学法福島高等学校空手道OB会公式ホームページ

 空手道部念願の全国制覇の全力支援.    

     Contentu                     現在の校舎 公益社団法人日本空手協会
福島県福島支部


支部長松原英男
電話024-582-6705
 部の設立経緯
  大会・合宿予定 キャリアサポ-ト仙台
 求職活動者支援相談を無料で実施しています。お気軽にご相談ください。
電話、E-mailによる相談も受けております。

電話 022-374-9752
E-mail msato@opal.plala.or.jp
URL http://www2.plala.or.jp/flame-d/
   OB会のブログ
部歌・愛唱歌
   管理者のブログTruthDiary
     JKA日本空手協会
     青雲館空手道場
公益社団法人日本空手協会...
福島月輪支部



支部長小野与志憲

福島市瀬上町毘沙門山1
電話 024-534-1985
学法福島高サイト
各年度大会結果
       


新着情報
東北高校空手道選手権大会男子団体組手制し優勝
6月26日、27日岩手県営武道館で行われた大会で青森明の星を3-1で破り見事優勝を果たした。また個人組手で八島誠留斗(2年)が準優勝 3位氏川賢哉(3年)及び 遠藤新太(2年)の快挙に輝いた。女子団体組手は準々決勝で2-3で聖学園に敗れ敗退の結果となった。猛暑の中奮闘した選手諸君に賞賛のエールを送ります。次の大会での更なる飛躍を皆で応援しましょう。本間顧問からの情報でした。

快挙報告 全日本空手道体重別選手権大会で53回生鈴木晃成さんが組手優勝
6月11、12日の大会で+84kg級で見事優勝の栄に輝いた。創部以来の悲願であった日本一OBになられた鈴木晃成さん53回生が達成してくれました皆で祝福しましょう。菅野OB会会長からの情報提供でした。サイトはhttps/www.jkf.jp/resut/1
第1 公益財団法人 全日本空手道連盟 (jkf.ne.jp)第1回全日本空手道体重別選手権大会 | 公益財団法人 全日本空手道連盟 (jkf.ne.jp)

新着情報第49回全日本空手道選手権大会でOB53回生の鈴木晃成さんが個人組手で決勝で惜しくも敗れはしたものの準優勝の快挙をあげました。優勝まであと一歩という悔しい結果ではありましたがこの結果をバネとして今後ますます飛躍されん事を期待し皆様にも引き続き熱いご声援をいただけますようお願いいたします。菅野会長より
動画は下記をクリックしてください
https://youtu.be/nwqWsiWLSrQ



第49回全日本選手権大会 男子組手決勝 崎山優成 VS 鈴木晃成 - YouTube
武道を通じ人間性磨く


東京オリンピック終わる
 組手では香川先輩と代表を競った荒賀選手が銅メダルを獲得し、形では喜友名選手が金メダルに輝いた。これを契機として世界中素晴らしい精鋭の技を目の当たりにして、それらを今後の目標を定め精進して欲しい。

 喜友名選手は優勝後独り畳に正座黙想し武道館と亡き母に静かに金メダルの御礼と報告を行った、またインタビューには暫く無言のあと、「空手への姿勢をみせる事が出来た。子供達に沢山の夢や希望を持ってもらえるようにしたい」と言葉少なに語った。勝利の喜びを爆発させる外国勢選手が多い中最期にきちんと黙想で感謝と優勝報告をした姿は武道家といて見習うべき姿で清々とした態度は空手道本来の姿を示したと世界に賞賛されるべきだと感じた。

ナ禍の厳しい環境の中、奮闘中の部員へご声援をお願いいたします。


第40回
全国高等学校選抜空手道選手権大会結果
3月24日〜26日東京体育館
女子団体組手 対高崎 2-3敗退
男子団体組手 対箕島 3-2勝利
          対明徳義塾 3-1勝利
          対保善 0-3敗退 
男子団体形   ラウンド1 通過
          ラウンド2敗退  
男子個人形  柴野 陽 ラウンド1 敗退
全国の精鋭が競う選抜大会で堂々の結果だったと思います、部員諸君の奮闘に拍手を送り
更なる精進を期待し声援を贈ろうでは有りませんか。 


第34回東北高等学校選抜空手道選手権大会結果
男子個人形 1位 柴野 陽
男子個人組手 ー68kg級 3位 矢内大誠
          ー76kg級 2位 及川賢哉
男子団体形 2位 
男子団体組手 3位
女子団体組手 3位
男子個人形、男子団体形、組手
女子団体組手は3月に開催される全国選抜大会出場権を獲得しましたのでその活躍を祈念しますと共に皆様のご声援をお願いいたします。


異例の無観客での新人戦制し 来年1月末の東北選抜大会へ進む
11月20日から22日母校を会場に開催された今年度初の競技、しかもコロナ禍の影響で無観客と言う状況でその実力を遺憾なく発揮し男子は組手形とも優勝、女子は組手を制するも形で惜しくも準優勝の抜群の結果を残した。
○男子団体形 優勝 
○男子団体組手 優勝
○女子団体組手 優勝
○女子団体形 準優勝
○男子個人形 1位 柴野 陽(2-4) 3位 五百川 藍希 (2-3)
○男子個人組手 -55kg級 1位 五百川 藍希

            -61kg級 1位 鈴木 大和(1-2) 2位 米山 小山 椋(1-2) 
            -68kg級 2位 矢内 大成(2-3)
           -75kg級  2位 氏川 賢哉(1-2)
○女子個人組手 -48kg級  1位 幕田 陽菜(1-5)
           -53kg級  1位 大井 惇綺(1-5) 2位 杉本 真菜(2-1)
           -59kg級  1位 蛭田 芽依(1-2)
上記の生徒は1月21日(木)〜23日(土)山形県にて開催される東北選抜大会に出場予定です、この大会も無観客での開催が予定されています。いろんな制約があり厳しい環境の中、精一杯頑張りますので後方からの変らぬご支援宜しくお願いいたします。
 現在の部員数は1年生男子3名 女子2名 2年生男子3名女子2名、合計10名の少数精鋭です。
 過酷な環境下で健気に精進する部員たちに陰ながらのご声援をお願いいたします。



期生
 長南前会長にも増してご支援ご協力のほど切にお願いいたします。


第33回東北高等学校選抜大会結果
団体男子組手 優勝
      形   優勝
   女子組手 3位

個人男子形 4位柴野陽
   男子組手 +68kg級統一戦優勝 松岡 駿
         同階級 3位       千坂匠之介
          -61kg級 優勝      佐藤桜哉
   女子組手 +59kg級 優勝    蛭田芽依
         同階級 3位       高木彩香

以上のような好成績でした。3月に石川県で行われる全国選抜大会でも良い結果を報告できるよう頑張ります、との本間顧問からの報告でした、みなさま方の熱いご声援宜しくお願いいたします。

 
令和元年12月25日〜27日宮城県岩沼市総合体育館で行われ男子団体組手決勝で強豪東洋大牛久Aに敗れ2年連続準優勝で涙をのんだ。個人戦の結果は次報でお伝えします。



来年1月東北選抜選抜大会のお知らせと応援のお願い
 第33回東北高校空手道選抜大会が令和2年1月24日から26日まで福島県郡山総合体育館で行われます。

 競技は25日(土)から26日(日)行われ、26日午前中で終了ます。近隣・遠方のOBの皆さん大会に駆けつけ声援を送っていただければ幸いです。

 応援は選手を奮い立たせ持てる力を幾倍にも倍加させます、好成績を勝ち取り全国舞台での活躍を見るため、是非皆で応援しましょう宜しくお願いいたします。

41期生香川幸充先輩、晴れのオリンピック出場を出身高学法福島関係者等が熱望と報じられる

転載はごく内輪だけにお願いします


 男子団体組手 優勝 女子団体組手優勝
男子個人形 2位柴野 陽、3位菊田 祐大
【男子個人組手】 -1kg級 1位 千葉翔太 2位佐藤 桜哉
          -68kg級 :1位 矢田部和樹 2位 高橋寿羅
          -68kg級 :優勝 松岡 駿 1位 千葉匠之介 2位 吉田 渉
 *全国選抜出場権有り(松岡) 階級1位と統一戦を行った結果
【女子個人組手】
          -53kg級 :1位 杉本真菜
          -59kg級 :1位 片倉菜結
          +59kg級 :1位 蛭田芽依 2位高木彩香
氏名が掲載された選手は1月26日、27日に郡山総合体育館で行われる東北選抜大会に出場します。応援宜しくお願いします。以上本間顧問からでした。 素晴らしい活躍でした皆様お忙しい中とは存じますが是非応援に駆け付けていただければ幸いです。



