Sexual Sensate Design System  Q&A

 ● 別れの原因 (1)  MM  


悩みごとは、口に出すだけで、気持ちが軽くなります。
どんなことでも結構ですから、気軽にご相談ください。
 

 ▼クリックしてください

 ■悩み相談 
 
どんなことでもお気軽に

女性編

 オーガズムについて
 
性感マッサージについて
 
イケなくて困っています
 
相談にのってください
 
相談にのってください 続き
 
マルチ・オーガズムについて
 マルチ・オーガズム 続き
 
結婚するまでは……
 
子宮萎縮について
 
別れの原因 (1)
 
別れの原因 (2)
 
別れの原因 (3)
 彼のマスターベーション
 
オーガズムと不妊
 
未完成婚
 
膣内射精障害
 
膣内射精障害 続き
 
セックスレス
 夫婦生活
 
本当にイッている感覚?

 次の項目

 

男性編

Q&A目次

 

セックス・トーク

悩み相談・サンプル

るいネット<友好サイト>へ
 頂いた感想文

るいネット<談話室>での
 トーク

オーガズム徹底トーク


>始めまして。

>相談というのは、今お付き合いしている?いた人がいるのですが、この前別れたいと言われました。原因をいろいろ聞いてみたのですが、私には、悪い所はないし、自分の身勝手だと言うのです。
>考えた結果、早漏のせいではないかと思って、聞いてみましたが、「違う!!」と言われてしまいました。

>考えました。関係がおかしくなりだした頃、メールがこなくなりだした頃、その他考えるとHの事が理由だったらつじつまがあうのです。その事の他に思いつく事がありません。

>早漏の人と今までお付き合いした事がなかったので、私もあまり気にも止めず、いつかできるだろう位の気持ちだったのですが、こちらのHPをみて、とても、深い悩みなのだという事> が分かりました。

 

早漏の男性にとって、一番苦しいことは、パートナーの陰に男性を感じることだと思います。「比較されている」と思うことだけで、交感神経がマイナスの興奮(恐怖、不安、怒り、焦り等)を起こし、早漏や勃起不全を起こす可能性があります。そのような精神的部分の微妙な反応を察知し、対応するということは、非常に難しいことだと思います。

早漏が原因かと聞くことは、とても必要なことであったとともに、致命傷になる可能性もあったということです。

どのような聞き方をなさったか分かりませんが、男性のそのような精神状態を考えると、「早漏が原因なのか」と聞かれることは、男としての人格を全否定されたようなもので、それを克服するには、かなりの精神力が必要になると思います。

「私がイカないのがいけないの?」という聞き方であったら、改善方法は比較的明快であると思います。

 

>私としては彼のことがすごく好きだし、大切にしたいと思っています。やり直せるのなら、やり直したいと思っています。
>でも、1度質問した時否定されてしまったので、どうやって話をきりだしていいのか分かりません。(本当にその理由ではないかもしれないし・・・)
>Hだけが全てではないし、2人で克服していけたらいいなと思ってるのですが・・・

 

男と女が一緒にいる意味を考えると、セックスが全てではないとしても、根源的に重要な問題であると考えます。そのまま放置して置けば、必ず破綻が訪れます。

非常に苦しいことであるとは思いますが、一度別れることを決意して、パートナーの本心をきちっと引っ張り出す必要があるかも知れません。

早漏の男性は、女性がイクという経験をしたことがありません。また、それが早漏に原因があるとは考えず、相手がイカないのが悪いと考えがちです。従って、他の女はどうなのかということが常に気になることなのです。

それを超越するためには、「他の女がどうなのか試して来て」と言う位の非常手段をとる必要があるかもしれません。

確実な方法としては、「自分もイッてみたい」と要求してみることでしょう。方法としては、HPにも解説してありますが、マスターベーションを補助してもらう、<10-4>のマニピュレーションを実施してもらうということが必要となるでしょう。ただ、そこまで到達するためには、より緊密なコミュニケーションが確立されていることが必要です。

 

>お忙しいところ、無理なお願いとは思いつつ・・・・
>来週会う事になっています。早めにお返事いただければすごく助かります。

>アドバイスを宜しくお願い致します。

 

幸い関係が継続できた場合は、男性側には射精コントロールの訓練(<10-1>)、女性側には、子宮体筋の収縮力改善の訓練(<10-4>)が必要となるでしょう。

男と女が一緒にいるためには、そこに、確実な<性充足>という環境を整備していかなければなりません。

 


ご質問、ご相談は E-mail : ssdstoi@opal.plala.or.jp へ

総目次カウンセリングワンポイント・アドバイス悩み相談・サンプルQ&A目次