Sexual Sensate Design System  Q&A

 ● イクということ  NN  


悩みごとは、口に出すだけで、気持ちが軽くなります。
どんなことでも結構ですから、気軽にご相談ください。
 

 ▼クリックしてください

 ■悩み相談 
 
どんなことでもお気軽に

女性編

 オナニーでイケなくなった
 バイブによる神経破壊 
 
小さな成果を大切に
 
彼が射精できない……
 
相談にのって……
 
膣内射精ができない
 
カウンセラーになりたい
 気持ちいいということ……
 「ロリコン」について
 「ロリコン」について・続き
 痛くて入れられない
 
主人のこと
 
性癖を改善したい
 
オーガズムが終了してない?
 自慰のしすぎは!?
 女性上位
 
オーガズム以前
 イクということ
 イクということ 続き
 
精液が流れ出る

 次の項目

男性編

Q&A目次

 

セックス・トーク

悩み相談・サンプル

るいネット<友好サイト>へ
 頂いた感想文

るいネット<談話室>での
 トーク

オーガズム徹底トーク


>はじめまして。NNといいます。今回HPを拝見させてもらって一つ質問があるのでメールさせていただきました。

>いまいちイクという感覚が分らないということです。彼がピストンをしているとき、とても気持ちよくなって、アソコのあたりが熱くなるというか、気持ちのいい”波”があります。その波が頂点の時、鳥肌が立ったりしちゃいます。それがすんで、また何度かピストンをされると、波の頂点になる、といった感じです。女性がイクとアソコがしまるといいますが、私の場合、むしろ気持ちよくて力が抜けちゃうというのが現状です。私はこの場合Hでイってるのでしょうか?

>彼のことがとてもスキで、気持ちが先にイクという感じがとても強いです。それで気持ちよくなっている私を見て、彼も気持ちよくなってくれているみたいです。

>とてもダイレクトな質問ですみません。またHPを見て勉強をさせていただきたいと思います。お忙しいとは思いますが、お返事を頂けたら幸いです。

非常に大切な質問です。HPでも触れてありますが、マルチ・オーガズムの状態だと思います。マルチ・オーガズムは、1970年代に、マスターズ&ジョンソン等によって、その存在が明らかにされたのですが、その生理的解明がされないまま、現在まで、オーガズムの理想的形として、追究されている状態を言います。

SSDで最も危惧しているのは、収縮力の弱い子宮筋力で、繰り返し快感を追究する場合、子宮筋力をオーバーする子宮充血が発生することです。快感が何度も発生するということは、子宮周辺の充血が解消していないことを意味します。現状では問題はないと思いますが、その状態を長年続けると、子宮は慢性的な鬱血を繰り返すことになってしまいます。そうなると、子宮筋線維の細胞が徐々に劣化して、いずれ細胞が崩壊することになってしまいます。

必要なのは、オーガズムを確実に<終了させる>ことです。イッているのかどうかよく分からないということは、終了していないということを意味します。殆どの人が、この終了という概念のないまま、性行為を行っていることが問題なのです。概念がないとともに、多くの場合、子宮筋力と子宮充血のバランスが適切でないというおとを意味します。

この状態を脱出するには、性行為の終了時に、女性上位の体位で、マスターベーションと同様の刺激を自らに与えて、確実にオーガズムを終了させることが必要です。もし、それができない場合は、セックス終了後にマスターベーションによって、確実に子宮を収縮させ、子宮に充血が残らないようにします。これは、本来の<オーガズムの終了>ではありませんが、子宮の状態を整え、子宮筋力を少しずつでもアップさせるために必要な方法です。子宮の筋力がアップすれば、パートナーとのセックスにおいても、オーガズムを終了させることができるようになります。

また、より積極的で効果的な筋力の改善方法は、HPの<10-4>に示してある<マニピュレーション>の実施です。パートナーに頼んで、トライしてもらうといいと思います。これによって、イクという現象がどういうものか、把握できるようになると思います。気持ち良くて力が抜けてしまうという状態が、もう一歩改善されると(子宮筋力が十分になると)、完全に意識がなくなるようになります。ただ、充血が過度の状態では、なかなかそれは実現できません。

イクという状態を言葉で説明するのは、とても難しいことですが、自分の耐えられる限界を超えた快感を得た時に、呼吸が10秒ほど停止し、脳波がθ波となって、意識がなくなります。それによって、自律神経が副交感神経に転換して、子宮周辺の充血が消退するのです。そのまま寝てしまうのが一番いい状態です。ただ、パートナーがそういう経験をしたことがない場合は、どうしていいか分からなくなる危険性もあります。途中で止めてしまうと、充血が最高のままで終わることになってしまう訳です。その場合は、前述のようにマスターベーションで充血排除をしなくてはなりません。また、体調の悪い場合は、本当に呼吸困難になって大騒ぎとなる危険性もあります。その場合は、背中を叩いてもらうなりして、呼吸ができるようにしないと、大変です。

1回の確実なオーガズム終了によって得られる子宮筋力の改善は、約0.1%です。従って、10%の改善をするためには、100回の適切なセックス(週2回として約1年)が必要ということになります。気の長いトレーニングとなると思いますが、子宮を破壊させないためには、毎回のセックスを大事にして、少しづつでも改善することが大切だと思います。

具体的に、分からない点がありましたら、いつでも、ご相談ください。

<続く>


ご質問、ご相談は E-mail : ssdstoi@opal.plala.or.jp へ

総目次カウンセリングワンポイント・アドバイス悩み相談・サンプルQ&A目次