訃報 吉田前会長逝去される

 当OB会第3代会長として永く会の運営にあたり、一大事業として50周年記念誌の刊行にあたり多くの苦難を乗り越え「50年の歩み」発刊に尽力された前会長は11月9日逝去されました。

 前会長、第5期生吉田正幸氏は昭和38年入部、空手道と出会いそれが氏の生涯を決定づける事となりました。ご卒業以後は地元飯野町に空手道道場を開かれ、空手道の普及と併せて地域青少年育成を目指ましたが、厳しい日々の連続でありました。ひとつの事をとことん追求するストイックな姿勢、頑ななまでの空手道への思いは妻帯されることもなく生涯独身を通され空手道に捧げ尽くした実に純粋な生涯で私ら凡人としてはただ敬服の他はありません、氏は50年誌の中で「空手道とその仲間は心の財産である」と述べられていましたがその財産を持って黄泉の世界へ旅立たれました、ご冥福をお祈り申し上げます。素晴らしい生き方を示された先輩の一人で永く会の記憶に残る方であります。

 吉田氏のライフスタイルは昨今の軽佻不惑や華美を退け、古来の質実剛健そのもので、現在類まれな古武士の風格を漂わせた孤高の人でした。飾り気ないトレードマークのゴマ塩坊主頭でいつも優しく空手道や、現役生・OB会の行く末案じてくれてた姿が思い出されます。

 氏の多大なご功績に深謝しつつ謹んでお知らせ申し上げOB会として謹んでご冥福をお祈り申し上げます。合掌                                                                                                                           文責3期生 佐藤 眞琴
抜大会
男子団体形 優勝
男子団体組手 5位
個人形 外山偉大 5位
全国大会への出場権を獲得しま
したので、更に飛躍を目指して頑張りますと本間顧問の力強いメッセージを併せてお伝えいたします。本校相撲部出身者の大相撲での躍進も見逃せません良い刺激として頑張ってくれると思います。新元号の年での活躍を皆で応援しようではありませんか。




校長・顧問と一緒に記念撮影

組手第一位八島愛斗選手

学校空手道選手権大会男子団体、個人組手共に準優勝
『12月26日〜28日宮城県仙台市宮城野体育館で行われ、27日の男子団体組手で準優勝の快挙、準決勝では13度の優勝を誇る世田谷学園Aに逆転勝ち。

1-2から副将松岡が豪快な上段蹴りで五分に持ち込み大将千葉は的確な中段突きで決勝進出を決めた。

ともに1年生の2人は「先輩の声援に勇気つけられ奮い立った」と喜んだ。決勝の日本航空A戦は0-3ながらいずれも接戦だった。

八島主将は「苦しい展開の中でも、一丸となって戦い抜いた」と自信になったようすだった。

本間監督は「選手は強豪と対戦するごとに成長していった。全国規模の大会で勝ち上がった経験は大きい」と讃えた。』
 28日行われた個人戦では、準々決勝まで進んだ永沼凌空は、神奈川横浜創学館、菅田に2-6で敗れたがベスト8と立派な成績、八島愛斗は日本航空 長尾を7-1で破り、準決勝では菅田を7-1で退け決勝で日本航空河村と対戦、2-4で惜しくも敗れたが初の全国タイトルで準優勝に輝いた。

 記者のインタビューに八島は『「前に出て勝負を挑んだが、ポイントを取り切れなかった。充実感より悔しさの方が大きい。全国選抜大会で日本航空に雪辱する」と語った。』以上、河北新報27、28日付け朝刊から転載させていただきました。
香川先輩に続く快挙を皆さん讃えてください。選手諸君おめでとう。先輩、保護者の皆様ありがとうございました。                             3期生佐藤記



晴れがましい笑顔で記念写真に納まる本間顧問からの提供です。



全日本空手道選手権大会で41期生香川幸允先輩5年ぶりの優勝
 東京代表として男子組手に出場した香川選手は5年ぶりに日本一に返り咲いた。NHK総合テレビ12月9日の放送から。皆さんも先輩を励みとして精進ください。



福島県高校新人空手道大会
ご父兄の方から情報届きましたので紹介させていただきます。
11月16日〜18日母校体育館で行われ以下の好成績をおさめました。
男子団体組手優勝
女子団体組手準優勝
男子団体形優勝

女子団体形準優勝
男子個人形 1位外山偉大2年 3位千葉翔大1年
女子個人形 3位片倉菜結1年
男子個人組手−61kg 1位永沼凌空2年 2位矢田部和樹1年
             +60kg 1位 1位松岡駿1年 2位千葉匠之介1年
女子個人組手-50kg 1位松岡琉永1年
           +50kg 2位高木彩香1年


 個人組手表彰者
2年生


表彰 




団体組手、男子3回戦進出するも涙を呑む、女子ベスト16に輝く。
個人組手男子 八島愛斗ベスト16、女子 尾形夏音もベスト16の快挙
個人組手 鈴木晃成3回戦、 尾形風夏2回戦まで進むも惜しくも敗退と善戦しました。
個人形には 菊田克太、外山偉大、長谷部里奈が出場しましたが初戦突破ならずでした。


保護者を含めOB,OG方も暑い中応援に駆け付けてくださりありがとうございましたと顧問から御礼の
言葉が有りました。皆さんお疲れさまでした。近年にない猛暑の中、選手諸君も全力を出し切った事でしょう、晴れの全国の場での善戦に皆で拍手を送ろうではありませんか。








 沖縄の唐手を本土へ紹介して松濤館を開き今や世界に冠たる「空手道」へと飛躍の礎を築いたその人である。明治政府は富国強兵の時代にあって新たに「沖縄」となった琉球の体術「唐手」に目をとめ学校教育の正課として採用させ修行者が秘密裏に行われていた稽古を公の場に現した。

 その指導者の中に若き日の船越義珍がいた。教員としての道を選んでいた義珍は普及の最前線で「形」を披露し技術を解説していった。その後大正11年文部省主催の第1回体育博覧会で空手を紹介する為上京し帰郷せんとしたが幾多の人達から講演依頼をうけ東京に留まることになる。

 中略 その後昭和14年有志の協力を得て本土初の空手専用道場「松濤館」を建設する。翁が説かれた空手に先手無し、精力善用、さらに道場訓や松濤二十訓なども紹介されている

 話を現代に戻すと公益社団法人日本空手協会が主催する第61回内閣総理大臣杯 全国空手道選手権大会の一般個人形部でOBの中村(旧姓高木)綾乃先輩の優勝が報じられている(じつは4年連続)ことが記事で紹介されているその凛とした優美写真をご覧ください。

 凛とした気迫に美しさと華麗さが光る見事だ


第71回福島県総合体育大会空手道競技の結果
(修正追加)
女子個人組手で記載漏れがありましたのでお詫びして修正させていただきました
少年男子組手 1位 鈴木晃成 2位 八島愛斗 3位 永沼凌空、松岡駿
    形  1位 外山偉大 2位 菊田克太 3位 松岡爽楽
  女子組手 1位 尾形風夏 2位 尾形夏音 3位 長谷部里奈  
片倉菜結
    形  1位 長谷部里奈 3位 高木乙羽
成年女子組手 2位 遠藤あかり
  男子組手軽量級 1位 松岡 廉 中量級 1位 原清司郎 2位 星有人
      重量級 1位 筥崎飛生雅 2位 菅野雄大 3位 遠藤舜也
 

 
 
完勝を記念して全員で
 

 
 鈴木晃成選手の足払い決まる 3年生の保護者菊田さん提供 

第61回日本空手協会大会一般女子形の部で中村(旧姓高木)綾乃先輩四連覇の快挙をあげる 
松原最高顧問からの情報

第46回東北高等学校空手道選手権大会の結果
男子団体3位
女子団体2位
個人形男子 外山偉大 2位
   女子 長谷部里奈 3位
  組手男子 鈴木晃成 1位
写真をお持ちの方は掲載させていただきますのでお手数でも次のメールアドレスにお寄せ下さいますようお願いいたします。WEB管理者佐藤(3期生) msato@opal.plala.or.jp


女子団体組手優勝
女子形 2位長谷部里奈 3位高木乙羽
男子形 優勝外山偉大 2位菊田克太
女子組手 優勝尾形風夏 2位尾形夏音 3位長谷部里奈
男子組手 優勝鈴木晃成 2位八島愛斗 3位松岡駿
上記のの好成績をおさめました、次大会が大いに期待できそうです皆さんおめでとうございます。

