Sexual Sensate Design System  Q&A

 ● 私も早漏です KM


悩みごとは、口に出すだけで、気持ちが軽くなります。
どんなことでも結構ですから、気軽にご相談ください。 

 ▼クリックしてください

 ■悩み相談 
 
どんなことでもお気軽に

★男性編

 ●フェラのとき射精できない
 ●勃起が持続しない
 
●私も早漏です
 
●膣射精困難
 
●膣射精困難について
 
●セックスレスの悩み
 
●PC筋って?
 
●なかなかいかない
 ●膣内射精困難症?
 
●射精について
 ●挙肛筋の二重引挙げについて
 
●挙肛筋の二重引挙げ 続き
 ●セックスカウンセラーになりたい
 
●不感症かも
 
●挙肛筋を引き挙げる
 
●彼女がイケない……
 
●彼女がイケない…… 続き
 
●挙肛筋について
 
●オーガズムの改善
 
●オナニーはよくない?

 ▲次の項目

★女性編

Q&A目次

セックス・トーク

悩み相談・サンプル

るいネット<友好サイト>へ
 頂いた感想文

るいネット<談話室>での
 トーク

オーガズム徹底トーク

 

>私も早漏です。
>射精抑止筋群を鍛えると良いと、書いていますが本当でしょうか?

早漏は、射精をコントロールする射精管閉鎖筋を中心とした射精抑止筋群の廃用萎縮による機能低下(神経・筋肉の)であると考えられます。廃用萎縮とは、何世代にもわたって、その筋肉を使わなかった結果であって、その存在すら分からなくなっているのが現状です。射精をコントロールできる人であっても、その作動原理を理解している人は少なく、どうやって作動させるかを教えることはなかなかできません。HPに記載している方法は、従来の方法の盲点を分析することによって出した結論ですので、安心して実施してみてください。ただ、筋肉の存在を発見し、それを強化していくには、相当な時間がかかります。性急な結論を出そうとしないようにしてください。HPの<10-1>を確認してください。

>私も妻をいかせる事が出来なくて申し訳ないです。

筋肉強化を実施している間に、オーガズムとは何か、どうすればそれが発生するかを別途確認してください。HP<10-4>

女性の方も、子宮体筋の収縮力が低下しているので、これも強化していく必要があります。子宮体筋は、男性の場合と違って、不随意筋ですから、オーガズムを発生させることによってしか、強化することはできません。オーガズムの発生には、マスターベーションの補助か、マニピュレーションが効果的です。HP<10-4>

しばらくの間は、通常の性行為の終了後、これらを実施してみるといいと思います。ここで一番大切なことは、オーガズムを確実に終了させるということです。それによって初めて、子宮の筋力は改善できるということを、しっかり念頭に入れておいてください。1回の確実なオーガズム終了によって得られる筋肉の強度は、約0.1%です。10%の改善を図るのに、週2回の実施として約1年かかることになります。気長に一歩一歩前進することが必要です。ただ、0.1%でも改善されていれば、必ず前回の結果より素晴らしい結果を得ることができます。それを楽しみながら、実施するといいと思います。

マニピュレーションで終了できない場合は、マスターベーションで終了させてください。子宮充血が過度になった場合は、衰弱している筋肉では収縮できないことがあります。マスターベーションは、自分で行う行為ですから、必ず終了させることができます。

オーガズムを終了させることができないと、残留充血によって子宮の機能低下を加速させることになります。くれぐれも、終了させることに留意してください。

>妻のいく事をかってに想像して、俺が先にいってるのではないかと,思っていました。>想像をやめれば、長くなる事はないですか?

筋肉の衰弱ですから、筋肉を強化する以外には方法はありません。幸い筋肉は適切な収縮と弛緩を繰り返せば、必ず強化することができます。時間はかかりますが、焦らず実行してみてください。

>後、ホームページで手術、薬剤注入法とかありますが、このような方法はどうなんでしょうか?

マニピュレーションを確実に実行できるようになれば、ペニスの存在など、どうでもよくなります。そうなれば、気楽に射精抑止筋群の訓練ができるようになるでしょう。身体に傷を付けるなど、無意味なことだと思います。

一応、基本的なことをいいましたが、具体的に分からないところがありましたら、気軽にご連絡ください。HPの<Q&A>にも、同様なご相談がありますので、参考にしてみてください。

PS オーガズム発生時の脳波の状態を下記に記します。

@オーガズムの発生
 興奮と運動時⇒β波優先

Aオーガズムの継続
 快感の感受⇒運動していればβ波優先、目をつぶっていればα波も発生

Bオーガズムのピーク
 最高の快感を感じていればβ波優先、高度の子宮収縮が発生すれば、θ波が間欠的に発生することも

Cオーガズムの終了
 快感が自己耐性限界を超えると(寸前はβ波優先)、脳波はθ波に転換(現象としては失神と同一の状態)、快感が大きければ、その後θ波からδ波に転換(睡眠)

 

 


ご質問、ご相談は E-mail : ssdstoi@opal.plala.or.jp へ

総目次カウンセリングワンポイント・アドバイス悩み相談・サンプルQ&A目次