ユーザー車検レポート  土浦自動車検査登録事務所

2.当日  〜さあ、土浦自動車検査登録事務所へ〜

とその前に、テスター屋さんで光軸調整
私が行ったのは今川商事  学園サービスセンター                            пF029-842-7198
場所は土浦自動車検査登録事務所の道路を挟んで反対側
ここが朝7時すぎからやっているというからとても便利!

光軸調整1,000円 所要時間5分でした

                         事務所→


いよいよ車検場へ

土浦自動車検査登録事務所の敷地内には下図のように4つの主要な建物があり、各建物には、A,B,C,Dのアルファベット文字がつけてあります。ユーザー車検でお世話になるのはA・B・Cの3つのです。
A:土浦自動車検査登録事務所
受付時間: 8:45〜11:45,13:00〜15:45
※私はここの脇に駐車しました

B:検査場
検査時間 :9:00〜10:15,10:30〜12:00
        13:00〜14:15,14:30〜16:00

C:ナンバーセンター

D:自動車整備振興会

車検の各手続きを行う窓口は、
 C→A→B→A
の順になります。


@書類の作成

(1)まず「C」の建物に入り、申請書類を購入します。
  内    容  書類名
1階の「申請用紙販売」と書かれたカウンターで「継続検査の用紙」と言うと3種セットで売ってくれます。 継続検査申請書
自動車検査票
重量税納付書

(2)記入
 不思議なことに記入例はAの建物にあります。私はAまで行くのも面倒なので、近くの記載台で記入しました。わからない箇所はカウンターのお姉さんが親切に教えてくれました。私なりの記載例は下記のとおり

 書類名   注意点
継続検査申請書 すべて鉛筆で記入
車検証を見ながら「自動車登録番号」、「車台番号」を書き、申請人のところに自分の住所・氏名を書いて捺印※はんこを押すのはここだけ
自動車検査票 すべてボールペンで記入
裏は書かない
重量税納付書 すべてボールペンで記入

(3)納税確認と申請手数料、重量税の支払い
 書き終えた3種類の書類と持参した自動車税納税証明書を「納税確認」と書かれたカウンター(書類を購入したカウンターの左隣)に提出し申請手数料と重量税の支払いをする。書類を渡せばすべて向こうでやってくれます。

(4)自賠責保険の加入
 最初に書類を購入したカウンターで、車検証と今までの自賠責保険証を提出し保険料を支払う。5分くらいで新しい自賠責保険証が出来上がります。

これで書類の完成です。
 
A受付

「A」の建物に入り、「C検査関係受付(ユーザー車検)」と書かれたカウンターに書類をすべて預けます。チェックの後、書類をすべて返されます。「検査に行ってください」の一言。これで受付完了。

B検査

(1)検査の前に
今回の車検で一番疑問だったのがバックとヘルメット。置いておける場所もなさそうだったのでシートバックの上にヘルメットをネットで固定。タワーのようになってしましました・・・



これでいいのかな〜  と思いつつ、だめだったら直せばいいのでついでにメーターを少々隠してしまうナビも装着。フル装備で受験してみることにしました。




(2)いよいよ検査本番
バイクの検査ラインは一番外周りの「新規コース」を通って、一番奥のラインに入ります。
お約束の「初めてなので」という挨拶をし書類をすべて検査官に渡します。この時点でタワーのように積み上げたヘルメットは何も言われずホット一息。更にせっかく用意してきた点検整備記録簿の提示も求められず、ちょっと拍子抜けです。

・まずは左右のウインカーとライトの点灯    問題なし
・次に柄の長いハンマーでキャリパー周辺のガタをチェック   問題なし
・続いて「マフラー換えてありますよね」と聞かれたので「はい」と答えると、おくから騒音計を出してきて排気音の測定。4250回転に合わせてくれと言われました。???そんなに細かく合わせられるわけないじゃんと思いつつ4500くらいで安定させると「はいOK」
・続いて車体番号の照合       もちろん問題なし
・「HPに載せたいので写真とってもいいですか」と聞くと上司に相談した後、NGの回答    聞かずに撮ればOKだったかも・・・

  =ここで車両の移動。光軸を見る為、前の白いライン上にバイクを動かす=
・光軸はちょっとドキドキしましたが、事前にテスター屋さんで調整してもらったので全く問題なし、一発OK

  =またまた、車両を前に移動。ブレーキテストのためまず前輪をローラーに乗せる=
・検査官の簡単な説明の後、検査開始。ローラーが回りだし、上の電光掲示板の「はなす」の文字が「かける」に変わったらブレーキをかける。すると「○」の表示。

  =次はちょっと前進して後輪をローラーに乗せる。=
・要領は全く同じ。油断してブレーキをかけるのが遅れてしまい「やばい!」と思ったら、掲示板に「○」の表示。

これですべての検査終了。結局ナビも問題なし、あっけなく終わりました。検査官から書類を渡され、受付をした建物に行って車検証をもらうように言われました。

C車検証交付

「A」の建物に戻り、すべての書類を「B検査関係交付(持ち込み)」と書かれたカウンターに提出します。待つこと2〜3分、名前をよばれ新しい車検証とシールが交付されました。思わず「これで終わり?」と聞いてしまいました。

<感想>
聞いていた以上に簡単。8時半に入り、9時半には終了していました。それと安い!かかった費用は、自賠責が値下がりしたこともあり約2万+光軸調整1000円です。何より、土浦登録事務所の方々がとても親切で気分よく車検を受けることが出来ました。
                                                    BACK