応援に来ていただいた皆様ありがとうございましたとの伝言がありました、以上は本間顧問からの報告です。


お知らせ二重の
慶事

 当会会員松原光副校長はこの度校長に就任されまして、地元紙福島民報に掲載されていましたので、既にご存知の方も多いかと思いますが転載させていただきます。次に高知県高松市で開催された全国高校空手道選抜大会で鈴木晃成君が個人組手3位入賞の快挙を遂げました、その他団体種目などでも好成績を収めましたので紹介させていただきます。

福島民報3月29日付け朝刊から転載させていただきました。

男子組手団体 1-4花咲徳栄
男子個人組手68キロ以上級 鈴木晃成 2-1 園田(松山東)

2回戦 5-0 小玉(北海道恵庭南)
准々決勝 2-2 (内容勝ち)平田(福井工大福井)

准決勝  1-4 古賀(山梨 日本航空)

男子形団体1回戦5-0 明徳義塾
2回戦 4-1 鹿児島城西
3回戦 3-2 埼玉栄
准々決勝1-4世田谷学園

女子団体形1回戦 5-0坂出(香川)
2回戦 0-4
女子組手59キロ級 1回戦 尾形夏音2-0 東出(石川 小松大谷)
2回戦 0-5 佐合(静岡 御殿場西)

個人団体とも大活躍全国に学法福島高校の名をとどろかせました、素晴らしい快挙皆さん高らかに賞賛の拍手を送ってください。後輩達はこれに奮起して新年度好成績を収められるよう精進ください。お疲れさまでした。


第31回東北高校空手道選抜大会でトップに
岩手県盛岡県営武道館で1月19日(金)〜21日(日)開催され好成績をおさめた
団体 男子形優勝、組手3位
    女子形3位 組手3位
個人 男子形 外山偉大(1年)2位
    女子形 長谷部里奈(2年)3位
    男子組手ー61kg級 八島愛斗(1年)3位
         -68kg級 鈴木晃成(2年)優勝 松浦爽楽(2年)3位
    女子組手ー59kg級 尾形夏音(2年)2位
東北代表決定戦1位通過により全国大会出場へ団体全種目と個人では、外山、長谷部、鈴木、尾形(夏)が香川県高松総合体育会館第一競技場で3月26日(月)〜28日(水)開催される全国選抜大会に出場しますので激励と応援をいただくよう宜しくお願いいたします。
 

第25回河北新報杯争奪全国高校空手道選手権大会女子個人組手で尾形風香3位入賞
25〜27日仙台市体育館で行われた大会で男子団体組手は、Hブロックを勝ち進み決勝トーナメントで茨城県の水戸商業に2-3で敗退、男子個人組手の八島愛斗(2年)はLブロックを勝ち進み決勝トーナメントで惜しくも敗退した。女子個人組手に出場した尾形(2年)準決勝で敗退するも東北勢トップの第3位入賞を果たした。「出来るだけ多く試合をしたい」と挑戦者の気持ちを忘れず「相手の攻めの先を取る」と表現する得意な先手必勝の展開で勝ち上がった。好調だっただけに「ここまで来たので決勝まで行きたかった」と悔やんだ。2年生ながら今夏の高校総体を制し、地元であった全国高校総体に出場した成長株。「大会を通じて自分のペースを貫けるようにしたい」と話し来年3月の全国高校選抜大会でさらなる飛躍を目指す。河北新報社記事より転載させていただきました。佐藤
29年度福島県高校空手道新人大会成績報告
10月20日~22日母校学福高体育館で行われ男女とも団体個人全種目完全優勝を遂げる
男子団体組手優勝
男子団体形優勝
女子団体組手優勝
女子団体形優勝
個人形男子優勝 菊田克太(2年) 2位 外山偉大 3位 松浦爽楽
個人形女子優勝 長谷部里奈(2年) 3位 高木乙羽(2年)
個人組手男子軽量級優勝  八島愛斗(1年) 2位 石山飛龍(2年)
      中量級優勝  永沼凌空(1年) 3位 菊田克太(2年)
      重量級優勝  鈴木晃成(2年) 2位 松浦爽楽(2年)
個人組手女子軽量級優勝  長谷部里奈(2年) 2位 高木乙羽(2年)
      中量級優勝  尾形夏音(2年)
      重量級優勝  尾形風夏(2年)
今後が期待できる好成績でした、先輩達が達成出来なかった夢に向かって是非挑戦して欲しい、精進あるのみ、OB達も精一杯応援しています。よく頑張りましたおめでとう。松原最高顧問から情報いただきました。
皆さんも何か情報や関連する写真等有りましたらWebサイト管理者 佐藤 メールアドレス msato@opal,plala.or.jp 迄お送りください掲載させていただきます


船越義珍杯第14回世界空手道選手権大会で中村(旧姓高木)綾乃 形の部優勝
8月19日〜20日アイルランド リムリック大学ULスポーツアリーナで開催された大会の一般女子形の部で優勝の快挙をとげた、この朗報は当OB会としての最高の栄誉であり、皆様にお知らせするとともに、皆でその喜びを分かち合いたい、連絡とれる方は是非祝福してあげてください。日本空手協会のWEBサイト、最新ニュースに掲載されているのでご覧ください。松原最高顧問からの情報です。
東北インターハイでの熱き戦い賞賛、健闘を称え記者を感動させた団結力

主将筥崎飛生雅(3年)は怪我で応援席から力の限りエールをおくったが組手2回戦で広島代表 呉港と2-2で勝敗がつかず代表戦となり菅野雄大(3年)に全てを託し勝利まで紙一重の試合を展開したが惜しくも反則負けを喫し悔し涙を呑んだ。 福島民報、福島民友新聞社7月31日記事から転載させていただきました。




本間先生の特別授業
空手マガジン JK Fan 9月号にに掲載されてます。
My heart is burning(心は熱く)
技術も大切、しかし社会では小手先だけでは通用しない時もある、辛い時ほど頑張れる人間に。空手を通じて、社会で通用する力を身につけ人に頼られる人間を目指せ。本間監督熱く語る


香川先輩、国際総合大会のワールドゲームズ男子84kg超級で初優勝の快挙、空手人生を賭けて東京五輪に望むと力強く宣言

26日ポーランドで行われた大会に初出場の香川幸充先輩は、残り2分を切って2-3とリードを許したが、ここから突き技でポイントを連取して逆転優勝した。感情を爆発させる外国人選手が目立つ中静かに優勝の喜びをかみしめた「相撲の横綱と一緒(敗者に敬意を払う)武道だからと胸中を明かした。また、「空手人生を賭けて東京五輪に望む、チャンピオンの誇りを持って活躍したいと力強く宣言した。(共同通信配信)


総合体育大会(国体予選)結果

7月9日(日)福島県下郷町でおこなわれた大会で次の成績でした。

・組手少年男子
 1位 鈴木晃成 2位倉橋 夏都 3位筥崎飛生雅 星 有人
・型少年男子 1位星有人 2位外山偉大 3位渡部雄飛 松浦 爽楽
・組手少年女子 1位 遠藤あかり 2位尾形夏音 3位 長谷部里奈 高木乙羽
・形少年女子 2位長谷部里奈 3位高木乙羽
・成年男子組手 
 軽量級 1位松岡 廉 3位守屋 樹 一条雄太
 中量級 3位 守屋武蔵 原清司郎
 重量級 1位 遠藤瞬也

以上松原最高顧問からの情報でした、選手諸君のさらなる上の舞台での活躍を祈ろうではありませんか。皆様の熱いご声援をお願いいたします。

東北高校空手道選手権大会の結果
6月23日(金)〜25日(日)福島県猪苗代町総合体育館で開催され
男子団体組手 優勝、
女子団体組手 3位入賞
男子個人組手 鈴木晃成 3位入賞
、全国大会での活躍を期待します。皆様の応援宜しくお願いいたします。
以上会場から松原最高顧問に報告を受けています。
新着情報東北学院大学3年松岡 廉OB,東北 大学空手道選手権大会個人組手で3連覇の快挙
福島県高校空手道選手権大会
団体組手男女とも優勝
6月2日(金)〜4日(日)猪苗代総合体育館で開催され、個人の部でも賞を独占し東北及び全国インターハイに出場が決まった。先輩各位の応援宜しくお願いします。
個人組手

男子 1位鈴木晃成、2位星有人、3位筥崎飛雄雅、倉橋夏都
女子 1位尾形風夏、2位遠藤あかり、3位長谷部里奈、尾形夏音
個人形
男子 1位渡部雄飛、2位倉橋夏都、3位菊田克太、星有人
女子 3位高木乙羽、長谷部星奈
松原最高顧問からの報告でした、重ねて皆様の応援宜しくお願いたします。



