横浜進学研究所

移転後の塾生数について、小5、中2の生徒が非常に少ないので、私立・国立中学を目指す小学生、公立トップ校を目指す中学生を募集しています。ぜひ、無料体験をしてみてください。
受験学年(小6、中3)は、今いる生徒の合格に専念するため募集していませんが、小4、中1は募集しています。中1は残り席が少ないので、お早めにどうぞ。公立中学生を対象としている進学塾では、英検準2級の取得率はネットで調べる限りおそらく日本一の塾です。トップ高への進学率もおよそ5割です。大手塾はほとんどが1割前後、非常にいいところでも2割くらいですので、おそらく戸塚区内ではトップの塾だと思います。(すみません。もっと高い実績の塾があれば、お申し出ください。ここにお詫びと訂正を記載します)

 塾の特徴 

 夏期講習 

 入塾案内(小学生)

 入塾案内(中学生)

 アクセス 地図

 よくあるQ&A

少人数制進学塾 「横浜進研」のホームページへようこそ
中学受験、高校受験のための少人数制の進学塾です。
中学受験は小4から小6まで、高校受験は小6から中3まで、各学年16名までの学習塾です。
東戸塚で塾選びをお考えなら、迷わず横浜進学研究所にどうぞ。

2016年中学受験 おめでとう!(塾生11名)
 浅野、神奈川学園2、神奈川大学附属、鎌倉学園3、関東学院3、逗子開成2、青陵、捜真、日大藤沢、藤嶺藤沢、横浜国大附属横浜中

2016年高校受験、おめでとう!(塾生6名) 全員第一志望校に合格。
 柏陽、光陵、希望が丘2、氷取沢、鎌倉学園、青陵2、中央大学附属横浜、高木学園、横浜清風

開塾10年目を迎え、東戸塚駅前に移転しました。
 これまで、逗子、葉山、藤沢などからお通いの塾生には、駅から遠くてご不便をおかけしましたが、少し通いやすくなりました。

★中学受験コース
 これまでの合格校: 聖光、浅野、栄東(東大コース)、サレジオ、公文国際、逗子開成、鎌倉学園、森村、法政二中、函館ラサール、関東学院、フェリス、湘南白百合、頌栄ほか
 最も多い進学先: 公文国際、逗子開成、関東学院

★高校受験コース
 およそ2人に1人はトップ校に進学(柏陽、光陵、希望が丘、横浜緑ヶ丘、横浜国際、鎌倉、慶応、早稲田学院、早稲田本庄ほか)
 最も多い進学先:横浜国際高校
 7〜8割の塾生が、英検準2級以上を取得。8割以上の塾生が漢検準2級を取得。

少人数制+複式学習で、塾生の偏差値が非常に伸びています。
「成績が伸びます」と宣伝しても違法にならない全国的にも数少ない優良塾の一つです。


途中入塾はその分だけ差がついてしまうので、ぜひ、早い段階でお気軽にご相談ください。
受験学年は、塾生の合格に専念するため募集はなくなりますが、転校その他、特別な事情がある場合はご相談ください。
新中3の受付は2016年3月末で終了します。

トピックス


塾講師募集中


PISA(OECDによる学習定着度の国際比較調査)の結果に基づき、世界で最も効果的だと考えられる学習法(フィンランド方式、複式学習法)を日本で初めて導入。非常に高い学習定着度を誇る塾です。塾生の平均偏差値は大手塾では考えられないほど伸びています。

 ☆ 無料体験受付中(中学受験コース高校受験コース
  
 ☆ 小学生の英語講座もお気軽にご相談ください。
 

☆ 少人数制の環境 + 最新の科学的なプログラム + 一流講師 = 成績アップ!

◎中学受験コース(小4〜小6)の特徴
 ゆとり教育の見直しのもととなったOECDの国際比較調査(PISA)によって、日本のスパイラル学習法の非効率さが実証されたため、このカリキュラムを全面的に見直し、世界で最も効率的であると認められた複式学習法(内容はやや高度だけれども、同じ単元を2度学習することで高い学習定着を図る学習法)を塾として全面的に導入。少ない宿題で、毎年、算数を中心に模試でもトップクラスの生徒が育っています。もちろん万能ではありませんが、無試験入塾で各学年生徒数が数名しかいないのに、4年連続首都圏模試で算数10番以内の生徒が出るなど、これまでの一般的な塾の学習法であるスパイラル方式とは、あまりに効果に差があるので驚いています。
 1学年16名まで。少人数制指導のため、自分の志望校の出題傾向にあった指導を受けられますので、大手塾に比べ大変有利です。

◎高校受験コースの特徴
 神奈川県内では、学習塾のほとんどが「補習塾」(内申対策)で、逆に入試対策中心の「進学塾」では内申対策がまったくありません。
横浜進学研究所では、神奈川県の高校入試に最適なカリキュラムとして、普段は進学塾方式で学習を進め、定期テスト前1か月は試験対策でもとの単元に戻って復習を行う「受験対策+内申対策」方式です。
受験対策と内申対策で、同じ単元を二度習うので、学習定着度が非常に高くなります。
この結果、トップ校への進学率はおよそ5割。また、全国平均5、6%程度の中3の英検準2級(高校中級)取得率がおよそ8割となっています。

※トップ校とは、公立は進学重点校(旧地区トップ校のうち、県から進学重点校の指定を受けている高校)。
 私立は進学重点校と同等以上の進学実績のある学校、指定クラス(特進クラスなど)を指します。

中学受験、高校受験のことなら、お気軽に何でもご相談ください。



塾の特徴


夏期講習のお知らせ
アイコン
入塾案内(小学生)


入塾案内(中学生)
アイコン
連絡・地図

塾関係者 ・学校
関係者の皆様へ

アイコン
メール相談
脅威 の 文章
読解力養成法
読解力がぐんぐん伸びる
脅威の算数

数学学習法
算数・数学は難しくない!
社会、理科で
高得点を取る方法
暗記科目で合格!

英検準2級の
取得について


塾生へお知らせ
まずはお気軽にお電話ください!

 横浜進研(横浜進学研究所)
 電話番号は、045−349−6334  受付:平日午後3時〜21時、土曜12時〜21時






メール アイコンメール






直線上に配置