古民家 

  
  古民家は、今では決して手に入れる事の出来ない、梁(はり)・柱・桁(けた)等材料のすばらしさがある。
  大屋根の下に、実に広い空間があり、かつては、養蚕や物置として使われたが、今はほとんど使用されていない。

  構造材には、太い栗の木、長尺の杉、松の木が使われ、釘や金物を使わないすばらしい伝統工法で建てられている、
  木の杭を差し込んで、木と木を引きよせて止める造りで、振動・さび・乾湿の対応に多大な効果をあげている。
  また梁などには、なぐり(波型仕上)と呼ばれる技法で、素材の美しさと強度を造り出している。

  電動工具も無く、材木の製材や加工には手間がかかり、その上、
  素材を生かして使うことに専念して、建てられた。
  全体的に重厚感があり、空間の多目的な利用も可能になり、さらに材質の良さ、風格があらわれている。

  住む人の生活に合わせ、すべてが手造りで、気持ちのこもった丁寧な造りが、時を越えて伝わって来ます。

  文化を引き継いだ伝統家屋

  H19.5 寄居町 築300年 修繕完成

  家は、大きな切妻屋根で南が2階、北が吹き降ろしの平屋になっている。
  屋根は栗の木の瓦創り(栗の板を重ねる)よくぞ雨・風・雪に耐えてきた。
  南側の二階は、丸太の木組みが、素晴らしく棟梁のすごさは、目を見張るものがあった。

  

  敷地は、北西道路の角地

  北側の門(引き違い戸)を入ると、道路からすこし下がって傾斜になっている。
  北の部屋から見る傾斜地の裏庭は、とてもすばらしい眺めだった、特に太陽の光が差し込む時は、
  木々が、いちだんと輝いて見えた。

  西側の門(両開き戸)は、南の庭の前を通って玄関へ入る。北・西からのアプローチが、とても良く考えられている。
  伝統を引き継ぐ、西側の門は、家との調和が良く、両開き戸は、なんとけや木の一枚板で作られていた。

  工事内容  土台交換 歪み修正
          耐震補強 
          建具修正 他          私も努力し、300年経っても住める家造りにはげみます    勉


                            ホーム