松原最高顧問から次の様な原稿が寄せられましたので掲載させていただきます。原文通りただしフォントは一部脚色させていただいております。

梅雨の候、日頃は大変お世話になっております。

大会の季節になりました、学福が関係する大会は下記の通りです、是非応援してください

                                                記
①46回日本空手協会東北大会
   日時 7月2日
   会場 あずま総合体育館(福島市佐原) 電話024-593-1111

②県高校空手道選手権大会
   日時 6月2〜4日
   会場 猪苗代町総合体育館カリーナ 猪苗代町 電話0242-72-1534

③東北高校空手道選手権大会
   日時6月23〜25日
   会場 猪苗代町総合体育館カリーナ 猪苗代町 電話0242-72-1534

④全国インターハイ空手道
   日時㋆28〜31日
   会場 猪苗代町総合体育館カリーナ 猪苗代町 電話0242-72-1534

⑤県総体(国体予選)
   日時㋆9日
   会場 下郷大川ふるさと公園 下郷町 電話 0241-67-2906

以上お知らせいたします。

平成29年6月1日                               松原 英男
                                           以上
   
松原最高顧問(公社)日本空手協会理事ご就任並びに大野師範熟練者全国空手道選手権優勝祝賀会開催される
 日本空手協会福島県本部主催による新年会を兼ねた祝賀会が3月18日(土)福島駅前のホテルグリーンパレスで協会関係者や我が校空手道部OB等多数の参加者のもと盛大に開催された。
 愛娘(まなむすめ)さんから直に花束を贈呈され終始和やかな雰囲気で進行し、司会者から、昭和35年福島県本部結成し事務長にご就任されその後本部長を永年勤められ、ご自身も平成19年第7回熟練者全国空手道選手権大会組手の部優勝などの生涯空手を率先垂範の指導や、福島高校空手道部顧問として指導のかたわら全国・県高校体育連盟空手道部会を結成されるなど永年空手道の組織作り、普及、競技者育成、高校生留まらない競技者育成への永年にわたる功績等より協会師範会員となられ、更に昨年協会社員総会において全国理事にご選任等のご経歴が披露された。

 最高師範から指導者として永年励んできた結果、赴任直後の昭和35年から顧問をつとめた学法福島高校は、東北は言うまでもなく全国屈指の強豪校と成り得た、またご自身が館長を務める「青雲館」も数々の全国制覇を果たし、全国に数ある空手会派の中で「日本空手協会」の存在力と評価に貢献することが出来た。今後の空手界の方向はオリンピックだ「福島県本部みんなで一致協力しオリンピック選手を育成していこう」と力強いスローガンで参加者を叱咤激励御礼の言葉に代えられた。

花束を手に挨拶される最高顧問

参加の学法福島空手道部OB会の面々、先生のお隣は令室さま、長南会長も出席されたが都合で写真には間に合わなかった

松原最高顧問、(公社)日本空手協会総本部理事ご就任、及び石川支部大野先生熟練者全国大会優勝祝勝会開催

標記について、平成29年3月18日(土)午後6時から福島市太田町 福島グリーンパレス☎024-533-1171にて開催されます。
会費は7000円、当日会場で
連絡先 県本部事務局 蒼樹秀賢氏 携帯090-8250-5402
E-mail tsukikeri@ab.wakwa.com締め切りは2月28日


第30回東北高校選抜空手道選手権大会で型・組手とも制覇
 仙台市宮城野体育館で20日から22日行われた大会で男子団体組手、形とも優勝の快挙を成し遂げ全国選抜大会での活躍に駒を進めた。また,女子団体組手3位、男子個人組手では筥崎飛生雅が2位、渡部雄飛が3位、女子個人組手で遠藤あかりが3位に輝き学福旋風を巻き起こした。
 昨年の河北杯争奪全国選手権大会男子団体戦で一年生ながら3年生相手敢闘した生徒たち達が著しい成長をみせてくれたことが力強く頼もしい今後楽しみだ。
この旋風を全国大会でも巻き起こせ。OB諸氏のご声援を切にお願いいたします。

 応援席には胸に「忍」、背には「素手の侍」と染め抜かれたTシャツを着た父兄やOB達が大声援を送り選手たちを鼓舞した。正に刀は持たなくても真のサムライの姿があった。感動をありがとう。詳しい戦績は追ってお知らせ取敢えず速報まで。
初代部員佐藤記す






シンプルな「忍」一字の部旗、男子の丸刈は潔さの証し、清々しい笑顔。おめでとう!


鍛え抜かれた団体形の演武



団体組手大将戦で応援席の注文通り4ポイント取り優勝をもぎ取った筥崎選手

応援席で「素手の侍」を着た父兄やOBが声援を送った



第24回河北杯
争奪全国高校空手道選手権大会結果
仙台市宮城野体育館で26日から27日行われ男子団体組手で5位入賞した。決勝トーナメント1回戦でAチームは東京の保善Bを3-1で下し、2回戦宮城仙台城南と2-2ながら内容勝ちで準々決勝に進み準決勝で花咲徳栄Aに1-3で敗れ第5位となり、東北勢では東北学院と共に勝ち残った。二日目に行われた個人戦では残念ながら上位に食い込むことが出来なかった。同大会で当校は男子団体組手にAB2チームを出場し選手層の厚さを見せた、今後の期待が懸かる明るい見通しです。更なる皆様のご声援をお願いいたします。3期生佐藤



速報全日本空手道選手権大会で香川先輩(41期生)惜しくも3位、多くのOBも出場
12月10日〜11日東京の日本武道館で初の天皇陛下のご臨席のもと天皇皇后杯争奪空手道選手権大会が開催され男子個人組手に出場した香川幸允先輩(41期)は優勝を荒賀竜太郎選手にさらわれ惜しくも第3位となった。香川は優勢に試合を進めたが準決勝で篠原浩人(大阪府)に0-1で惜しくも負けを期したのは残念であった。(同会場で観戦した松原最高顧問談)
また、上位まで進出できなかったが個人戦には福島代表で守屋樹、守屋武蔵兄弟、および鈴木菜穂選手がが出場した。
団体戦には守屋樹、守屋武蔵、原清司郎、上条優太、遠藤慎也、松岡 廉などのOBが出場し奮戦したが上位入賞には至らなかった。。
 また、松岡 廉は先の岩手国体で個人組手5位に食い込む活躍を見せている。更に、日本空手協会全国大会で中村(旧姓高木)綾乃が女子個人形の部で優勝するなど実力を見せている。
 東京オリンピック開催まであと4年、当会OB・OG諸氏の学福精神を発揮し今後のますますの精進と大会での活躍に声援を送るものです。会員皆様も互いに声掛けし記念すべきオリンピックでの栄冠を掴むよう支援しようではありませんか。

時節柄身体ご自愛いただき良き新年をお迎えください。


新人戦福島大会でで完全優勝
全国大会(来年1月20日)への出場が決まりました。ひき続きご声援宜しくお願いいたします。
・男子団体形優勝、組手優勝
・女子団体形優勝、組手優勝

・男子個人形
1位 渡部 雄飛
2位 倉橋 夏都
3位 星 有人、菊田克太
・女子個人形
3位 長谷部 里奈
・男子個人組手
1位 筥崎 飛生雅
2位 鈴木 晃成
3位 星 有人、菅野雄大
・女子個人組手
1位 遠藤 あかり
2位 尾形 夏音
3位 尾形 風夏

                                 喜びの選手たち素晴らしい笑顔です、おめでとう

応援に駆け付けてくださった関係者、OBの皆様方ありがとうございました。
以上本間顧問からの情報です。
松原最高顧問が公益社団法人日本空手協会組織トップ層の理事にご就任される

 偶然協会サイトを見ていて見つけたのだが、協会サイトの 日本空手協会について から 組織・体制開いてみると、全国から選出された理事17名の中に先生のお名前が載っている

 常に謙虚な先生は皆さんに栄誉な事を、自分から公表するような事は無いと思うので、是非皆さんに、この栄誉な吉報をお知らせしたくて掲載しました。4年後は東京オリンピックが開催される重要な時期に空手協会のトップ層役員にご就任誠に慶賀のいたり、ご健康に留意されご活躍を心から祈念いたします。協会へアクセスは校舎の写真の左側、JKA日本空手協会をクリックしてみてください。

ホットニュース
大会・合宿遠征予定更新しました。都合のつく方は是非お出かけいただき、激励応援のほど宜しくお願いいたします。左サイドの Contentu 大会・合宿予定をクリックしてみてください。㋆6日以降の予定です。

