sexual Sensate Design System  Q&A

 ● 射精抑止筋群の発見方法 HR


悩みごとは、口に出すだけで、気持ちが軽くなります。
どんなことでも結構ですから、気軽にご相談ください。 

 ▼クリックしてください

 ■悩み相談 
 
どんなことでもお気軽に

★男性編

 ●早漏の悩み
 
●膣内で射精できない
 
●射精抑止筋群の強化方法
 
●バランスが大切
 
●快感が得られない
 
●早漏の対処法
 
●快感の改善
 
●快感の改善2
 
●射精抑止筋群は……
 
●膣内射精ができるのか不安
 
●射精抑止筋のありかは
 ●射精抑止筋群の発見方法
 ●はじめてのオナニー
 
●膣ではいけない
 ●訓練中です:射精抑止
 ●挿入できません
 ●彎曲修正
 ●オーガズムがない
 
●ザーメンが出ない
 ●指も入らない

 ▲次の項目へ

★女性編

Q&A目次

セックス・トーク

悩み相談・サンプル

るいネット<友好サイト>へ
 頂いた感想文

るいネット<談話室>での
 トーク

オーガズム徹底トーク


> ホームページの検索で偶然,貴ホームページを見つけて,非常に興味深く拝見しました。
> 43才の既婚男性です。以前から,早漏で悩んでおり,何とか改善できないものかと思い,いろんな書籍,ホームページを読みあさっていますが,なかなかこれ!といったものには出会えません。そんな中で,貴ホームページにある「眠っている射精抑止筋群を探し出して,鍛える」という考え方?を知り,なるほどと思います。
> 説明にもありますように,射精抑止筋群を探し出すのはなかなか困難です。Q&Aは比較的わかりやすくて参考になります。

先ず発見、なんですね。見えないし、どこにあるか分からないし、動く感覚もないわけですし。発見、強化方法としては、Q&Aでも述べてある通り、挙肛筋の2重に引き挙げを実施し、基礎的な強度を得たところで、作動感覚を把握、更にターゲットを絞って強化していく、というところでしょう。

> それでも,疑問点が残りますので質問させていただきます。
> オナニー時にいろいろと試してみて,ひよっとしてこれかな?というのが発見できました。ペニスに刺激を加えていき,射精しそうになると(ぎりぎりでは射精してしまうので,その少し手前の感じです)ペニスの付け根の奥のやや上側に少し力を入れると,射精感が弱まります。これが,射精抑止筋群だと思うのですが,どうでしょうか?
 

多分、もう一歩のところへ来ているのではと思います。
<力を入れるという感覚>というのが、ちょっと具体的に掴めませんが、射精抑止筋群が独立して作動できるようになると、殆ど、力を入れるという感覚ではないということが分かってきます。おそらく、現状では、他の筋肉も一緒に作動しているのだと思います。
射精がストップするということは、作動は開始しているということですから、安心して強化を継続してください。

> ただ,力を入れるタイミングが射精ぎりぎりだと,少し,精液が漏れてしまいますし,2〜3回くらいはこうして射精を我慢できますが,これ以上になると我慢できなくて射精してしまいます。こんな状況なんですが,これが,射精抑止筋群と思って間違いないんでしょうか? 

思い通りに作動できるようになるには、多少の時間はかかると思います。筋肉は、確実な収縮と弛緩を繰り返すことによって強化されるわけですから。じっくり、焦らず、一歩一歩前進してください。2〜3回が4〜5回になり、何回でも、何時間でも大丈夫となるように、頑張ってみてください。ただその場合、ターゲットが違っていては、空回りすることもあります。現在おやりになっている方法が、挙肛筋を2重に引き挙げるという基本方法と、マッチしているか、もう一度確認してみてください。

> ちなみに,射精を抑止するさいに力を入れる感じは,排尿時に途中で止める感覚に似ています。

感覚としては、似ているかも知れませんが、位置はすこし違うのではないかと思います。しかし、同時に作動しているのは間違いないでしょう。挙肛筋の2重引き挙げを、より奥の方、後ろの方という感覚を、もう少しプラスして実施してみてください。

> ちょうどこれは,「男を強くする法」(増田 豊,ごま書房)にも書いてあった方法(排尿時に出しては止めを繰り返すと,射精コントロールの模擬訓練になる)と同じだと思いますが,いかがでしょうか?

排尿を抑止する筋肉は、生まれてこのかた、ずっと使い続けている筋肉ですから、行方不明になった射精抑止筋とはすこし意味が違います。この方法をとると、作動できる筋肉は強化できますが、射精抑止筋群を発見したり、強化することには直接繋がりません。もちろん、同時に作動するようになるということはあり得ますが、それでは、「これだ!」という実感は、生まれてきません。あくまで、独立分離して作動できるようになることを目標としてください。

> 大変お手数ですが,何かヒントがありましたらお知らせ願えないでしょうか? よろしくお願いいたします。

相手は筋肉ですから、適切な方法をとれば、確実に効果がでることを信じて、実行してください。ストップ巣いるという実感を得られたわけですから、あとは、毎日の実行ですね。



> 地道に強化を図っていくように努力します。挙肛筋の2重に引き挙げを実施すると,下腹部にかなり力が入り,肛門が体の奥に吸い込まれるような感じがしますが,これでいいのでしょうか?

