本文へスキップ

2013年度スローガン「和敬清寂」

活動報告report

わんぱく相撲夕張場所

活動報告写真

平成25年6月23日(日)
夕張青年会議所恒例事業「わんぱく相撲夕張場所」を夕張市文化スポーツセンターで開催しました。


ホームステイ受け入れ

活動報告写真

夕張青年会議所として初の事業「ホームステイ受け入れ事業」を実施しました。平成25年6月27日から10泊11日の日程で、アメリカの高校生を市内各所のご家庭にホームステイとして受け入れていただきました。以下、当事業担当者である橋場明日香の所感をご報告いたします。
-----------------------------------------------------------
ホームステイ最終日

10日間のホームステイを終えていよいよ別れの時。
うちにホームステイしていたアリアナは朝から超テンション低いw アリアナ帰るのやめるってずっと言ってたw

新夕張駅からJRで空港へ
その後子供たちは二週間ほど東京に滞在します。

続々とホストファミリーと駅に集まってきた子供たちもそしてホストファミリーも既に泣いてるww
みんなと笑ってばいばいしたかったんですがそうもいかずw

本当に素晴らしい時間でした。始めはホームステイを受けいれてくれる家が1件もなくて手当たり次第探して歩きました。一緒に探してくれた地元の方たちのおかげもあって12人全員のホームステイ先が決まったけど、全員始めての事で凄く心配していたんですが…
帰る頃には
10日間あっという間だったー
寂しいから空港まで着いて行こうかなー
明日からみんなが居ない生活が想像できない
うちの子が一番可愛いな!笑

って話してるファミリーの声を聞いてすごく嬉しかったです。全家族が生徒たちのことを「うちの子」って言ってくれてたことが何より嬉しかった(^^)

私にとってJCで始めての事業

なにもかも分からない所からのスタートを理事長や小菅直前がものすごいフォローをして下さり、同じ新入会員の阿部ちゃんと内山さんが一緒に悩んで考えて動いてくれた。
忙しい中でもずっと気を使ってくれていたもっち。
そしてJCメンバー以上に頑張ってくれたなおちゃんとアンドロメダ。この2人が居なかったら100パーセントできなかったです。テンパってる私を何度も助けてくれた、なおちゃん。どれだけ心強かったか。アンドロメダも忙しい時間を割いて日本語プログラムの先生以外の所でも居なくてはならない存在でした。
そしてホストファミリーのみなさんが、会うたびに
頑張ってね!何かあったら言いなさいよ?手伝うことはあるかい?いい経験になったね!って声をかけてくれていて、こんなに優しいみなさんと関わる事ができて心からやってよかったと思いました。
他にも沢山の人のご協力でこの事業を無事終える事ができたことを感謝しています。ありがとうございました♡
-----------------------------------------------------------


わくわくキャンプ

活動報告写真

平成25年8月3日~4日
今年は、ゆうばり自然体験塾(旧幌南小学校)にて毎年恒例のキャンプを開催しました。


夕張青年会議所

〒068-0403
北海道夕張市本町4丁目夕張商工会議所内