 第38回東北高等学校空手道選手権大会の結果
女子個人組手 遠藤あかり(2年)3位
男子個人組手 筥崎飛生雅(2年)ベスト8 以上の成績でした。追って各大会、合宿などの予定を掲載しますので、都合のつく方は、応援激励などを宜しくお願いいたします。 

お知らせ第62回福島総体の結果
男子団体 優勝
女子団体 準優勝

男子個人形 2位 渡部 雄飛
         3位  倉橋 夏都
男子個人組手 2位 宮崎 飛雄雅
          3位 菅野雄大
女子個人組手 2位 遠藤あかり
          3位 園田美聡
と活躍しました。次の大会でも更なる活躍、好成績を期待してます。東京オリンピックで空手道競技の採用がほぼ確実になりました。部員OB会員の一層の奮起を期待します。
本年度の大会予定、合宿予定は遅れてすみませんが次回更新時に掲載予定です。直接会場に出向き激励のお声掛けいただければ幸いです。なにかと忙しい中、本間顧問から連絡いただき掲載しました。

第29回東北高校空手道選手権大会

1月22?24日福島県猪苗代町カメリーナで開催された標記大会での成績
男子団体組手 第3位
男子個人組手 第5位  
筥崎 飛生雅
          ベスト8 
星 有人
男子個人形   ベスト8 
倉橋 夏都
以上の好成績をおさめました、この結果下記全国選抜大会への出場切符を手にしました。
*******************************
全国選抜大会 3月26?27 北海道札幌市 北海きたえーる会場
出場決定者

男子団体組手
男子団体形

男子個人形   
渡部 雄飛
男子個人組手 
筥崎 飛生雅
男子個人組手 
菅野 雄大
以上全国大会出場決定しましたので、皆様方の今までに勝る暖かいご声援をお願いいたします。

本間顧問からの情報でした。
第23回河北杯争奪全国高等学校空手道選手権大会
12月26日(土)?27日(日)宮城県仙台市の宮城野体育館で開催された。初日の団体戦ではトーナメントでは一年生選手が年上のチームの日本航空や、栄北などに善戦したが、惜しくも決勝への進出はならなかった。上級生相手に一歩も引けを取らず果敢に戦いを挑み力尽きたが今後の成長の糧になるだろう。2日目の個人戦は途中までしか観戦できなかったが勝ち進む者もいて今後が楽しみだ。出場選手は2年生女子園田美聡、1年生遠藤あかり、1年男子、倉橋 夏都、星 有人、菅野 雄大、筥崎 飛生雅、渡部 雄飛の5名。1年生には、いわき市の仮設住宅から来ている選手もいて頑張れと応援したくなる。


忍と染め抜いた部旗が見守る中熱戦が展開される

2日目個人戦の開始相手側陣営

一年生筥崎 飛生雅選手の個人組手、平工業の選手を倒しまず一勝を挙げた。
東京オリンピックに空手競技が追加申請

 昨日、日本オリンピック大会組織委員会は、国際オリンピック委員会に空手や野球ソフトボールなどの5競技を追加種目として申請したと発表。
 決定になれば永年の悲願が実り、空手発祥の地、日本で記念すべき初競技が行われる。

我がOB会会員で世界大会で活躍、優勝経験のある香川幸允(ひでよし)君や、忠鉢考治君などに檜舞台での活躍の場が開かれる。その栄冠を目指して是非精進していただきたい。

 是非皆で応援したい、OB会員の皆様の絶大なるご支援声援をお願いいたします。密かに出場を目指し精進しているOB会員を含め、トライしてください。オリンピックの栄光を目指して、松原最高顧問が先の激励会で言われた、「五輪で金を獲るには誰もが為しえない工夫と研究心で更に精進すべし、このチャンスを我ものとして、是非金メダルを被災地福島並びに、我が母校に持ち帰り皆を勇気づけ我々OBに見せていただきたい」の言葉を胸に刻み頂点をめざしていただきたい。重ねて皆様の力強いご支援ご声援をお願いいたします。

個人男女とも制するも団体で涙のむ
6月5日(金)から7日(日)母校を会場に行われた第59回福島県高等学校空手道選手権大会で、組手個人戦では男子 大科透生、女子 園田美聡いずれも3年が優勝。

団体戦は一年生を主体とするメンバーでよく健闘したが苦杯を喫した。3年生がよく1年生を引っ張り善戦した、部員一丸となったその敢闘を称えましょう。戦いは長い間にいろいろあります。

発奮材料として、着実に地力をつけて、秋の新人戦で捲土重来を期してください。応援に駈けつけていただいたOBの皆様ありがとうございました、変わらぬご声援宜しくお願いいたします。本間顧問よりの情報でした。

左サイトのcontentuに大会結果を表示しましたのでご覧ください。

忠鉢選手を祝う会開催

4月18日(土)福島市駅前の、ザ・ホテル大亀にて、公益社団法人日本空手協会などのご来賓の方々のご臨席をいただき盛大に祝った。

OB会最高顧問の松原英男先生は挨拶で、前人未到の記録に挑戦する者は、余人の及ばない鍛錬はもとより、世の誰しも考え得ない創意工夫が不可欠だ、過去の自分を分析し、普段の鍛錬研究から自分にしかないものを持つ必要がある。東京オリンピックに採用されると思う空手道のヒノキ舞台で是非金メダルを取り。この同じステージ戻ってきてほしいと、激励とはなむけの言葉を贈られた。

世界大会で取った金メダルとカップをおばあちゃんに持たせ記念写真に納まる、優しさを秘めた東北人でもある、世界チャンピオンは強さばかりでなく優しさを併せ持つ実に好成年だ。復興途中の東北に希望与え、かつ我々の期待に是非応えて欲しい。

松原最高顧問の祝辞と激励の言葉

謝辞できっぱりと決意を表明する忠鉢選手

〆の言葉を述べる松原総監督

祝福する家族たち等との記念写真

時は、白雪を残す吾妻山をバックに桃の花が満開、綺麗これぞ福島の春

今年度の大会・合宿遠征日程更新、ご覧ください

当OB会員の高木綾乃さん(43期生)の演武が美しく凄い
黒帯 ためいきが出るほど美しい空手、とのタイトルで高木さんの形「五十四歩大」が見られます。まず、そのタイトルとおり、技のキレ、緩急、スピード、強さに加え美しい演武は、見るものを魅了する。皆さんごらんください。2020年東京オリンピック種目に空手が追加で入るよう応援しましょう。

ここをクリックしてみてください https://www.youtube.com/watch?v=6gCMGD1jGdo 
もしくはYoU Tubeため息が出るほど美しい空手で検索してみてください。


船越義珍杯第13回世界空手道選手権大会でOB男女大活躍
日本武道館で開催された、日本空手協会 船越義珍杯第13回空手道選手権大会、の本代表としてOBの中鉢孝治(38期生)高木綾乃(43期生)の両名が出場。忠鉢選手は今年度全国大会で優勝している日本空手協会本部指導員の飯村選手を下し優勝、世界チャンピオンンに輝いた。高木綾乃選手は決勝で相手の中町選手と同点となり、再試合の結果惜しくも準優勝を遂げるなど大活躍しました。来る東京オリンピックで空手道競技が採用され、OBの金メダルが実現するといいなと希望が膨らみますね、皆様応援宜しくお願いいたします。
菅野OB会副会長からの情報でした、皆様も情報ありましたらお知らせください。

長崎国体少年女子個人組手で井芹麻美選手(3年)健闘。准々決勝まで進むが、惜しくも判定負け

1回戦 井芹麻美 7-0倉吉西高 佐々木志帆
2回戦        2-0真颯館高 北代 晶
3回戦        6-4東邦高 山口華歩
準々決勝      1-1鴻城高 斉藤綾香 判定負け

準々決勝まで勝ち進みましたが、惜しくも1-1で判定負けを喫しました。目覚ましい戦いぶり、健闘を称えるとともに、更なる栄冠を目指して精進ください。福島民報10/15日付け朝刊から転載させていただきました。

2014仁川アジア大会で香川幸允選手(41期生)惜しくも銀
アジア大会最終日韓国の桂陽体育館で行われた男子組手84キロ以上、2回戦でラオスの選手を3-2で破り準決勝進出、イランの選手を8-0(失格)で退け決勝に進んだが、クウェートの選手に4-7で惜しくも破れ銀メダルに止まった。こうした世界強豪との戦いを糧に是非次の大会では捲土重来を期して金メダルを取ってくれるだろう。がんばれ香川選手OB現役皆で応援しています。
OB が役員審判団、競技者として活躍現役生は全国レベルの技を披露

