Sexual Sensate Design System  Q&A

 ● 膣内射精困難について KI


悩みごとは、口に出すだけで、気持ちが軽くなります。
どんなことでも結構ですから、気軽にご相談ください。 

 ▼クリックしてください

 ■悩み相談 
 
どんなことでもお気軽に

★男性編

 ●フェラのとき射精できない
 ●勃起が持続しない
 
●私も早漏です
 
●膣射精困難
 
●膣射精困難について
 
●セックスレスの悩み
 
●PC筋って?
 
●なかなかいかない
 ●膣内射精困難症?
 
●射精について
 ●挙肛筋の二重引挙げについて
 
●挙肛筋の二重引挙げ 続き
 ●セックスカウンセラーになりたい
 
●不感症かも
 
●挙肛筋を引き挙げる
 
●彼女がイケない……
 
●彼女がイケない…… 続き
 
●挙肛筋について
 
●オーガズムの改善
 
●オナニーはよくない?

 ▲次の項目

★女性編

Q&A目次

セックス・トーク

悩み相談・サンプル

るいネット<友好サイト>へ
 頂いた感想文

るいネット<談話室>での
 トーク

オーガズム徹底トーク


>私は時にはバイアグラを使ったりして勃起できる47歳の男性です。私は女性の膣とはゆるいものだという印象があります。従って挿入できるものの中折れが常です。ですから最期は私が女性器を見てオナニーをして、行きそうになったら中で射精するというパターンです。最近は行くことも時々ありません。
>男性ホルモン、すっぽんエキス、ビタミンE剤など、良いと思われるものは試しているのですが、私は眠剤を飲んでいるのでその中に射精を抑える成分が入っているのかもしれません。
>いずれにせよ若い頃は70%くらいの確率で膣内射精が出来ましたし、精液も勢いの良いものでした。最近は精液もかなり量が減っていますし、衰えを感じています。しかしまだ47歳、決め付けてしまうには早いと思います。精神療法が必要なのでしょうか。それと私は風俗へ時々に行きますが、女性器は甘い香りがします。しかし私の彼女は臭いがきついし、おりもので1日で下着が汚れてしまい、私は最初のとき、生理なのかと疑問に思いました。また彼女自身が神経線維腫という難病にかかっており身体中に腫瘍があります。健康な男性と結婚した場合、50%の確率で遺伝します。私が彼女の病気や、性器の臭いを乗り越えられない以上、別れた方がいいのでしょうか。私は特に美人が好きです。最近は松浦亜弥、深田恭子、矢田亜希子、水野美紀、松嶋菜々子など綺麗な人が昔から好きです。私の彼女は正反対かもしれません。
>お答えを期待しています。

お返事するのに、非常な難しさを感じました。
この問題は、膣内射精困難という問題より、性に何を求めるか、人生に何を求めるかという問題を含んでいるからです。人の生き方に何か言えるような立場ではないので。

また、現在のパートナーを愛しているのかどうか、文面からは判断できません。SSD システムは、愛し合っているもの同士の中での、性的トラブルを解消するための方法論なので、その辺が見えないと、対応が見当違いのものになってしまう可能性があります。その点ご了解ください。

性というものが、貴方の人生にとって大切なことであるなら、現状のままでは解決しないでしょう。仰るように、パートナーの現状を納得して乗り越えるか、新たな人生をやり直すかのどちらかです。

現状を考えると、パートナーが、貴方の考えているものと違うということ、そこから来る不快感、嫌悪感が、性行為そのものをつまらないものにしているということでしょう。しかし、現在、パートナーとの性行為を行っていることを考えれば、改善不可能ではないようにも思います。

選択肢は4つ考えられます。

@性環境を改善する
A性を分離する
B性を卒業する
Cパートナー関係を解消する

@性環境を改善する

<挿入できるものの中折れが常>興奮が継続できないということは、不快感、嫌悪感が行為中に発生することと、適切な刺激が行われていないことと両方考えられます。潜在意識の中に不快感、嫌悪感があれば、性行為を行う度に、それは必ず顕在化してきます。それを排除するには、精神的なトレーニングが必要となります。
<女性の膣とはゆるいものだという印象>適切な刺激を得るには、体位の研究が必要だと思います。女性上位、座位等を試してみてください。
また、インサートセックスだけがセックスではありません。性行為の目的は、お互いに性充足を得ることです。相互マスターベーション、マスターベーション補助、マニピュレーション等、充足を得るための方法を研究してみる必要があると思います。ホームページの<10-4>をご覧ください。総目次から入れます。
<バイアグラを使ったり……>勃起することは、男性であることの自信を持つためには必要なことかも知れませんが、性行為において充足を得るという意味においては、それほど重大なことではありません。薬剤に依存するのは、根本的解決にはならないような気がします。
<女性器は甘い香りがします。>相手は商売なのですから、客に対して好感を持たれるようにするのは当然のことです。もしそれが必要なら、香料の研究をして、パートナーを好みの香りに仕上げればいいのではないでしょうか。不快感、嫌悪感が起きないように、可能な方法を採る必要があるでしょう。

A性を分離する

現在でも風俗で発散させているのでしたら、家庭にセックスを持ち込まないようにすればと思います。

B性を卒業する

性の方向を、もっとメンタルなものに切り替えて、現実の性行為は行わないようにするのも一つの方法だと思います。

Cパートナー関係を解消する

何故、現在のパートナーを選んだか、原点に戻って考える必要があるでしょう。 子供を持ちたいという場合、遺伝性の病気があると、躊躇することもあるでしょう。しかし、それは、初めから分かっていたのか、後で分かったのかで決断の方法は違ってくるでしょう。人間差別にも繋がる問題ですから、慎重を要します。非難に耐えられるだけの覚悟ができるかどうかという問題になります。

簡単に別れることができる相手であれば、納得しないまま今後の人生を送ることは無意味なように思います。なるべく早く、お互いが傷つけ合わない内に別れるのがお互いのためのように思います。

別れられない要因(セックス以外は、彼女を愛している等)があるなら、上記のいずれかを実行するしかないと考えます。

セックスは、二人でいるための土台となる行為です。他のことで、十分な充足を得るには、かなり高度な精神的結びつきが必要となるはずです。


ご質問、ご相談は E-mail : ssdstoi@opal.plala.or.jp へ

総目次カウンセリングワンポイント・アドバイス悩み相談・サンプルQ&A目次