<下腹部にかなり力が入り>。1段階目はしっかり力が入りますが、2段階目は、殆ど力は要りません。力が入って感じるのは、既に動く筋肉が作動しているからではないでしょうか。<肛門が体の奥に吸い込まれるような感じ>はいいと思います。その先は、力が入っているのかどうか分からない感じと理解してください。

> 射精しそうになるとペニスの付け根の奥のやや上側に少し力を入れると,射精感が弱まります。
> 力を入れるというのは,ペニスの付け根よりやや上にある筋肉?を少し緊張させる感じです。これは,勃起していないときにすると,ペニスが少し縮みます。特に作動感覚はありませんが,射精管の弁に蓋をするような意識でやっています。作動感覚がないので,なかなかわかりません。おそらくできるようになると,別にどうってこことがないような気がしますが。いかがでしょうか?

基本的にいいのではという気はしますが、ペニスが少し縮むというのは、まだ別の筋肉が動いているのかもしれません。別にそれが悪い訳ではありませんが、殆どペニスとは関係ないところ、という意識を持った方がいいと思います。それの方が、分離作動という面では、意味があるでしょう。次の段階としては、そういう方向でトライしてください。<射精管の弁に蓋をするような意識>、どういう構造になっているのか分かりませんが、何か、プチッというような、音こそしませんが、そんな感じ、これが?と納得するには時間が掛かるかも知れませんね。現実問題として、既に、射精が止まるという現象が出ているのでしたら、現状の方法で、強度を獲得すればいいのだろうと思います。

性問題は、早漏問題だけでは解決しません。真の充足を獲得するために、是非、より広い目で対応していって頂きたいと思います。早漏問題が解決したら、それと同じように解決していかなければならない事が女性側にもあるということを理解していただき、対処方法を考えなくてはなりません。我々男性の場合は、随意筋の発見と強化という問題でしたが、女性の場合は不随意筋への対処となります。その辺を考える余裕が出てきましたら、是非またご連絡ください。


> 今回もご丁寧なアドバイスをありがとうございました。非常に参考になります。これから,がんばって訓練していきます。自分自身の大きな問題の解決への糸口がつかめたあとには,別の問題がクローズアップされてくることでしょう。

> 早漏問題が解決できると,自分の気持ちにも余裕ができると思いますので,広い目で現状を見つめ,どうするのがよいかについて考えていくことができるような気がします。また,悩みが発生するかもしれませんが,そのときにはお手数ですが,相談に乗ってください。

> 貴ホームページは,NIFTYのトップページにある検索システムで見つけました。キーワードは,「早漏」だったと思います。他にもいろいろとありましたが,うさんくさいものや,なぜそうなるのかにまで言及しているものはありませんでした。これは書籍についても同じです。今回,相談に乗っていただいたことでこのやり方でできそうな気がします。やはり,なんといっても原因がはっきりと示されているため,対処法もわかりやすいです。理屈ではわかっても,実際に射精抑止筋群の作動を把握するのは容易ではありませんが,糸口はつかんだつもりです。


>早漏を直すべく,日々射精抑止筋群の鍛錬に励んでおります。いろいろと試してみて,射精しそうになったときに下腹部を少しへこませ,少し力を入れると射精感が収まることを発見しました。この感じは,挙肛筋を2段引き上げたときの感触に似ているので間違いないと思いますが,数日間,オナニーをしないで精液が満タンになったときに試してみると,こらえきれずに射精してしまいます。少し,精液を出した後では,射精をこらえることができます。どうしてこうなるのでしょうか?

>やはり精液が満タンの時には,射精意欲が高いため,それにうち勝つにはそれなりの筋力がいるが,まだ,それほどの筋力が付いていないということでしょうか?

>それとも,射精抑止筋群が働いていると思っていますが,別の筋力が作動しているだけで,他の要因で射精が止まっているのでしょうか?

焦らずに

生まれてからこれまで使ったことのない筋肉を捜すのですから、そんなに簡単ではないと思います。それと、強化するのにも、時間がかかるでしょう。前にも書いたと思いますが、まだ他の筋肉が作動していると思います。でも、止まるという感覚も附随してきたようですから、それにはこだわらずに、もう少し時間を掛けてみてください。

他の方へのアドバイスをご紹介します。

射精感自体が消失します。最初は無駄な力が入るのは仕方ないことですが、筋肉の強度がある程度つけば、力は殆どいらないということが分かるようになります。
<力を入れる><我慢する>という感覚ではなく、射精管の入り口を閉じるという感覚です。音に例えると<プチッ>という感じでしょうか。
性急な結論を出そうとすることなく、地道な訓練をしてください。引挙げた先を更に引挙げるという感覚を忘れないように。


>いつもご丁寧なメールをありがとうございます。

>貴ホームページや以前のご返事にもあったように,まちがいなく射精抑止筋群が作動しているかどうか? 今の訓練の方向性が果たしてこれで正しいのかどうか? が一番気になります。それで今回の質問となりました。一応方向性はまちがってないようなので(で,いいんですよね!)安心しました。
>焦りは禁物ですね。わかってはいるんですが,少しできるようになるとついつい焦りの気持ちがでてきてしまいます。焦らず,少しずつ収得していくようにします。と,同時に,パートナーも!
>それではまたお願いいたします。どうもありがとうございました。


ご質問、ご相談は E-mail : ssdstoi@opal.plala.or.jp へ

総目次カウンセリングワンポイント・アドバイス悩み相談・サンプルQ&A目次