第44回福島地区空手道」選手権大会が、9月28日桑折町で開催され、現役生が会場の運営係としてスムースな進行に寄与すると共に、OB諸氏が役員、審判団、そして競技者として競い会を盛り上げ全国大のレベル高い技を披露、少年たちのこれからの良い目標となった。挨拶に立たれた松原最高顧問は、来る東京オリンピックで空手道が競技種目に入る可能性が高いので、それを目指して精進し、世界の舞台で活躍するよう頑張って欲しいと激励の挨拶をされた。



地元東邦銀行桑折支店に勤務するOG鈴木菜穂さんは模範型を披露

一般の部自由組手に出場した現役部員

将来の学福空手道部、少年拳士、門間永遠君(二本松)、俊敏かつ技のキレが素晴らしかった(筆者の独断で失礼)

香川幸允君を祝う会・OB会懇親会が盛大に開催される

 第15回松濤連盟全国空手道選手権大会一般男子組手で優勝や、東アジアシニア大会など数々の国際大会で優勝の快挙をOB
で祝う祝賀会、兼OB懇親会が福島市内のセレモニー会場で開催された。

 多くのOBが彼の偉大な功績を称え、賛辞をおくり、久しぶりの再会に、話が弾み時間を惜しみながら祝い酒を酌み交わした。松原英男最高顧問は祝辞の中で、彼(香川)はどんな場所ででも「私は学法福島空手道部出身です」と何時も大きな声で堂々名乗っている点が素晴らしい。

 他のOB諸君も彼を見習って何処へ行っても胸を張って「出身は学法福島空手道部です」と大きな声で名乗ってもらいたい。

 また、来る東京オリンピックで空手が競技種目に加わることだろう、その頃香川君は円熟期を迎える年齢で世界に無敵になるだろう、金メダルを持って母校を訪れ後輩やOBを励まし、更に被災し疲弊した福島県に勇気と希望を与えてほしいと注文された

 。香川君からは謝辞に続いて今後の大会に臨む力強い決意表明があった。その成果を期待して力強く乾杯をした。折り目正しい好青年は世界一強くて、優しい笑顔が素敵なイケメン、飾らぬ人柄は先輩後輩から現役時代と変わらぬ気さくさで声を掛けられ、和やかな中に大きな夢を期待させ活気あふれる祝宴が続いた。

 香川OBには最高顧問の言葉どおり世紀の祭典で是非金メダルをとり、かつ日本空手界を背負っていただくと共に福島の人達を元気づけてもらいたい。我々会員も力の限りの声援を送りこの大きな夢を是非実現させたいものだ

謝辞を述べる香川OB会員

祝う会を報じる福島民報、9月」23日朝刊版から転載させていただきました。

後姿で見せてくれた、名白楽

先に紹介した第1回東北スポーツマスターズで最高顧問の雄姿をまぶたに焼き付けんと会場に駆け付けた。東北の重鎮として大会役員の上位席におさまってしかるべきなのを,敢て成績如何によってはリスクの危惧される競技者としてエントリーされた先生の大英断を決定ずけたのは、大学で空手道に出逢った時の、「空手をとおして強い信念を持った若者の育成」だと斟酌する。今回まさに初志貫徹を有言実行された姿は、其の界に空手人としての在りかたを吾身を以て示唆されたのではないか。以って瞑すべし!!これにどう応えるか諸君の奮闘を祈る。(文責3期生 佐藤)

第1回東北スポーツマスターズ空手道競技大会に松原最高顧問出場

8月24日(日)13時競技開始予定、福島県南会津郡下郷町沢田下林1888  下郷大川ふるさとコミュニティーセンターで開催される同大会に、松原最高顧問が出場される。門下生の皆さん恩師の気迫あるれる鍛練の技を永く眼に焼付ようではないか、各員奮ってのご参集を期待お知らせ。

南関東インターハイ結果 上条4回戦惜しくも判定負け

印西市松山下公園総合体育館で開催され、男女とも3回戦まで勝ち上がった中でも上条優太君は個人組手で4回戦まで進み惜しくも判定負けを喫した。
・男子団体組手2回戦 2-1松商学園
          3回戦 0-3御殿場西
・個人組手2回戦 松岡 廉2-0京都外大西 深江
           上条優太4-3愛知東宝  須藤
       3回戦 松岡 廉0-5拓大紅陵   林
           上条優太4-1米子北    佐古
       4回戦 上条優太0-0 おかやま山陽 村上 判定負け

・女子個人組手2回戦井芹麻美3-0明徳義塾 宮本
         3回戦 井芹麻美4-6小松大谷 盛一

次なる大会での雪辱を期待するとともに、選手諸君の敢闘に惜しみない拍手を送りましょうお疲れ様でした。福島民友新聞から転載しました。文責(3期生佐藤)


第67回福島県総合体育大会空手道競技の結果
7月6日会津下郷町で開催され次のような好成績を挙げました

男子個人組手   優勝松岡廉(3年)、準優勝上条優太(3年)、3位中村仁色・古屋翼(3年)
女子個人組手   優勝井芹麻美(3年) 3位園田美聡
男子個人形    2位松岡廉
女子個人形    準優勝井芹麻美 
成年男子組手重量級 1位遠藤舜也(OB)
成年女子組手及び型 1位鈴木菜穂(OG)

以上は本間顧問及び松原最高顧問より情報の提供をいただきました
第第36回東北高等学校空手道選手権大会結果報告
3種目優勝する大活躍しました。
男子団体組手  優勝
1回戦東海大山形を2回戦東北学院を3回戦男鹿工業を破り、決勝は仙台城南(前、東北電子高)を3-2で破り優勝しました。選手名、上条優太,松岡廉、古屋翼、中村仁色、晴山大樹、大科透生、山田龍宝、

男子個人組手優勝 古屋翼  3位上条優太、松岡廉
女子個人組手優勝 井芹麻美
男子個人形3位松岡廉
女子個人形 ベスト8  井芹麻美
感動して涙が止まりませんでした。全国インターハイが楽しみです。学福空手部の魂を忘れるな。

第57回内閣総理大臣杯全国空手道選手権開会(6月29日東京体育館)OGの高木綾乃先輩が第3位入賞しました、協会世界大会の有力候補です。高木先輩かんばれ学法空手道部皆で応援してます。             以上松原最高顧問からのおお知らせメッセージです。

福島県インターハイ空手道競技の結果

男子団体組手   優勝
女子団体組手   準優勝
男子個人組手   優勝松岡廉(3年)、準優勝上条優太(3年)、3位中村仁色・古屋翼(3年)
女子個人組手   優勝井芹麻美(3年) 
男子個人形    2位松岡廉
女子個人形    準優勝井芹麻美
以上大活躍しました。その結果下記大会への出場が決まりました、先輩諸兄の応援お願いいたします。
・東北インターハイ 6月27~29日 猪苗代総合体育館
・全国インターハイ 8月1日~4日千葉県印西市山下公園総合体育館
古屋翼君26年度全日本高校代表候補に選ばれる!!おめでとう。頑張ってください。以上松原最高顧問からの情報とメッセージ
本間顧問からの情報で一部修正
第33回全国高等学校空手道選手権大会結果

静岡県静岡アリーナで3月25日~27日開催され以下の結果でした。
・男子個人組手 古屋 翼 3回戦 対紅陵戦0-3(ベスト16)
           松岡 廉 1回戦 対宮崎戦1-3 敗退
・男子団体形   2回戦 1-4 敗退
・男子団体組手  2回戦 対日本航空戦 0-2敗退
東北代表として頑張りましたが全国大の壁は厚く、捲土重来を期待します

第27回東北高等学校空手道選手権大会の結果

秋田県立武道館で1月24日~26日の日程で開催された結果は次の通り

男子団体形優勝、男子団体組手3位

男子個人組手 松岡 廉 (2年)準優勝 古屋 翼 (2年)3位
3月25日~27日静岡県静岡アリーナで行われる33回全国高等学校空手道選手権大会に東北代表として出場しますのでより一層の活躍を祈念して皆さんで声援を送りましょう。松原最高顧問からの情報でした。

会員の訃報を謹んで報告いたします。
さる7日、4期生で福島市在住の渡辺忠さんがご逝去されました。ここの謹んでご報告させていただきます。なおご遺族様のご了解もいただいておりますことを申し添えます。葬儀告別式は同市のJAホールやすらぎで14日(土)午後1時から行われ、松原最高顧問と3期生の佐藤が参列、故人の在りし日を偲びご冥福をお祈りいたしました。他の皆様方には勝手ながら敢てお知らせしなかった事をお詫びしつつご報告申し上げます。


