Sexual Sensate Design System  Q&A

 ● マスターベーションについて ID 


悩みごとは、口に出すだけで、気持ちが軽くなります。
どんなことでも結構ですから、気軽にご相談ください。 

 ▼クリックしてください

 ■悩み相談 
 
どんなことでもお気軽に

★男性編

 ●インポについて
 
●マスターベーションについて
 
●射精抑止筋群
 
●挙肛筋と射精抑止筋群
 
●事故と機能障害
 
●深刻な悩みです
 
●射精抑止筋群を鍛える年齢について
 
●PC筋と射精抑止筋群
 
●運動とオナニー
 
●すごい早漏です 
 
●射精を伴わないオーガズム
 
●射精を伴わないオーガズム 続き
 
●射精抑止群の強化についての質問
 
●性交痛について
 
●射精時の頭痛
 
●彼女の膣口が非常に狭い
 
●勃起力が弱い
 
●膣の圧力では無理
 
●足を閉じないと射精できない
 
●通常と勃起時の差

 ▲次の項目

★女性編

Q&A目次

セックス・トーク

悩み相談・サンプル

るいネット<友好サイト>へ
 頂いた感想文

るいネット<談話室>での
 トーク

オーガズム徹底トーク


>マスターべーションは体にいいですか?

>毎日しますけど、なんか悪えいきょうがありますか?よろしければおしえてもらえませんか

 

あなたが男の子か女の子か、年齢はいくつかによって異なります。

自然の要求に従っている限り、悪い影響はないはずですが、からだに悪い影響があるかどうかと考えること自体、既に悪影響が出ているとになります。
心配するという心の動きは、内臓の血管を収縮させるので、生殖器の成長に影響を及ぼします。やるなら、楽しくやらなければ。

12才から18才位までは、生殖器の成長期です。この時期に過度のマスターベーションを行うことは、生殖器の成長に影響を及ぼす場合もあります。

ペニスの勃起という現象は、性的興奮によって、ペニス内に血液が大量に流入し、あわせて、ペニスからの流出を制限するという仕組みです。言い換えれば、ペニス内の血液をストップさせているような状態です。あまり何度も、何時間もこの状態を続けることは、ペニスへの血液供給を制限しているようなものですから、発育過程のペニスに影響がない筈はありません。

適切な回数は、時々<夢精>を体験できる程度の回数と考えればいいのではないでしょうか。自然現象が発生できる位の頻度ということです。

終了したらすぐ寝ること。寝ることによって、血液循環が回復します。
翌日に疲労、眠気を残さないこと。何ごとも<適度>が肝心です。

マスターベーションによって得られることは、射精を司る筋肉の強化、熟睡による全身の回復です。ただ、普通にやっていては、射精をストップさせる筋肉の強化はできません。このことは、ホームページの<10-2>で研究して見てください。毎日できる体力があるなら、半分は、射精ストップの訓練をするといいと思います。

女の子の場合は、男性のような顕著な勃起状態はないので、成長に影響を与える心配はありません。ただ、開始時期は、初経(最初のメンス)と合わせる位がいいでしょう。女の子のマスターベーションは、昔から否定的に見られてきました。それによって、生殖器、特に、子宮本体の筋肉が弱くなってきています。それを改善するためには、適度なマスターベーションを行って、筋肉を収縮・弛緩させ、強度を獲得する必要があります。月1回位から始めて週1〜2回位実施できるようにしておいた方がいいと思います。男性とのセックスを開始する前に、筋肉の強度を確実に上げておくことが必要です。


>どうもありがとうございました。
>また、おしえてください。
>ホームページはすごく勉強になります。


>もうひとつおしえてください、

>ぼくはまだ30歳なんですが、勃起しにくくなりました、仕事が忙しくて体がつかれているせいでしょうか?

>それに男性ホルモンの薬や、性欲の精力剤なんかは精子に、いいんでしょうか?

>いまから結婚して子供もつくらないといけないんですが、しんぱいです。


25歳を過ぎれば、体力は少しづつ減退してくるのが普通だと思います。
30で毎日マスターベーションができるということは、幸せなんじゃないでしょうか。
勃起しにくくなったというのは、回復が追い付いてこなくなったのではという気がします。
当然、精神的な疲労の問題もあるでしょう。独身であるなら、毎日の食生活の問題も無視できません。その辺は、十分考えて行く必要のある年齢に来たということだと思います。

ホルモン剤、精力剤の問題は、「これで大丈夫」と自分に思い込ませる意味と、実際に不足しているものは補うべきという意味では必要かもしれません。ただ、薬剤の投与には、二つの考え方があるように思います。

一つは、不足しているものは補った方がいいという考え方です。更年期症状の改善のためのホルモン補充療法は効果を上げているようです。

もう一つは、本来、自分の身体が製造しなければならないホルモンを外から与えてしまった場合、それを製造する器官がさぼってしまうのではないかという点です。それを考えると、男性ホルモンという薬剤を直接投与するより、男性ホルモンの分泌を促す薬剤、脳を刺激する薬剤の投与の方がいいようにも思えます。ただ、それによって、脳がさぼってしまうようでしたら、元も子もありません。その薬剤の性質を十分研究する必要があるでしょう。

精力剤は、ホルモンだけではなく、身体が活性化するために必要な各種ビタミンやミネラル類を配合しているはずですから、アンバランスな食事によって不足しているものを補う意味では、必要かもしれません。

前にも言いましたが、マスターベーションは身体にいいかどうかという問題ではなく、疲労が残ったり、勃起しにくくなっているのでしたら、身体に良くないということではないでしょうか。回数を減らして様子を見るといいと思います。精子の製造が追い付かないままの状況で、結婚をして子供を作ろうと思っても、精子数が不足ということで、不妊となる可能性はあると思います。

 


ご質問、ご相談は E-mail : ssdstoi@opal.plala.or.jp へ

総目次カウンセリングワンポイント・アドバイス悩み相談・サンプルQ&A目次