耐震補強リフォーム  


         築30年19坪 平屋建て 

      1
  ・木と ぬり壁で仕上げた内装は体に優しい明るい部屋になっています。
     
  ・節の多い床板や在庫処分の建材など、無垢材でもコストを抑えています。
     
  ・洗面脱衣、キッチン、デッキ物干しなど、家事動線を短く使いやすく考えました。

        
            リフォーム後     

                  
             リフォーム前          
         高崎線・貨物ターミナルも近くにあり、防音も配慮
            

      内部リフォーム
        
         天井裏            床断熱2重           寝室オークフローリング19o   水道管 新設 

        
      内部防音 遮音シートはり    寝室天井 マキの木        ロフト工事            壁補強 内側に合板はり

      リフォームの時が耐震補強のチャンスです  解体後に容易に補強工事が出来ます


        内装仕上    壁はすべて珪藻土の塗り壁になっています

         
      作り付け吊り戸棚                       洗面台 作り付け棚      ユニットバス

     
                  
          
     キッチン作り付けHI オール電化    壁厚を使った下駄箱    親子ドアと壁厚収納   ダイニングからウッドデッキ物干し      


       間取りを変更し内装はすべて新しくなっています
            
いくつかの制約は有りますが、既存の土台・柱・梁でも安全で使いやすい家になります。
        
   解体時の廃棄物の量も少なく、環境にもやさしいです。
 
   
               


    一般耐震診断法     ・地盤、基礎の診断

                ・上部構造の診断

  基礎・地盤評価  基礎や地盤の調査を行い注意事項をまとめる

     耐震診断結果・・・総合評点

  (上部構造評価点)1.5以上       倒壊しない

           1.0以上1.5未満   一応倒壊しない

           0.7以上1.0未満   倒壊する可能性がある

           0.7未満       倒壊する可能性が高い

   木造住宅の耐震補強方法

           1 基礎の補強

           2 損傷・劣化対策 蟻害・腐朽・漏水(屋根、窓)

           3 耐力向上(強度・剛性)

          @耐力壁           A金物の設置

  筋かい、構造用合板      筋かい接合金物

  バランスよく配置       柱梁接合金物

   今回の診断結果では0.7未満 0.4でした。補強計算1.3で工事を行いました。

  1. 天井・床をはがし、壁の内側に土台から桁まで構造用合板を貼り耐力壁の追加
  2. 土台の一部悪い所を交換
  3. 耐震金物で柱・土台・スジカイを接合 


    耐震補強リフォーム 最善のプランをご提案します         


                          耐震補強リフォーム2      ホーム