第41回全国空手道選手権大会でOBの香川幸允先輩が優勝の快挙、優勝候補の強豪荒賀兄弟を破っての優勝は実に圧巻。また、本校3年生の守屋武蔵君は、高校生ながらも、一般の部で福島県代表に選ばれ、3回戦まで進み惜しくも敗退と真価を発揮した。この快挙に皆様心からの賛辞を贈りましょう。(平成25年12月8日)松原最高顧問からの情報です。

25 年度福島県高等学校新人体育大会空手道競技で組手・形共制す 

10月25日~27日、本校を会場に行われた表記大会で

団体組手 優勝

団体形  優勝
個人組手
 優勝 松岡  準優勝 古屋 翼(2年)3位 春山大樹(2年)・上条優太(2年)」
女子 優勝井芹麻美
個人形
男子 準優勝 松岡 廉(2年) 3位上条優太(2年)
女子 優勝 井芹麻美(2年)
以上のダントツの成績でした、来年1月末、秋田で開催される東北選抜大会に県代表として出場しますのでOBの皆さんの応援をお願いします以上は松原最高顧問からのメッセージでした。

第68回東京国体の結果

成人男子組手重量級で41期生の香川幸允先輩は東京代表として出場し京都代表の荒賀龍太郎選手(京都産業大)を3-2で破り優勝した。12月の全日本と世界大会優勝をめざして頑張ってください。OB皆で応援してます。また同じOBの守屋樹、鈴木菜穂の両先輩の活躍が福島地元紙に取り上げられたので紹介します。


北部九州インターハイの結果
男子団体組手5位入賞の大活躍
1回戦 不戦勝
2回戦3-1前橋工業高
3回戦柳ケ浦高(大分)
4回戦1-2日本航空高(山梨)惜敗
個人組手 遠藤(3年)2回戦まで進出、守屋君(3年)井芹さん(2年)の3選手健闘しました。松原最高顧問からの情報です。

41期生香川幸充先輩,3年キャプテン守屋武蔵君世界チャンピオンに輝く
7月28日東京代々木第2体育館で行われた「NPO法人日本空手松濤連盟」世界大会の個人組手で香川先輩、キャプテンで3年生の守屋武蔵君がが優勝の金字塔を打ちたてた。香川先輩は現在松濤総本部指導員を務めている。31期生高瀬竜一先輩からの情報です皆さんで写真等がありましたらメールにてお送りいただければ掲載明日の出ご協力お願いいたします。この偉業にOB諸氏の発憤を期待します。
公益社団法人 日本空手協会第56回全国空手道選手権大会でOB会員の快挙

 7月14日日本武道館で開催された大会において一般男子個人組手に出場した38期生中鉢孝治君は第3位に、一般女子個人形に出場した43期生高木綾乃さんは2位入賞を果たしました。他のOB諸氏もこの快挙に奮発精進されんことを松原最高師範になり代わりましてお知らせいたします。(3期生佐藤 眞琴
第35回東北高等学校空手道選手権大会結果

山形県総合運動公園で開催され男子団体組手準優勝、男子個人組手3位遠藤舜也
第66回福島県総合体育大会空手道競技結果
会場 下郷町大川ふるさとコミュニティーセンター
少年男子個人組手 1位 守屋武蔵 2位遠藤瞬也 3位原清司郎 上条優太
成年男子組手軽量級 1位守屋 樹46期生 2位加藤玄太46期生 3位 矢吹直也 47期生
中量級 3位筥崎雄飛48期生
重量級 1位猪狩伸彦44期生
成人男子個人形2位石井大寛48期生 3位守屋樹46期生
成年女子個人組手 1位鈴木菜緒45期生以上の好成績でしたのでお知らせいたします
学法福島高等学校空手道部OB会公式ブログしばらくぶりに再開
ご不便をおかけいたしておりましたブログ再開いたしました。携帯やスマートフォンなどご利用の方ご利用ください。
下記をクリック
http://tamawaku.hatenablog.com/entry/2013/06/19/163131 へのリンク
福島県高等学校体育大会の結果
5月31日(金)~6月2日(日)福島市の尚志高等学校で開催され、次のような好成績をおさめたので紹介いたします。
男子団体組手優勝
男子個人形 3位 原清司郎
男子個人組手 優勝 守屋武蔵、2位 遠藤舜也 3位 松岡 廉
女子個人組手優勝 井芹麻美 以上のような抜群の成績をおさめましたが、これらも部員諸君の並々ならぬ精進とご指導くだすった顧問監督の先生方のご努力の賜物と頭が下がります。是非上の大会でも精進を重ね鍛えた実力を如何なく発揮し悔いのない試合を展開できるよう祈念いたします。誠におめでとうございます。頑張ってください。
24期生、空手道部総監督、松原光先生本校副校長に就任
新年度の母校教員の新陣容が発表され、松原光総監督が新たに副校長に就任された。母校学法福島高等学校と当OB会員でもある松原光さんの今後ますますのご発展を祈念いたします。サイドコンテンツにある「学法福高サイト」にアクセス、学福ブログをご覧ください。
第32回全国高等学校空手道選抜大会結果
平成25年3月25日~27日和歌山県和歌山ビックホエールで開催され結果は下記のとおり
男子個人形 松岡廉2回戦敗退
男子団体形2回戦対首里高校戦 5-0で勝ち、3回戦対前橋工業戦1-4負け
男子個人組手 原清司郎、遠藤舜也
 1回戦敗退
男子団体組手 1回戦対紅陵戦3-2勝ち、2回戦対京都外大西2-3負け善戦奮闘むなしく頂上戦までは進めませんでしたが全国トップが集結するのヒノキ舞台で臆することなく戦えたことは十分賞賛に値することだと思います暖かい激励をお願いします。

第26回東北高等学校空手道選抜大会の結果

平成25年1月25日(金)~27日(日)青森県青森武道館で開催された結果は次の通り
男子団体形優勝男子団体組手準優勝 男子個人組手 第1位原 清司郎、3位遠藤舜也
男子個人形 原 清司郎3回戦進出、松岡廉敗者復活戦で3回戦進出
女子個人組 手井芹 麻美2回戦進出
以上の大活躍をみせました、以上の結果から
全国大会、3月25日(月)~27日(水)和歌山県ビックホエールアリーナで開催に出場します、選手諸君の全力奮闘と活躍にご声援をお願いいたしますとともに、直に応援可能な方は是非駆けつけてご声援くださいますようお願いいたします。


香川幸允先輩(41期生)全日本選手権5位に入賞しました。……おめでとう
全日本空手道連盟主催、第40回全日本空手道選手権大会が12月9日,武道のメッカ日本武道館で全国の空手のトップが集い、日本一を目指し覇を競いました。香川先輩は強豪を次々と撃破、見事5位に入賞しました。来年は是非優勝を目指し頑張ってください。OB全員で応援してます。
おしらせ校舎の写真の左サイドの青雲館空手道場をクリックし、日本空手協会のサイトから「全国支部検索」で福島支部をクリックすると、日本空手協会福島支部の青雲館道場のサイトへアクセスします。
第26回東北高等学校空手道選手権大会が来年1月25日(金)~27日(日)の予定で、青森県の青森県武道館で行われます。都合のつく方声援を送りたい方は是非駆けつけて応援いただければと思います。宜しくお願いいたします。(松原最高顧問から)
topics
福島県高等学校新人体育大会の結果
母校体育館で行われ下記の好成績をおさめた。
・男子団体組手 優勝
・男子個人組手 優勝 遠藤舜也(2年) 準優勝 守屋武蔵(2年)3位原 清司郎 (2年) 松岡 廉(1年)
・男子団体形 優勝
・男子個人形 準優勝守屋武蔵 3位原清司郎 松岡 廉
・女子個人組手 準優勝 井芹 麻美(1年)
OB諸氏の変わらぬご声援をお願いいたします。(松原最高顧問)

ぎふ清流国体でのOBの活躍
・守屋樹先輩(46期生)大活躍堂々第四位に入賞
成年男子組手軽量級
第1回戦 守屋樹5-2秋田真紀(三重)
第2回戦 守屋樹3‐1岩佐健志朗(宮城)
第3回戦 守屋樹9-6長浜稔彰(静岡)
準々決勝 守屋樹5-1仲程海里(沖縄)
準決勝  井出義仁(岐阜)8-0守屋樹
3位決定戦 川野竜虎(愛知)8-4守屋樹
・少年男子組手 佐久間涼太君大健闘
第2回戦
佐久間涼太8-1鈴木洸太(宮城)
第3回戦 藤井基弘(岐阜)4-0佐久間涼太
以上、松原英男最高顧問からの情報をそのまま掲載しました。
41 期生香川幸允(ひでよし)、(帝京大卒)世界大会日本代表に決定

11月パリで開催される第21回世界空手道選手権大会(世界空手道連盟主催)の日本代表に決定しました。優勝目指して学福魂を忘れずにがんばってください。
OB全員で応援します。 以上  24.9.22 松原英男
(松原英男最高顧問から寄せられた原文通り掲載)


松原英男最高顧問から
!!

