Sexual Sensate Design System  Q&A

 ● オーガズムと不妊 UK  


悩みごとは、口に出すだけで、気持ちが軽くなります。
どんなことでも結構ですから、気軽にご相談ください。
 

 ▼クリックしてください

 ■悩み相談 
 
どんなことでもお気軽に

女性編

 オーガズムについて
 
性感マッサージについて
 
イケなくて困っています
 
相談にのってください
 
相談にのってください 続き
 
マルチ・オーガズムについて
 マルチ・オーガズム 続き
 
結婚するまでは……
 
子宮萎縮について
 
別れの原因 (1)
 
別れの原因 (2)
 
別れの原因 (3)
 彼のマスターベーション
 
オーガズムと不妊
 
未完成婚
 
膣内射精障害
 
膣内射精障害 続き
 
セックスレス
 夫婦生活
 
本当にイッている感覚?

 次の項目

 

男性編

Q&A目次

 

セックス・トーク

悩み相談・サンプル

るいネット<友好サイト>へ
 頂いた感想文

るいネット<談話室>での
 トーク

オーガズム徹底トーク


>こんにちわ。

>私は以前、なかなか子供が授かりませんでした。結婚5年目でやっと妊娠でき、その子は今、6ヶ月となりました。しかし、私の友達や知り合いの人には不妊で悩んでいる人が結構居るので(しかもほとんどの人が病院へ行っても原因不明。)何か不妊を改善する為に参考になる情報はないものか??と、検索しているうちにこちらへたどり着きました。

>妊娠できない事とオーガズムが終了しないうちにHを終えてしまう事とはやっぱり因果関係があるのでしょうか?

>それと、副交感神経が働くと手や足などの筋肉は緩む、と、学生の頃習ったような気がしますが子宮は副交感神経が働くと縮むのですか?

>第2子はもっとスムーズにできるように、色々知りたいのです。お願いします。


>結婚5年目ですがなかなか子供ができません。友達にも子供ができなくて悩んでいる人がいます。子宮の充血と収縮のバランスが悪いHが原因で妊娠できない、という事もありますか?


オーガズムと不妊の因果関係は私にも分かりません。ただ言えることは、人類(所謂文明人?)の性機能低下が、妊娠を困難にしたり、オーガズムを得られない状態にしてしまったのだろうということです。生物にとって、生殖と快楽とどちらが大切かと考えれば、生殖の方が大切だろうと言えるでしょう。そうであれば、オーガズムの消失の方が先にきて、生殖の方は、まだ大丈夫と考えたいところです。

ただ、オーガズムが回復したとしても、生殖が回復するという確証は、残念ながら今のところないのです。期待したいのは、オーガズムを回復させることで、生殖器全体が正常に機能し始める可能性のあることでしょう。正常な血液循環が回復し、生殖器の器質・機能がが改善されれば、その刺激により、ホルモンの分泌も改善されるでしょうし、排卵や着床にもいい影響を与えるのではということは十分考えられます。ただ、最初に申し上げた通り、確証はありません。しかし、人間の身体が正常に機能することが悪い訳はないと思います。ですから、オーガズムの回復は、必要なことだと言えるでしょう。

不妊の悩みは、とても大きいものだということは、推測できます。しかし、悩みと言う感情は、内臓の血管を収縮させてしまいます。それによって、生殖器は酸欠状態になります。そうなれば、ますます生殖器の正常な機能は望めなくなるのではないでしょうか。悩むなと言っても無理でしょうけれど、その状態では悪循環が開始してしまいます。内臓血管を収縮させない精神状態を保持することが大切なのです。

>副交感神経が働くと手や足などの筋肉は緩む、と、学生の頃習ったような気がしますが子宮は副交感神経が働くと縮むのですか?

交感神経が興奮している状態では、皮膚と内臓の血管が収縮します。これは、動物が、闘争したり、逃走するために、骨格筋に全血液を投入して、全速力で走るための機能です。副交感神経が優位の状態では、内臓の血管が拡張します。

副交感神経が優位のときは、脳波は意識レベルではありませんので、随意筋である骨格筋は作動しません。したがって、手足の筋肉は弛んだ状態となります。

副交感神経が働くと子宮が縮むわけではありません。適切なオーガズムが発生すると、脳波はシータ波になり、自律神経は自動的に副交感神経に転換します。それによって子宮周辺の静脈が拡張し、子宮充血をスムースに排除し、子宮を元の大きさに戻すということです。

全部にお答えできたかどうか分かりません。疑問な点がありましたら、お友達とも話し合って、どんどんご相談ください。まずは、自律神経を自由にコントロールできるようになること、適切なオーガズムを得られるような身体を造ることだと思います。

 


ご質問、ご相談は E-mail : ssdstoi@opal.plala.or.jp へ

総目次カウンセリングワンポイント・アドバイス悩み相談・サンプルQ&A目次