29日から始まる67回「ぎふ清流国体」に下記のOBが福島県代表として出場します。健闘を祈ります。他県から出場するOBがおりましたら、お知らせください。
                                    記
監督 松原 光 24期生(学法福島高)、守屋 樹46期生(帝京大)、古谷大輔44期生(関東学院大)、猪狩伸部彦44期生(東北学院大)
有田沙月46期生(北翔大)、佐久間涼太(学法福島高3年)      24/9/20                            松原英男                                                                                 以上
松原最高顧問から寄せられた原文のまま掲載しました。宜しくお願いいたします。

topics
第39回全国高等学校空手道選手権大会結果
7月末から新潟市総合スポーツセンターで開催された結果は以下の通りです

男子個人形
石井大寛 2回戦:3-2で勝ち、3回戦:2-3で敗退
男子個人組手
佐久間涼太 初戦敗退 1-9
男子団体組手
1回戦:高崎商科大学付属高校 3-2で勝ち
2回戦:県立岐阜工業高校 2-3で敗退
大会総括
それぞれ精一杯取り組んだ大会でしたが、今一歩実力が及ばずに敗退。今大会で感じたことは全国では技術面より、強い突きや、蹴りが出せるかどうかだったと感じました。
普段からの稽古から自分を追い込み、精神力を鍛え,全国の舞台でも自信が持てる技を習得することが、優勝への鍵だと感じたとの監督の所感です。お疲れ様でした
以上松原最高顧問からの情報提供を掲載しました。会員諸氏も積極的に情報提供をお願いします。メールはmsato@opal.plala.or.jpまで

第56回県総体の成績

福島県会津下郷町で開催された空手道競技の結果
*少年男子形 優勝 石井大寛(3年)、3位坂井 剛(3年) 守屋武蔵(2年)

*少年男子組手 優勝 佐久間涼太(3年)、2位守屋武蔵(2年)、3位 井芹正博(3年)原清郎(2年)
*少年女子組手 3位天野愛華(2年)、井芹麻美(1年)

*OB達の成績
*成年男子 組手(軽量級)1位加藤玄太(拓大)2位守屋樹(帝京大)3位矢吹直也(国士舘)大
           (中量級)1位古谷大輔(関東学院大)2位堀悠人(東北学院大)
           (重量級)1位猪狩信彦(東北学院大)
*成年女子組手1位有田沙月(北翔大)2位鈴木菜穂(東北学院大)
*成年男子形1位守屋樹(帝京大)3位矢吹直也(国士舘大)
*成年女子形1位鈴木菜穂(東北学院大)
その他)  公益社団法人日本空手協会内閣総理大臣杯 第55回全国空手道選手権大会男子組手2位忠鉢孝治(協会        本部)女子形2位 高木綾乃
*第11回東北学生空手道選手権大会男子組手 1位猪狩信彦、女子形3位鈴木菜穂
*香川幸允OB、全空連ナショナルチームの選手に選ばれました、世界大会での活躍を期待しています

写真は学福ブログより転載させていただきました
永年の功績により松原英男最高顧問に感謝状

第34回東北高等学校空手道選手権大会開催にあたり、当OB会最高顧問松原英男先生に、東北高等学校体育連盟空手道専門部より35周年を記念し、永年にわたる活動とその偉大な貢献に対し感謝状が贈られました、みんなで感謝とお祝いを申し上げたいと思います。
大会速報
秋田市で開催された第34回東北高等学校空手道選手権大会の結果
男子団体組手準優勝
男子個人型準優勝 石井大寛
男子個人組手3位 佐久間涼太  以上の好成績をおさめました。次なる飛躍を目指して奮闘を祈るものです。


第58回福島県高等学校空手道選手権大会結果
6月1日(金)~3日(日)母校で開催された大会において、男子団体組手優勝、同個人組手佐久間涼太優勝、3位三溝裕也。
個人型石井大寛、3位守屋武蔵、坂井剛の目覚ましい活躍で結果で全国大会への駒を進めた
盛大に創立50周年記念祝賀会を開催
 4月21日午後2時から、福島駅前のホテルグリーンパレスにおいて盛大に開催された。
 本来は昨年開催予定であったが、発災で祝賀行事は自粛すべきと、一年繰り延べしての開催となったが、遅くなった桜が今を盛りに咲きほこり、併せて素晴らしい青空が祝福する好日の中挙行された。
 校歌斉唱に始まり、久しぶりに懐かしい校歌を大きな声で感慨を込めて歌った。
 次いで震災を含め創部時から今日までの物故者の霊に全員で黙祷を捧げ、今日までの発展への報告と御霊(みたま)の安らかならんことをお祈りした。
 来賓に松韻学園の山森元昭本部室長様をはじめ学校関係、公益社団法人日本空手協会 森専務理事、福島県空手道連盟芦原瑞穂理事長など各界の代表の方のご臨席をいただき、今後の発憤材料とすべき、身に余るご祝辞をいただいた。
 また、OB会の発展に貢献された会員の中から代表4名、50年誌発刊に顕著な功績があった代表3名の方へ感謝状が松原最顧問並びに吉田OB会会長から贈呈されると共に、OB会から空手道部に記念品として空手道用具一式が贈呈された。

 
現役部員選抜大会団体型優勝メンバーによる観空小の鍛え抜かれた見事な演武が披露され、無垢な部員達の迫真の技で会場を引き締め、松原光総監督の謝辞と本間顧問の閉会の辞でお開きとなった。皆様ありがとうございました。更なる発展に向けて再発進しましょう。

空手協会森専務理事からのご祝辞


山森学園室長から励ましの言葉


OB会から部に記念品目録の贈呈


部の創設者松原先生(右)と3期生の馬場君

謝辞で今後の活躍を力強く宣言する松原光総監督

現役生が型の演武を披露いたしました、東北選抜大会、団体型の部優勝メンバーの「観空小」の演武は、ファイルサイズ上が大きいので、CDに保存しました。電話090-3368-7165もしくはメールで連絡くだされば送ります。

ついに50年記念誌完成
長期にわたり記念誌作成にあたられた記念誌作成実行委員・編集委員の皆様並びにご協力いただきました学園理事長はじめ、学校関係、日本空手協会関係そして協賛広告などに快く応じていただきました多くの皆様にのご苦労ご協力にに深謝申し上げます。

 
3年有余の時間をかけて124ページの記念誌完成   シンボルの部旗と道場訓
 
いつも仰ぎ見た秀峰吾妻連邦と今現在の学舎     現役部員の稽古風景 ピュアな青春の詩だ

本朗報は福島民放及び福島民友新聞社でも報じられた。記念誌の問い合わせは松原英男先生(初代顧問)まで電話024-582-6707

次に紙面の一部を紹介します。


(火災で焼失した初代の空手道部旗) 空手同好会として発足して間もなく、部旗を作ろうということになり、松原先生の出身地、福島県伊達郡桑折町の寺の住職さんに揮毫を依頼し、木綿の布地に墨痕も鮮やかに「忍」という一字をかいてもらった。              この「忍」こそ、我々が求める空手道の道を表すものとして、毎日の稽古や合宿、徹夜行脚など、常にわれわれの傍らで誇らしくひるがえり、福島県高校空手のパイオニア的存在であった学法福島工業高等学校空手部健児の心の支えであり続けた。誠に残念ながら、1979年の学校火災で焼失した。その後同じ「忍」の字で染め上げた2代目部旗を作成現在に至っている。


部創設者初代顧問 松原英男先生

 不屈の精神力を鍛えるには、まず、体力づくりからと、屋外でのトレーニング。岩谷観音の急な石段の登り、降り20本とか、護国神社を経由して信夫山の烏ヶ崎間でのランニング、そしてグランドや川原でのウサギ跳びで腿や脛がパンパンに張って、家に帰れなくなる者もいるなど過酷を極めたが、極限状態を、若さで楽しむ余裕すらあった。

      


メールはこちらから


      Copyright Since 2009 学法福島高等学校空手道部OB会 All rights reserved
                          Up date 2019.7.3